浮気の兆候について。白黒つけるために注意すべき配偶者の行動

夫や妻の浮気が心配なら、まずはその兆候がないか調べてみましょう。
「最近、旦那の様子がおかしい…」
「嫁が浮気しているかもしれない…」
そんな疑惑を抱えながら、幸せな結婚生活を続けるのは難しいことです。
浮気には必ず兆候があるはずです。
早めにその兆候に気付くことが出来れば、夫や妻の浮気を軽いもので済ませることが出来るかもしれません。
今回は、夫や妻の浮気の兆候について、どのようなものが考えられるか、兆候に気付いたときはどう対処すべきなのかをご紹介したいと思います。

  1. 夫や妻の浮気の兆候にはどのようなものがあるか
  2. 兆候に気付いたらどう対処すべき?
  3. だれに相談すればよいのか
  4. まずは無料相談へ

1.夫や妻の浮気の兆候にはどのようなものがあるか

一般的に、男性は女性の浮気の兆候に気付きにくい、と言われています。
まずは浮気の兆候にはどのようなものか知ることから始めましょう。
浮気をするとどのような兆候が現れるか、男女別にご紹介します。

1-1.男性の場合

  • 帰りが遅くなる
  • 休日出勤が増える
  • 妻の目を見なくなる

男性が浮気をした場合、その兆候に妻は気づきやすいものです。
何故なら、明らかにこれまでとは違った様子が見られるようになるためです。
今まで全然なかった残業が突然増えたり、飲み会と言って帰りが遅くなる日が多くなるのは典型的な例。
それだけでなく、休日出勤と偽って休日も家を空けることも増えます。
また、嘘をつくのが苦手な男性なら、普段の様子からも浮気の兆候が見え隠れするものです。
嘘がバレるのを恐れたり、後ろめたさから、妻となるべくコミュニケーションをとろうとしなくなるでしょう。
帰りが遅くなったり休日出勤が増えた上に、妻の目を真っ直ぐに見なくなってしまったら、浮気を疑って間違えありません。

1-2.女性の場合

  • 外出が増えたり、電話に出ないことが多くなる
  • 急に身なりを気にするようになる
  • 体を触られることを嫌がるようになる

男性は自分が仕事に行っている間、妻の様子を見ることが出来ません。
だからこそ妻に浮気の兆候が現れたときは、慎重に観察する必要があります。
今までそんなことはなかったのに、急に「パートや習い事を始めた」、「近くに古い友人が引っ越してきた」という理由で頻繁に外出するようになると、外で異性と会っている可能性が考えられます。
また、短期間で極端に新しい洋服やアクセサリー、下着を購入している場合も、浮気をしている確率が高いでしょう。
それに加えて、女性は浮気をすると夫に体を触られることを極端に嫌がるようになります。
これは、「男性は体で浮気をし、女性は心で浮気をする」と言われていることに関係しており、女性の場合は浮気相手に本気になってしまうことが多く、浮気相手以外の男性に体を触られたくないという気持ちになるためです。

2.浮気の兆候に気付いたらどう対処すべき?

妻や夫の浮気の兆候に気付いたとき、どう対処したらよいのでしょうか。
対処法を間違えると反対に自分が不利な立場に追いやられてしまう可能性もありますので、十分注意が必要です。

2-1.問い詰めない

夫や妻が浮気しているかもしれない、と思ったら、誰もが冷静ではいられなくなります。
すぐに問い詰めて、浮気の事実を明らかにしたくなる気持ちは分かります。
しかし、それをしてしまうと、相手の気持ちがさらに離れて浮気相手の方に行ってしまう可能性があります。
問い詰められたり暴言を吐かれたりすればするほど、「もう一度この人とやり直したい」という気持ちは薄れていってしまうでしょう。
また、十分な証拠もないのに問い詰めてしまうと、相手が警戒して浮気の証拠を掴みにくくなる、という問題もあります。
完全にバレることを恐れてそこで浮気を止めてくれればいいのですが、逆に夫婦関係が悪くなり、浮気相手との仲が深まってしまう危険性もあるので、まずは我慢しましょう。

2-2.自分はどうしたいのか冷静に考える

もし本当に夫や妻が浮気をしていることが分かった場合、自分はどうしたいのかを考えてみましょう。
頭に血が上っている状態で考えても正解は得られません。
落ち着いた精神状態のタイミングで、冷静に考えてみてください。
浮気相手と別れてもらって夫婦関係を修復したいと望んでいるのか、それとも離婚して新しい人生を歩き出したいと思っているのかでは、次の対処方法が全く変わってきます。

2-3.証拠を集める

夫や妻の浮気をハッキリさせて「白黒つけたい」と思っているなら、確実な証拠集めを始めましょう。
証拠を掴むまでは、相手に浮気の事実確認をしてはいけません。
浮気が確定して離婚するにしても、夫婦としてやり直すにしても、うやむやなままで終わらせるのは精神的にもつらいものです。
万が一裁判、ということになった時のためにも、相手が言い逃れできないような証拠を集めておきましょう。
証拠を掴む方法としては、携帯を見て怪しいメールやLINEがあれば記録しておく、尾行して浮気相手と一緒にいるところを写真に撮る、プロの探偵に依頼する等があります。

3.だれに相談すればよいのか

夫や妻に浮気の兆候が見られる場合、一人で抱え込むと悪いことばかり考えてしまいます。
被害者意識ばかりが強くなり、冷静な判断力を失ってしまう可能性もあるでしょう。
そんな時こそ誰かに相談して、気持ちを吐き出したりアドバイスをもらう必要があります。

3-1.信頼のおける親友以外には広めない

夫や妻が浮気しているかもしれない・・・というつらい思いを誰かに聞いてもらいたい気持ちは理解できます。
しかし、信頼のおける親友以外への相談は控えるべきです。
ママ友やご近所・会社の上司・同僚などに見境いなく相談してしまうと、浮気の噂が広がるだけ。
例え夫婦関係を修復しようとしても、噂になってしまったら関係の悪化につながります。

3-2.配偶者の家族への相談は慎重に

浮気した夫や妻の家族に相談することで、浮気を止めるよう説得してくれる場合もあります。
しかし、我が子の肩を持ってかばってしまうケースも少なくありません。
そうなると義家族との関係も悪くなり、夫婦関係の修復はさらに難しいものになってしまうでしょう。
義家族に相談する場合は、相手の顔色とタイミングをよく見計らってからにしてください。

3-2.法律事務所や探偵事務所の無料相談がオススメ

「誰にも知られたくないけれど、誰かに話を聞いてもらいたい…」という時は、不倫問題や離婚問題を扱っている法律事務所や探偵事務所の無料相談を利用することをお勧めします。
法律の知識を持ったプロたちが相手ですから、今後どうしたらいいのかアドバイスをもらうことが出来るでしょう。

4.まずはアヴァンスの無料相談へ!

業界トップクラスの調査力を持つ探偵社アヴァンスでは、実際に浮気調査を行っているプロのスタッフによる無料相談を受け付けています。
電話や直接来社して相談することも出来ますし、話しづらいことであればメールでの相談も承っています。
実際に浮気調査を経験しているスタッフのアドバイスがあれば、自分の進むべき道を見つけることが出来るはずですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

  • 夫や妻の浮気の兆候にはどのようなものがあるか
  • 兆候に気付いたらどう対処すべき?
  • だれに相談すればよいのか
  • まずは無料相談へ

以上のポイントから配偶者に浮気の兆候が現れて悩んでいる時、どうすべきなのかまとめてみました。
これ以上一人で悩まずに、ぜひこの記事を参考にして解決方法を考えてみてください。