不倫のきっかけや始まりの心理状態とは? 浮気の注意点や対策を徹底解説!

夫や妻が不倫しているのではないか……と悩んでいる方は少なくないでしょう。不倫を問い詰めたほうがいいのか、離婚した方がよいのか、など悩み始めればキリがありません。そもそも、不倫にはどのようなきっかけがあるのでしょうか。今回は不倫が始まるきっかけなどについてのご紹介です。

  1. 不倫のきっかけ・始まりについて
  2. 不倫の始まりの心理状態について
  3. 不倫を防ぐには?
  4. 不倫の相談・調査について
  5. 不倫についてよくある質問
  6. まとめ

不倫の始まりやきっかけを知ることで、不倫の対策や予防ができる可能性があるでしょう。また、不倫が発覚してしまった場合の対処方法や調査のポイントなどについてもご紹介しますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

探偵への調査依頼を検討している方はこちらもチェック!

1.不倫のきっかけ・始まりについて

1-1.不倫のきっかけや始まり方とは?

不倫には、さまざまなきっかけやケースがあります。

1-1-1.社内不倫

ほとんどの人は、職場で長い時間を過ごします。そのため、不倫のきっかけとして社内不倫の率は、とても高くなっているのです。社内でのお互いの立場や保身もあるため、不倫関係を慎重に進めることが多いでしょう。

1-1-2.飲み会

アルコールが入ると、理性がゆるみ不倫が始まってしまうことも多い傾向にあります。知人との飲み会はもちろんのこと、店内でのナンパから不倫が始まることもあるのです。また、飲み屋で始まった不倫は、一時的なものである、もしくは長続きしないという傾向もあります。

1-1-3.同窓会

同窓会やクラス会なども、不倫のきっかけになります。懐かしさや思い出補正がかかって、旧友と不倫関係に落ちてしまう人が一定数いるようです。同窓会のあと、配偶者の様子が急に変わったりしたら要注意かもしれません。

1-2.不倫の実態

不倫が始まったときの結婚年数を調査したところ、以下のような結果が出ています。

  • 1~3年目:35%
  • 4~6年目:19%

不倫をしたことがある人のうち、結婚6年目までに不倫が始まった人は約半数となっています。配偶者に不倫をさせないためには、6年目までが重要と言えるでしょう。

2.不倫の始まりの心理状態について

2-1.不倫の始まりのときの心理とは

精神状態が不安定なときは、不倫に走りやすくなります。落ち込むことがあった・配偶者との関係がうまくいっていない・過度のストレスがかかっているなど、精神的に負担が多くなっているときは要注意です。

2-2.不倫しやすい人のタイプとは

不倫しやすい人の特徴をご紹介します。

  • 家庭・職場に居場所がない・居心地が悪い
  • 趣味や打ち込むものがない
  • 流されやすい
  • 他者から褒められたり認められたりすることが好き
  • 必要とされたい・頼りにされたい

2-3.不倫されやすい人のタイプとは

一方、不倫されやすい人にも特徴があります。

  • 配偶者に興味がない
  • 配偶者の不倫を心配しすぎる・常に浮気や不倫を疑っている
  • 休日などに、配偶者を置いてひとりで趣味や友達との遊びに出かけることがある
  • 夫婦生活をこばむ

上記は、あくまで「特徴」です。全くあてはまらないからといって不倫の心配がない、というわけではありませんので注意しましょう。

2-4.注意点

このタイプは不倫をしやすい・しにくい、というのはあくまで特徴や傾向です。「この人に限って!」という人が不倫を始めてしまうこともあるので、夫婦生活を良好に保つ努力は惜しまないようにしましょう。

3.不倫を防ぐには?

3-1.対策方法

不倫が始まるのを防ぐためには「不倫をしてもいいことはない」と思わせることが大切です。「配偶者を傷つけたくない」「不倫は面倒」「社会的に大変なことになる」など、さまざまな切り口から、不倫のデメリットをそれとなく伝えるとよいでしょう。

3-2.男女別

不倫の傾向として、男性は割り切った関係を好み、女性は心が入ってしまうことが多いと言えます。特に、「いつまでも女として見られたい・扱われたい」と考えている女性は注意が必要です。このような女性には、家庭内でも女性や妻としてのポジションを確立させてあげるとよいでしょう。

男性に対しても、褒めたり頼ったりすることで承認欲求を満たしてあげる一方で、不倫によって社会的な立場が崩壊することを分からせることが効果的です。

3-3.注意点・NG行為

配偶者の不倫が心配・疑っていても、あからさまな態度や言葉は控えましょう。不倫をしていない場合は、夫婦関係が悪化してしまいます。また、本当に不倫をしている場合には、証拠集めや調査がしにくくなってしまうでしょう。

4.不倫の相談・調査について

4-1.相談や調査すべき場合

不倫により離婚を検討している方は、裁判や慰謝料請求で使うための証拠が重要になります。そのためには、不倫調査・浮気調査が必要です。客観性のある証拠を押さえることにより、慰謝料請求がスムーズにおこなえます。

4-2.調査や相談ができるところ

不倫の調査や相談の依頼先としては、探偵社・興信所・弁護士が一般的です。探偵社アヴァンスでは、HPのフォームにていつでもご相談を受け付けております。また、電話によるご相談は0120-970-749までお問い合わせください(対応時間:9:30~19:00年中無休)。無料相談では、料金をいただくことはありません。また、無理な勧誘や売り込みもありませんのでご安心ください。

4-3.業者の選び方のポイント

探偵社や調査業者を選ぶ際は、以下のポイントを押さえましょう。

  • ノウハウや実績が豊富
  • 料金体制が分かりやすい
  • 料金や作業内容が書面で提供される
  • 写真撮影・報告書作成が作業内容に含まれている
  • 調査時間をズルズルと引き延ばさない(料金増加につながってしまうため)
  • 探偵業などの資格を持っている

4-4.相談・調査方法

プロによる不倫・浮気調査は、待ち伏せ・尾行・写真撮影などが一般的です。裁判で使える不貞行為の証拠を押さえることが主な目的となります。報告書作成までおこなってくれるところを選びましょう。探偵社アヴァンスでは、下記のような調査作業をおこないます。

  • 対象者の張り込み・尾行・追跡等
  • 証拠の撮影や接触人物・浮気相手の特定・調査
    • (お客様と打ち合わせの上ご指定日時に調査を実行)
  • 現場の調査員から1時間ごとに電話またはメールにてお客様に報告
    • (調査をどこで打ち切るかの判断がしやすくなります)
  • 調査終了後、証拠(写真・映像)・調査報告書を提出
    • (裁判や調停で証拠として利用できるもの)

4-5.料金相場

ご参考として、探偵社アヴァンスの調査料金をご紹介します。

  • 1日お試し(4時間):45,000円(初回1回のみ)
  • 4日パック(16時間):190,000円
  • 6日パック(24時間):285,000円
  • 8日パック(32時間):380,000円

4-6.注意点

探偵社が提示する料金には、諸経費が含まれているかどうか、見積書などでしっかり確認しておきましょう。たとえば車代・機材費などです。あとからオプション料金として不当に請求されないよう、料金の作業内容については事前確認をしましょう。探偵社アヴァンスでは、料金内に下記が含まれます。

  • 事前調査費(下見・視察)
  • 車両費(普通車・バイク・自転車)
  • 機材費
  • フィルム代
  • 写真現像代
  • CD(写真集※希望者のみ)作成代
  • 調査報告書作成費

尾行の際の入店料、施設への入園料などについては、お客様に事前確認をおこない、ご了承いただいた上で請求することとなっております。

5.不倫についてよくある質問

Q.不倫や浮気の前兆や行動パターンのようなものはありますか?
A.不倫の前兆や行動パターンとして、以下のようなものがありますのでよく観察しましょう。

  • 服やメイクの好みが変わった・オシャレに気を使うようになった
  • 機嫌がよくなった(悪くなった)
  • スマホや携帯電話を肌身離さないようになった
  • 残業・飲み会・外出が多くなった
  • 外出時の連絡がつきにくくなった

Q.不倫を強制的にやめさせる方法はありますか?
A.以下のような方法がありますが、夫婦関係の悪化につながりますので、最後の手段にしておきましょう。

  • 金銭面の自由を封じる
  • スマホや携帯電話を定期的にチェックする
  • 誓約書を書かせる

Q.不倫をした側が親権を取ることはありますか?
A.不倫により子育てや家事・家計への貢献がおろそかになった場合を除き、不倫をしても親権を取ることがあるでしょう。また、乳幼児は母親が有利になることが多いのです。

Q.調査料金を安く抑える方法は?
A.調査時間が短くなれば、その分費用を抑えることが可能です。そのため、調査依頼をする際は、時間を指定すると効率がよくなります。普段の行動をチェックし、長時間外出する曜日・残業や飲み会があった曜日・帰宅時間などのパターンを把握しておきましょう。

Q.報告書とはどのようなものですか?
A.証拠となる写真などと共に、ターゲットの行動や状況を記載したものになります。詳細は、探偵社アヴァンスの報告書サンプルをご参照ください。

6.まとめ

不倫の始まりやきっかけ・浮気調査の方法などについてご紹介しました。配偶者が不倫をしているかもしれない……と悩んでいる方は、ひとりでかかえこまず、ぜひプロにご相談ください。プロの浮気調査は、不倫による離婚の慰謝料請求でも役立ちます。