年の差婚で心配な妻の不倫…年下妻の不倫を予防する方法3つを紹介!

年の差婚をした人にとって、年齢差がある妻の不倫を心配するケースは非常に多いでしょう。
年下の若い妻を持つことにはメリットもたくさんあります。
しかし、心配も多いのではないでしょうか。
「自分より若い男性と浮気してしまうのでは?」と不安になる気持ち、よく分かります。
実際に「若い女性を妻にした男性の苦労は相当なものだ」と言われているのです。
いつまでも仲のよい夫婦でいるために、年下妻の浮気を予防する方法についてまとめてみたいと思います。

  1. 女性が年上男性との結婚に感じる魅力
  2. 年下妻が不倫するケース
  3. 若い妻の不倫予防策

1.女性が年上男性との結婚に感じる魅力

「年の差婚」という言葉をよく耳にするようになりました。
女性が年の離れた男性と結婚する際、どのような魅力を感じているのでしょうか。
妻の不倫を防止するためには、まず「なぜ自分のような年上の男性と結婚したのか」を知ることが大切です。

1-1.早く結婚できる

実は「年上の男性を選ぶと婚期が早まる」という調査結果があるのです。
現在、日本人の平均初婚年齢は男性が31歳、女性が29歳。
そのうち、結婚相手に「年下女性」を望む男性は全体の6割以上にのぼります。
つまり、「できるだけ若いうちに結婚したい」と望む女性がその夢を実現するには、年上男性を選ぶのが最も効果的なのです。
実際に、多くの女性が年上男性を選んだ結果、早い結婚を実現しています。
同世代の男性が仕事や趣味に忙しくしている間に、早く結婚したくて年上男性を選ぶ女性は非常に多いということです。

1-2.人生経験が豊かで器が大きい

付き合うだけなら話の合う同世代の男性に魅力を感じる女性も多いでしょう。
しかし、冷静に判断して、結婚となると話は別です。
人生を背負ってもらう相手としては、年上男性の方が頼もしさを感じやすいでしょう。
年上男性は、自分よりも人生経験が豊かです。
そして、器が大きいというイメージが強いでしょう。
「多少のワガママも受け入れてもらえる」という安心感を持つ女性は多いと思います。

1-3.いつまでも女性扱いしてもらえる

若い女性との結婚を望む年上男性を選ぶことで「いつまでも女性扱いしてもらえる」「大切にしてくれるだろう」という期待があります。
結婚して生活を続けていく上で「女性として見てもらえなくなる」という問題は誰もが抱えているのです。
自分よりずっと年下の若い妻であれば、そういった感情を抱く心配も少なくなるでしょう。

1-4.若い男性に未熟さを感じる

女性が年上男性に惹(ひ)かれる理由の1つに「同世代の若い男性にはない魅力を感じる」というものがあります。
つまり、若い男性では未熟さが浮き彫りになり、物足りなさを感じるということです。
人生経験が豊富な分、やはり年上男性の方が「完成した男性」というイメージがあるのでしょう。

2.年下妻が不倫するケース

では、そんなメリットの多い年上男性との結婚をした女性たちが不倫に走るのはどんなときなのでしょうか。
年下妻が不倫する際によくあるケースをまとめてみました。

2-1.精神年齢が夫を追い越してしまった

結婚相手に年上男性を選ぶ女性は、一般的に精神年齢が高い傾向にあります。
同世代の男性に対して「頼りない」「子供っぽい」という感情を抱きやすいでしょう。
そのため、自分よりも10歳以上年上の「大人の男性」に惹(ひ)かれ、結婚したいと思うのです。
もちろん、年の差婚の場合、結婚当初はうまくいきます。
しかし、長年一緒に暮らしているうちに、妻の精神年齢が夫に追いつき、追い越してしまうときがくるのです。
そうなると、年上夫に対して魅力を感じなくなってきます。
夫とは違うタイプの男性に惹(ひ)かれてしまうこともあるでしょう。

2-2.寂しさから浮気に走るケースも

年上男性に惹(ひ)かれる女性は、寂(さみ)しがり屋のタイプが多いのです。
そして、放っておかれることに不満を感じます。
夫の仕事が忙しく1人になることが増えてくると、その寂しさから浮気に走るケースも少なくありません。
特に注意が必要なのは、若くして結婚した妻の場合。
同世代の友人たちが自由に遊んでいる時期に、家事や育児に追われることになります。
そして、自分の育児が一段落したころに、周りの友人たちが育児に追われることになるため、なかなか遊ぶ機会がなくなってしまうのです。
そうなると、結婚したことを後ろ向きに考えてしまうようになるでしょう。

2-3.同世代の男性に魅力を感じるようになる

結婚当初、自分よりずっと年上の夫に感じていた魅力も、いつまでも続くわけではありません。
髪の毛が薄くなり太ってきた夫よりも、だんだんと大人の魅力を身につけてきた同世代の男性に魅力を感じるようになるケースも少なくないのです。

3.若い妻の不倫予防策

若い妻の不倫を予防するためには、どうしたらよいのでしょうか。
普段から妻が不倫に走らないように対策を練っておくことが必要です。

3-1.妻を1人にし過ぎない

年上男性を好む女性の特徴については、お分かりいただけたと思います。
つまり、そういう女性は甘えん坊で依存体質が多いのです。
あまり1人にし過ぎてしまうのは大変危険でしょう。
ただし、あくまでも「自分は年上の頼れる男性」であるということを意識してください。
威厳と紳士的な態度を持ちつつ、こまめにメールやラインのやり取りに付き合ってあげましょう。
もちろん、過剰に妻を構い過ぎるのは逆効果です。
おおらかでクールな大人の男性として、若い妻に接していくのがポイントでしょう。

3-2.妻に負担を与え過ぎない

年上男性と結婚した妻は、幸せな生活を夢見ていたはずです。
頼りがいのある器の大きい男性と結婚すれば、メリットが多いと思っていたでしょう。
しかし、実際には仕事が忙しくてめったに帰ってこない夫。
家事も育児もすべて自分だけがしなければならない。
そんな不満を長い間抱えていると「こんなはずじゃなかった」という気持ちになります。
頼れるはずの年上男性と結婚したことを、後悔するときがくるでしょう。
そうなる前に、妻への負担を軽くしてあげる努力をしてください。
休日は家事や育児を手伝う、何でもないときにプレゼントを買ってあげるなど、妻の重荷を軽くしてあげることが必要なのです。

3-3.不倫のサインに気づく

女性は、不倫に踏み切る前に何らかのサインを出します。
夫がそのサインにいち早く気づいて対処すれば妻の不倫を未然に防ぐことができる場合もあるでしょう。
たとえば、妻の「ためいき」は不倫の予兆である可能性が高いのです。
休日も妻と会話をせず部屋でゴロゴロしている夫に対して、不満がたまっている証拠でしょう。
また、妻が髪型や髪色を変えるなど、容姿を気にし始めたら要注意です。
女性は、いつまでもきれいであり続けたいと願っているもの。
夫が何も誉(ほ)めてくれなければ、夫以外の男性に誉(ほ)められたときについ心が傾いてしまうこともあるでしょう。
妻に不倫してほしくないなら、日ごろから誉(ほ)め言葉を口にするようにしてください。

まとめ

いかがでしたか?
年の差婚によって若い妻を手に入れた男性たちは、周囲にもうらやましがられるでしょう。
魅力的な妻と人生を歩むことができてメリットがたくさんあるように感じます。
しかし、年の差があるからこそ心配になるのが浮気の問題ですよね。
年下妻が浮気に走りやすい環境や予防策を知り、人生の危機を事前に防いでください。
そして、いつまでも幸せな結婚生活を続けましょう。