浮気を問い詰める前に読んでおくべき6項目! 証拠集めの方法は?

浮気を問い詰める前に読んでおくべき4項目! 証拠集めの方法は?

「配偶者が浮気をしているかも」「恋人の様子がおかしい、もしかして浮気?」と悩んでいるときは、つい相手を問い詰めて真実を確かめたくなります。

しかし、問い詰め方を間違えると、はぐらかされる可能性があるだけでなく、浮気の証拠を隠滅(いんめつ)されたり相手の気持ちが自分から離れたりすることもあるでしょう。

浮気をしたかどうか相手に問い詰めたいときは、あらかじめ準備をしておくことが大切です。

そこで今回は、浮気を問い詰めたいときに知っておくべきことや、問い詰め方のコツを紹介しましょう。

  1. 相手に真実を話させる浮気の問い詰め方
  2. 浮気を問い詰める手順
  3. 浮気をしている証拠のつかみ方
  4. 浮気を問い詰めるメリット・デメリット
  5. プロに浮気調査を依頼する方法
  6. 浮気の問い詰め方や探偵業者に関するQ&A

この記事を読めば、浮気の確実な証拠をつかむ方法も分かります。

配偶者や恋人が浮気をしているかもしれないと悩んでいる人は、ぜひ読んでみてくださいね。

探偵への調査依頼を検討している方はこちらもチェック!

1.相手に真実を話させる浮気の問い詰め方

はじめに、相手が言い逃れできない浮気の問い詰め方を紹介します。

1-1.証拠もなしに問い詰めないことが大切

浮気は配偶者や恋人に対する裏切り行為です。ですから、問い詰めてもすぐに認める人はごくまれでしょう。女性の場合はカンが鋭いので、相手のわずかな態度の違いなどで「浮気をしているかも」とピンとくる人もいます。しかし、自分のカンだけで浮気を問い詰めても言い逃れされる可能性が高いでしょう。問い詰める前に、浮気の確実な証拠をつかんでおくことが大切です。

1-2.浮気の問い詰め方4箇条

浮気を問い詰める際は、以下のようなポイントを守って行うとうまくいきやすいでしょう。

  1. 不意打ちで問い詰める:相手に言い訳をする時間を与えないため
  2. 感情的にならない:自分が感情的になると相手も感情的になるので、努めて冷静さを保つこと
  3. いきなり問い詰めない:最初は、雑談のような雰囲気で話し始めると相手は油断する
  4. 証拠を握っていることは、相手が浮気を否定してから話す:相手の反省具合を確認するため

なお、話し合いの場所は自宅でもかまいませんが、相手が自分に暴力をふるってくる可能性があるときは、喫茶店など人目があるところがおすすめです。

1-3.問い詰める前に自分は相手とどうしたいのか考えておく

配偶者が浮気をした場合、再び夫婦・恋人としてやり直すのか別れて新しい道を進むのか、選択を迫られます。浮気を問い詰める前に、自分の中である程度選択の答えを出しておきましょう。そうすれば、話し合いもしやすくなります。もちろん、話し合いの途中で考え方を変えるのは構いません。

まず、証拠をつかむことが何より大切なんですね。
はい。そうすれば、相手は言い逃れができなくなります。

2.浮気を問い詰める手順

この項では、浮気を問い詰める手順をわかりやすく紹介しましょう。

2-1.浮気をしているかどうか尋ねる

まず、浮気をしているかどうかを尋ねましょう。前述したように、いきなり「浮気をしているのだろう」と問い詰めたりせず、「この間の休日は1人でどこに行っていたの?」とか、「最近残業は休日出勤が続くけど、よほど忙しいんだね」というふうに、カマをかけていくのがおすすめです。ここで浮気を白状した場合、相手も良心の呵責(かしゃく)を感じている可能性が高いでしょう。

2-2.確実に浮気をしている証拠を提示する

相手が浮気を認めない場合、確実に浮気をしている証拠を出しましょう。浮気の証拠については、後の項で詳しくご紹介します。浮気の動かぬ証拠を提示すれば、相手も言い逃れができなくなるはずです。

2-3.浮気を相手に認めさせる

大切なのは、浮気を相手に認めさせることです。相手が浮気を認めないと、その先の話ができません。相手が証拠を見せても言い逃れをするならば、矛盾点を1つずつついて認めさせましょう。また、相手が浮気を認めたら浮気相手の名前や住所など個人情報を聞きだしてください。慰謝料を請求する際などに必要です。

2-4.これからのことについて自分の考えを述べる

相手が浮気を認めたら、これから夫婦や恋人として自分が相手とどうしていきたいのか、考えを告げましょう。相手と話し合いができれば最高ですが、ここまで話を進めるのに時間がかかることもあります。ふたりの将来についての話し合いは、後日に回してもかまいません。

相手を責めるだけではダメなんですね。
はい。大切なのはこれからの2人がどうするかです。それをはっきりさせてから話し合いにのぞみましょう。

3.浮気をしている証拠のつかみ方

この項では、浮気の証拠をつかむ方法を紹介します。

3-1.直感だけで相手を問い詰めないためにも証拠は大切

前述したように、「浮気をしているかも」という直感だけで相手を問い詰めると言い逃れされてしまうこともあります。また、浮気をしていなかった場合、ふたりの関係に深刻な悪影響が出る可能性もあるでしょう。それらを防ぐためにも、証拠を調査することは大切です。

3-2.浮気の証拠は意外と多い

浮気の証拠は、いろいろなところに隠されています。たとえば、クレジットカードの使用歴です。異性向けの高価なものや2人分の食事代などを支払った形跡があれば、浮気をしている可能性があるでしょう。また、レシートも同様です。コンビニのものでも、自分では買わないものを買った形跡がある場合は、チェックしてみてください。さらに、給与明細からも浮気の証拠がつかめます。残業・出張・休日出勤を言い訳に浮気をしていた場合、本当ならば手当がついているはずです。全く行った形跡がない場合、浮気をしている可能性が高いでしょう。

3-3.確実な証拠をつかむのは個人では難しい

前項でご紹介した証拠は、自分でつかむことが比較的簡単な証拠です。しかし、簡単な分、相手に言い逃れる隙も与えてしまいます。相手が言い逃れることができない確実な証拠は、ラブホテルなどに2人で出入りしている写真です。個室にふたりきりで長時間過ごしたという客観的な証拠があれば、言い逃れすることはほぼ不可能でしょう。ただし、このような写真を個人がとるのは難しいので、プロに依頼するのがおすすめです。プロに依頼する方法は、後の項で詳しくご紹介しましょう。

レシートのような何気ないものからも浮気の証拠はつかめるんですね。
はい。でも確実な証拠をつかむにはプロに依頼するほうがおすすめです。

4.浮気を問い詰めるメリット・デメリット

この項では、浮気を問い詰めるメリットとデメリットを紹介します。

4-1.ふたりの関係に深刻な影響が出る場合は問い詰める

日本ではまだ、浮気は見て見ぬふりをしたほうがよいという考え方もあります。しかし、浮気をすると夫婦の共有財産を使いこまれることもあるでしょう。また、恋人同士の場合は、本命と浮気相手の両方にいい顔をしたあげくに逃げる人もいます。ですから、浮気がふたりの関係に深刻な影響を及ぼしそうだと思ったら、証拠をそろえて問い詰めましょう。

4-2.浮気を問い詰めるメリット・デメリット

浮気を問い詰めることのメリットは、相手に浮気の怖さを分からせることができます。浮気は怖いもの、割に合わないものと分かれば、二度と浮気をしなくなるかもしれません。また、お互いに「やはり相手が大事だった。これからは浮気をしない」「この関係を終わりにして新しい道を歩んでいこう」と決心をつけるきっかけになることもあります。

デメリットは、ふたりの関係が修復不可能なまで壊れてしまう可能性です。最初はもう一度ふたりでやり直そうと思っても、相手の嫌な面がどんどん見えてきて別れを選択することもあるでしょう。

4-3.問い詰めた方がいいのはどんなケース?

浮気を問い詰めた方がいい場合は、以下のようなときです。

  • 一見すると、相手はよき恋人、よき配偶者のように振る舞っている
  • 浮気相手にかなりお金をかけている
  • 浮気相手の方に夢中になり相手が自分をないがしろにしている
  • 恋人との仲が進展し、結婚も視野に入れている

このような場合、浮気を見て見ぬふりをしていると配偶者や恋人は調子に乗ってさらに浮気相手にお金をつぎ込んだり浮気相手と過ごす時間が増えたりするかもしれません。一方、問い詰めない方がいい場合は以下のとおりです。

  • すでに自分は相手との別れを決意しており、問い詰めるメリットを感じない
  • すでに夫婦関係が破たんしており、自分に有利な状況で離婚したい

ただし、このような場合も慰謝料や財産分与などの話し合いは行いましょう。なお、恋人同士の場合は浮気をしても相手に慰謝料の請求は難しいですが、婚約している状態なら請求はできます。

浮気を問い詰めるのはデメリットもあるんですね。
はい。しかし、問い詰めずに見ないふりをするデメリットもあるので、どちらのデメリットが大きいのか考えることが大切です。

5.プロに浮気調査を依頼する方法

この項では、プロに浮気調査を依頼する方法やメリットを紹介します。

5-1.プロに浮気調査を依頼するメリット

浮気調査をプロに依頼すれば、前述したような浮気している確実な証拠を掴んでくれます。また、プロに依頼すれば、浮気相手の住所氏名・勤め先など詳しい素性を調べてくれるでしょう。証拠や浮気相手の素性が分かっている場合、話し合いを有利に進めることができます。

5-2.浮気調査は探偵業者に依頼する

浮気調査の依頼は、探偵業者を利用するのが一般的です。現在は、アヴァンスのように、サイトを開設している業者も多いので、インターネットで最寄りの業者を探してみましょう。サイトを見ればおおよその調査費用も分かります。また、サイトから相談の申し込みができるところもあるので便利です。

なお、優良な探偵業者は必ず事務所を開設し、警察へ「探偵業の届け出」を出しています。届け出は事務所の見えやすい場所に掲げてあり、サイトにも届け出番号を記載しているので、探偵業者を選ぶ際の参考にしましょう。サイトに届出番号を記載していない、事務所もない探偵業者には依頼してはいけません。

5-3.依頼までの流れ

探偵業者は相談が無料なところも多いので、まずは相談してみてください。相談の結果、依頼をすすめられたらさらに詳しい説明を受けましょう。浮気調査の相場は、1週間で20~35万円が相場です。高価ですが、事前に浮気相手と会う日が分かっていたり、会う場所の見当がついていたりする場合は、早く証拠が取れる可能性があります。ある程度自分で証拠をつかんでいれば、浮気相手と密会する日や会う場所の見当もつけやすく、調査が短期間で終わることもあるでしょう。なお、探偵業者への支払いはカード払いも可能です。

プロに依頼するとお金はかかりますが、メリットも大きいんですね。
はい。依頼すれば浮気相手の素性も突き止めてくれます。

6.浮気の問い詰め方や探偵業者に関するQ&A

この項では、浮気の問い詰め方や探偵業者に関する質問を紹介します。

Q.旦那の浮気を問い詰める際、注意するべきことは何ですか?
A.まず、相手の言い分を聞いてから自分の考えを伝えることを心がけてください。できるだけ感情的にならないよう、第三者に立ち会ってもらう方法もおすすめです。さらに、相手に許可を得た上で話し合いの内容を録音しておきましょう。裁判になったときの証拠となり、有利に慰謝料請求ができます。

Q.旦那が浮気をしていますが離婚する気はありません。浮気相手と今後かかわらないようにしてもらうためにはどうしたらよいですか?
A.できれば引っ越しを検討し、物理的に離れてもらいましょう。また、旦那さんと浮気相手に誓約書を書いてもらうこともおすすめです。その際は、弁護士に内容を確認してもらいましょう。

Q.パートナーの浮気が発覚したときにやってはいけないこととは何ですか?
A.感情的になって問い詰めることは絶対にやってはいけません。そのほかにも、自分も浮気をやり返すこと、第三者を巻き込むこと、浮気相手の悪口を言うこともやめておきましょう。このような言動は逆効果となり、事態の悪化を招きます。

Q.探偵事務所が行う浮気調査は合法ですか?
A.「探偵業法」という法律に基づいて調査を行っているため、違法ではありません。そもそも浮気すること自体が違法行為と考えられており、浮気調査は違法行為を立証するためのものです。ただし、探偵業法で認められていない行為は罪に問われます。

Q.探偵事務所と興信所の違いは何ですか?
A.一昔前までは、行動調査や行方調査などを行うのが探偵事務所、信用調査や雇用調査などを行うのが興信所というように区別されていました。しかし、現在はほとんど明確な違いがありません。

まとめ

さて、ここまで読んでいただければ浮気の問い詰め方や問い詰めるメリット・デメリットがよく分かったと思います。浮気を見て見ぬふりをすると、自分の尊厳を傷つけられるだけでなく経済的なデメリットも大きいでしょう。ある程度お金はかかっても、浮気をしている証拠をつかみ、相手に反省してもらうことが大切です。なお、離婚しなくても慰謝料は請求できるので、覚えておきましょう。