浮気の潔白を証明する方法は?〜浮気を疑われたときの対処法〜

「浮気を疑われたらどうすればいいのか」「どのように説得すれば納得してくれるのか?」など、潔白の証明で悩んでいる方は多いでしょう。1度疑われてしまうと、相手を説得させるのは難しいところがあります。けれども、誠実な姿勢で伝えることで相手に伝わる思いもあるはずです。

そこで、本記事では、浮気の潔白を証明する方法を解説します。

  1. 浮気を疑われたらどうすればいい?
  2. 浮気の潔白を証明するには?
  3. 浮気を疑われてしまう理由は?
  4. 誤解を与えないようにするには?
  5. 浮気潔白の証明に関してよくある質問

この記事を読むことで、浮気を疑われてしまったときの正しい対処法が分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。

探偵への調査依頼を検討している方はこちらもチェック!

1.浮気を疑われたらどうすればいい?

最初に、浮気を疑われたらどうすればいいのか対処法をいくつか説明します。

1-1.怒ったり逆ギレしたりするのはNG

自分を信用してくれていると思っていたパートナーから浮気を疑われると、悲しみよりも怒りが先に出てくるかもしれません。特に、突然あらぬ浮気の疑いをかけられると怒りがこみ上げてきては、逆ギレしたり怒ったりしてしまうでしょう。けれども、「変なこと言わないで!」「浮気しているわけないでしょ」など怒りをあらわにしてはいけません。感情的になってしまうと相手は疑い深くなってしまうからです。たとえ、浮気を疑われたとしても冷静になって、相手が言うことを受け入れる姿勢が必要となります。

1-2.なぜ浮気を疑い始めたのか尋ねる

浮気を疑われたときは冷静になって、相手になぜ浮気を疑い始めたのか尋ねてください。浮気の疑いを持ったということは、何らかのきっかけがあったはずです。「こんな行動が気になった」「親しくしている異性がいると聞いた」など、自分でも思い当たる節があるかもしれません。相手の話を最後まで聞く姿勢が、浮気の潔白証明につながる可能性もあります。途中で口を挟まずに、相手の話を聞いてあげてください。それから、自分の潔白を証明しましょう。

2.浮気の潔白を証明するには?

それでは、浮気の潔白を証明する方法を解説します。

2-1.スマホ・携帯電話を見せる

自分のスマホ・携帯電話をパートナーに見せるのは気持ちの良いものではありませんが、潔白を証明するために見せるのも方法の1つです。特に、パートナーから見せてほしいという要望があったときには、快く応じてください。ここで拒絶してしまうと、余計に誤解を与えてしまうことになります。異性とやり取りしているメールやメッセージなどがあれば、きちんと説明することが大切です。誠実な姿勢で説明したり向き合ったりする姿勢が、パートナーに伝わるでしょう。

2-2.「浮気をしていない」と正直に伝える

浮気をしていないのであれば、きちんとパートナーに浮気をしていないことを伝えることも大切です。真面目な表情で「浮気をしていない」とハッキリと伝えてください。「浮気していないよ~」と冗談交じりに言ったり、目を見ずに適当に行ったりするのはNGです。パートナーの目をしっかりと見て真剣だということを伝える必要があります。少しでも動揺したり怒ったりしてしまうと、逆に浮気を疑われてしまうことになるので要注意です。

2-3.しっかりと話し合うことが大事

浮気を疑われて適当に返事をしてしまうと、さらに2人の間に溝ができてしまいます。モヤモヤとした気持ちを吹っ切るためにも、パートナーとしっかり話し合う時間を作りましょう。忙しいからとパートナーの話を無視するのはNGです。冷静になって話し合う時間を作ることで、真剣に向き合っている姿勢が伝わりますし、浮気はしていないと言い切ることができます。また、疑われることが悲しいという気持ちを伝えましょう。時間をかけてゆっくりと解決することが、浮気の潔白証明となります。

2-4.自分の行動や振る舞いを振り返ろう

浮気を疑ったきっかけがあると思うので、まずは自分の行動や振る舞いに思い当たる節がなかったか見直してください。浮気を疑われる前に、あなたはパートナーに冷たい態度を取っていなかったでしょうか。自分で意識していなくても、パートナーにとっては冷たい態度だと受け取られている可能性もあります。また、デートの回数が減ったり、会話が弾まなかったり、パートナーに話しかける機会が少なくなったりと、何らかのきっかけがあるはずです。

3.浮気を疑われてしまう理由は?

ここでは、浮気を疑われてしまう主な理由をいくつか紹介します。

3-1.浮気を疑ってしまう行動や振る舞いをしている

自分自身の行動や振る舞いを振り返ってみると、パートナーが浮気を疑い始めたきっかけがあるかもしれません。たとえば、パートナーに自分のスケジュールやプライベートのことを話しているでしょうか。スケジュールを聞いても教えてくれなかったり、具体的な予定を伝えたなかったりすることが多いと浮気を疑われてしまいます。あまりにも謎が多いと「浮気しているのでは?」と思うのも当たり前です。また、常にスマホや携帯電話を持って移動しているのも浮気を疑われるきっかけになるでしょう。隠されれば隠されるほど怪しさを感じるものです。

3-2.パートナーの心理面も関係している

浮気を疑われる原因はあなた自身だけにあるわけではありません。パートナーの心理面も大きく関係している可能性があります。自分に自信が持てずにいる人ほど、「ほかの異性に目移りしてしまうのでは」「自分を捨ててしまうのではないか」という不安に陥りやすくなる傾向があるでしょう。愛情を受けているのにもかかわらず、それを素直に受け止めることができません。マイナスに考えているからこそ、浮気を疑ってしまいます。また、過去に浮気をされた経験がある人も、ちょっとした振る舞いや行動で浮気を疑いがちです。過去の恋愛がトラウマになっています。

3-3.異性に人気があるから

あなたは自分を客観的に見て、異性からモテる傾向がありませんか? 自分の彼女や彼氏が異性からモテモテだとやっぱり心配になってしまいます。自分の目でアプローチされている姿を見たり、言い寄られているシーンを見たりすると、余計に浮気を疑ってしまいがちです。あなた自身は浮気をする気がなくても、魅力があふれていて異性からモテている姿を見ると不安になってしまいます。その場合は、愛している人はあなただけだと言葉で伝えることが大切です。

4.誤解を与えないようにするには?

では、浮気の誤解を与えないようにするには、どうすればいいのでしょうか。浮気の誤解を防ぐ主な対策をいくつか説明します。

4-1.誰とどこで何をするのか伝える

遊びに出かけたりするときは、誰とどこで何をするのか伝えることが大切です。具体的に伝える必要はないかもしれませんが、パートナーから聞かれたときは素直に答えましょう。同性の友人だとしても浮気を疑っているときは不安で仕方がありません。最近では、恋人や家族でスケジュールが共有できるアプリも登場しているので、活用することをおすすめします。相手のスケジュールを把握しておけば、お互いに浮気の心配を抱くこともないでしょう。

4-2.パートナーとのコミュニケーションを大事にする

コミュニケーション不足が原因で浮気を疑われるケースが増えています。そのため、浮気を疑われないようにするためには、パートナーとのコミュニケーションを大切にすることが重要です。どれだけ忙しくてもメールや電話でやり取りしたり、ディナーを一緒に楽しんだりできるでしょう。ここで大切なのは、どちらか一方だけが努力するのではなく、2人が一緒に努力し合うことです。一緒に過ごす時間が確保できるように、お互いにできることを始めてください。

4-3.必要以上に異性と遊ばない

浮気を疑われないよう必要以上に異性と遊ばないことも大切なポイントです。異性の友人と遊ぶのが楽しくても、パートナーとの時間を蔑(ないがし)ろにしてしまうと浮気を疑われてしまいます。クラスや同窓会など地元の集まりに行くときは、その旨をきちんと伝えることが大切です。また、異性の友人と2人きりで会ったり食事をしたりしないようにしてください。さらに、出会いの場のような場所には行かないことも重要なポイントです。きちんとあなた自身が決まりを守れば、パートナーも信じてくれるようになるでしょう。

4-4.きちんと愛情を伝える

パートナーと一緒に時間を過ごしているときは、きちんと愛情を伝えることも大切です。あなたは日ごろから愛情をパートナーに言葉で伝えているでしょうか。「言葉にしなくても分かってくれる」とは思わず、自分の言葉で愛情を伝えるようにしてください。「好きだよ」「愛している」と愛情を誠実に伝えることができれば、パートナーも自分に自信が持てるようになります。自信がつけば、自然と浮気を疑うこともなくなるでしょう。恥ずかしいかもしれませんが、パートナーが自信を持てずにいるなら愛情を言葉で伝えることが大切です。

5.浮気潔白の証明に関してよくある質問

浮気の潔白に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.浮気を疑われて起こり得るトラブルは?
A.浮気の疑いが強くなるほど、束縛がひどくなる恐れがあります。不安な気持ちが大きくなるからこそ、あなたの行動に制限をかけるようになるのです。どんどんエスカレートすると、日々の生活に支障が出る可能性もあるでしょう。たとえば、仕事の電話でも取れなくなったり、同性の友人と遊べなくなったり、帰宅時間を勝手に決められたりするケースもあります。エスカレートする前に、きちんと向き合って話し合うことが大切です。

Q.やってもいないのになぜ浮気を疑われるのか?
A.さまざまな原因がありますが、人は見ないものしか見ないという心理があります。自分にとってまったく身に覚えのない浮気を疑われたとしても、相手は浮気をしていると思い込んでしまっている状態です。そのため、思い込んでいる相手は「浮気している」「裏切られているかも」と、どんどん悪いイメージを浮かべてしまいます。つまり、その思い込みから、やってもいない浮気が事実へと変換されてしまうというわけです。

Q.デート・電話・メールの回数が減っていたときの対処法は?
A.仕事が忙しくなるほどデートや電話・メールの回数が減り、浮気を疑われてしまうことがあるでしょう。その場合は、変に言い訳をせず、まずは本当に仕事で忙しかったと伝えてください。そして、忙しい中でもパートナーとの時間を作ろうと努力する姿勢が必要です。直接会うことができなければ、電話やメールでも構わないので少しずつ回数を増やすなど工夫しましょう。きちんとパートナーに謝罪し誠意を見せれば、パートナーも信用してくれるはずです。

Q.浮気を疑われたときに相手を説得させるコツは?
A.冷静になって相手の話を最後まで聞くことがコツです。浮気しているのではと不安になっているからこそ、あなたに伝えたい気持ちはたくさんあるでしょう。ある程度、話をすることができれば、パートナーも落ち着いてくれるはずです。忙しいからと適当に話を聞いたり、相槌(あいづち)を打ったりするのではなく、最後まで話を聞こうとする姿勢を貫いてください。

Q.浮気を疑われる行動パターンは?
A.仕事で帰宅が遅くなる日々が続いたり、休日でも出張が多くなったりすると浮気を疑われる可能性があります。仕事が忙しくて遅くなるときなどは、事前に知らせておくといいでしょう。また、パートナーからの連絡を無視し続けるのもNGです。折り返しの連絡を怠ると、その時間に浮気相手と会っていたのではと疑われてしまいます。連絡を徹底してパートナーを安心させることも大切です。

まとめ

浮気を疑われたとき、なぜそのようになってしまったのか自分の行動を振り返ることが大切です。自分にとっては何気ない行動や振る舞いだったとしても、パートナーにとっては浮気の疑いを抱いてしまう内容だった可能性があります。自分自身で振り返っても分からない場合は、冷静な気持ちでパートナーに尋ねてみましょう。疑いを晴らすためには相手の気持ちや言葉に耳を傾け、誠実な姿勢を保ち続けることが大切です。誠実な姿勢を貫いていけば、相手も理解してくれるでしょう。そして、これからの振る舞いや行動にも気をつけることができるはずです。