未遂でも許せない! 浮気の慰謝料請求の方法や基礎知識・注意点

浮気と一口に言っても、肉体関係を持ってしまったものから、デートに行くだけ・メールをするだけ、といった未遂のものまでさまざまです。「浮気未遂をされた場合、慰謝料を請求できる?」「浮気未遂のボーダーって何?」といった疑問を持っている方も多いかと思います。実は法律できっちりと決まっているのです。

  1. 浮気で発生する慰謝料とは
  2. 未遂の場合の浮気の慰謝料について
  3. 浮気の慰謝料請求方法
  4. 浮気についての相談・調査について
  5. 浮気未遂や慰謝料についてよくある質問
  6. まとめ

浮気未遂をされて悩んでいる・慰謝料の請求について知りたい・浮気の証拠が欲しい、という方はぜひ最後まで読んでみてください。知識をつけることで、ひとりで悩まなくて済むようになりますよ。

1.浮気で発生する慰謝料とは

1-1.浮気の慰謝料とは?

パートナー(妻・夫)が浮気をした際に、傷ついた心を癒(い)やすために支払われるのが慰謝料です。お金で心を完全に癒(い)やすことは当然できませんが、慰謝料は日常生活に戻るための支えとなってくれます。

1-2.慰謝料は誰に発生するか

慰謝料というと、浮気したパートナーに請求するのが一般的と思われています。しかし、被害額内なら浮気相手にも請求することが可能です。たとえば慰謝料相場200万円として考えると、配偶者に100万・浮気相手に100万とすることも可能ですし、200万円対0円とすることもできます。実際には、離婚をしない場合、夫(妻)に請求することはあまりありません。夫婦間でお金が移動するだけで、あまり意味がないからです。ただし、反省や誠意の意味で請求する方もいます。

1-3.慰謝料の相場

慰謝料の相場はおよそ200万円です。浮気期間や、お互いの家事・家計への貢献度によって変わってきます。浮気された側にも問題がある場合(家事放棄・セックスレス・夫婦生活の破たんなど)には、慰謝料が減額することもあるのです。

1-4.シチュエーション別の慰謝料

慰謝料は、シチュエーションによっても異なります。たとえば、子どもがいる場合は慰謝料と別に養育費の支払いが必要になるのです。養育費は有責を問いませんので、浮気された側が支払うこともあります。たとえば、妻側が浮気をして離婚となり、親権は母親が取得した場合、夫側が妻に養育費を払わなければなりません。子どもと浮気は無関係だからです。浮気時に別居をしているなど、すでに夫婦関係が破たんしていた場合も、慰謝料に響いてきます。浮気が離婚に与える影響度が薄くなるからです。

2.未遂の場合の浮気の慰謝料について

2-1.浮気の未遂について

夫婦関係で浮気・不倫というのは不貞(ふてい)行為のことを示します。たとえ、浮気相手とメールをしたりデートに行ったり、お互い好きあっていたとしても、肉体関係がなければ(その証拠がなければ)不貞(ふてい)行為とはみなされません。法律上は浮気ではない、つまり無実となります。

2-2.慰謝料は請求できるか

上記のとおり、浮気未遂は法律上無実ですので、パートナーや浮気相手に慰謝料請求はできません。証拠もないのに、浮気相手に「慰謝料を払わないと会社にばらす」などと言ってしまうと、今度はこちらが脅迫罪に問われてしまいます。

2-3.浮気未遂の問題点

浮気未遂は、「未遂でも許せない」という気持ちになると同時に、法律的には無実になってしまうという行きどころのなさがあります。また、不貞(ふてい)行為があったとしても証拠がなく「未遂だ」と言い張られてしまうとどうしようもありません。

3.浮気の慰謝料請求方法

3-1.請求方法とは

浮気の際の慰謝料請求は、以下のような流れでおこないます。

  1. 書面もしくは口頭で慰謝料を請求する

慰謝料の請求を迅速に進めたいなら口頭でもいいですが、書面での請求が一般的です。記録に残りますし、あとで「言った、言わない」のトラブルも避けられます。

  1. 調停

慰謝料請求は、通常はなかなかスムーズに進みません。最終的に裁判をおこなうことになるのですが、裁判の一歩手前に、弁護士などの第三者をはさんで簡易裁判所で話し合うことを「調停」といいます。ここでは証拠は不要ですが、証拠があったほうが、相手が言い逃れできないので解決しやすいのです。ここで解決した場合は、調停証書(調停成立を示す証拠)が発行されます。これは裁判所で発行されるものと同じ効力を持つのです。

  1. 裁判

調停でも解決しなかった場合は、本格的な裁判となります。裁判所に訴状を提出し、訴訟・出廷することになるのです。訴訟を起こすためには、慰謝料請求の根拠、つまり浮気の証拠が必要となります。

3-2.慰謝料請求に必要なもの

上記のとおり、浮気による調停・裁判の際には浮気の証拠が必要です。浮気未遂の場合、不貞(ふてい)行為の証拠がありませんので、慰謝料請求はかなり難しいでしょう。また、訴訟の際に必要なのは証拠だけではありません。適正な慰謝料請求額の提示と、請求するにいたった行為の報告書面も必要です。これらは、弁護士に依頼するのが一般的となっています。

3-3.注意点

いくら浮気をされた被害者であっても、証拠や書面など裁判所で戦える材料がなければ慰謝料を請求することはできず泣き寝入りすることになってしまうのです。また、倫理上の浮気と法律上の浮気では定義が違うことにも注意してください。不貞(ふてい)行為の有無によって、調停や裁判での取り扱いは大きく変わってきます。

4.浮気についての相談・調査について

4-1.相談や調査すべき場合

本当に未遂の場合はともかくとして、未遂だと言い張っているけれど肉体関係がありそう……という場合は、証拠を押さえることをおすすめします。離婚や慰謝料を考えているのであれば、なるべく冷静に対応しましょう。

4-2.調査や相談について

浮気調査は探偵事務所に調査依頼をしたり、弁護士に相談するのが一般的です。調停・裁判ではもちろんのこと、弁護士も証拠の有無によって動き方が変わってきます。浮気調査は一般人にはまず無理ですので(ばれる・労力がかかりすぎる・裁判で使えないなど)、専門の業者や事務所に依頼しましょう。料金が発生してしまいますが、証拠がつかめた際のリターンは大きくなります。

4-3.調査・相談方法

プロによる調査は、尾行・張り込みによって、不貞(ふてい)行為の証拠となる写真や動画などを押さえるのがメイン作業です。それらをもとに裁判で使える報告書を作るところまでが業者・探偵事務所の仕事となります。また、調査依頼前に状況などを相談するだけということも可能です。基本的には、相談→見積もり→調査依頼→調査→報告→精算という流れになります。

4-4.料金相場

浮気調査にかかる費用相場は、調査員2名程度で約2万円/1時間です。アヴァンスでは、パック料金を用意しています。行動パターンがつかめない・予算をきっちり決めておきたい、といった場合におすすめです。

  • 1日お試し(4時間):45,000円……初回1回だけ
  • 4日パック(16時間):190,000円
  • 6日パック(24時間):285,000円
  • 8日パック(32時間):380,000円

4-5.注意点

事務所や業者の料金には、調査費用だけでなくさまざまな経費がかかります。たとえば、車代や移動費、カメラなど器材代、ターゲットを尾行するための入店代や入園料などです。オプション料金なのか、料金に含まれているのかなど、しっかり確認しておきましょう。

5.浮気未遂や慰謝料についてよくある質問

5-1.パートナーの浮気が発覚した場合は?

相当のショックがあるとは思いますが、いったん落ち着きましょう。感情的になって相手を責めたり問い詰めてもいいことはありません。冷静に対応することで、話し合いによる解決で済むこともあります。絶対に許せない・離婚して慰謝料を請求する、という場合でも、証拠を押さえるため、泳がせる(浮気を知ったことを知られないようにする)ほうが有利に運べるのです。

5-2.浮気調査の証拠ってどんなもの?

浮気の証拠として写真など提出するには、本人とはっきり分かり言い逃れできないもの・不貞(ふてい)行為を示すものである必要があります。写真の例については、アヴァンスの報告書サンプルをご覧ください。

5-3.浮気未遂かもしれないので調査を依頼したいが、費用を安く抑えたい

浮気未遂や、確信が持てない調査の場合は、しばらく行動パターンを観察し、記録をメモしておきましょう。曜日や出張前後のタイミングで、食欲や風呂の時間・機嫌などをチェックしておくと、調査すべき日時をある程度絞ることができます。調査時間を絞ったほうが調査費用を抑えられるでしょう。

5-4.浮気未遂を未遂のままで終わらせてほしい場合は?

パートナーの性格や関係性にもよりますが、以下のような方法があります

  • 優しく話し合う
  • 浮気させてしまったと下手に出て、こちらも改善点を提示する
  • 証拠を突きつけて反省させる
  • 離婚をちらつかせる

5-5.浮気をされている気がするが、相手がどこのだれかもわからない

アヴァンスでは、浮気相手の身元調査も可能です。尾行などにより、相手の氏名・住所をつきとめる実績もあります。くわしくは調査事例をご参照ください。

6.まとめ

いかがでしたでしょうか。浮気未遂に関して、離婚・慰謝料・証拠などについてご紹介しました。夫婦関係や浮気の仕方の形は人の数ほどあります。どれだけ「許せない」と思っていても、不貞(ふてい)行為(肉体関係)を証明できなければ、制裁することができません。証拠不足で困っている方は、プロを使ってみてください。