不倫で裁判を起こす人必見! 裁判で有利となる証拠と集め方を解説!

配偶者が不倫をし、慰謝料請求や離婚の条件を巡り裁判となった、というケースは珍しくありません。「配偶者が不倫をし、話し合いが決裂して裁判になりそうだが、提出する証拠に悩んでいる」という人もいるでしょう。

そこで今回は、裁判で有利となる不倫の証拠や、そのつかみ方を紹介します。

  1. 不倫で裁判をする理由とメリット
  2. 裁判で有利になる証拠について
  3. 裁判で有利になる証拠を自分で集める方法
  4. 探偵業者を利用して証拠を集める方法
  5. 不倫裁判の証拠に関するよくある質問

この記事を読めば、不倫の証拠を集める際の注意点や証拠を集める際に頼れる業者などについても分かるでしょう。不倫の証拠を集めたいと思っている人は、ぜひ読んでみてください。

1.不倫で裁判をする理由とメリット

はじめに、不倫で裁判をする主な理由や裁判を起こすメリットを紹介します。

1-1.当事者同士の話し合いがまとまらないと裁判になる

配偶者が不倫をした場合、慰謝料や離婚後の親権の行方などを巡って話し合いの場が持たれます。配偶者と不倫相手がすんなり自分たちの非を認め、提示した慰謝料を支払ったり離婚の条件を受け入れたりしてくれれば、問題ありません。しかし、配偶者、もしくは不倫相手が不倫を認めない・慰謝料を払わない、離婚の条件に従わないなどの場合には、最終的に裁判となることが多いでしょう。

1-2.裁判をすることで相手にプレッシャーを与えられる

裁判を起こせば、裁判所から不倫相手や配偶者に「このような条件で和解してはどうですか?」と提案をしてもらうことができます。また、訴えられたら自分で弁護士を探し、裁判所に出廷して「原告(訴えた人)の要求は受け入れられない」と主張しなくてはなりません。強いプレッシャーとなることでしょう。

さらに、裁判は平日に行われるので、仕事にも影響が出るほか、不倫をしていたことが広く知られてしまう可能性も高まります。そのため、裁判を起こすことで交渉を有利に進めることができるほか、原告側(訴えた人)が勝てば、慰謝料として給与や財産を差し押さえることも可能です。

1-3.裁判を起こすには証拠が必要

不倫の裁判を起こすには、原告が裁判所に「被告が確かに不倫をした」という客観的な証拠を提出する必要があります。裁判で有利になる証拠とは、「不倫相手と肉体関係があったと判断できる」ものです。具体例をあげると、ラブホテルに出入りしている写真や、不倫相手の自宅に複数回、かつ長期的に出入りしている写真や記録などになります。

2.裁判で有利になる証拠について

この項では、裁判所に提出すれば勝訴する可能性が高いものや逆にあまり役立たない証拠について解説します。

2-1.写真や録音は内容しだいで有利な証拠となる

裁判を有利に進められる可能性が高い証拠は、以下のようなものです。

  • ラブホテルに出入りしている写真
  • 不倫相手の自宅に長時間頻繁に出入りしている写真
  • 不倫相手と配偶者が一緒に住んでいる証拠(写真、同居用の部屋の賃貸契約書など)
  • 探偵業者が作成した不倫調査報告書
  • 性行為をしたことが分かるメールやLINEの文言
  • 不倫をしたことを認める録音や文書

前述したように、不倫相手と肉体関係があったと分かる証拠ほど、裁判が有利に進むでしょう。

2-2.不倫の証拠とは認められにくいもの

以下のようなものは、被告に言い逃れされてしまう可能性が高い証拠です。

  • 相手と手をつないだり肩を組んだりしている親しげな写真
  • 不倫相手へのプレゼントや食事に使ったと思われるレシート
  • 日常会話(肉体関係があることが分からない)のLINEやメールの文言
  • 電話の着信履歴

肉体関係があったことを証明できないものは、いくら不倫相手と親しげにしている証拠を裁判所に提出しても、不倫の証拠にはなりにくいでしょう。

3.裁判で有利になる証拠を自分で集める方法

この項では、不倫の証拠を自分で集める方法や注意点を紹介します。

3-1.不倫の話し合いは録音する

配偶者が不倫を認め話し合いをする際は、必ず録音しましょう。また、弁護士に同席してもらい、話し合いの内容を文書に起こして署名や捺印(なついん)してもらえば、不倫をしたことを認めた証拠となります。ただし、録音する際は必ず相手の同意を取りましょう。

3-2.レシートや通話記録なども保管しておく

前項でご紹介した不倫の証拠としては不十分なものでも、数がたくさんそろっていれば証拠として認められることもあります。たとえば、不倫相手と配偶者が同僚だった場合、何度も高価なプレゼントをしたり一緒に食事をしたりしている証拠があれば、「度を超した親密さ」の証明にもなるでしょう。ですから、不倫の証拠としては弱いものもしっかり保管しておくことです。

3-3.友人に協力を頼む

家族を尾行して不倫の証拠をつかむことは、とても難しいものです。ですから、友人や知人と協力して複数で尾行すれば、ラブホテルに出入りしているところなど、決定的な証拠をつかむことができます。なお、デジカメで撮影する際は必ず日付を入れましょう。可能ならば、使い捨てカメラなどフィルムカメラで撮影すると後で加工もできないのでおすすめです。

3-4.法律に触れるような証拠の集め方をしない

たとえば、浮気を認める文言を録音する際、強い言葉で脅したりすると相手に裁判で「あのときは脅されて仕方なく認めた」と反論されることがあります。また、電話の盗聴などで集めた証拠も認められません。証拠は慎重に集めましょう。また、映像や録音は裁判所で再生できません。映像は写真に出力し、録音は正確に書き起こして文章で提出してください。

4.探偵業者を利用して証拠を集める方法

この項では、探偵業者を利用するメリットや利用方法を紹介します。

4-1.探偵業者は浮気調査のプロ

探偵業者は、浮気をはじめとする各種調査のプロフェッショナルです。浮気の証拠写真はもちろんのこと、浮気相手と配偶者が、どこで、どのくらいの頻度で会っているかなど詳細な調査報告書を作ってくれます。また、浮気相手の住所や勤め先など個人情報も集めることも可能です。「自分では決定的な証拠をつかむことが難しい」という場合は、探偵業者に依頼しましょう。調査報告書は裁判所へ証拠として提出が可能です。

4-2.業者はインターネットで探すのがおすすめ

今はサイトを開設している探偵業者が多いので、インターネットを利用して業者を探しましょう。相談無料というところも多いので、まずは相談をしてから依頼するかどうかを決めてもいいですね。浮気調査費用は、1週間で20万円前後が相場となります。決して安くはありませんが、裁判をする場合は必要経費だと思いましょう。

カード払い、分割払いを受けつけてくれる業者もあります。なお、自分である程度証拠を集め、浮気相手との密会場所や密会する日が分かっている場合は、調査時間を短縮できるでしょう。ちなみに、アヴァンスでは、調査の4日パック、6日パックなどがあり、費用は19万円~となっています。

4-3.事務所を構えている業者を選ぶ

優良な探偵業者は、必ず事務所を構えている自治体の警察に「探偵業の届け出」を出しています。サイトには届け出番号が記載され、事務所の目立つ場所に届け出が掲げてあるはずです。届け出番号がなく、相談を申し込んだら喫茶店などに出向くように指示されたら、その業者には依頼しないほうがいいでしょう。優良な業者は、相談者が望まない限り事務所で相談を受けます。

5.不倫裁判の証拠に関するよくある質問

この項では、不倫裁判の証拠に関する質問について紹介します。

Q.配偶者のスマホをこっそり見るのは法に触れることになるでしょうか?
A.いいえ。スマホを見て内容を写真に撮るのは問題ありません。

Q.ラブホテル以外のホテルに出入りしている写真は証拠にならないでしょうか?
A.レストランや会議室などがあるシティホテルは、個室に出入りする写真が必要です。

Q.不倫相手に慰謝料を請求できない事例はありますか?
A.不倫相手が配偶者を既婚者であると知らなかった場合や、一度だけ肉体関係を持ちその後は顔を合わせてもいない場合は、慰謝料は請求できません。

Q.裁判を起こし、被告が出廷しない場合はどうなりますか?
A.原告の勝訴です。

Q.探偵業者が証拠をつかめないことはありませんか?
A.調査対象が一般の人ならば、探偵業者が不倫の証拠をつかめないことはまずないでしょう。

まとめ

今回は不倫で裁判をする際、原告が有利になる証拠を中心に、裁判を起こすメリットや証拠の集め方を紹介しました。裁判を起こすのは、費用がかかり判決が出るまで時間がかかるというデメリットもありますが、話し合いがまとまらないまま日が過ぎていくようならば、利用してみましょう。探偵業者に依頼すれば、確実な証拠をつかむこともできます。