夫が浮気をしているときに出るサインとは? 特徴やチェック点を解説!

「夫が浮気をしているかもしれない、でも証拠がない」と悩んでいる人はいませんか? 実は、浮気をしている夫はさまざまなサインを無意識に発信しているのです。浮気をしている人特有のサインをキャッチできれば、証拠もつかみやすくなります。今回は、夫が浮気をしている際に出るサインの特徴や浮気調査をプロに依頼する方法などを紹介しましょう。

  1. 男は冒険を求めて浮気をする?
  2. 夫が浮気をしているときのサイン
  3. 浮気調査をプロに依頼するメリットや方法
  4. 夫の浮気のサインに関するよくある質問

この記事を読めば、夫の浮気疑惑でイライラすることもなくなるでしょう。また、プロに浮気調査をする決心もつきやすくなります。夫が浮気をしているかも、と悩んでいる人はぜひ読んでみてくださいね。

1.男は冒険を求めて浮気をする?

はじめに、夫が浮気をする原因や心理状態などを紹介します。

1-1.家庭が円満でも不安定でも男性は浮気をする

男性は女性よりも浮気のハードルが低く、世間の目も男性の浮気には甘くなりがちです。そのため、誘惑に弱い男性はきっかけさえあれば、浮気をする危険があります。たとえば、家庭が円満なら「刺激が欲しくて」、家庭が不安定だと「癒しを求めて」浮気をする男性もいるでしょう。ですから、妻が「自分が至らないから」と自分を責める必要はありません。

1-2.浮気をステイタスと考える男性もいる

多くの女性と付き合うことで、「自分には魅力がある」とステイタスを感じる男性もいます。そのような人にとって、浮気をすることは、自分の魅力を再確認するためのものです。ですから、浮気で周りの人を悲しませても、浮気をやめられないこともあるでしょう。

1-3.浮気を黙認してもよいことはない

家庭が円満ならと夫の浮気を黙認する妻もいますが、浮気を黙認してよいことは何もありません。既婚者同士の浮気の場合、相手の配偶者から慰謝料を請求されることもあります。また、夫婦で築いた共有財産が使いこまれる可能性もあるでしょう。夫婦としてもう一度やり直す決心をしていても、しっかり自分がやったことを自覚させてペナルティをつけた方が再発防止にも効果的です。

2.夫が浮気をしているときのサイン

夫が浮気をしていると、いろいろなサインを発し始めます。この項では、そのサインを紹介しましょう。

2-1.スマホを肌身離さず持ち歩くようになる

浮気相手と連絡を取る手段として、最も使われるのがスマホ(携帯電話)です。通話だけでなく、LINEをはじめとするSNSで連絡を取り合っている人も珍しくありません。そのため、スマホを肌身離さず持ち歩くようになります。それだけでなく、スマホに着信があったらこそこそと隠れるように通話したり返信したりすることもあるでしょう。

2-2.残業・休日出勤・出張が増える

残業や休日出勤は、浮気の言い訳に最適です。急に残業が増えたり休日出勤が入ったりすることが多くなったら、浮気をしている可能性があります。また、本当に残業や休日出勤ならば、疲れがたまったり嫌がったりするものですが、そのような様子が全くない場合は、浮気をしている可能性があるでしょう。

2-3.趣味が変わる、おしゃれになる

いきなり趣味が変わったり、おしゃれになったりした場合は浮気相手の影響の可能性があります。特に、今まで全く興味がなかった分野にはまりだしたり、服の趣味が全く変わったりしたら浮気を疑ってみましょう。

2-4.妻への態度が急変する

浮気をすると妻にそっけなくなる男性がいる一方で、優しくなる男性もいます。罪悪感や心の余裕から妻に優しくなるのです。ですから、夫が自分への態度を急に変えたら、浮気を疑いましょう。

2-5.金遣いが荒くなる

浮気にはお金がかかります。金遣いが急に荒くなったら要注意です。カードの使用記録なども確認しましょう。

3.浮気の証拠を自分で掴む方法

浮気の証拠を自分で掴むには、以下のような方法があります。

  • 給与明細の確認:残業や出張が本当ならば、手当がついている
  • カードの履歴の確認:夫が使わないものや女性向けの製品ばかりを扱っている店で買い物した場合、浮気の可能性がある
  • レシートのチェック:どこで、何を買ったかが分かる
  • スマホのチェック:着信履歴・メールやSNSのやり取りが分かる
  • カーナビの走行履歴を確認:どこへ行ったのかが分かる

ただし、これらから得られた証拠は浮気の決定的な証拠とならないこともあるでしょう。

4.浮気調査をプロに依頼するメリットや方法

この項では、浮気調査をプロに依頼するメリットや方法を紹介します。

4-1.浮気調査を依頼すれば、確実な浮気の証拠を掴んでくれる

浮気調査をプロに依頼すれば、浮気をしている確実な証拠を掴んでくれます。裁判では既婚者とお互いに知っている男女が、密室で長時間を過ごした時点で浮気と判断された例もあるのです。そのため、ラブホテルなど宿泊施設に出入りしている写真が確実な証拠として有効になります。

4-2.浮気相手の素性を知りたい場合もプロに依頼しよう

浮気相手に慰謝料を請求したい場合、浮気相手の素性を知ることが大切です。プロに依頼すれば、住所氏名・勤め先など詳しい素性を調べてくれるでしょう。

4-3.浮気調査を依頼できる業者の探し方

浮気の確実な証拠をつかむためには、探偵業者を利用するのが一般的です。現在は、アヴァンスのように、サイトを開設している業者も多いので、インターネットで最寄りの業者を探しましょう。サイトを見れば料金の目安も分かり、メールで相談申し込みができる業者もあります。なお、優良な探偵業者は必ず事務所を開設し、警察へ「探偵業の届け出」を出しているのです。サイトにも届出番号を記載しているので、探偵業者を選ぶ際の参考にしましょう。事務所を構えず、喫茶店などで相談を受ける業者は利用しないほうがいいですね。

4-4.依頼までの流れ

探偵業者は相談が無料なところも多いので、まずは相談してみましょう。そのうえで、依頼をすすめられたらさらに詳しい説明を聞くといいですね。浮気調査は1週間で20~35万円が相場となっています。安くはありませんが、事前に夫が浮気相手と会う日が分かっていたり、会う場所の見当がついていたりする場合は、早く証拠が取れることもあるでしょう。探偵に調査を依頼しつつ、浮気相手と会う日や会う場所の手がかりを自分でも探してみましょう。レシートやカーナビの走行記録、残業をする日などが参考になります。また、探偵業者への支払いはカード払いも可能です。

5.夫の浮気のサインに関するよくある質問

この項では、夫の浮気のサインに関する質問を紹介します。

Q.夫の浮気の証拠を手に入れたら、どうしたらいいですか?
A.浮気の証拠を基に話し合いをしましょう。結婚を続けていても夫や浮気相手に慰謝料を請求することはできます。

Q.風俗の場合は浮気に該当するでしょうか?
A.相手と1度だけ肉体関係を持ち、その後会っていない場合は浮気とは認められません。ただし、風俗とはいえ1人の相手と長期にわたって肉体関係を結んでいる場合は浮気と認められます。

Q.浮気相手に慰謝料を請求したいのですが、請求できないケースはあるでしょうか?
A.夫が既婚者と知らずに関係を持った場合は、浮気相手も被害者です。また、浮気相手が18歳未満の場合はたとえ双方合意の上であっても、浮気相手に慰謝料を請求することはできません。

Q.妻が夫の浮気で、夫に慰謝料を請求できないケースはありますか?
A.長年一緒に住んでいないなど、婚姻関係が破たんしている場合は慰謝料を請求できません。

Q.探偵業者の目を欺いて浮気相手と夫が会ったりすることはできますか?
A.プロの目を欺くのはほぼ不可能です。

まとめ

いかがでしたか? 今回は夫が浮気をした際、出しやすいサインの特徴などを紹介しました。妻に完全に気づかれないように浮気をするのは大変困難です。見て見ぬふりをせず、浮気かなと思ったら調べてみましょう。浮気をして日が浅いほど、夫婦としてやり直すチャンスも大きくなります。