妻の浮気のサインを見抜く! 怪しい行動パターンや調査のポイント&注意点

もしかしたら妻が浮気しているかもしれない……と感じた方は要注意です。女性はウソが得意なため、浮気していても気付かれにくいという特徴があります。妻が浮気しているときのサインは分かりにくく、普通に過ごしていれば見逃してしまうかもしれません。

そこで今回は、妻が浮気しているかもしれないサインや、浮気の原因・調査方法などをご説明します。

  1. 妻の浮気の原因や対策は?
  2. 妻の浮気のサインは?
  3. 妻の浮気のサインを見抜く方法
  4. 妻の浮気調査をプロに依頼するには?
  5. 妻の浮気についてよくある質問

妻が浮気しているかもしれない・妻の浮気調査をしたいという方にはぴったりの内容となっていますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

1.妻の浮気の原因や対策は?

まずは、妻が浮気をしてしまう心理や原因、万が一、浮気をしていた場合の対応などを見ていきましょう。

1-1.女性の浮気は本気になりやすい

女性の浮気は、男性の浮気と違い感情や内面の満足によるところが大きい傾向があります。夫が女性として見てくれていないときや、女性らしくありたいという願望を満たしてくれる男性が外にいるときに、浮気に走ってしまう可能性があるといえるでしょう。男性の浮気は肉体関係がメインであるのに対し、女性は感情で浮気することが多いため、浮気が本気になってしまう率も高いといえます。

1-2.物理的・心理的な夫婦の距離が原因の場合も

夫が仕事で忙しくかまってくれない・長期出張が多いなど、物理的な環境や夫婦の時間の使い方も、妻の浮気を後押しする原因となるでしょう。

1-3.妻が浮気をしていたら……?

万が一、妻が浮気をしている場合に取るべき対応は以下のようなものがあります。

1-3-1.静観し自分で浮気をやめてくれるのを待つ

夫側が環境や態度を変えたり、浮気できないような状況にしたりすることで、自然と浮気をやめてくれるのを待つ方法です。妻は、夫が自分の浮気に気付いているとは知らない状況なので、うまくいけば比較的円満に解決することができます。ただし、夫側の精神的負担は大きくなるといえるでしょう。

1-3-2.浮気について話し合い、二人で解決方法を探す

浮気に気付いていることを妻に打ち明け、二人で解決策を探す方法です。浮気をやめてもらうことを前提とし、なぜ浮気してしまったのか・夫に何か悪いところがなかったか・浮気にいたった経緯や相手の情報などを二人で話し合います。二人で相談できるため、ひとりで対策をするよりも精神的負担はやや軽減するでしょう。ただし、夫婦関係が今後ぎくしゃくしてしまう可能性もあります。

1-3-3.浮気に気付いていることは隠し、証拠などを集めておき離婚(慰謝料請求)の準備をする

浮気を許す気がない場合・再発の場合・夫婦の財産の使い込みなど、悪質な浮気のときは、慰謝料請求を始めとした離婚手続きを進める方もいます。証拠を集める際は、浮気に気付いていることは当然妻には教えません。しばらく泳がせておき、裁判所でも使えるような証拠をプロの力で集めるのが常套(じょうとう)手段です。

女性が浮気をした場合、男性より厄介な事態になるケースもあるんですね。
はい。女性の場合は遊びの浮気が男性より少ない傾向にあります。

2.妻の浮気のサインは?

次に、妻の浮気のサインについて具体的にご説明します。

2-1.急に機嫌がよくなった・悪くなった

特に何もないのに、急に機嫌がよくなったり悪くなったりすることは、浮気のサインの一つといえます。ただし、人にもよりますが女性は気分が変わりやすいものですので、それだけを浮気のサインとするのはやや時期尚早でしょう。

2-2.スマホを手放さなくなった・ロックをかけるようになった

スマホに対する扱いは、浮気のサインが見えやすいでしょう。以下のような場合は、浮気のサインが濃厚であるといえます。

  • どこへ行くにもスマホを手放さなくなった
  • スマホをチェックする回数が激増した
  • 今までかけてなかったロックをかけるようになった

2-3.趣味・好みが変わった

メイク・香水・服装・趣味などが急変した場合も浮気のサインといえるでしょう。気になった場合は、どうして急に変わったのかをそれとなく聞いてみてください。テレビやSNSなどの影響で変わることもありますが、具体的な理由が出てこない場合はやや怪しいといえるでしょう。

2-4.残業・外出が増えた

不在の時間が急増した場合も、浮気のサインといえます。今まであまりなかった飲み会・残業・友人との食事・ひとりでの外出など、さまざまな理由を作って浮気をしに行っている可能性があるのです。いつどこに行ったかメモを付けておきましょう。そして、後日抜き打ちチェックで「あの日何しに行ったんだっけ?」と聞いてみるとウソがばれる可能性もあります。

浮気のサインはいろいろあるんですね。
はい。以前よりキレイになったり、服装や化粧の趣味が変わったりした場合は怪しいと思いましょう。

3.妻の浮気のサインを見抜く方法

女性はウソが得意な人が多いので、浮気のサインを見抜くのは難しいといえます。その中でも有効な方法をいくつかご紹介しましょう。

3-1.会話を増やす

妻との会話を増やし、いつどこで何をしていたのかを聞き込みましょう。ウソを付いている場合は矛盾が発覚する可能性があります。また、女性は話を聞いてほしいという傾向が強いので、夫が自分に興味を持ってくれるようになったと喜ばれることもあるでしょう。ただし、あまり根掘り葉掘り聞きすぎると、「もしかして詮索(せんさく)されているのでは……」と思われてしまう可能性もあります。あくまで夫婦の会話の一環にとどめましょう。

3-2.妻のSNSをチェックする

妻がよく投稿するタイプの場合は、SNSからヒントを得ることができる場合があります。浮気していることをSNSにアップする人はいませんが、浮気のサインが隠れている可能性もあるためです。2-4でご紹介した行動メモと照らし合わせてウソがないかチェックしてもよいでしょう。SNSは過去のログをさかのぼることができるので、書き込みの内容やテンション感などで、いつから浮気が始まったかがザッと分かる場合もあるのです。浮気の期間は慰謝料に影響することがあるので、知っておいて損はないでしょう。

3-3.スマホのチェックはさりげなく

妻が本当に浮気をしている場合、夫のスマホへの介入を嫌がります。また、スマホに対するガードも厳重になるため、こっそりチェックするのは厳しいでしょう。そこで、妻がスマホを触っている最中に、会話をしながら自然に画面をのぞいてみたときの反応をチェックしてみてください。または、お互いのスマホの画像を見せ合うようなコミュニケーションを取ろうとした際に、極度に嫌がられる場合は要注意です。

会話の中から浮気のサインを見抜く方法もあるんですね。
はい。ただし、男性は女性よりも会話ベタなことが多いので、慎重になりましょう。

4.妻の浮気調査をプロに依頼するには?

次に、妻の浮気をプロに調査してもらう方法についてご説明します。

4-1.証拠がないときや離婚を検討しているときプロへ依頼!

こんな場合は、妻の浮気調査をプロに依頼したほうがよいでしょう。

  • 浮気していることはほぼ確定しているか証拠がない
  • しっかり慰謝料請求をしたい
  • 浮気によって家事がおろそかになっていることを証明したい(親権などに影響)
  • 浮気相手の情報が全く分からない

4-2.プロに依頼すれば確実な証拠がつかめる可能性が上がる

浮気調査をプロに依頼することで、以下のようなメリットがあります。

  • 離婚時、裁判所でも使える証拠・報告書を作成してもらえる
  • 遠距離に出かけた場合でも尾行が可能
  • 撮影器具が整っており、夜間や遠方からの証拠集めが可能
  • 自分で証拠を集めなくてよいので精神的に楽
  • 弁護士を紹介してもらえる場合もある

4-3.プロによる浮気調査の流れとは?

浮気調査をプロに依頼する際は、主に以下のような流れになります。

  1. 問い合わせ・無料相談(メールや来店)
  2. 調査方法の相談・決定
  3. 契約
  4. 内金支払
  5. 調査
  6. 精算
  7. 報告書提出

4-4.調査会社は実績や安心感が重要

浮気調査業者の中には、違法で許可なく営業していたり、素人が経営しているところもあるので注意してください。業者選びの注意点は以下のとおりです。

  • 過去の実績をチェックする
  • 料金や調査の説明が丁寧で分かりやすいこと
  • 料金・調査内容に関する契約事項は書面でもらう
  • 無駄に調査時間を延ばさない仕組みのあるところを選ぶ
  • 営業所や事業所の所在地を確認する
妻の浮気調査をプロに依頼した場合、確実な証拠を掴んでくれるんですね。
はい。話し合いのために決定的な浮気の証拠が欲しい場合などに利用してみましょう。

5.妻の浮気についてよくある質問

妻の浮気について、よくある質問にお答えします。

Q.浮気の確信がない場合も調査したほうがよい?
A.浮気調査はクロを確定するためのものと思われがちですが、実は潔白であることを確認することもできます。妻が残業や外出の日といっている日に尾行や待ち伏せを行うことで、本当に残業しているかなどを確認できるのです。ひとりで疑心暗鬼になるよりも、早めに確認したほうがよい場合もあるでしょう。

Q.調査費用を節約するには?
A.基本的にはどの調査会社も調査時間に応じて費用が加算されていきます。そのため、浮気しそうな日時や曜日・時間帯はハッキリしていたほうが、調査する時間を絞れて無駄が少ないでしょう。外出頻度などをメモしておくことをおすすめします。また、あらかじめ予算を決めておき、調査延長を何回(何日)までするか上限を設けておいたほうがよいでしょう。

Q.裁判所で使える証拠とは?
A.離婚調停の際は、正式な証拠や調査会社による報告書が重要になります。慰謝料請求や親権の決定の際に大変役立つでしょう。調査会社アヴァンスの報告書はこちらでご覧いただけます。プロによる報告書は、写真が鮮明でいつどこでだれが何をしていたかを克明に記録することが可能です。

Q.浮気相手の情報が一切分からないのですが?
A.プロによる浮気調査では、待ち伏せや尾行も可能です。浮気現場を押さえた後、浮気相手を尾行し、住所や会社などを調べられる場合もあります。調査するかどうか(調査時間の延長など)は、依頼主に確認してからとなっており、勝手に調査時間を延ばすことはありませんのでご安心ください。

Q.調査費用はどのくらいですか?
A.ご参考まで、アヴァンスの調査料金をご紹介します。

  • 1日お試しパック(4h):45,000円(※1クライアントあたり1回まで)
  • 4日パック(16h):190,000円
  • 6日パック(24h):285,000円
  • 8日パック(32h):380,000円

調査時間の延長や、施設への入館などは別料金となります。料金については契約前にしっかりご説明し、後から不当に追加料金を請求することは一切ありませんのでご安心ください。

まとめ

妻の浮気のサインや浮気調査などについてご説明しました。妻が浮気しているかもしれない……と思った際は、ひとりで抱え込まず無料相談を利用しましょう。ひとりでは見つけられない解決策が見つかるかもしれませんよ。