婚約者が浮気をした場合はどうする? まずは証拠をつかむことが大切

配偶者が浮気をした場合は、相手や浮気相手に慰謝料を請求することができます。しかし、婚約中の場合はどうでしょうか?「まだ入籍をしていないから慰謝料支払いの義務はない」と思っている人もいるかもしれません。

今回は婚約中に相手に浮気をされた場合の対処法をご紹介します。条件によっては慰謝料を請求することもできますよ。婚約中の相手が浮気をしたという方や、婚約中の相手が浮気をしているかもしれないと疑っている方はぜひ読んでみてくださいね。

  1. 婚約中の浮気で慰謝料が請求できるケースは?
  2. 肉体関係がなければ浮気ではない?
  3. 婚約者が浮気をしているかもしれないというときは?
  4. 探偵業者に浮気調査を依頼するメリットと注意点
探偵への調査依頼を検討している方はこちらもチェック!

1.婚約中の浮気で慰謝料が請求できるケースは?

この項では、婚約中の浮気で慰謝料が請求できる事例をご紹介していきます。慰謝料を請求できない事例も同時にご紹介しますので、よく比較してみてください。

1-1.婚約者がいることを知っている人と浮気をした

婚約をしたときは職場や親族、友人などに知らせる場合が多いです。結納を執り行った場合はもちろんのこと、職場で婚約を報告した場合も「婚約したことを広く知らせた」とみなされます。

また、友人を招いて婚約パーティーをしても同様です。このような状況下で「婚約者がいる」と知っている人と浮気をした場合は婚約者だけでなく浮気相手からも慰謝料を請求できます。

1-2.結婚のために仕事をやめた場合は慰謝料を増額できる

女性の場合、婚約を機に仕事をやめることもあるでしょう。しかし、退職後婚約者が浮気をして破談になった場合は、慰謝料を増額する理由になります。また、結納を行い相手に結納金を収めた後、浮気をされた場合は結納金の返還を求めることもできるでしょう。

1-3.婚約中に浮気をされても慰謝料が請求できないケースは?

  • 婚約者がいると知らなかった人と浮気をした
  • 2人だけ婚約の約束をしているだけなど、婚約をしていると広く知られていない状態で浮気をした
  • 風俗店に通っていた

このような場合は慰謝料を請求することはできません。「婚約状態である」という定義は非常にあいまいですが、

  • 双方の両親に相手を紹介していない
  • 職場にも婚約を報告していない

という場合は婚約しているとは言い難いでしょう。ただし、婚約を前提として3年以上同棲をしている場合は、内縁の配偶者とみなすことができます。この場合は慰謝料を請求できるでしょう。

また、相手が「婚約者がいる」ことを知らせずに浮気をすると、浮気相手に慰謝料を請求できないばかりか、逆に婚約者が訴えられる可能性もあります。これは既婚者が浮気をした場合でも浮気相手に慰謝料を請求できない条件と同じです。

婚約中の浮気は慰謝料が請求できるケースとできないケースがあるんですね。
はい。結納をするなど婚約が広く人に知られているときの浮気は、慰謝料を請求できるケースが多いでしょう。

2.肉体関係がなければ浮気ではない?

何を持って浮気とするか、というのも非常にあいまいです。しかし、裁判では「肉体関係がなければ浮気ではない」と判断されることが多いでしょう。

たとえ婚約者が別の異性に「愛しているのは君だけ、婚約者は経済力目当てに結婚する」という文面のメールを送っていたとしても、肉体関係がなければ法律上は浮気とはみなされません。

しかし実際は、婚約者とは別の異性に「愛している」といった時点で浮気と判断されて婚約破棄される場合が多いでしょう。その際は浮気ではなく「契約不履行」を理由に慰謝料を請求するように弁護士から勧められることもあります。結婚を契約の一種とみなすのですね。

また、どこまで行えば肉体関係なのかも意見が分かれますが、同じ部屋で一夜を過ごした時点で肉体関係があると判断される事例が多いです。ですから婚約をした時点で異性関係は十分に注意しましょう。

肉体関係がなければ、浮気とは判断されないんですね。
はい。ただし、婚約中の身で別の異性に関心を移したと分かれば、婚約不履行という形で慰謝料は請求できる可能性があります。

3.婚約者が浮気をしているかもしれないというときは?

この項では、婚約者が浮気をしているかもしれないという場合の対処法をご紹介します。浮気は「疑いがある」だけでは裁けません。

3-1.証拠をつかむ

浮気は証拠をつかむことが大切です。

  • 婚約者の携帯電話に残されたメールや通話記録
  • 浮気相手と入ったホテルのレシートやポイントカード
  • 浮気相手とした食事や送ったプレゼントのレシート

これらすべてが証拠になるのでとっておきましょう。また、カーナビの走行記録も証拠になります。

3-2.一番決定的な証拠は?

浮気の決定的な証拠になるのは、婚約者と浮気相手がホテルに出入りしている写真です。特に、ファッションホテルに出入りしている写真を入手できれば完璧でしょう。このような写真は素人でも撮影できますが、探偵業者に依頼をすればより確実に手に入れられます。

3-3.証拠を集めたら……

証拠を集めたら関係者を集めて話し合いを行いましょう。自分と婚約者だけでなく、両家の両親、仲人(立てた場合)弁護士が同席するとスムーズに行います。
話し合いの内容は

  • 浮気の有無
  • 婚約破棄をするかどうか
  • 慰謝料の額
  • 婚約破棄の通知の仕方
  • 式場への支払いの方法(すでに式場を予約していた場合)
  • 新居の家具や家電の処分方法

などです。結婚式の日取りが迫っているほど、話し合いは大変になり、各方面へ与える影響もおおきくなるでしょう。思わず「自分が黙って胸に収めていればよい」と考えてしまうかもしれません。しかし、婚約者がいるのに浮気をした相手と結婚してもうまくは行かないでしょう。苦しくてもきっちりと相手にペナルティを与えて、これからのことを決めてください。

証拠をそろえた上で、話し合いに臨むことが大切なんですね。
はい。感情的に問いつめてはいけません。

4.探偵業者に浮気調査を依頼するメリットと注意点

「婚約者が浮気をしているかもしれないけれど、確証がつかめない」という場合、探偵社を利用すれば、婚約者の浮気相手のプロフィールや明確な浮気の証拠をつかんでくれます。探偵社に依頼をすると高額な調査費用がかかるというイメージがあります。

しかし、婚約者の行動パターンをある程度把握していれば、密会場所の目星もつけやすく、費用を節約することもできるでしょう。

探偵業者はたくさんありますが、

  • きちんと事務所を構えている
  • 電話対応が丁寧である
  • 探偵業の届け出が事務所の目立つ場所に掲げてある
  • 料金体系が明確である・無理に高額な調査を勧めない

という探偵社に依頼をすれば、満足のいく調査結果を得られるでしょう。婚約者の浮気は大変ショックな出来事です。気が動転して冷静な判断ができない場合もあります。

焦って探偵社を決めず、信頼できて秘密が守れる人にまずは相談をしてみると気持ちが落ち着くでしょう。探偵業者に依頼するのはそれからでも間に合います。

探偵業者に依頼すれば、確実な証拠をつかんでもらえる可能性があるんですね。
はい。また、浮気相手の素性も調べてもらうこともできます。

おわりに

今回は、婚約中に相手が浮気をした場合、慰謝料を請求できる条件や、浮気の証拠をつかんだ後の対処法、探偵に依頼をした場合のメリットと注意点をご紹介しました。

まとめると

  • 婚約中の浮気は条件によって慰謝料を請求できる
  • 浮気の決定的な証拠をつかむことが大切
  • 探偵に依頼をすれば浮気の証拠を簡単につかめる

ということです。

婚約中の浮気は、配偶者が浮気をした場合より、話し合いが難航する場合も多いです。特に男性の浮気は「独身最後の思い出」と周囲から甘めにみられてしまうこともあるでしょう。しかし、婚約中の浮気は婚約者に対する重大な裏切り行為です。見てみぬふりをしていると。結婚生活もうまくいきません。

探偵に依頼をしてでもしっかりと証拠を集め、話し合いにのぞんでください。その結果が婚約破棄だったとしても、新しい人生への第一歩だと前向きに考えましょう。