浮気調査グッズには何がある? 主な活用方法&注意点を詳しく解説!

「パートナーの浮気を証明するために浮気グッズを使いたいけど、どんなものがあるのだろう」とお考えではないでしょうか? 愛するパートナーが浮気している可能性が高いのなら、自分で調べて証拠をつかみたいですよね。しかし、実際にどんな浮気調査グッズがあるのか、どんなポイントで選ぶとよいのかなど分からないこともあるでしょう。

そこで今回は、浮気調査グッズについて詳しく解説します。

  1. 浮気調査グッズにはどんなものがある?
  2. 浮気調査グッズはどこで手に入る?
  3. 浮気調査グッズを活用するポイント
  4. 自分で浮気調査をするリスク
  5. 確実に証拠を押さえるなら探偵に依頼する
  6. 浮気調査グッズに関するよくある質問

この記事を読むことで、浮気調査グッズの選び方や活用方法がよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

探偵への調査依頼を検討している方はこちらもチェック!

1.浮気調査グッズにはどんなものがある?

最初に、浮気調査グッズの主な種類について見ていきましょう。

1-1.ICレコーダー

ICレコーダーは、浮気調査グッズとして昔からよく使われています。会話をそのまま録音できるので、浮気の証拠集めに活躍するからです。最近では、小型化・長時間録音化が進み、リーズナブルな価格で高性能なモデルが入手しやすくなっています。また、遠隔操作が可能なモデルも、調査中であることが相手にバレにくいことから人気です。

1-2.隠しカメラ

浮気の証拠をビジュアルで押さえることができるのが、隠しカメラです。最近では、ペン型など隠しカメラと分かりづらいタイプも多く販売されており、簡単には相手にバレにくくなっています。ただし、カメラの性能がものによってまちまちなことや、ターゲットから距離が離れ過ぎていたり設置場所が悪かったりすると、うまく撮影できないことがあるのがデメリットです。

1-3.GPS発信機

GPS発信機を使用すれば、パートナーの現在地や移動履歴が分かるので、浮気をしているか判断しやすくなります。また、GPSの追跡データを分析すると、浮気相手と会っていた場所や時間を割り出すことが可能です。GPS発信機には、ロガータイプとリアルタイムタイプがあります。パートナーの現在位置をリアルタイムで知りたい場合には、リアルタイムタイプがおすすめです。ただし、よりバレにくいのは、小型で目立ちにくいロガータイプになります。

2.浮気調査グッズはどこで手に入る?

浮気調査グッズを手に入れることができるのはどこか詳しく見ていきましょう。

2-1.家電販売店

浮気調査グッズの多くは、家電販売店で入手できます。実際に手に取りながら検討できるので、失敗が少ない購入方法といえるでしょう。なお、購入する際は現金で支払いましょう。クレジットカードや電子マネーで支払うと、購入履歴が残ってしまうからです。また、同様の意味から販売店のポイントカードを提示するのもおすすめしません。

2-2.ネット通販

浮気調査グッズは、ネット通販で入手することもできます。浮気調査グッズを数多く取り扱っている業者も多く、多くの商品を比較しながら注文できるのがメリットです。24時間いつでも購入できるので、忙しくて家電販売店に行く時間がないといった人にもおすすめします。ただし、パートナーとパソコンを共有している場合は、パソコンから注文すると浮気調査グッズを購入したことが履歴からバレてしまいやすいので注意してください。

2-3.ネットオークション・フリマアプリ

浮気調査グッズは、ネットオークションやフリマアプリでから入手することも可能です。中古でもよいから安く入手したいのなら、探してみるとよいでしょう。ただし、信頼できる出品者か確認してから入札することが大切です。中には、盗聴や盗撮目的で浮気調査グッズを出品しているケースもあるので注意してください。

3.浮気調査グッズを活用するポイント

浮気調査グッズを実際にどんなポイントで活用すればよいか、具体的に見ていきましょう。

3-1.ICレコーダーは浮気現場になりそうな場所に設置する

ICレコーダーは、パートナーと浮気相手の会話を録音することを目的で使います。したがって、浮気現場に使われそうな場所に設置するのがコツです。たとえば、自宅の寝室や車の中などが適切でしょう。寝室でもベッドの下などに設置すれば、よりリアルな会話が録音しやすくなります。

3-2.隠しカメラは玄関やリビングなどに設置する

隠しカメラを設置するなら、玄関やリビングなどに設置するのが効果的でしょう。自宅に浮気相手を呼ぶ場合、必ず玄関から入り、その後リビングに案内されることが多いからです。また、寝室に設置するのもおすすめします。寝室で不貞行為におよぶことが多いことから、浮気の決定的な証拠をつかみやすいからです。

3-3.GPS発信機は車内に設置するのがおすすめ

GPS発信機を使用するのなら、車内に設置するのがおすすめです。浮気相手とのデートに車を使うのなら、行動履歴を押さえられる可能性があります。車内は死角が多く、比較的バレにくいこともメリットでしょう。シートとシートの間や、シートの下側など見えづらい位置に隠すのがポイントです。なお、車を使わない人の場合はカバンの中に入れておく方法もありますが、すぐにバレやすいのでおすすめしません。

4.自分で浮気調査をするリスク

自分で浮気調査をするとどんなリスクがあるのか詳しく見ていきましょう。

4-1.調査中であることがバレやすい

自分で浮気調査をすると、調査中であることがパートナーにバレやすいのがデメリットです。たとえば、友人などに聞き込み調査をしたことを伝えられてしまったり、張り込み調査中に見つかったりすることがあります。調査中であることがバレてしまえば、パートナーのガードが堅くなり、浮気の証拠をつかむのが難しくなることでしょう。

4-2.労力や時間が無駄に終わりやすい

労力や時間が無駄に終わりやすいのも、自分で浮気調査を進めるデメリットです。普段の生活を送りながら浮気調査を進めるのは、大変な労力と時間を必要とします。しかし、当てが外れてまったくの無駄に終わることが多いのも事実です。労力や時間を無駄にしたくないなら、自分で浮気調査を行うのはあきらめたほうがよいでしょう。また、浮気調査は、ターゲットにバレないように気を付けながら行う必要があるため、精神的にも大きく疲労するのもデメリットといえます。

4-3.客観的な証拠として採用されにくい

自分で浮気調査をして証拠をつかんだとしても、客観的な証拠として採用されにくいのも大きなデメリットです。浮気調査は、まったく関係のない第三者視点で行うことで公平性が保たれます。自分で調査した場合は客観性に疑問が残ることから、せっかく証拠として提示しても決定的な証拠になりにくいのです。

4-4.やり方によっては違法行為に該当することもある

自分で浮気調査を進める場合、やり方によっては違法行為に該当する可能性もあるので注意してください。たとえば、張り込み調査や追跡調査中にうっかり私有地に入ってしまい、住居侵入罪に問われることがあります。もう少しで証拠がつかめるからと無理をすると違法行為につながり、思わぬトラブルに巻き込まれることもあるので気を付けましょう。

5.確実に証拠を押さえるなら探偵に依頼する

浮気の証拠を確実に押さえるには、探偵に浮気調査を依頼することがおすすめです。

5-1.探偵に浮気調査を依頼するメリット

探偵に浮気調査を依頼すると、以下のように多くのメリットがあります。

  • 調査中であることが相手にバレにくい
  • 時間と労力の大幅な節約になる
  • 第三者に依頼することで気持ちの区切りができる
  • 自分で調査するよりはるかに効率がよい
  • 客観的な証拠をつかむことができる
  • 調査結果を報告書で受け取ることができる

5-2.信頼できる探偵を選ぶポイント

浮気調査は、以下のようなポイントを参考にして信頼できる探偵に依頼することをおすすめします。

  • 浮気調査で豊富な実績がある
  • 正式依頼を前提とした簡単な相談や見積もりは無料
  • リーズナブルかつ分かりやすい料金システム
  • 希望の調査期間を考慮してくれる
  • スタッフが親身になって相談に乗ってくれる
  • 利用者の評判がよい
  • 調査結果を分かりやすく報告書にまとめてもらえる
  • 守秘義務や個人情報保護を徹底している
  • 活動地域の公安委員会に探偵業の届け出済み

なお、当アヴァンスでも、浮気調査のご相談をお受けしています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

5-3.浮気調査を探偵に依頼した場合の費用目安

浮気調査を探偵に依頼した場合の費用目安は、以下を参考にしてください。以下は、当アヴァンスの一例(すべて税別表記)です。

  • 1日4時間:45,000円
  • 4日16時間:190,000円
  • 6日24時間:285,000円
  • 8日32時間:380,000円

なお、上記の金額には、事前調査費・車両費・機材費・フィルム代・写真現像代・調査報告書作成費などを含みます。業者によって、また、契約プランによって金額に含まれる内容が異なるので、詳しくは見積もりをもらって確認してください。

5-4.できるかぎり調査協力することが大切

浮気調査で確実に証拠をつかんでもらうためには、できるかぎり調査協力することが大切です。パートナーや浮気相手について知っていることは、すべて探偵に伝えましょう。自己判断で伝えない情報があると、調査に支障が出ることがあります。調査期間中に確実な証拠がつかめないとなれば、お金が無駄になるだけです。

5-5.不審な点が残る探偵には依頼しない

不審な点が残る探偵には、浮気調査を依頼してはいけません。たとえば、以下のようなポイントに当てはまる探偵とは契約しないでください。

  • よく話を聞かないで正式契約を結ぼうとする
  • 法外に高い調査料金
  • スタッフの態度や言葉遣いが悪い
  • 顧客管理がずさん
  • 顧客からの評判が悪い
  • 活動地域の公安委員会に探偵業の届け出をしているか不明

上記のほかにも違和感を覚える点があったら、契約を見合わせたほうがよいでしょう。信頼できない探偵と契約しても、よい結果が出ることはありません。むしろ、個人情報の流出など、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性があります。

6.浮気調査グッズに関するよくある質問

最後に、浮気調査グッズに関する質問に回答します。それぞれ役立ててください。

Q.複数の浮気調査グッズを使ったほうが証拠をつかみやすくなる?
A.はい。複数の浮気調査グッズを使ったほうが、浮気の現場を押さえられる可能性が高くなります。ただし、浮気調査グッズが見つかるリスクも高くなるので注意してください。

Q.安価な浮気調査グッズでは役に立たない?
A.断言できません。安価でも高性能な浮気調査グッズも存在します。金額よりも、購入者の評判などをチェックして選ぶと失敗しにくいでしょう。

Q.浮気調査グッズを使いこなす自信がないのですが?
A.うまく使いこなせないうち浮気調査に使用すると、失敗する可能性が高くなります。まずは、事前にテストをするなどして操作に慣れるとよいでしょう。何度か操作するうちに、使いこなせるようになります。

Q.探偵ではどんな方法で浮気調査を進める?
A.以下のような方法です。実際には、複数の方法を同時進行することが多いでしょう。

  • 身元調査
  • 聞き込み調査
  • 張り込み調査
  • 追跡調査
  • SNSでの発言調査

Q.探偵に調査を依頼しても証拠がつかめないときはどうする?
A.調査を続行するか、いったん中止して様子を見るか探偵と相談してみてください。続行せず、日を改めて調査したほうがうまくいくこともあります。

まとめ

今回は、浮気調査グッズについて詳しく解説しました。パートナーの浮気を疑ったら、浮気調査グッズを使用して調べてみることも可能です。ICレコーダー・隠しカメラ・GPS発信機といったグッズを使って、調べてみるとよいでしょう。ただし、自分で浮気調査をすると相手にバレやすい、時間や労力が無駄になりやすいなど多くのデメリットがあります。確実かつ客観的な証拠をつかむには、探偵に浮気調査を依頼することがおすすめです。この記事を参考にして、信頼できる探知に要相談し、浮気調査を進めてみるとよいでしょう。