母親の不倫を確かめたい! 明らかにする方法・対応など徹底解析

「母親が不倫をしているかもしれない」「不倫の有無を確かめたいけれど、方法が分からない」など、母親の不倫で悩んでいるのはあなただけではありません。離婚した夫婦の大半が、どちらかの不倫・浮気が原因で別れています。できれば、両親が別れるような結果になりたくありませんよね。母親の不倫に気づいた場合、子どもは一体どのように対応すれば良いのでしょうか。そこで、本記事では、不倫している母親の現状や不倫をする理由・発覚したときの対応・明らかにする場合などについて説明します。

  1. 不倫している母親は多いのか?
  2. 母親の不倫について
  3. 母親の不倫が発覚したらどうするか?
  4. 母親の不倫発覚後にできること
  5. 母親の不倫に関してよくある質問

この記事を読むことで、母親の不倫・浮気について知ることができ、発覚したときの適切な対応を知ることができます。悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

1.不倫している母親は多いのか?

不倫=男性がするものというイメージをしている方が多いと思いますが、母親が不倫するケースはどのようになっているのでしょうか。既婚者の不倫事情や女性と男性の違い、年代について説明します。

1-1.既婚者の不倫について

コンドームの大手メーカーである「相膜ゴム」が実施した調査によると、「結婚・交際相手以外にセックスをする相手がいる」という割合が約21%となりました。男女別を見てみると、男性は約27%、女性は約16%です。男性の割合が多いですが、女性でも浮気・不倫をしている人がいるという結果になりました。

1-2.女性と男性の違い

離婚理由が不倫の場合、夫側の不倫が原因というのが大半です。しかし、中には妻の不倫が原因というケースもあります。また、男女では、不倫をする心理が異なるのです。男性は、子孫を残すという本能や冒険心から、刺激的な関係を求める生き物と言われています。一方、女性は、夫婦の時間がない・会話が少ない・疎外感が強いなど家庭が不安定な理由から不倫に走る傾向があるのです。

1-3.年代について

相膜ゴムのアンケート調査では、不倫しやすい年代も明らかとなりました。「特定・不特定の浮気相手がいる」と答えた人の割合を見てみると、20代が17%、30代が約18%、40代が19%、50代が約15%、60代が約13%です。数字だけを見れば、30~40代の女性が不倫をする可能性が高いと言えるでしょう。