不倫の証拠、確実な集め方は? 真実を明確にする重要性を知ろう

「不倫の証拠の集め方を知りたい」とお悩みではありませんか? パートナーの不倫が疑われるとき、まず何をすべきなのか考える必要があるでしょう。慰謝料を請求するにしても、離婚するにしても、重要なのは「不倫の事実」を明確にすることです。もしかしたら、パートナーのほうから先に離婚を切り出してくる可能性もあります。そんなとき、不倫の証拠がなかったらどうなるでしょうか。自分に有利な条件で離婚することも難しくなります。そのような事態を防ぐためにも、まずは真実を明らかにしましょう。この記事では、不倫の証拠がなぜ重要なのか、証拠を集めるためにはどうしたらよいのかを詳しくご紹介します。

  1. 不倫の基礎知識
  2. 不倫の証拠はなぜ重要なのか?
  3. 不倫の証拠を集める方法
  4. 不倫の証拠集めに関するよくある質問

この記事を読むことで、不倫の証拠集めに成功する方法が分かるはずです。ぜひ参考にして自分のすすむべき道を決めてください。

1.不倫の基礎知識

まずは、不倫について解説します。

1-1.不倫とは?

不倫とは本来、人の道からはずれたことを意味する言葉です。近年では、配偶者以外の異性と交際することを指して「不倫」と呼ぶことがほとんどでしょう。しかし、不倫の境界線には個人差があります。二人で食事をしただけで「不倫」と考える人もいれば、「肉体関係がない限り不倫ではない」と考える人もいるのです。慰謝料の請求や離婚を検討しているなら、法律上の「不倫の定義」について知っておく必要があるでしょう。

1-2.不貞や浮気との違い

不倫と似た言葉に「不貞」や「浮気」があります。不倫とどのように違うのでしょうか。基本的に、不倫と不貞には明確な違いはありません。不貞行為の定義とは「配偶者以外の異性と自由意志で肉体関係を持つこと」です。不倫は人によってとらえ方が異なるため、概念的な違いといえるでしょう。
また、「浮気」は既婚者であっても未婚者であっても、パートナー以外の異性と関係を持った際に使われる言葉です。恋人関係であっても使われる言葉であり、肉体関係の有無はあまり関係ありません。

1-3.法律について

民法では夫婦間には貞操義務があるとされています。どちらか一方がほかの異性と不貞行為をした場合、その義務に反する行為とみなされるのです。配偶者の不倫が発覚した際には、離婚理由として認められ、不法行為として損害賠償を求めることもできます。

2.不倫の証拠はなぜ必要なのか?

不倫の証拠はいつどんなときに必要なのでしょうか。注意点もまとめてご紹介します。

2-1.いつどんなときに必要なのか?

不倫の証拠が必要になるのは、以下のようなときです。

2-1-1.不倫を理由に離婚する場合

配偶者の離婚が発覚し、離婚を選択する夫婦も多いでしょう。しかし、明確な証拠がなければ相手がしらを切る可能性もあります。「不倫などしていないので離婚はしない」と押し切られ、悔しい思いをしながら夫婦関係を継続しなければならないのはつらいことです。

2-1-2.裁判にする場合

配偶者や不倫相手が不倫の事実を認めない場合、慰謝料請求に応じない場合などは、裁判を起こすことになるでしょう。裁判を起こすにあたって最も大切なことは、明確な証拠を入手することです。自分に有利な条件で問題を解決するためにも、証拠は絶対に必要になります。

2-1-3.慰謝料を請求する場合

不倫による慰謝料とは、不倫された側が精神的苦痛に対して請求できる損害賠償ことです。不倫した配偶者や不倫相手に慰謝料を請求する場合も、不倫の事実を明確にする証拠が必要になります。

2-2.注意点

不倫の証拠となるものにはさまざまなものがあります。その中でも、法的に認められる証拠を用意する必要があるのです。たとえば、本人が不倫の事実を自白したとしても、証拠として認められるためには録音したデータが必要になります。どんなものが法的に認められる証拠になるのか、しっかり把握しておくことが大切です。

3.不倫の証拠を集める方法

不倫の証拠を集める方法や注意点などをご紹介しましょう。

3-1.自分でできることとは?

証拠集めを自分で行う場合は、細心の注意を払う必要があります。パートナーに気づかれないように、無理な調査はやめておきましょう。たとえば、ポケットや財布の中身・クレジットカードの明細などをチェックすることで相手の行動パターンを把握し、ある程度のことが分かった時点でプロに依頼するのもおすすめです。浮気相手と会う場所や頻度などを知るために、メールの履歴や通話記録などをチェックしておくのもよいでしょう。また、自分で日記をつけておくと帰りが遅い曜日などを把握できます。

3-2.プロに依頼する場合

プロに依頼する場合の方法やメリットなどをまとめました。

3-2-1.プロに依頼すべき場合とは?

不倫の調査をプロに依頼すべきなのは、以下のような場合です。

  • 自分で証拠集めをする自信がない
  • 何が裁判で認められる証拠なのかが分からない
  • 高額な慰謝料を請求できる有利な証拠がほしい
  • 自分の目で不倫の事実を見たくない

3-2-2.メリット

知識や経験が豊富なプロの探偵が集めた証拠は、裁判でも有利になるものばかりです。素人ではなかなか入手できないような、証拠能力の高いものが手に入るため、確実に慰謝料請求ができるでしょう。もちろん、プロに依頼すれば自分の時間や労力をかけずに証拠集めができます。精神的につらい配偶者の不倫に、自分の身を削るのは納得のいかないことですよね。また、必要であれば弁護士の紹介などもしてもらえるため、今後の人生をどう選択すべきかについても相談できるでしょう。

3-2-3.方法と費用

探偵社アヴァンス」では、張り込みや尾行による不倫調査を行っています。調査中は1時間ごとに現場の状況を依頼者に連絡することになっているため、安心して任せることができるでしょう。提出される報告書は裁判でも証拠として利用できます。調査費用についてはお得なパック料金も用意されているため、ぜひこちらからチェックしてみてください。

3-2-4.業者選びのポイント

信用できる探偵社を選ぶために、以下のポイントをチェックしてください。

  • 豊富な実績と経験があるか
  • 料金体系が明確であるか
  • 探偵業届出番号をホームページに公表しているか
  • 無料相談を受け付けているか
  • 親身になって相談に乗ってくれるか

3-3.注意点

探偵社に不倫調査を依頼する際は、調査する目的をはっきり伝えておきましょう。復縁が目的なのか慰謝料請求が目的なのかによって、調査内容は変わってきます。慰謝料を請求するつもりであれば、法的に有効な証拠が必要です。探偵社が事前に把握しておくことで、より効率的な調査が可能になるでしょう。

4.不倫の証拠集めに関するよくある質問

「不倫の証拠を集めたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.LINEのやり取りは不倫の証拠として認められますか?
A.表現によっては言い逃れができてしまうため、証拠としては弱いでしょう。しかし、性交渉があった事実を証明できる内容であれば、証拠として認められる可能性はあります。

Q.離婚するつもりがない場合でも証拠集めは必要ですか?
A.明確な証拠を持っていれば不倫した配偶者からの離婚請求を拒否できます。そのため、しっかりと証拠を確保しておいたほうがよいでしょう。

Q.不倫した配偶者と不倫相手の両方に慰謝料を請求できるのですか?
A.もちろん、両方に請求できます。ただし、既婚者と知らずに不倫していた場合は、不倫相手に慰謝料を請求できないため注意してください。

Q.探偵と興信所の違いは何ですか?
A.興信所はもともと企業の信用調査を行う機関でした。現在、両社の違いはほとんどありません。

Q.携帯電話から不倫を見破るにはどのようなポイントをチェックすべきですか?
A.携帯電話を肌身離さず持ち歩くようになり、ロックをかけるようになった場合は注意が必要でしょう。また、通話料が増えていないか、履歴を消していないかなどもチェックしてみてください。

まとめ

いかがでしたか? 不倫の証拠集めについて詳しくご紹介しました。配偶者の不倫が疑われるとき、まずすべきなのは明確な証拠を集めることです。証拠を有効的に使って自分に有利な結末にたどり着くためにも、どうすれば証拠集めができるのか考える必要があるでしょう。ぜひこの記事を参考にして、不倫の証拠集めに成功してください。