恋人に浮気がバレた場合の謝り方とは? 謝り方のポイントを押さえよう!

恋人に浮気がバレてしまった場合、どうすれば許してもらえるのでしょうか。
浮気をすると、以前の関係に戻るのが難しいと言います。
しかし、誠心誠意な気持ちで謝れば、相手もわかってくれるでしょう。
そこで、浮気を許してもらう謝り方やポイント、やってはいけない謝り方・態度、二度と浮気しないための心がけについて説明します。
恋人に浮気がバレて悩んでいる人は、ぜひチェックしてくださいね。

目次

  1. 浮気を許してもらう謝り方とは
  2. やってはいけない謝り方や態度とは
  3. 二度と浮気をしないための心がけ
  4. まとめ

1.浮気を許してもらう謝り方とは

恋人に浮気がバレたときの謝り方は、今後の2人を大きく変えるほどとても大切なポイントになります。
浮気を許してもらうためには、どのような謝り方が効果的なのでしょうか。
最適な謝り方をマスターしてくださいね。

1-1.素直に謝ること

浮気を許してもらうためには、「素直に謝ること」が1番です。
「ごめんなさい。私(僕)が悪かった」と素直な気持ちでひたすら謝りましょう。
最初は怒られてしまいますが、謝り続けていれば相手も気持ちが収まるものです。
変な言い訳や口答えは絶対にしないでくださいね。
“ただ謝ること”が、許してもらえるきっかけになるでしょう。
ただし、素直に謝ると言っても気持ちのない言葉は逆効果になってしまいます。
“謝ればいい”という気持ちで言葉にしてはいけません。
「本当に申し訳なかった」と罪悪感がきちんと感じ取れるような心がこもった謝り方が大切ですよ。
気持ちをこめながら、相手の目を見て素直に謝ってくださいね。

1-2.「感謝」の気持ちも同時に伝えること

浮気をしたときの謝り方には、工夫があります。
ただひたすら謝ることだけが浮気を許してもらう謝り方だと思う人がほとんどでしょう。
しかし、謝罪の言葉と同時に「感謝」の気持ちを伝えることも大切なポイントです。
浮気がバレてしまえば2人はケンカに発展してしまいます。
素直に謝れば恋人は許してくれるでしょう。
もし、許してくれたのなら「自分のことを信じてくれてありがとう」「許してくれて感謝の気持ちでいっぱい」と相手に伝えるのも効果的です。
許してくれなくても、「自分がいかにあなたのことが大切な存在なのかわかった」と伝えてください。
謝る気持ちも大切ですが、あらためて相手の存在が大きかったことを感謝の気持ちとして伝えることも大切なのです。

1-3.謝罪の言葉と一緒に「贈りもの」を用意する

浮気を許してもらう謝り方には、「贈りもの」も大きなポイントになるでしょう。
大切なクライアント先に迷惑をかけたとき、謝罪と一緒に“菓子折り”を持っていきますよね。
菓子折りと贈りものは一緒のものだと考えてください。
「お金で解決しようとするなんて…」と思われてしまいますが、贈りものをもらってうれしくない人はいません。
形として残るものを渡すことは、誠意の1つになるでしょう。
決してお金で解決しようとは考えずに、謝罪と一緒に自分の誠意として贈りものを恋人に渡してください。
相手が好みのアクセサリーやアイテムを渡すと、浮気を許す気持ちが芽生えるでしょう。