不倫の証拠、確実な集め方は? 真実を明確にする重要性を知ろう

「不倫の証拠の集め方を知りたい」とお悩みではありませんか? パートナーの不倫が疑われるとき、まず何をすべきなのか考える必要があるでしょう。慰謝料を請求するにしても、離婚するにしても、重要なのは「不倫の事実」を明確にすることです。もしかしたら、パートナーのほうから先に離婚を切り出してくる可能性もあります。そんなとき、不倫の証拠がなかったらどうなるでしょうか。自分に有利な条件で離婚することも難しくなります。そのような事態を防ぐためにも、まずは真実を明らかにしましょう。この記事では、不倫の証拠がなぜ重要なのか、証拠を集めるためにはどうしたらよいのかを詳しくご紹介します。

  1. 不倫の基礎知識
  2. 不倫の証拠はなぜ重要なのか?
  3. 不倫の証拠を集める方法
  4. 不倫の証拠集めに関するよくある質問

この記事を読むことで、不倫の証拠集めに成功する方法が分かるはずです。ぜひ参考にして自分のすすむべき道を決めてください。

1.不倫の基礎知識

まずは、不倫について解説します。

1-1.不倫とは?

不倫とは本来、人の道からはずれたことを意味する言葉です。近年では、配偶者以外の異性と交際することを指して「不倫」と呼ぶことがほとんどでしょう。しかし、不倫の境界線には個人差があります。二人で食事をしただけで「不倫」と考える人もいれば、「肉体関係がない限り不倫ではない」と考える人もいるのです。慰謝料の請求や離婚を検討しているなら、法律上の「不倫の定義」について知っておく必要があるでしょう。

1-2.不貞や浮気との違い

不倫と似た言葉に「不貞」や「浮気」があります。不倫とどのように違うのでしょうか。基本的に、不倫と不貞には明確な違いはありません。不貞行為の定義とは「配偶者以外の異性と自由意志で肉体関係を持つこと」です。不倫は人によってとらえ方が異なるため、概念的な違いといえるでしょう。
また、「浮気」は既婚者であっても未婚者であっても、パートナー以外の異性と関係を持った際に使われる言葉です。恋人関係であっても使われる言葉であり、肉体関係の有無はあまり関係ありません。

1-3.法律について

民法では夫婦間には貞操義務があるとされています。どちらか一方がほかの異性と不貞行為をした場合、その義務に反する行為とみなされるのです。配偶者の不倫が発覚した際には、離婚理由として認められ、不法行為として損害賠償を求めることもできます。