浮気しない男性の特徴とは?この条件に当てはまっていれば安心?

浮気しない人とはどのような特徴を持っているのでしょうか?
性格や趣味などをもとに浮気しない男性の特徴の見極め方法を紹介します。
さらに経験や環境によって浮気心が変化するという情報についても詳しく解説します。

浮気しない男性の特徴とは?

1.趣味に熱中する男性

趣味に時間や労力をかけているという男性は浮気を好まない傾向にあります。
彼女だけでも時間を割かなければならないという現状があるのに更にもう一人の女性と付き合おうとすることは趣味に熱中する男性は好みません。
ただ、趣味において女性と接する機会の多い趣味を持っている男性には注意が必要です。
趣味ばかりに熱中することから寂しい思いをすることも多いのですが、浮気の不安に関してはあまり気にする必要はありません。

2.仕事に熱中している男性

仕事に熱中している男性は浮気を嫌う傾向にあります。
仕事を大切にしていることで複数の女性と付き合うことで仕事にも支障が出てしまうことを避けるというのがこのタイプの特徴です。
仕事に熱中する男性が浮気を嫌うというのは特に結婚後に顕著に現れます。
これは既婚者の浮気が仕事に与えるマイナスが社会的に大きくなるためです。
仕事を第一に考えるという男性は浮気を危険なものとして認識しています。

3.女性の扱いが苦手男性

女性の扱いが苦手な男性はそもそも女性と付き合うということが苦手です。
浮気をしないというよりも浮気ができないというほうが正しいのですが、女性にとっては安心できる相手といえるでしょう。
女性の扱いが苦手ということから、そもそも知り合うことが難しい類の男性といえるでしょう。

4.過去の恋愛で彼女に浮気をされている

相手の痛みを知っているということは大きな利点です。
過去に相手に浮気をされた人であれば相手に同じ思いはさせないという想いが強くなります。
元々の性格に起因しますが、過去の恋愛で悲しい思いをした経験のある男性であれば浮気をする可能性は低いといえるでしょう。

5.浪費が嫌いな男性

浪費が嫌い…つまりケチな男性は浮気をしない男性はお金のかかる浮気をし難い傾向にあります。
これはお金以外にも浮気は労力を必要であるということから浪費が嫌いという男性は浮気そのものを無駄と判断することが多いためです。
ただ稀に彼女に対して浪費が嫌いなだけで他の女性には浪費を好む男性もいるので注意が必要です。

ストレスの多い環境では浮気が増える?

男女に問わず肉体的なストレスの多い環境では浮気が多くなるという傾向にあります。
例えば夜勤の続く職場の環境では浮気に対して抵抗感が薄くなってしまいます。
ストレスにより浮気が助長されるということは“ストレスによる判断力の低下”が原因であり、このような職場では浮気に注意する必要があります。

残念ながら本性を知るのは難しい?

ここまで紹介してきた“浮気しない男性”の特徴ですが、言葉と行動に関しては十人十色であり、人の性格を正しく理解するということは非常に難解です。
義理堅いように見えて実は浮気性であったり、他の女性に関心がなさそうに見えて実はそうでなかったりと人の心は流れる雲のように掴み所がありません。
今回紹介した“浮気しない人の特徴”は全体的な傾向として参考にする程度に留め、最後は自分の直感と相手との会話の中で判断することが大切です。