不倫によるストレスを解消したい……相談方法・不倫調査などについて

配偶者の不倫を1度でも疑ってしまえば、すべての行為が疑わしく思えてくるものです。「連絡が取れないときは、不倫相手と会っているのではないか」「夫婦関係が破綻するのでは」など、さまざまな不安と悩みが押し寄せてくるでしょう。不倫されたときのストレスは、とても大きいものです。また、不倫をしている側にとっても、ストレスを感じることがあります。一体、不倫でストレスを感じたときは、どのように対処すれば良いのでしょうか。本記事では、不倫をする・されるストレスや相談方法・不倫調査などについて説明します。

  1. 不倫とは
  2. 不倫をするストレスについて
  3. 不倫をされたストレスについて
  4. 不倫をされたストレスを相談するには
  5. 探偵社の不倫調査について
  6. 不倫のストレスに関してよくある質問

この記事を読むことで、不倫とストレスの関係について詳しく知ることができます。不倫で悩んでいる方は、ぜひチェックしてください。

探偵への調査依頼を検討している方はこちらもチェック!

1.不倫とは

不倫とストレスの関係について知る前に、一体どのようなものが不倫になるのか、基礎知識を身につけることが大切です。ここでは、不倫の定義、不倫・不貞・浮気の違いについて説明します。

1-1.定義

法律的に、不倫は不貞行為といわれています。つまり、配偶者以外の異性と性交渉をしているのなら不倫、性交渉をしていないなら不倫にはなりません。「不倫=配偶者以外と付き合うこと」と思われがちですが、法律的には性行為の有無が分かれ道です。また、性交渉とは、お互いの生殖器を直接つなぎ合わせることをいいます。ただし、直接つなぎ合わせるようなことはなくとも、快楽を得るような行為をすれば性交渉になるのです。

1-2.不倫・不貞・浮気の違い

不倫と不貞は同じ意味として捉えがちですが、必ずしも一致するわけではありません。何が不倫であるかどうかは、人の価値観・道徳観によって異なります。ただし、不貞行為の定義に関しては「配偶者のある者が配偶者以外の異性と自由な意志に基づいて性的関係を持つことと」と、裁判所が示しているのです。性交渉があれば、不貞とみなされることになります。
また、浮気は、浮気・不倫を行う対象者が既婚者かどうかで違いがあるでしょう。どちらかが結婚している場合は、世間で不倫とみなされています。

2.不倫をするストレスについて

不倫をする側にとっては、どのようなストレスがあるのでしょうか。その影響についても説明します。

2-1.どんなストレスがあるか

不倫をする側のストレスは、配偶者にバレないよう配慮しなければならない緊張感です。いつどこで見られるのか分からないため、配偶者から怪しまれてはいけないという緊張がストレスになるでしょう。さらに、不倫相手が女性の場合、男性よりも結婚願望が強い傾向があります。そのため、配偶者との離婚を迫られる可能性があるのです。たとえ、軽い気持ちで始めた不倫であっても、関係が深刻化する可能性があるでしょう。

2-2.ストレスの影響について

不倫を始めたころは、自然と気持ちが高揚(こうよう)しているはずです。しかし、不倫の恋に苦しむことになれば、なかなか寝つけない日々が続いたり、配偶者との関係が悪くなったり、体調不良になったりするなどストレスの影響が出てくるようになります。仕事をしていても、集中できない日々を送ることになり、心を休めるときがありません。

3.不倫をされたストレスについて

逆に、不倫をされた側のストレスは、どのくらいの大きさになるのでしょうか。ストレスの影響・解消できるか・そのほかの注意点について詳しく説明します。

3-1.ストレスの大きさ

不倫する側よりもされる側のほうが、大きいストレスを抱えることになります。なぜなら、不倫されたというショックは計り知れないものだからです。今まで、夫婦関係を続けていた配偶者が、ほかの異性と関係を持っていると分かった瞬間、裏切られた気持ちが高まります。特に、家事や子どもの育児で頑張っていた人にとっては、立ち直れないほどのショックを受けるでしょう。たとえ、配偶者が不倫関係を解消したとしても、辛(つら)い気持ちが続いてしまうものです。
「不倫しているかも……」と疑っているときも、不安と悩みで大きなストレスを抱えることになるでしょう。

3-2.ストレスの影響

配偶者の不倫で受けたストレスの多い日々を続けると、精神だけでなく体にも影響をおよぼすことになります。ストレスを感じるたびに自律神経が乱れ、頭痛・耳鳴り・立ちくらみ・生理不順・不眠・食欲不振・だるさ・微熱などが続くことになるのです。実際に、配偶者の不倫によって、過呼吸・うつ病など心の病気に発展するケースもあります。

3-3.解消できるか

配偶者の不倫に対する心の持ちようが大きなポイントとなるでしょう。考え方や捉え方によっては、ストレスを感じることも少なくなります。決して、解消できないものではありません。
まず、大切なのが1人で抱えこまないことです。「不倫しているかもしれない」と疑った瞬間、誰に相談して良いのか分からなくなるでしょう。周囲に相談できる人がいなければ、自分1人で抱えこみ、悩み続けてストレスとなります。信頼できる人、または探偵社などの専門家に相談すれば、気持ちもスッキリするでしょう。

3-4.そのほかの注意点

不倫によるストレスを長くためこんでしまうと、いつか爆発する可能性があります。感情的になることが増え、いずれは自分の精神を病んでしまう状態になりかねません。心の病は、自分が気づかないうちになってしまうものなので、ストレスをためこまないようにすることが大切です。早めの心のケアが必要になるでしょう。

4.不倫をされたストレスを相談するには

不倫をされたストレスの相談相手がいない場合、専門家に相談する方法があります。また、相談窓口・注意点についてもチェックしておきましょう。

4-1.専門家に相談する

専門家に相談するメリット・相談できる場所について説明します。

4-1-1.相談するメリット

専門家は、不倫の知識が豊富です。不倫の状況や夫婦の関係性は人それぞれで、状況が異なります。不倫の知識が豊富でさまざまな問題を解決してきた専門家であれば、適したアドバイスをもらうことができるでしょう。どのように対処すれば良いのか、ストレスや配偶者との向き合い方についても助言してくれるかもしれません。また、専門家に相談することで、自分の中にあるモヤモヤとした気持ちがスッキリします。相談しているうちに、自分がどうしたいのか向き合うこともできるでしょう。気持ちを整理するためにも、専門家に相談してください。

4-1-2.相談できる場所

不倫のストレスについて相談できる場所は、探偵社・弁護士などの専門家があります。弁護士は法律関係に詳しいので、配偶者との今後の関係について相談できるでしょう。探偵社は不倫調査を行っており、不倫しているか分からない時点でも相談可能です。また、不倫で感じるストレスなど、いろいろな悩みに対応しているところもあります。
感情のコントロールができずに、気分がすぐに落ちこんでしまうような人は、心理カウンセラーに相談するのも選択肢の1つです。ただし、不倫関係の事実を確かめたり、法的処置をしたりすることはできません。あくまで、心理カウンセラーへの相談は心のケアとなります。

4-2.相談窓口

どこに相談すべきか悩んだときは、不倫・浮気などの調査を行っている「探偵社アヴァンス」に相談してください。アヴァンスでは、どのような相談でも受けつけています。安心の無料相談のうえ、実際に調査を行うスタッフが、実務経験を踏まえてアドバイスしているのです。また、女性スタッフも在籍しているので、男性スタッフには言いにくい悩みでも安心してご相談ください。

4-3.注意点

不倫の事実をつかまないうちに、配偶者と親しい人へ相談するのは危険です。その人から配偶者へ、不倫を疑っている様子が筒抜けになってしまいます。夫婦関係に溝ができる恐れもあるため、相談相手には十分に注意しなければなりません。

5.探偵社の不倫調査について

探偵社でできること・調査方法・個人情報・費用相場・注意点について説明します。

5-1.探偵社とは

依頼者の悩みに沿った調査を行うところが「探偵社」です。主な調査としては、浮気・不倫、素行・行動、家出・行方・所在、結婚・人物信用、借金、車両、盗聴・盗聴器の発見調査などがあります。探偵社によって調査内容が異なるため、事前にホームページなどで確認しておきましょう。

5-2.できること、メリット

配偶者の不倫が明確でない場合、その事実を確かめるための調査が必要です。自分でしようにも、仕事や家事が忙しくてできないときもあるでしょう。探偵社に依頼すれば、自分の代わりに不倫調査を行ってくれます。また、不倫相手と会っている瞬間を、写真・動画などで押さえてくれるでしょう。個人ではつかめない不倫の証拠を、探偵社はつかんでくれるのです。

5-3.調査方法

一般的な調査方法は、対象者の張り込み・尾行・追跡となります。1日中の行動を監視し、証拠の撮影や接触人物・不倫相手の特定や調査も行うのです。具体的な調査方法に関しては、探偵社に確認してください。

5-4.個人情報について

探偵社に依頼する際は、個人情報がきちんと守られるかどうか確認しなければなりません。情報セキュリティーを徹底していないところに依頼すれば、個人情報が外部に漏(も)れてしまう恐れがあります。情報の流出を防ぐためにも、セキュリティー関連は確認が必要です。

5-5.費用相場

気になる調査費用は、調査期間・内容・調査員の人数などによって異なります。目安として、以下に「探偵社アヴァンス」の料金体系をピックアップしてみました。

  • 1日お試しパック(4時間):45,000円
  • 4日パック(16時間):190,000円
  • 6日パック(24時間):285,000円
  • 8日パック(32時間):380,000円

5-6.注意点

探偵社の中には、調査をきちんと行わないところがあります。調査費用を支払っても、調査内容が薄く、適当に結果を報告する不正業者が存在しているので注意が必要です。探偵社に依頼する前は、複数の業者を比較してください。比較することで、優良業者と不正業者を見極めることができます。

6.不倫のストレスに関してよくある質問

不倫のストレスに関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.不倫のパターンによって、ストレスの強弱は変わるのか?
A.不倫は大人の遊びだと割り切っている場合、不倫する側のストレスは軽くなるでしょう。しかし、不倫関係を続けていて配偶者と離婚したくても承諾しない場合は、大きなストレスとなります。夫婦関係や不倫相手との関係についても、ストレスの大きさが異なるでしょう。

Q.ストレスの影響で発症する病気とは?
A.不倫のストレスで発症するのは、心身症・うつ病など精神面の病気だけではありません。ストレスが原因で、十二指腸潰瘍・慢性胃炎・円形脱毛症・慢性関節リマウチ・メニエール症候群などの疾患を発症することがあります。

Q.不倫によるストレスは、慰謝料に反映するのか?
A.「精神的・肉体的苦痛を受けた配偶者は、その苦痛を慰謝させるために、慰謝料を請求することができる」とされています。つまり、不倫によってストレスを感じた場合は、慰謝料に反映するのです。

Q.不倫調査の様子を、随時伝えてくれるのか?
A.探偵社アヴァンスでは、リアルタイムで報告を行っています。電話またはメールにて、依頼者へ1時間ごとに報告するシステムです。そのため、調査をどこで打ち切るか判断しやすくなります。

Q.探偵社選びのポイントが知りたい
A.探偵社選びに悩んだときは、丁寧に話を聞いてくれるのか、スタッフの対応をチェックしてください。無料相談を利用する際に、スタッフの対応を確認しましょう。また、料金体系が明確か、見積もり内容に不備がないか、調査の実績や経験があるかも要チェックです。

まとめ

いかがでしたか? 不倫によるストレスはとても大きいものです。不倫された側はもちろんのこと、状況によっては不倫した側にもストレスの影響がおよびます。不倫のストレスから、体調不良になったり、うつ病になったりすることもあるため、早めの心のケアが必要です。誰かに相談できないときは、探偵社などの専門家に相談すると良いでしょう。話を聞いてもらうだけでも、心のモヤモヤがスッキリしますよ。