妻の浮気が原因の離婚でも養育費を払う必要がある? 養育費の基礎知識

妻の浮気が原因の離婚でも養育費を払う必要がある? 養育費の基礎知識

離婚をする夫婦が増えてきている中、離婚をする際にトラブルになりやすいのが“養育費”に関することです。

子供がいる場合、どちらが親権をもつのか、養育費はいくら払うのか決めなければなりません。

妻の浮気が原因なのに自分が養育費を支払うのはとても納得できませんよね。

そこでこの記事では、相手の不倫が原因で離婚をする場合、養育費はどうなるのか、慰謝料は受け取れるのか詳しく説明します。

  1. そもそも養育費とは?
  2. 妻の浮気で離婚する場合も養育費が必要?
  3. 慰謝料を受け取れる条件は?

「妻が浮気をしているけど、離婚した場合の生活費はどうなるのか?」と心配している方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

1.そもそも養育費とは?

子供がいて離婚する場合、「養育費」問題が出てくるでしょう。養育費を払いたくない人は“養育費”について基礎知識を身につけてください。養育費とはどのようなものなのか、詳しく説明します。

1-1.子供が自立するまで支払うお金

簡単に説明すると“養育費”は、子供が自立するまでに支払うお金のことです。夫婦が、離婚すればどちらかが子供のお世話をしなければなりません。基本的に親権をもつ人が子供と一緒に暮らし、離婚の原因になった人が養育費を支払うことになるでしょう。

養育費の中には子供の衣食住に必要な経費はもちろんのこと、学費といった教育費、医療費も含まれています。子供を育てるためには必要なお金なので必ず支払わなければなりません。それが親の義務でもあるのです。

住宅ローンや車のローンの支払いができないから養育費も支払えないと言うことはできません。基本的に、父親が養育費を支払うことが多いのですが、原因によってはその逆もありえます。では、どのように養育費を決めるのか詳しく説明しましょう。

1-2.養育費の金額はどのように決まる?

養育費の金額は夫婦によってさまざまです。一般的に毎月一定の養育費を支払うことになるでしょう。子供が複数いる場合は、一人につきいくらと決めます。

離婚をする場合、裁判に持ち込むこともありますが、およそ9割が協議離婚をしています。話し合いによって離婚が成立するため、そこで養育費に関しても話し合われるでしょう。夫婦が弁護士や裁判官を通して養育費を決めることになりますが、収入や毎月支払える金額、子供に必要なお金など考慮しながら決めます。

しかし、実際のところ、養育費を協議離婚の場で決める夫婦は3割程度です。養育費をきちんと決めないまま離婚をしている人が多いとわかりました。その理由としては「もう二度と関わりたくない」「取り決めの交渉が面倒」が挙げられます。

たとえ、妻が浮気をしたとしてもあなたの子供には変わりありません。子供が自立するまで必要な養育費はお互いの話し合いできちんと決めてください。

1-3.“公正証書”をきちんと作成する

養育費の取り決めは口約束だけではいけません。必ず“公正証書”を作成しましょう。公正証書には毎月支払う養育費の金額や支払う期間など大切なことがたくさん記載されています。養育費を支払う代わりに子供の成長の様子や面会交流を確保することも公正証書で取り決められるのです。

2.妻の浮気で離婚する場合も養育費が必要?

2-1.経済力のある夫が支払わなければならない

一般的に離婚をすれば母親が親権をもち、父親が子供の養育費を支払うイメージが強いです。
たとえ妻の不倫が原因で離婚をしても、自分の子供には変わりありません。必ずしも離婚の原因になった側が養育費を支払わなければならないという決まりはないので、親の責任として養育費を支払う必要があります。経済力のある夫が支払わなければならないケースがやはり多いようですね。

養育費は妻の懐に入ってしまうので、自分が汗水流して働いたお金を妻に支払わなければならないのか不満な気持ちでいっぱいになるでしょう。しかし、それはあくまで子供のためのお金だと割り切るしかありません。子供が立派な大人になるまでの必要なお金であり、妻のためではないのです。子供のためと思って養育費を支払いましょう。

2-2.慰謝料を請求する

どうしても養育費を払いたくない、納得がいかない人は“慰謝料”を請求しましょう。「自分は何も悪いことをしていないのに、妻の不倫のせいで離婚をする」そのような場合は妻から慰謝料を受け取ることができるかもしれません。養育費は子供のためなので父親の責任として支払わなければなりませんが、慰謝料は自分が精神的ダメージを受けた分だけ受け取ることができるでしょう。

妻だけでなく、妻の浮気相手にも慰謝料が請求できるケースもあります。浮気の度合いによって慰謝料の額も変わりますが、養育費の支払いに納得がいかない場合は慰謝料を請求するとよいでしょう。

しかし、子供のことを考えた上で請求する必要があります。子供にとって離婚のダメージも大きいのに、慰謝料でさらにどろ沼状態になってしまうとよい環境とは言えません。子供のことをきちんと考えながら相談し合うのが1番です。

3.慰謝料を受け取れる条件

3-1.“不貞行為”があったかどうか

離婚をする際、不倫をした妻に慰謝料を請求できる条件があります。すべての不倫が慰謝料を請求できるとは限らないので注意してください。基本的に慰謝料が受け取れる条件は“不貞行為”があったかどうかです。不貞行為とは、夫以外の人と肉体関係があることで、不貞行為を行った証拠を掴まなければなりません。

仲良く手をつなぎながらホテルに行ったシーンを写真や動画で保存する必要があります。証拠をつかむには妻の行動を常に監視しなければなりません。働いている夫にとって張り込むのはとても困難です。

そのような場合は探偵事務所に依頼し、自分の代わりに証拠をつかんでもらうことをオススメします。肉体関係をもったという確実な証拠がなければ慰謝料は請求できないでしょう。肉体関係をもっていない、不貞行為のない浮気は請求できないので気をつけてください。

3-2.浮気相手にも慰謝料を請求する場合

浮気をした妻だけでなく、その相手にも慰謝料を請求できますが、それにも条件があります。浮気相手に慰謝料を請求する場合、“不法行為”がなければなりません。不法行為とは、結婚しているにもかかわらず肉体関係を要求したようなケースです。相手が既婚者と知りながら不倫をした責任が課せられます。

しかし、浮気相手が未成年者だった場合、慰謝料を支払うだけの財力がないので高額の慰謝料は請求できないでしょう。不倫がどのような状況なのか、浮気相手がどのような人なのかによって大きく変わってきます。

まとめ

妻が浮気をした場合の養育費について説明しました。実際、離婚の原因をつくったのが妻の不倫だとしても子供は2人の子供です。立派な大人になるまで育てる責任が父親にもあります。その責任としての養育費だと思えば支払えるでしょう。たとえ妻の懐に入るとしても、子供が成長し続けるために必要なお金だと思ってください。

  • 養育費=子供が自立するまで必要なお金
  • 協議離婚で養育費が決まる
  • 公正証書を作成する
  • 経済力のある夫が支払う
  • 慰謝料を請求する
  • 不貞行為があった場合は請求が可能
  • 条件によっては浮気相手にも請求できる

もし、養育費が納得いかない場合は“慰謝料”を妻に請求してください。慰謝料の金額は浮気の状況や浮気相手によって異なりますが、自分が受けたダメージに見合った金額が受け取れる可能性もあります。