浮気を許せない理由は? 対処法や浮気した相手の許し方を一挙解説!

「配偶者や恋人の浮気が発覚し、許せない気持ちでいっぱいだ」という人は、珍しくありません。その気持ちのまま別れる選択もありますが、「やり直したい」という人もいると思います。では、どうすれば浮気した相手を許せるようになるのでしょうか?

今回は、浮気を許せないと思う心理や、対処方法を紹介します。

  1. 浮気を許せないのはなぜなのか?
  2. 浮気を許す気持ちになるにはどうすればいいのか?
  3. ペナルティをつける場合は書面にして残す
  4. 浮気を許せない場合の対処方法
  5. 浮気に関するよくある質問

この記事を読めば、浮気を許すために自分ができることも分かるでしょう。配偶者や恋人に浮気をされて悩んでいる人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.浮気を許せないのはなぜなのか?

浮気は、配偶者や恋人に対する重大な裏切り行為です。たった一度の浮気でも許せないと考える人は多いでしょう。この項では、その理由の一例を紹介します。

1-1.裏切られた気持ちが強い

配偶者や恋人にとって、相手から一番大事にされているのは自分だと思っている人は多いことでしょう。大切な人に裏切られたショックは、長く尾を引きます。一度は許そうと思っても、ふとしたことで相手を責める気持ちが湧いてくることもあるでしょう。

1-2.相手を苦しめたいという気持ちが強い

配偶者や恋人が浮気をしている最中、嫉妬や不安で苦しんだという人は多いことでしょう。相手を大切に思っていた人ほど、浮気に苦しめられます。浮気が発覚し、清算をしたからといってすべてを忘れられるはずがありません。「自分はこんなに苦しんだのに」「配偶者や恋人も苦しめばいい」という気持ちが強いほど、相手を許せなくなります。

1-3.相手に情があるほど憎くなるケースもある

配偶者や恋人が浮気をしたら別れを選択することができる人は、案外恨みや憎しみを引きずらないものです。浮気をされた時点で、相手への愛も情もなくなり、切り替えることができるからでしょう。反対に、「浮気をされたけれど、別れたくない」という人ほど、相手への憎しみや恨みが長く続くケースがあります。「かわいさ余って憎さ百倍」という言葉があるように、愛情と憎しみは表裏一体です。まだ浮気した相手に情が残っている人ほど、相手を許せない気持ちが強くなることがあります。

2.浮気を許す気持ちになるにはどうすればいいのか?

では、浮気を許すにはどうすればいいのでしょうか? この項では、その一例を紹介します。

2-1.浮気をした人の話を聞いてみる

浮気をした配偶者や恋人は、自分が悪いのですから謝った後は口をつぐんでしまいがちです。「二度としない」と誓う人も多いようですが、なぜ浮気をしたのかまで話す人は少ないでしょう。浮気をした人の気持ちが分かれば、自分の気持ちの整理もつきやすくなります。時間はかかってもいいので、浮気をした配偶者や恋人に浮気をしたときの気持ちなどを話してもらいましょう。

2-2.自分の行動を省みる

一方的に相手が悪い浮気がある一方で、「これなら、配偶者や恋人も浮気をしたくなる」というケースもあります。仕事で忙しくてすれ違いが続いていたり、一緒に暮らしている時間が長くなって遠慮がなくなったりすることもあるでしょう。自分の何気ない言動が、相手を傷つけて浮気に走らせたかもしれません。自分も悪いところがあったと思えば、相手を許せることもあるでしょう。

2-3.ペナルティ付きで許す方法もある

自分に非がほとんどない場合、相手をペナルティ付きで許す方法もあります。たとえば、配偶者と浮気相手から慰謝料を取る方法もその一つです。また、今度浮気をしたら問答無用で離婚届を提出する、お小遣いの大幅減額などもペナルティの一例でしょう。大切なのは、相手もペナルティが課せられることに納得することです。自分が無理やりペナルティを押しつけてはいけません。ペナルティを与えることで、「相手も苦しんだ」と思うことができ、浮気を許すことができるでしょう。

3.ペナルティをつける場合は書面にして残す

離婚せずに配偶者や浮気相手に慰謝料を請求する場合やお小遣いの大幅減額などペナルティを課す場合は、その内容と理由を書面にして残しておきましょう。特に、慰謝料を請求して相手が支払った場合は「示談書」を作成し、不倫が慰謝料の支払いによって完全に清算されたことを書面に残しておくと安心です。示談書は、弁護士や行政書士に作成してもらうといいでしょう。離婚問題に詳しい弁護士に相談し、話し合いから示談書作成まで依頼する方法もあります。

4.浮気を許せない場合の対処方法

では、どうしても浮気を許せないときはどうしたらいいのでしょうか? この項では、その対処法の一例を紹介します。

4-1.慰謝料を請求して離婚する

慰謝料は、精神的な苦痛に対する損害賠償金です。一度夫婦や恋人としてやり直すと決意したけれど、どうしても相手を許せない場合は慰謝料をもらって別れた方がすっきりすることもあるでしょう。なお、恋人同士の場合は慰謝料の請求は難しいのですが、婚約していたり内縁関係があったりした場合は、慰謝料の請求が可能です。

4-2.慰謝料を請求するには浮気の確実な証拠を取っておく

相手が浮気を認めており、話し合いをして慰謝料の額を決められる場合は問題ありません。しかし、相手が慰謝料の支払いを渋っている場合は、ラブホテルに出入りしている写真など、浮気の確実な証拠を取っておくことが大切です。また、浮気相手からも慰謝料を取りたい場合は、相手の住所氏名を知っておく必要があります。浮気の確実な証拠や浮気相手の個人情報を得たい場合は、アヴァンスに代表される探偵業者に依頼してもいいでしょう。

4-3.別れたら相手のことを忘れることが大切

離婚をしたり別れたりしたら、相手のことは忘れましょう。いつまでも引きずっていてはいけません。離婚や別れを1つの転機と考え、前向きに新しい生活を送る努力をすることが大切です。

5.浮気に関するよくある質問

この項では、浮気に関するよくある質問を紹介します。

Q.浮気相手に責任を問えないケースはあるでしょうか?
A.配偶者が浮気相手に自分が既婚者と知らせないまま浮気をした場合、相手の責任を問うことは難しくなります。

Q.離婚しなくても慰謝料は請求可能ですか?
A.はい。離婚と慰謝料は無関係です。

Q.浮気の関係が終わってしばらくして配偶者が気づいた場合、責任を問うことができますか?
A.配偶者が浮気をしたことを知ってから3年以上経つと、慰謝料を請求する権利を失うので注意しましょう。浮気をしたことを知ってから3年間ですから、5年前の浮気を今日知った場合、今日から3年後まで慰謝料の請求が可能です。

Q.恋人が浮気をした場合、ペナルティは与えられませんか?
A.恋人では慰謝料請求は難しいでしょう。しかし、別れた理由を共通の友人などが知れば、その人は信用を失います。それもペナルティと言えるでしょう。

Q.配偶者が浮気をしても慰謝料請求ができないケースはありますか?
A.別居期間が長いなど夫婦関係が破綻している場合は、慰謝料請求は難しいでしょう。

まとめ

今回は、浮気が許せない心理や対処法を紹介しました。1人で悩まず、浮気の被害者が集うセラピーなどに通ってもいいでしょう。また、「浮気をしても許さなければ」と思う必要はありません。