不倫トラブルでもう悩まない!不倫の相談・調査の方法を詳しく解説!

divorce paper不倫には、トラブルが付きものです。皆さんを始め、多くの人が不倫に悩んでいるのも事実でしょう。今回は、不倫にまつわるトラブルにかんしてどんな種類があるのか、解決するにはどうするべきかなどを、詳しく解説します。不倫トラブルで悩んでいる人には、とても役に立つ内容ですよ。

  1. 不倫とは
  2. 不倫にまつわるトラブルについて
  3. 不倫トラブルを解決する方法
  4. 探偵社の不倫調査について学ぼう
  5. 不倫トラブルにかんするよくある質問

不倫の悩みを解決するには、きちんとトラブル対応をすることが大切です。不倫のトラブルを有利に解決するためにも、記事を読んで参考にしてください。

探偵への調査依頼を検討している方はこちらもチェック!

1.不倫とは

まず、不倫とはどのような状態なのかについて確認しておきましょう。不倫について正しい知識を身に付けることも、大切なことです。

1-1.不倫の定義を確認しよう

不倫とは道徳に背くことという意味で、一般的には結婚している場合で配偶者以外の異性と恋愛関係になることを言います。未婚者同士の恋愛の場合は、どのような状況でも不倫とは言いません。不倫は、恋愛関係にある男女双方もしくは片方がすでに結婚している相手がいる状況で発生するのです。

1-2.不倫・不貞・浮気の違いとは

不倫と似た言葉に、不貞や浮気があります。では、不倫・不貞・浮気の違いはどこにあるのでしょうか。

  • 不倫:結婚している男女が配偶者以外の異性と恋愛関係にあること
  • 不貞:結婚している男女が貞操を守らないこと
  • 浮気:特定のパートナー以外と恋愛関係や肉体関係を持つこと

3つの違いを考えると、不倫と不貞は結婚していることが前提で不貞はそのうち肉体関係にあることとなります。また、浮気は結婚していてもしていなくても当てはまる点に違いがあると覚えておきましょう。

2.不倫にまつわるトラブルについて

不倫にまつわるトラブルには、どんな内容があるでしょうか。よくあるトラブルの内容について、ひとつずつ確認していきます。

2-1.不倫でよくあるトラブルとは

不倫でよくあるトラブルは、不倫の関係にある2人の問題にとどまりません。不倫は、片方もしくは両方が家庭を持っている状態であるため、双方の家族をも巻き込んでしまうのです。不倫でよくあるトラブルも、多くが当人たちの家族を巻き込んでいます。さらに、不倫のトラブルは深刻なものになりやすいことも特徴と言えるでしょう。

2-2.不倫でよくあるトラブルを種類別に解説

では、不倫でよくあるトラブルについて種類別に解説をします。どんなトラブルがあるのか、内容を確認してください。

2-2-1.慰謝料請求

不倫は、家族にとって大きな精神的ダメージを与えます。そのため、不倫相手に対して慰謝料請求を起こす例が多くなるのです。特に、家族に何の落ち度も無い場合は、不倫相手に対して多額の慰謝料を請求することになるでしょう。慰謝料請求は、不倫の大きな代償のひとつと言えます。離婚するしないにかかわらず、配偶者に対しても慰謝料を請求することは可能です。

2-2-2.離婚

不倫が原因で、離婚に至る例も多くあります。不倫は、結婚関係の裏切りですからね。不倫をすることは、配偶者にとっては屈辱行為とも言えます。軽い気持ちで不倫をしたことが、家庭を壊して離婚に至ることが多いです。不倫は、夫婦としての信頼を損ねる行為なのですから離婚に至っても仕方がありません。

2-2-3.妊娠

不倫相手が妊娠してしまうことも、不倫トラブルでよくあることです。男性側の家族としては、不倫相手が妊娠することは想像以上のダメージとなります。子どもを産むか産まないかだけでなく、離婚を含めて家族関係が大きく変化するきっかけになるからですね。不倫をしている男性からしても、不倫相手の女性が妊娠することは予想外のトラブルであることが多いと言えるでしょう。

2-2-4.親権問題

不倫が原因で離婚に至った場合は、子どもの親権問題が絡んでくると考えましょう。現在、子どもの親権を決定するときは親の経済力が大きなものを言う時代です。そのため、たとえば男性側の不倫が原因で離婚に至っても、母親に経済力が無い場合は子どもの親権を取ることができない可能性もあります。子どもの親権問題にかんしては、子どもの将来にまで影響があることから深刻な問題なのです。

2-2-5.不倫相手の配偶者に訴えられた場合

不倫の事実を、不倫相手の配偶者に訴えられた場合、さまざまな悪影響があります。不倫は、倫理に反することです。たとえば、会社に不倫の事実を告げることで社内での立場が悪くなることもあるでしょう。また、近所に不倫が知れ渡った場合、暮らしにくくなるのも事実です。不倫相手の配偶者にかんしては被害者の立場となるので、当事者から非難もできません。社会的にも、不倫相手の配偶者に訴えられた場合はダメージが大きいのです。

2-2-6.そのほかのトラブル例

そのほかのトラブル例としては、不倫関係を解消したいのに不倫相手が応じてくれないことを挙げることができます。不倫であっても、男女の恋愛関係の形であることには違いありません。別れ話がこじれると、長期間の悩みとなる可能性もあります。また、不倫相手から結婚を迫られることもあるでしょう。不倫関係にある両者が同じ考えでないことで、トラブルが大きくなることもあるのです。

3.不倫トラブルを解決する方法

では、不倫トラブルを解決する方法について解説します。何かと泥沼になりやすい不倫問題ですが、自分にとって有利に解決するためにもしっかり学びましょう。

3-1.不倫トラブルの解決とは

不倫トラブルの解決とは、どんな状態でしょうか。まずは、不倫の関係を清算することがひとつの解決と言えます。また、不倫トラブルの原因が無くなったり調停や裁判によって適切な対応をしたりしたときに、不倫トラブルが解決したと言って良いでしょう。しかし、不倫トラブルの解決には、並大抵でない労力が必要なのも事実なのです。

3-2.不倫トラブルは自分で解決できるか

不倫トラブルを自分で解決するのは、難しいと考えましょう。不倫トラブルを解決するには、相当な労力が必要です。また、不倫の証拠を掴(つか)むためにも、多くの時間も必要でしょう。仕事を持っているなどの状況では、十分な調査もできない可能性が高いです。また、自分ひとりでは調査の方法にも限界があります。調査していることがバレやすいのも、不利になるでしょう。さらに、不倫の事実が判明してトラブルを解決したくても、どうやって相手に伝えるか、また、解決に導くかもわからないはずです。やはり、ひとりでは不倫トラブルの解決は難しいのが現実でしょうね。

3-3.不倫トラブルは専門家に相談しよう

不倫トラブルに悩んでいるのなら、専門家に相談しましょう。不倫トラブルに詳しい専門家なら、皆さんの心強いサポート役になってくれます。

3-3-1.専門家に依頼するメリットについて

不倫トラブルに詳しい専門家は、解決へのノウハウを持っています。皆さんの悩みを解決するために、適切なアドバイスをくれることでしょう。専門家に相談することによって、不倫トラブルの解決は格段に早く確実になります。ひとりで悩んでいないで、専門家に相談してください。

3-3-2.不倫トラブルを相談できる場所とは

不倫トラブルを相談できる場所は、主に以下となります。

  • 弁護士事務所・司法書士事務所:主に不倫にまつわる法律にかんすること
  • 探偵社・興信所:主に不倫調査にかんすること
  • 民間団体の電話相談窓口:不倫トラブルを含む悩みごと全般の相談

ひとりで抱えていても、何の解決にもなりません。まずは、不倫トラブルを相談することから始めましょう。

3-4.不倫トラブルの相談窓口は適切な場所へ

不倫トラブルの内容や性質によって、適切な相談窓口が異なります。相談窓口を間違えると、適切な回答が得られないだけでなく解決への道が遠回りになるでしょう。たとえば、弁護士事務所と探偵社では専門範囲が大きく異なります。いずれにしても、不倫関係にあることを正しく把握することが肝心です。まずは、民間の探偵社に相談した後、不倫調査を依頼して不倫トラブルの証拠を取ってください。

3-5.不倫トラブルを相談するときの注意点

不倫トラブルを相談するときは、情報を正確に伝えることが大切です。感情に任せて事実と違った内容を伝えることは、解決を困難にするだけだと認識してください。冷静に事実関係を述べることが、解決への第一歩なのです。また、自分がどうしたいのかをきちんと整理して伝えることも忘れないでください。最も大切なことは、皆さんがどんな解決方法を望むかということなのです。

4.探偵社の不倫調査について学ぼう

探偵社の不倫調査は、どんなことを行っているのでしょうか。不倫トラブルを解決するためにも、探偵社の不倫調査について理解しておきましょう。

4-1.探偵社の特徴を解説

探偵社は、依頼者から受けた調査依頼に基づいて適切な調査を行い、結果を報告することが仕事になります。浮気調査にかんしては、当事者もしくは当事者に近しい関係の人間が調査を行うことは失敗しがちです。その点、探偵社は第三者の立場かつ豊富な実績や経験によって、調査対象者に警戒されることなく調査を進めることができる点が特徴と言えます。不倫の証拠を掴(つか)んで、トラブルを解決に導くためにも探偵社の存在は意味があると言えるでしょう。

4-2.探偵社の不倫調査でできること

探偵社の不倫調査でできることには、以下のようなものがあります。

  • 不倫の事実を突き止めること
  • 不倫相手の詳細を調べること
  • 不倫の証拠を客観的な資料として残すこと

探偵社の不倫調査では、不倫の事実や内容の把握・証拠資料の作成を行うことができます。不倫トラブルを解決するためには、客観的かつ確実な証拠・資料が必要です。探偵社に不倫調査を依頼することは、とても意味のあることだと認識してください。

4-3.探偵社の不倫調査の方法

探偵社では、どのような不倫調査を行っているのでしょうか。探偵社の不倫調査で主に行っている方法については、以下を参考にしてください。

  • 対象者の基本調査
  • 対象者の尾行調査
  • 周囲に対する聞き込み調査
  • インターネットなどでの発言調査

探偵社はプロですから、調査対象者に気付かれることなく調査を進めていきます。また、さまざまな調査方法により的確な証拠を掴(つか)むので安心して依頼しましょう。

4-4.不倫調査のセキュリティーについて

不倫調査は、個人のプライバシーに深くかかわる内容となります。そのため、不倫調査のセキュリティーにかんして心配な人も多いでしょう。もちろん、探偵社では個人のプライシーは完全に守るので安心してください。個人情報の管理については、探偵社からも最初にきちんと説明があるはずです。不倫トラブルは、内密に調査を進めることが基本ですから不安が残らないように確認をしておきましょう。

4-5.探偵社の不倫調査の費用や相場

探偵社に不倫調査を依頼した場合の費用・相場について、下記を参考にしてください。

  • 1日4時間程度のお試し調査:4.5万円
  • 4日16時間程度の調査:19万円
  • 6日24時間程度の調査:28.5万円

実際の調査料金にかんしては、調査内容によって上下します。まずは、調査見積もりをもらって検討してください。また、予算を最初に伝えておくと後日になって高額請求が来るのを避けることができます。なお、上記の金額はあくまでも一例となりますのでご承知おきください。

参考:探偵社アヴァンス料金ページ

4-6.探偵社の不倫調査の相談窓口

探偵社には、不倫調査の相談窓口を設けています。相談だけの場合は無料としているケースも多いので、気軽に利用すると良いでしょう。なお、不倫調査の相談をするにふさわしい探偵社の条件を下記に挙げておきますので参考にしてください。

  • 不倫調査にかんする実績が豊富な探偵社であること
  • 電話もしくはメールなどの対応が親切で丁寧なこと
  • 質問に対する回答が明確であること
  • 相談だけでも対応がよく本契約を無理にすすめてこないこと
  • 公安委員会に登録のある探偵社であること

なお、不倫調査の相談窓口は下記にもありますので参考にしてくださいね。

参考:探偵社アヴァンス

4-7.探偵社に不倫調査を依頼するときの注意点

探偵社に不倫調査を依頼するときには、以下のポイントに注意してください。

  • 調査対象者の情報を正確に伝えること
  • 調査予算を明確に伝えること
  • 予算を超える場合は事前に知らせてもらうこと
  • どんな調査方法を行うのか説明を受けること
  • できるだけ経過報告をしてもらうこと
  • きちんとした調査報告書を書面でもらうこと

不倫調査は、費用が掛かります。不倫調査の費用は、調査内容や調査日数・時間によって変動するため予算をオーバーしそうなときは事前に連絡をもらって検討するようにしてください。また、調査報告はきちんと書面でもらうことも忘れないようにしましょう。

5.不倫トラブルにかんするよくある質問

最後に、不倫トラブルにかんするよくある質問に回答します。ほかの皆さんが悩んでいる内容について、皆さんも一緒に考えてみてください。

5-1.どうしても不倫相手が夫と別れてくれないときにはどうすれば良いですか?

不倫は、倫理に反することです。当事者の間で解決できないときは、第三者に入ってもらうことにしましょう。たとえば、家庭裁判所に不倫調停を申し立てる方法があります。裁判所からの通達は、相手の態度を軟化するためにも有効です。また、不倫調停に応じなかったり解決に至らなかったりした場合は、改めて不倫訴訟を行いましょう。

5-2.不倫相手から無言電話が多数掛かってきますが対処方法はありますか?

まずは、無言電話を掛けてくるのが不倫相手であることの証拠を取りましょう。電話機に発信者の情報を表示するようにして、スマホでも良いので写真を撮ってください。また、写真を撮った日時を同時に記録しておきましょう。そして、無言電話が掛かってきたら無言の状態でも良いので録音してください。そのとき、相手の名前を呼びかけてみることも大切です。なお、無言電話がひどいときは警察に相談してください。警察に相談するときには、証拠があると話が早く進みます。

5-3.不倫相手から慰謝料をもらうための条件にはどんなものがありますか?

不倫相手から慰謝料をもらうための条件としては、下記のような内容があります。

  • 肉体関係を伴う不倫であること
  • 不倫の事実の前に夫婦関係が破たんしていないこと
  • 不倫相手が婚姻の事実を知っていること
  • 不倫の証拠があること
  • 不倫の事実を知ってから3年以内であること

すでに不倫が解消した後であっても、慰謝料請求は可能です。ただし、不倫が進行中の方が有利に働きますから、できるだけ早めに慰謝料請求をしましょう。

5-4.不倫が理由で離婚に至った場合は何らかの罪になるのですか?

不倫は、倫理の問題です。現在の日本では、法律で罰することはできません。法律では罪ではありませんから、相手に刑罰を与えることは不可能なのです。そのため、離婚に至った場合は訴訟による慰謝料請求で解決することをおすすめします。お金の問題ではないというのも、事実です。しかし、不倫で精神的なダメージを受けた側(がわ)にとっては大きな苦痛となるでしょう。離婚後の生活設計を立てるためにも、相手から受け取った慰謝料を活用する道を考えましょう。

5-5.不倫相手が妊娠した場合は夫の子どもであると認知すべきですか?

認知することは、子どもの親であることを認めることになり養育義務が発生しますので慎重に検討しましょう。まず、不倫相手の妊娠の事実を確認してください。妊娠の事実が判明した場合は、遺伝子検査などを行って夫の子どもであることを公的に証明しましょう。夫の子ども以外の場合は、当然ながら認知する必要はありません。もしも、夫の子どもと判明した場合は、夫とよく相談して認知するかどうかを決めてください。

まとめ

不倫は、大きなトラブルを引き起こします。不倫トラブルで悩んでいる人は、適切な解決方法をとることによって早く楽になることができるでしょう。しかし、まずは、不倫の証拠を客観的に掴(つか)むことから始めてください。不倫の証拠があることで、自分にとって有利な内容で解決をすることができます。不倫調査や不倫トラブルの解決に優れた探偵社に相談して、早く悩みを解消してくださいね。