恋人に浮気がバレた場合の謝り方とは? 謝り方のポイントを押さえよう!

恋人に浮気がバレてしまった場合、どうすれば許してもらえるのでしょうか。
浮気をすると、以前の関係に戻るのが難しいと言います。
しかし、誠心誠意な気持ちで謝れば、相手もわかってくれるでしょう。
そこで、浮気を許してもらう謝り方やポイント、やってはいけない謝り方・態度、二度と浮気しないための心がけについて説明します。
恋人に浮気がバレて悩んでいる人は、ぜひチェックしてくださいね。

目次

  1. 浮気を許してもらう謝り方とは
  2. やってはいけない謝り方や態度とは
  3. 二度と浮気をしないための心がけ
  4. まとめ

1.浮気を許してもらう謝り方とは

恋人に浮気がバレたときの謝り方は、今後の2人を大きく変えるほどとても大切なポイントになります。
浮気を許してもらうためには、どのような謝り方が効果的なのでしょうか。
最適な謝り方をマスターしてくださいね。

1-1.素直に謝ること

浮気を許してもらうためには、「素直に謝ること」が1番です。
「ごめんなさい。私(僕)が悪かった」と素直な気持ちでひたすら謝りましょう。
最初は怒られてしまいますが、謝り続けていれば相手も気持ちが収まるものです。
変な言い訳や口答えは絶対にしないでくださいね。
“ただ謝ること”が、許してもらえるきっかけになるでしょう。
ただし、素直に謝ると言っても気持ちのない言葉は逆効果になってしまいます。
“謝ればいい”という気持ちで言葉にしてはいけません。
「本当に申し訳なかった」と罪悪感がきちんと感じ取れるような心がこもった謝り方が大切ですよ。
気持ちをこめながら、相手の目を見て素直に謝ってくださいね。

1-2.「感謝」の気持ちも同時に伝えること

浮気をしたときの謝り方には、工夫があります。
ただひたすら謝ることだけが浮気を許してもらう謝り方だと思う人がほとんどでしょう。
しかし、謝罪の言葉と同時に「感謝」の気持ちを伝えることも大切なポイントです。
浮気がバレてしまえば2人はケンカに発展してしまいます。
素直に謝れば恋人は許してくれるでしょう。
もし、許してくれたのなら「自分のことを信じてくれてありがとう」「許してくれて感謝の気持ちでいっぱい」と相手に伝えるのも効果的です。
許してくれなくても、「自分がいかにあなたのことが大切な存在なのかわかった」と伝えてください。
謝る気持ちも大切ですが、あらためて相手の存在が大きかったことを感謝の気持ちとして伝えることも大切なのです。

1-3.謝罪の言葉と一緒に「贈りもの」を用意する

浮気を許してもらう謝り方には、「贈りもの」も大きなポイントになるでしょう。
大切なクライアント先に迷惑をかけたとき、謝罪と一緒に“菓子折り”を持っていきますよね。
菓子折りと贈りものは一緒のものだと考えてください。
「お金で解決しようとするなんて…」と思われてしまいますが、贈りものをもらってうれしくない人はいません。
形として残るものを渡すことは、誠意の1つになるでしょう。
決してお金で解決しようとは考えずに、謝罪と一緒に自分の誠意として贈りものを恋人に渡してください。
相手が好みのアクセサリーやアイテムを渡すと、浮気を許す気持ちが芽生えるでしょう。

2.やってはいけない謝り方や態度とは

2-1.まったく反省していないふざけた態度

恋人に浮気された経験がある人に聞いてみたところ、「誠意のない謝り方が1番許せない」と答える人がほとんどでした。
誠意を感じない謝り方は絶対にやってはいけません。
人の取り方によって、「誠実さが感じられない謝り方」は異なるでしょう。
しかし、まったく反省していない様子、ふざけた態度での謝り方は共通していると感じます。
本人が悪いのに、まるで自分は悪くないような態度で謝る人は誰だって反感を持ってしまうものです。
特に、浮気をした場合は「ごめんごめん」と軽い気持ちで言っても、絶対に許してもらえません。「本当に悪かった」という気持ちが大切なのです。「謝るだけで済むことなの?」と相手が思わないためにも、きちんと相手の気持ちを考えて謝ってくださいね。

2-2.自己満足な謝り方や口答えはNG

ふざけた態度はもちろんのこと、自己満足な謝り方もNGです。
あなたが浮気をした原因は、恋人の不満から来ている可能性があります。
「あなたがあんな態度をしたから浮気をしたのよ」「お前がかまってくれなかったら浮気をしたんだ、お前も悪い」というような気持ちで謝るのはNGです。自己満足な謝り方になってしまいます。
自分は謝ったから許されると勝手に思い込んでしまうのです。
それでは、相手も許す気持ちが沸きません。
浮気をされたことに対して、あなたに怒りをぶつけたのはあなたを愛している証拠です。
「でも…」「だって…」というような口答えも絶対にしないでくださいね。
つい、あなたにも非があるんだと主張してしまいます。
しかし、口答えをするとさらに2人の仲が険悪になっているので気をつけましょう。
許してもらうためにも、余計な言葉は言わない方が良いですよ。

3.二度と浮気をしないための心がけ

3-1.相手の気持ちを考え反省すること

浮気を許してもらう謝り方を紹介しましたが、二度と浮気をしないためにも心がけてほしいことがあります。
「相手の気持ちを考え反省すること」です。
自分がやったことにきちんと反省できる人は、相手の気持ちを考えることができる人でしょう。
いかに自分の行動が相手を傷つけたのか、実感しなければなりません。
浮気を許してもらえるかどうか以前に、相手がどれだけ傷ついたのか考えることが大切ですよ。そして、自分が相手の立場になって考えることも大切になります。
もし、自分が浮気されたら…と考えてみましょう。
そうすれば、相手の気持ちを考えることができます。
そして、もう二度と過ちを犯さないと、反省できるのです。

3-2.なかったことにするのはNG

浮気したことをまるでなかったことのように解決する人はいますが、それでは2人の関係が長続きしません。
これから先も恋人として過ごしたいのなら、なかったことにするのではなく、失敗を生かした付き合いをすることが大切ですよ。
恋人になると、いつまでも仲良くできるわけではありませんよね。
中にはケンカせずに続いているカップルもいますが、ほとんどが“倦怠期(けんたいき)”に入ります。
お互いのことをより深く知ることができるため、心から許した間柄になるでしょう。
そのため、ケンカをしてしまうこともあるのです。
長続きしている恋人たちは、何回もケンカをしながら2人の絆(きずな)を深めています。
浮気をして許してもらったとしても、「浮気した」事実を忘れないでくださいね。
浮気で失敗した経験を踏まえながら、2人の仲を深めていきましょう。

4.まとめ

浮気を許してもらう謝り方ややってはいけない謝り方・態度、二度と浮気をしないための心がけについて説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
あなたが誠実な気持ちで、素直に謝れば相手も許してくれますよ。
大切なのは、口答えをせずに相手の言葉を受け入れることです。
謝り方についてしっかり知っておけば、2人の仲もより深いものになるでしょう。

  • 素直に謝ること
  • 「感謝」の気持ちも同時に伝えること
  • 謝罪の言葉と一緒に「贈り物」を用意する
  • まったく反省していないふざけた態度はNG
  • 自己満足な謝り方や口答えはNG
  • 相手の気持ちを考え反省すること
  • 浮気をなかったことにするのはNG

以上のポイントを踏まえつつ、恋人に謝ってください。
あなたの謝り方によって、2人の行く道が決まりますよ。