浮気から立ち直る方法は?浮気されたショックを引きずるあなたへ

浮気から立ち直る方法は?浮気されたショックを引きずるあなたへ

大切なパートナーの浮気は、心に大きな傷を負うきっかけとなるものです。

信頼していたパートナーに裏切られても、さまざまな理由から別れを選択できないあなた。

浮気のショックを引きずりながら彼や夫との生活を続けていると、相手も耐えられなくなり結局あなたの元から去ってしまうことになるかも知れません。

やり直したいと思うなら、気持ちを建て直し再スタートしてみませんか?

そこで今回は、浮気された後のショックから立ち直る方法をご紹介します。

  1. 関係修復には時間がかかる
  2. 浮気から立ち直る方法
  3. 離婚の二文字が消えない場合

パートナーの浮気から立ち直れずに悩んでいる方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

探偵への調査依頼を検討している方はこちらもチェック!

1.関係修復には時間がかかる

浮気をされると、男性恐怖症になる人や人を信用できなくなってしまうことがあります。特に、夫婦の場合、浮気そのものより、今までだまされてきたことへの裏切りにショックを受ける方も多いです。周囲に浮気を相談すると、「浮気なんて大したことない」なんて言葉を言われることも少なくありません。そんな言葉は気にしないこと。愛する人、信じていた人に裏切られることが、「大したことない」わけありません。

つらい期間ですが、人の心は時間をかけてゆっくりと修復されます。この期間が長くなるか短くなるのかは、修復する過程が大切。相手もあなたも、浮気の問題からすぐにもとの状態には戻れません。それでもやっていこうと考えているなら、時間がかかることを認識し、焦らず、無理せず、気持ちを立て直しましょう。

1-1.やらない方がいいこと

浮気をされると相手のことが信じられず、必要以上に疑ってしまいます。また、傷ついた気持ちを晴らすように、相手を責める言葉や態度も多くなるでしょう。これでは男性の方が逃げて、浮気相手の所へ戻ってしまうかもしれません。やり直したいと思う気持ちがあるのなら、つらいですが責めるような言葉や態度は控えた方がいいでしょう。

2.浮気から立ち直る方法

人の心は体と連動して反応すると言います。心を変えたいなら行動から。ポジティブな環境に身を置けば自然と心もポジティブになります。以下のような、浮気から立ち直る方法を試してみてください。

2-1.思い切ったことをする

浮気で悩んでいるあなたを断ち切るように、普段しない大胆なことをやってみましょう。たとえば、「今まで我慢していたものを買う」とか、「行けなかった所へ旅行する」「やりたかった習い事をする」など。そして、昔から言うように、髪を切るのも案外スッキリするものです。

自分の見た目を大きくチェンジするのもおススメ。ダイエットをしてキレイになる、メイクを変えてみるなど、女性は見た目がキレイになると自信もつき、心も前向きになります。今まで着なかった洋服を着て街に出てみましょう。

ここで注意してほしいのは、見た目のチェンジに相手の反応を期待しないこと。あくまでも自分の気分を晴らすための行動です。特に男性は女性の見た目に疎く、気づかないことも多いでしょう。自分が気持ちよくなればそれでいいのだと思い、カラッとした気持ちで過ごしましょう。男性もそんなあなたを見て、新しい魅力を感じるかもしれませんよ。

2-2.友達と話す

落ち込んで家にいても心は晴れません。気の置けない友達とおいしいものを食べに出かけましょう。思いっきりおしゃれして出かけるのもおススメ。おいしいものと楽しいおしゃべりは、ストレス発散に最適です。女性は話すことで気持ちの切り替えをし、話しながら心を整理していきます。自分の気持ちに迷いがあるときは誰かと話すことで解決することもあるでしょう。

2-3.夢中になれることを探す

考える時間や落ち込む時間を作らないために、自分が夢中になれることを探しましょう。絵画教室やパン・料理教室に行ってみるなど、たとえその瞬間だけでも、何かに没頭する時間があれば立ち直りも早いです。これを機に、資格試験に挑戦し、新しい自分を見つけてみては?専業主婦であれば仕事を始めるのもいいでしょう。女性は気持ちの切り替えが早いので、新しい世界や場所が見つかれば、浮気のショックから立ち直ることも難しくありません。

2-4.非日常を味わう

普段しないホテルでランチをする、エステ三昧、高級旅館でのんびりするなど、日頃味わえない時間を過ごしてみるのもおススメの方法です。

2-5.距離を置く

「このままやっていっていいのだろうか?」と悩み続ける人は、思いきって相手と距離を置いてみてはいかがでしょうか?無理をして一緒にいるより、冷却期間を置いた方がいい場合もあります。気持ちがどうしてもおさまらず、相手に対して追い詰めるような態度や喧嘩が絶えないといった状態なら一緒にいても関係修復は望めないでしょう。彼があなたにとって本当に必要なパートナーであるか考え直す期間も必要です。

3.離婚の二文字が消えない場合

どんなに努力をしても、離婚の二文字が頭から消えない・・。浮気をされた人の傷は深く、どうしても離婚を考えてしまう人も少なくないでしょう。しかし、離婚は悲しみや憎しみをぶつけるように衝動的に行ってはいけません。ここで離婚する前に絶対にしっておいてほしい2つのポイントをお話しします。

3-1.慰謝料はそう簡単にもらえない

浮気をされた場合は慰謝料がもらえると思うかもしれませんが、慰謝料はそう簡単にはもらえません。もちろん、養育費も払わない人が多いのです。証拠を消し、裁判でのらりくらりと言い訳、浮気の事実を認めず離婚が長引くことも予想されます。ですから、スムーズに離婚し、慰謝料をもらうためには、誰もが認める浮気の確実な証拠を手に入れる必要があるのです。相手が浮気を認めず離婚に応じないときにも役立つでしょう。離婚は衝動的に決めず、計画的に進めていくことが大切です。

3-2.確実な証拠を手に入れるためには

慰謝料は、浮気の証拠の量や質で額も変わってきます。離婚をスムーズに進め、慰謝料をもらうには調査のプロに頼む方法が一番近道です。自分で証拠を手に入れるのはとても難しく、相手に気づかれ証拠をもみ消される可能性もあります。探偵などプロに依頼すれば、相手に気づかれないまま、確実に証拠を手に入れることができるでしょう。自分が集めた浮気の証拠と、プロが調査した証拠があれば、相手も言い逃れはできません。また、調査により浮気相手も特定でき、浮気相手へ慰謝料を請求することもできます。

まとめ

パートナーの浮気から立ち直る方法をご紹介しましたが、いかがでしたか? 憎しみや悲しみをぶつけても、つらくなるのは自分です。離婚はいつでもできますが、関係修復は今しかできないかもしれません。やり直したいと思う気持ちがあれば、ここでご紹介した「気持ちを立て直す方法」をぜひ試してみてください。それでも無理であれば、そのときに相手との関係をじっくり考え直しても遅くはありません。今後の生活のためにも、衝動的に離婚をすることだけは避けましょう。