浮気性は依存症? 病気のように繰り返す理由を徹底解説

浮気性は依存症? 病気のように繰り返す理由を徹底解説

パートナーの繰り返される浮気にお悩みではありませんか?

浮気を何度も繰り返してしまうのは病気なのではないかと考える方もいることでしょう。

浮気は病気だとする風潮が広まったのは、今に始まったことではありません。

性質の悪い病気さながら再発する浮気は、「パートナーを裏切るなんて想定外」という人からすれば、耳を疑うような、それこそ不治の病か何かだとしか思えないでしょう。

ですが、浮気グセさえなければ常識人だとするなら、なんとかして治療してあげたいものです。

そこで今回は、浮気症対策について5つの項目で記事にまとめてみました。順を追って見ていきましょう。

  1. 浮気をしてしまう病気がある?
  2. なぜ浮気を病気のように繰り返すのか?
  3. 浮気の病気を治すことはできる?
  4. 逆に病気が原因で浮気することも?
  5. 病気のように浮気する人との別れ方と対策
  6. 浮気性に関するよくある質問

記事を読み終わるころには、浮気症への対策がきちんと理解できます。

単に浮気といっても種類は千差万別です。情報を参考に、パートナーの状態を見定めてみてください。

1.浮気をしてしまう病気がある?

浮気について1から調べていきましょう。なぜ繰り返すのか、病気のように浮気する人にはどんな特徴があるのか、最初の項で解説します。

1-1.浮気は病気なのか?

浮気は越えてはいけない一線を越える行為です。「魔が差した」という言い分もよく耳にします。ですが、その言い分ですと、限定的とはいえその「魔が差したシチュエーション」に出くわした場合、パートナーはこちらの信頼を裏切るわけです。これからも不安の種は消えません。
仕事でたまったストレスの発散・セックス依存症・不治の病・うつなど、浮気の理由についてさまざまな意見がインターネット・テレビ等のメディアで取り上げられています。「浮気をするなんて、病気なんじゃないの!?」そうパートナーの常識を疑ってしまった方は、浮気を繰り返されたのではないでしょうか? 「もうしないから!」と言われて一度は許したものの、気を抜いた矢先に再発。なぜまた浮気をしたのか、原因を考えると最初の一歩で行き止まりです。

世の中に浮気をしない人は大勢います。中には浮気願望を持っている人もいるでしょう。ですが、そうであっても理性できちんと自分を抑えています。しかし、実状、一度浮気をすると8割以上の人が繰り返すのです。浮気が発覚して心から反省する人もいるでしょう。彼・彼女がそうであったなら残り2割のめずらしい部類に入ります。つまり、浮気には8対2のバランスで2種類あるということです。

  1. 浮気症(病気)の人
  2. 1回、または発覚して浮気をやめる人

前者の浮気症が8割にあたります。本音をいえば1回だろうが10回だろうが浮気したことには変わりませんから、全員もれなく気持ち悪くて、許せないでしょう。本記事ではあくまで「浮気は病気か?」ということを解説しますのでご容赦ください。

1-2.病気のような浮気とは?

浮気症の人は、注意しても痛い目を見ても、何度だって繰り返します。ドラッグ・タバコ・酒などを求めるのと大差ありません。依存症なわけですから。人によって動機は異なりますが、チャンスがあれば理性を放って欲に忠実となります。子どもがいてもお構いなしです。「浮気や不倫=パートナーだけでなく子どもをも裏切っている」という認識がありません。

1-3.通常の浮気との違い

病気の人は自ら進んで浮気をする傾向にあります。チャンスがあれば拾うのではありません。日常生活で常に関係を結べそうな相手を探し、隙(すき)あらば、アプローチをかけて浮気します。この自発的に動くかどうかが、浮気を病気とする条件ともいえるのです。

1-4.浮気症とは?

もうお気付きの方もいるでしょうが、浮気はあくまで性質(せいしつ)です。本記事では浮気という病名で解説しています。浮気症の人は、浮気が発覚したとき、「自分はなんてことをしたんだ」「恥ずかしい行為だ」と自分の非を甘んじて受け止めて、謝罪なんかしてきません。表面上は謝るでしょう。ですが、心の中では、

  • 男性の浮気は本能だから仕方がない
  • 悔しい。次はバレないでやってやる!
  • 浮気はバレなければ良いって聞くじゃないか
  • あなたが私・俺(おれ)を満足させられないからいけない

上記のように自分を肯定し、咎(とが)めてくるパートナーをゲーム感覚で見ています。非常にずるく救いようのない愚(おろ)か者ですが、ある意味では精神状態が幼いともいえるでしょう。罪の意識がないのです。うそをついて人をだますことが悪いと心から思えません。

1-5.浮気症の人の特徴

浮気症の人は基本的に自己中心的です。浮気が発覚しようと、何かしら自分に都合の良い言い訳を無意識に見付けて、「○○だから自分は悪くない」と納得します。相手が「なんで怒っているのかわからない」とまでは思考も破たんしていません。とはいえ、少しも罪の意識を抱いていないことには腹が立つでしょう。

世の中には便利な言葉が多く出回り、浮気に対しても善悪の認識が人によって異なります。気の置けない友人と集まった折には、浮気の回数で競い合ったり、「浮気以外に恋愛できない」「私・俺ってあまのじゃくなんだよね」などと、尋ねてもいないのに胸をはって言ったりするのです。

それでは、ここで浮気を病気にしてしまう人について詳しく解説しましょう。事前にある程度、浮気症は見分けることが可能です。

1-5-1.謝らない

何があっても自分は悪くありません。どんなことでも人のせいにし、口を開けば言い訳ばかりです。自分を守ることに必死で、他人にけなされる要因とは無関係であると装います。普段から呼吸をするに等しく自分を保護するため、浮気をしても「あなたが悪い」として、もっともらしい言い訳をつらつらと並べてくるのです。

1-5-2.根拠のない理由で束縛する

束縛にはパターンがあります。

  1. 「幼少期に両親が離婚した」「施設で育った」「虐待を受けていた」などの理由から愛情に飢え、理想を求めて相手を縛る
  2. パートナーに何度もうそをつかれ、あるいは浮気されて疑心暗鬼になっている
  3. 自分が浮気している・する可能性があるから相手もするのではないかと疑う

上記の3つは代表的な例です。そして、最も浮気症の疑惑があるのは「3」となります。人は自分の経験したこと、発想付くことにしか気付けません。携帯電話のアドレス帳を見て「この人は本名?」なんて尋ねてきたら、自分が浮気したときは、浮気相手の名前を親せきや友人に変えて登録するでしょう。

1-5-3.優柔不断で自分の意見を言えない

最も性質の悪いケースです。ただ単に優柔不断で終わるなら構いません。ですが、浮気心が介入すると、およそ別れを決断できずに2股(また)状態で付き合います。そして、どちらの相手が良いか見定めていることを意図的に自覚していません。愛情がかたむいた場合は、好きではない片方が自分から離れていくように仕向け、何事もなかったかのように交際を続けます。

1-5-4.“認められたい”という願望が強い

「浮気する=自信家」というわけではありません。いつも自信なさげで、小さなことで落ち込みやすい人こそ浮気症にかかりやすいのです。

  • 複数人に愛される
  • 選べる立場にいる
  • 自分だけが秘密を知っている

上記等の事柄で自尊心をたもっているのです。このケースで浮気が始まると、2・3回どころか永遠に繰り返すでしょう。他人が自分を必要とする術をほかに知らない、または必要とされる努力をしても無駄だと決め付けているため、浮気を好んでします。その浮気行為が相手を傷付け、人間不信や自信喪失に陥らせてしまう可能性を、考えることができません。

1-6.浮気チェック

下記の項目は浮気をしているときに見られる傾向となります。5つ以上当てはまる場合は要注意です。おそらく本記事をご覧になっている時点で、ある程度、または心のどこかでパートナーの浮気を疑っていると思います。最悪の事態を想定し、早めの対策を取りましょう。

1-6-1.携帯電話編

  • 携帯電話が鳴ると離れて出る
  • 移動時も肌身離さず持っている
  • ロックがかけられ、常に操作できない
  • 仕事用と称して2台持つようになった
  • SNS・メール・留守電などを小まめに確認している
  • 携帯電話の着信時、表示された名前を見て出ないときがある
  • 音が鳴らない(電源を切っているのではなくサイレントマナーモード)
  • 電話がかかってきたとき、「今は忙しい」「後で折り返します」などと言って電話を切る

1-6-2.車編

  • 車の使用回数が増えた
  • 車をきれいに掃除するようになった
  • 車内に見慣れないキーホルダーやCDなどがある
  • 少し近所に行くだけで車を使用する(頻度も多い)
  • ガソリンの減りが早い(減るとすぐに補充したがる)
  • 助手席の位置・バックミラーの角度が変わっていることがある

1-6-3.日常生活編

  • うそが多い
  • 外食が増えた
  • 逆ギレされた
  • 借金をしている
  • 財布の中を隠す
  • 性生活が減った
  • 過去に浮気している
  • 休日に外出が増えた
  • 金遣いが荒くなった
  • 飲食物の好みが変わった
  • 雰囲気が今までとなんだか異なる
  • 手帳や日記などに意味不明なイニシャル・記号があった
  • 「今家にいる?」などと、こちらの居場所を確かめるような連絡がある
  • 「仕事が長引いている」「ちょっと実家に寄る」など何かと理由を付けて帰宅を遅らせる
自ら進んで浮気をする病気があるんですね。
自発的に動くというのが通常の浮気との違いです。

2.なぜ浮気を病気のように繰り返すのか?

この項では浮気の原因を追究します。男性・女性問わず、共通していえることですので目を通しておきましょう。

2-1.浮気を繰り返してしまう心理とは?

結論から述べますと、浮気に対する罪の意識が欠如しています。物理的にだれかを傷付けるわけではありませんから、感覚が麻痺(まひ)してくるのです。

最初の一歩(浮気の初犯)こそ、最も心のハードルが高い状態でした。一度乗り越えてしまえば、浮気症の人は驚くほど簡単に順応します。前述しましたが、再犯の可能性は8割です。

「浮気=許されない恥ずべきこと」「浮気=殺人と変わらない犯罪」という認識があれば、パートナーは浮気を絶対にしません。そうすると、なぜ浮気をしたのか? 上記に戻ります。浮気に対する罪の意識が欠如しているからです。浮気も不倫も法律では犯罪に該当しません。精神的苦痛による慰謝料請求や、離婚事由にできるというだけで、浮気を裁く法は存在しないのです。

そのため、浮気症の人は「別に犯罪じゃないから良いじゃないか」という誤解を抱いてしまいます。良識ある人なら「許されることではない」と判別できますが、浮気症は病気です。

  • 自転車の2人乗り
  • タバコのポイ捨て
  • 仕事・学校をサボる

上記のことも許されることではありません。しかし、人を殺(あや)めるよりは軽い罪(悪)です。浮気症の人にとって、浮気はこの軽い悪と同じになります。

2-2.浮気依存の正体は?

浮気症をこじらせる要因が、浮気という背徳行為に酔ってしまうことです。聞いたことはありませんか? 世間一般では「悪い」とされることをあえてすることで特別な気持ちになり、気分も高ぶって進んで悪さを働くようになるのです。

しかも、殺人罪などに比べて浮気は高いリスクでもありません。パートナーに発覚しても許してもらえるかもしれないし、最悪別れることになっても刑務所に入る必要はないのです。ローリスクで非日常を味わえるなら、男性・女性問わず依存症になりやすいでしょう。

2-3.考えられる原因

長期間付き合ったことによるマンネリ化や、仕事などでパートナーとすれ違いになって会う頻度が少なくなることが代表的な原因といわれています。ですが、ちょっと考えてみてください。長く付き合ったから? 会えなかったために?

「だから浮気した?」そんなのこちらも同じ条件です。「自分の考えていることは相手も考えているはず!」とまでは言いませんが、自分は浮気なんかしていません。まるで「浮気した者勝ち」のような感じでは納得できないでしょう。浮気した人の多くは加害者であり、被害者ではないのです。それでは、マンネリ化・すれ違いとはどういうことなのか掘り下げてみましょう。下記をご覧ください。

  • 性生活が減った
  • 新しい刺激がなくなる
  • 相手への敬意や配慮が薄れる
  • 付き合い当初のようなコミュニケーションを取らなくなる

要するに、長年付き合うと気心が知れる代わりに相手の存在に慣れてしまい、特別感が薄れてしまうわけです。浮気症の人は新しい刺激を求めており、パートナーにはない一面を持つ浮気相手を欲しています。

  • テキパキと動くパートナーなら、ゆったりとした感じの相手
  • なんでも許容してくれるパートナーなら、強気で意見をはきはきと言う相手

そのため、「なんでこの顔の人と浮気した……?」と驚いてしまう相手と浮気するケースも否定できません。容姿・雰囲気ともにパートナーの方が勝っていても、刺激を求めているので関係がないのです。ただし、あなたが容姿で勝っているなら、浮気はあくまで火遊びの範囲であり、戻ってくる可能性は高いでしょう。

浮気を繰り返す人は悪いことをしたと思っていないんですね。
浮気や不倫は法律で罪になるわけではないため、ローリスクで非日常を味わえる行為として繰り返してしまう人もいるでしょう。

3.浮気の病気を治すことはできる?

浮気症は治療できます。しつこい浮気グセは根本から改善することで、病気となった今からでも矯正可能です。

3-1.浮気症の克服方法は?

浮気症にも治療方法はあります。ただし、病院での診察~処方箋といった生易しいものではありません。場合によっては時間がかかり、コツがいるものもあります。
まずは下記の解説をご覧ください。

  1. 話す(浮気が発覚しだいで別れるなど、事前にリスクを伝えておく)
  2. 聴く(不満に耳をかたむけて改善に努める)
  3. 念を押す(財布を握る)

上記の3点で自分から浮気をやめるように促します。

“話す”によって得られる効果は、軽率な考えで浮気ができなくなることです。浮気症の人も、およそ浮気に対して本気ではありません。いつでも帰れる場所(本命)があるからこそ、好き勝手に遊んでいるのです。ところが、「浮気をしたら即座に別れる・離婚する」ということをあらかじめ告げられると、発覚した際のリスクを考えて浮気をしづらくなります。

“聴く”ではどうでしょうか。この場合は、相手がパートナーに対して抱いている不満を聴き、改善できるものに努めます。浮気相手が自分よりものすごく美人・美男でしたら考えものですが、大体はパートナーよりも優れた容姿ではないでしょう。

新しい刺激、またはパートナーにはない一面を求めて浮気しているわけですからね。

  • いちいち言葉にしなくても理解し合える仲でいたい
  • 普段から化粧しておしゃれであってほしい
  • 愛情のこもった手料理が食べたい
  • もっと優しく接してほしい
  • 束縛されたくない

上記のような求めることを理解してあげて、自然な形で改善に努めてあげます。かつ、「あなたはこんなに愛されている」「あなたをこんなに愛している」ということを、そこはかとなく伝えて、罪悪感を抱いてもらうのです。

最後の“念を押す”は、間接的に浮気をできなくしてしまう方法となります。金銭面のコントロールです。浮気相手との食事や旅行などで必要な費用を出せなくしてしまえば、強制的に浮気をやめさせることができます。代表的な例としてはお小遣い制ですが、定期的に散財させるという手もあるので検討してみてください。

散財させるというのは、手料理を作る代わりにパートナーに買い物を頼んだり、2人でこれと決めた趣味(パートナーの興味が強いものを推奨します)を始めたりすることです。方法は多岐にわたります。まとまったお金が手元になければ浮気はできませんので、ぜひ実践してみてください。

3-2.パートナーが浮気症だと気付いたらできること

経験のある方はおわかりでしょうが、意外と気付けるものです。まずは身の振り方を決めましょう。

  • 浮気をやめさせて交際を続けるのか
  • 浮気の証拠を集めて慰謝料請求し、別れるのか(内縁状態でも可能です)

自分の心を決めたうえで、パートナーと向き合ってください。多くの方が心に整理を付けないまま相手に直面してしまい、ひどく傷付いてしまいます。

3-3.相談先

友人や家族に打ち明けてください。1人で抱え込むことだけは避けましょう。心を疲弊させて、精神病になってしまう場合もあります。「どうしたら良いのかわからない」という方は「探偵社アヴァンス(0120-970-749)」までお気軽にご相談ください。どんな方法があるのか、アドバイスすることができます。

3-4.注意点

どんなに常識ある方でも、信頼している人に裏切られると信じられない行動に走りがちです。犯罪行為に至った時点で、被害者は加害者になってしまいます。探偵社アヴァンスとしても大変遺憾な思いです。どうか思い切った手段を講じる前にご連絡ください。自分1人で考えていると閉鎖的な案しか浮かんできません。解決する術は必ずあります。

浮気症は治療することができるんですね。
とはいえ病院に行けばすぐに治るといったものではありません。時間もかかり根気よく取り組まなければいけないので、一人で悩まないようにしましょう。

4.逆に病気が原因で浮気することも?

「浮気症になる前に別の病気だった」というケースをご紹介します。ストレス社会の近年、実はこの病気→浮気という流れは原因の1つとして多いのです。

4-1.不倫うつとは?

浮気・不倫といった不貞行為を働いている人はうつ状態であるケースがあります。驚くでしょうか? 主に人間関係ですが、「仕事がうまくいかない」といったことからもストレスを過剰に抱き、はけ口がわからずにため込んで心を疲弊させ、浮気・不倫に至るわけです。

もちろん、かといって不倫する人ばかりではありません。「もともと不倫する予備軍であったけれど理性で抑制していた」ということになります。うつ症状を発端に、善悪の区別が付けられなくなり、浮気や不倫をするのです。

4-2.不倫うつになりやすい人

人に優しく、根が真面目な方です。強く人に意見することができず、日常的に不満やうっ憤を押し殺している方に不倫うつの傾向がよく見られます。ストレスの発散先が火遊びになってしまったわけです。「たまたま相手がいた」「タイミングが重なった」など、偶然によるところが多いでしょう。

4-3.解決と対策方法

不倫相手に愛情を抱いていることは少ないので、根本的な原因であるストレスを改善し、パートナーが心のより所となってあげれば解決します。

  1. 職場を変える
  2. 悩みを聴いてあげる
  3. 自尊心を高めてあげる

上記の1~3が代表的な解決方法でしょう。できるだけ普段から2と3をしてあげることが、不倫うつの対策となり得ます。

4-4.浮気をされてしまうことによるうつ病も

パートナーが過去に浮気をし、その事実を受け入れられずにうつ病となる場合もあります。このケースでは、浮気をしたパートナーが、きちんと相手の心をケアしてあげられなかったことに原因があるでしょう。愛する人が浮気したという信じられない事態に直面し、一度は許して受け入れたものの、雨の日・寝付けない夜・帰り道など、1人のときにふと嫌な気持ちがよみがえってくるのです。理解しようと考えれば考えるほどに自分の正義に反し、

  • 漠然とした不安
  • 記憶力が落ちる
  • 自信喪失
  • 無感動

上記のような症状に陥ります。人によっては普段の生活もままならないでしょう。

4-5.対策方法

1番は普段のコミュニケーションです。目を見てお互いの話をすることで、いち早く相手の変化に気付くこともできます。長年付き合った仲だとなんでもわかっていると錯覚しがちですが、人の心は環境や時間の流れとともに変わるものです。

「疲れた顔してるけど最近何かあった?」「たまには外食しない?」といったきっかけや機会を定期的に設け、パートナーの心の在り方を常に確認するようにしてください。何気ない日常会話でも構いません。

探偵社に浮気の相談が寄せられたとき、「最近、だんなさん(奥さん)に変わったことはありませんでしたか?」とお尋ねすると、「わからない」と答える方も多いです。
“最新のパートナー”というと誤解もありそうですが、相手の最も新しい心の状態を定期的に確かめ、互いに意見し合うことが良質な交際の秘訣(ひけつ)となります。

不倫うつなんていう病気があるんですね。
根本的にはストレスが原因となっているため、ストレスを取りのぞいて心の支えになることが大事です。

5.病気のように浮気する人との別れ方と対策

最後の項では、浮気症のパートナーを見限り、あなたの心を平穏にたもつ方法を解説します。別れる時期は若干忙しいですが、要領よくこなせば心労の負担は軽減可能です。

5-1.どうしても治らない場合の選択

いくら訴えかけても浮気症の改善が見られない場合は、別れる・離婚するといった選択を早めに取ってください。相手はあなたに敬意を払うどころか、軽くみています。このままではあなたの心身が持ちません。1年・5年・10年と、関係をこじらせたままずるずると付き合う方もいますが、正直あまりおすすめできないことです。

離婚の場合は有利な条件で別れるために、証拠を収集しておきましょう。携帯電話・日記や手帳・自家用車・普段の行動を記録するといった方法で、自分で調べることができます。
ただ、自分1人では発覚のリスクもあれば心の負担も絶えません。そこで、浮上してくるのが専門家への依頼です。探偵社は、裁判で有利になり得るレベルの証拠を集めるプロ集団となります。

  • 費用が高そう
  • 依頼したことがバレないか心配
  • 小説の中でしか知らないから実際どこに頼んだら良いのかわからない

そんな疑問にお答えしたいのが「探偵社アヴァンス(0120-970-749)」です。依頼の話はさておき、わからないことをお尋ねください。電話しただけで料金がかかるように錯覚している方もいますが、そんな詐欺行為は当然しておりません。「こういうケースだといくら?」「探偵に頼んだことを逆手にゆすりをかけてこない?」といった不安解消の相談でも大丈夫です。実際、その手の相談はよく寄せられます。

5-2.傷付いた心を癒(い)やす方法

結論から述べますと主に下記の3つです。

  1. 心療内科で心の調整をする
  2. 時間とともに記憶が薄れるのを待つ
  3. 積極的に人と触れ合うことで閉鎖的な考えを絶つ

おすすめは1か3となります。もちろん、すぐに行動に移ることはできないでしょう。しばらくは2の状態でも良いと思います。ですが、人から受けた傷は人よって癒やせるということを忘れてはいけません。愛する人に裏切られると、人間不信に陥って、人と距離を取りがちです。そのまま殻に閉じこもってしまう方もいるでしょう。けれど、人から受ける愛情で救われることも事実です。そのことはぜひ頭の隅に置いておいてください。「罪を憎んで人を憎まず」とまでは言いませんが、悪いのは人間ではなく、あなたを裏切ったパートナーです。

5-3.離婚や慰謝料請求の必要性がある場合は?

早めの準備と対策が欠かせません。有利に離婚する場合は、浮気の証拠を収集してください。前述しましたが、自分で調査するのにはリスクが伴います。探っていることが発覚すれば、警戒され、慌てて探偵社に依頼しても「すでに証拠一式は抹消されていた」というケースを否定できません。自分でやるか・探偵社に依頼するかは最初の段階で決めておきましょう。

また、慰謝料請求は裁判でおこなうだけではありません。示談でも可能です。ただし、パートナーが話し合いに応じるかはわかりません。弁護士に相談する(無料弁護士はこちら※条件付き)などして、対策を練ってください。とはいえ、離婚裁判でも示談でも、有利に別れるためには証拠が必要です。探偵社に依頼するケースを下記に挙げますのでご検討ください。

5-4.浮気調査について

探偵社アヴァンスを例に挙げ、浮気調査についてご説明します。浮気調査とは、対象者(あなたのパートナーです)を張り込み・尾行などによって追跡し、接触人物や浮気相手の特定・調査をすることです。車で追うこともあれば、電車・バスといった公共交通機関も利用します。

原則、ご依頼者様と打ち合わせをした指定日時に調査実行です。探偵社は勝手に調査をおこないません。「今日はここまでで」といった調査の打ち切りもご依頼者様にお任せします。もちろん、担当者や現場調査員もアドバイスするのでご安心ください。

探偵社アヴァンスでは、調査中、現場の調査員から1時間ごとに電話・メールにて報告を受け、ご依頼者様にお知らせします。当然ながらリアルタイムの情報なため、現場の状況も把握可能です。

調査終了後には、事実を記載した調査報告書(写真・日時付き)をご依頼者様にお渡しします。その日に浮気相手と会っていれば、裁判や調停で証拠として提出可能です。

5-4-1.依頼(本契約ということです)前に準備するもの

可能な限り、対象者の情報をご準備ください。もちろん情報は少なくても調査可能です。けれど、その場合は情報収集の段階から調査開始となりますので、時間短縮と費用削減のためにもご協力ください。わかる範囲で構いません。

  • 体重や身長
  • 勤務先の情報
  • 行動が不審な曜日
  • 浮気相手について
  • 移動手段(車・自転車・電車など)
  • 正面・横顔・シルエット等がわかる対象者の写真、または動画

上記のような事柄が情報となります。そのほか、気になることがあれば遠慮なくお申し付けください。

5-5.探偵を選ぶときに注目すべき3項目

5-5-1.その1“コツ”

依頼するときは探偵社に個人情報を渡すわけですから、信頼できる会社を選ぶ必要があります。判断の参考とするため、複数社に見積もりを尋ねてみてください。状況はかいつまんでの説明で構いません。丁寧に料金・サービス内容を教えてくれれば印象も良いでしょう。料金につきましては下記の例をご覧ください。探偵社アヴァンスの料金表・報告書サンプルです。

5-5-2.その2“メリット”

探偵社に依頼すると「あなたがパートナーを調べている」ということは決して表ざたになりません。ご依頼者様が普段どおりの生活を送っている間に、探偵社員は密(ひそ)やかに証拠を収集します。そのため、別れる際にパートナーは大変驚くことでしょう。

また、探偵社アヴァンスとしては、探偵は調査~報告を仕事だと割り切らず、常にご依頼者様の味方でありたいと心がけています。途方もなく悩んでいる方に、心強いと思っていただけると幸いです。付き合いは短いでしょうが、ともに立ち向かう内容は、人生の転換とも呼べる出来事となります。メリットとするのはどうかと思いますが、「ご依頼者様を1人で悩ませない」というのも、探偵社アヴァンスにご依頼いただけた場合の特徴です。

5-5-3.その3“注意点”

探偵業を営むには警察に届け出を出さなくてはいけません。大体はホームページの会社概要などに記載され、探偵事務所にも「千葉公安委員会第○○○〇号」といった感じで掲げてあります。所持していなければ悪徳業者ですので絶対にかかわってはいけません。

弁護士や探偵に相談することもできるんですね。
警察に届けを出していない悪徳業者に依頼することのないようにしましょう。

6.浮気性に関するよくある質問

この項ではインターネットを介して寄せられるお問い合わせ内容をまとめてみました。パートナーの浮気についてお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

Q.探偵に浮気調査を依頼したいのですが……悪徳業者ってなんでしょうか?
A.「ろくに調査しないで料金を請求してくる」「探偵に依頼したことを逆手にとって脅し、金品を要求する」といった探偵としてあるまじき行為を働く不法集団です。
2007年に探偵業法が施行されて悪徳業者は一掃されました。今は小さな探偵事務所でも、依頼人想いの優秀な探偵がいます。ですが、どの世界・業界にも人を簡単に陥れる者たちがいるのです。もし現在、依頼した探偵事務所に不信感を抱いているようでしたら、「探偵社アヴァンス(0120-970-749)」までご相談ください。対策をお教えできます。

Q.浮気しやすい遺伝子とかってあるのでしょうか?
A.テストステロンという男性ホルモンがあります。この分泌量が先天的に異常に多い方は、日常的にセックスのことばかり考えているとお思いください。女性でも5~10%ほど分泌されています。筋肉質で体毛が濃い・声がやたらと低い・女性なら活発といった特徴がありますが、パートナーにその傾向はあるでしょうか?
浮気はおよそ肉体関係を伴います。日常的にセックスばかり考えている人は、時間さえあればまさに病的に浮気を繰り返す可能性が高いため、要注意です。

Q.セックス依存症を改善するには?
A.ドラッグ・タバコ・酒にも共通していえることですが、乗り越えるのは簡単ではありません。すっぱりとやめたとして、「イライラする」「食欲が増す」「集中力が衰える」といった禁断症状が出ます。そこを乗り越えるには、パートナーであるあなたの支えが欠かせません。

セックスにとどまらず、恋愛依存症も同様です。依存する人は、およそ「幼いころに両親が不仲だった」など、受けるべき・受けたかった愛を知らずに成長してしまい、愛情に飢えています。
パートナーを見放さずに、長い目で丁寧に愛情を与えてあげてください。

Q.浮気症は医学的に見てどう位置付けられているのでしょうか? 種類もあるのですか?
A.専門的な話になりますが、いくつか関係のある病気を解説します。

  • 熱情精神病(エロトマニア):激しい恋愛感情および衝動を抱く
  • オセロ症候群:配偶者や恋人に対して異常なまでに嫉妬心(しっとしん)を抱く
  • 境界性パーソナリティ障害:愛する人に見捨てられるなどの不安に心が支配される
  • クレランボー症候群:愛憎渦巻くアクション映画のように、相手と自分が激しい恋愛感情にあると妄想する

浮気症は依存症の1種です。けれど、中には上記のような独占欲や被害妄想が強烈なケースもあります。独占を邪魔する者は徹底的に排除し、自分が浮気に対する欲求があるがゆえに相手にも投射し、胸の内で危険視するのです。
決して軽視できません。妄想の世界から抜け出せずに、殺人や自殺に至る場合もあります。

Q.私自身パーソナリティ障害です。このことが原因で浮気されることもあるのでしょうか?
A.パートナーがどのくらいあなたを愛しているかにもよります。家庭にいたくないという逃避欲求から浮気に走る人もいれば、あなたを第一に考えて生活する人もいるでしょう。
ただ、注意すべきは、あなた自身がきちんと相手を愛しているかどうかです。パートナーも気付きます。自分が愛されていないとわかれば、心を落ち着ける場所を求めて浮気する可能性もあるでしょう。一度ゆっくりと話し合う場を設けた方が得策です。

ためになることが色々とわかってよかったです。
今回ご紹介した情報を浮気症の悩み解消に役に立ててくださいね。

まとめ

最後まで記事をお読みいただき、誠にありがとうございます。「浮気症は病気ではあるものの治療も可能だ」ということについて解説してきましたが、知りたい情報は得られたでしょうか? 記事内には対策もふんだんに掲載しています。

浮気グセは一昼夜で治療できるものではありません。依存症はその依存元を断ち切り、禁断症状を乗り越えてようやく改善します。辛抱強くあたるしかありません。ただし、現在あなたが悩んで苦しんでいるのでしたら、別れるまでは決意しなくとも、離婚を考慮して証拠を集めておいてはいかがでしょうか? 探偵社アヴァンスでは「1日お試しパック(4時間)」というプランもご用意しています。

精神は知らぬ間に疲弊していくので、どうか自分を大切にしてください。友人や身内、我々専門家でも構いません。くれぐれも1人で抱え込まず、だれかに相談するようにしてください。