浮気癖がある人の特徴を紹介! 浮気癖を治すことは可能なのか?

「浮気癖がある人の特徴を知りたい」とお悩みではありませんか? 何度も浮気され、そのたびにつらい思いを繰り返してきたにとって、「浮気癖を治してほしい」という願いは切実でしょう。あきらめてきっぱり別れるのも一つの方法ですが、浮気癖を治して自分だけを見てくれるようになれば喜ばしいことですよね。

この記事では、浮気癖がある人の特徴や浮気癖を治す方法などを詳しくご紹介しましょう。

  1. 浮気癖とは?
  2. 浮気癖がある男性の特徴5つ
  3. 浮気癖がある女性の特徴4つ
  4. 浮気を未然に防ぐには?
  5. 浮気癖を治す方法を紹介
  6. 浮気癖に関するよくある質問

この記事を読むことで、浮気癖が引き起こす問題や、浮気癖がある人を見分ける特徴などが分かるはずです。

1.浮気癖とは?

まずは、浮気癖とはどのようなことをいうのかをご紹介しましょう。

1-1.浮気を繰り返す癖のこと

浮気癖とはその名のとおり、浮気を繰り返す癖があることをいいます。浮気がパートナーにバレて痛い目にあっても、時間がたてばまた同じことを繰り返すのです。浮気を繰り返す理由は人それぞれですが、幼少期の経験などから異性に依存せずにはいられない、一種の病気のような状態になっている人もいます。

1-2.次第に罪の意識がなくなってくる

浮気癖の怖いところは、次第に罪の意識がなくなってくることです。最初は、「パートナーを裏切ってしまった」という罪の意識にかられる人がほとんどでしょう。しかし、浮気を繰り返しているうちに、浮気するのが悪いことだという意識が薄れてくるのです。そうなると、浮気癖を治すのは簡単ではなくなります。

2.浮気癖がある男性の特徴5つ

浮気癖がある男性には、以下のような特徴があります。

2-1.周りのことが気にならない

浮気癖がある男性は、利己主義的な性格であることが多いでしょう。周りのことは一切に気にならず「自分さえよければよい」という考え方が根本にあります。普通であればパートナーや友人・家族・会社の人などの目が気になって浮気を踏みとどまるところですが、それができないのです。

2-2.行動力がある

気になった女性に自分をアピールするには、連絡したり会いにいったりなど、行動に移す必要があります。世の中には「そういった行為が面倒だから」という理由で浮気しない男性も多数いるのです。何事においても行動的な男性は、魅力的な反面、浮気癖の心配もあるでしょう。

2-3.経済力がある

浮気を繰り返すには、体力や気力だけでなく、ある程度のお金が必要です。お金は自分への自信にもつながります。自由に使えるお金を持っている男性は要注意でしょう。

2-4.飽きっぽい

何事にも飽きっぽい性格の男性も注意が必要です。一つのことを長く続けることができず、新しいものが目に入ると欲しくなってしまいます。

2-5.人から好かれやすい

人から好かれやすい男性には、放っておいても女性が寄ってくるでしょう。女性に好かれて嫌な気持ちになる男性はいません。出会いが多い分、浮気に走る確率が高くなります。

3.浮気癖がある女性の特徴4つ

浮気癖がある女性の特徴をまとめました。

3-1.さみしがり屋

浮気癖がある女性は、基本的にさみしがり屋です。パートナーに会えない時間、さみしさを埋めてくれる別の男性を探してしまいます。自分の相手をしてくれる男性が複数いることで、安心感を得ることができるのです

3-2.流されやすい性格

何事においても流されやすい性格の女性も注意が必要です。男性からの甘い誘いを断ることができないため、特定のパートナーがいても深い関係になってしまいます。「バレなければ大丈夫」と説得されれば、その気になってしまいがちです。

3-3.恋愛に依存しやすい

恋愛に依存しがちな女性は、「常にドキドキしていたい」という願望を持っています。長く一緒にいるパートナーと安定した関係を続けるより、新しく出現した男性とのドキドキした関係を好んでしまうのです。

3-4.今の自分に満足していない

今の自分に満足していない女性も注意が必要です。自分を変えてくれる男性との出会いを常に求めているため、目移りしやすいでしょう。「この人なら自分を変えてくれるのではないか」と思い、いろいろな男性と付き合ってみたくなるのです。

4.浮気を未然に防ぐには?

パートナーの浮気を未然に防ぐための方法には、以下のようなものがあります。

4-1.浮気したら別れるつもりだということを伝えておく

浮気癖のある人は、浮気を軽く見ています。「バレても1回くらいなら許してもらえるだろう」と思っている人が多いのです。つまり、何度浮気をしても特定のパートナーと別れるつもりはありません。そんなパートナーに危機感を持たせるために、「浮気したら別れる」ということを事前に伝えておきましょう。

4-2.過剰な束縛をしない

行き過ぎた束縛は、パートナーを浮気に走らせる可能性があります。「もっと自由になりたい」という反動から、ほかの異性に心が傾いてしまうこともあるのです。まずは、自分に対する不満を減らすために、ある程度自由にさせてあげましょう。ただし、やり過ぎには注意が必要です。

4-3.一緒にいる時間を増やす

ほかの異性に目がいく隙を与えないことも大切です。共通の趣味を持つ・旅行に出かけるなど、一緒にいる時間を増やすようにしましょう。一緒に暮らすという選択肢もおすすめです。

5.浮気癖を治す方法を紹介

パートナーの浮気癖を治すためには、どうしたらよいのでしょうか?

5-1.好きなように浮気させる

懲りるまで好きなように浮気させるのも一つの方法です。浮気癖がある人の中には、そのスリル感を楽しんでいる人もいます。最初から「浮気してもよい」といわれると、逆に浮気する気がなくなってしまうこともあるのです。また、何度浮気しても自分を受け入れてくれる寛容さに感動し、浮気をやめる人も多いでしょう。

5-2.修羅場を経験させる

どれだけ人を傷つけているのかを分からせるために、修羅場を経験させる必要もあるでしょう。浮気の証拠を突きつけて泣き崩れてみるか、相手の両親も交えて話し合いをしてみるのもおすすめです。「こんな目にあうならもう浮気はしない」と思わせることができれば好都合でしょう。

5-3.いったん別れてみる

いったん別れてみて、失ったものの大切さを実感させる方法もあります。浮気したことを心から後悔すれば、復縁を迫ってくるでしょう。そこで、復縁するかどうかは自分しだいです。別れたことを後悔するように、自分みがきをしておくこともおすすめします。

6.浮気癖に関するよくある質問

「パートナーの浮気癖を何とかしたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.相手の浮気癖が治らない場合は別れるべきですか?
A.このままでは自分が幸せになれないと思うのであれば、早めに別れたほうがよいでしょう。

Q.  浮気癖が治るきっかけにはどのようなものがありますか?
A.結婚を考えたとき・子どもができたとき・周囲を巻き込んでの修羅場を経験したときなどが多いでしょう。

Q.  パートナーの浮気が疑われるときの特徴にはどのようなものがありますか?
A.携帯電話を肌身離さず持ち歩く・急にやさしくなるか冷たくなる・休日に会えないことが増える・などの特徴があるでしょう。

Q.浮気の証拠はどうやって集めたらよいですか?
A.パートナーの財布にラブホテルの領収書が入っていないか、SNSで怪しいやり取りをしていないかなどをチェックする方法があるでしょう。自分で証拠を集めるのが難しい場合は、プロの探偵に調査を依頼するのもおすすめです。

Q.パートナーの浮気癖を治すためにやってはいけないことは何でしょうか?
A.自分も浮気し返すことです。開き直って浮気癖がひどくなる可能性が高いでしょう。

まとめ

浮気癖がある人の特徴や浮気を未然に防ぐ方法などを詳しくご紹介しました。パートナーの浮気癖が治らず悩んでいる人は、ぜひこの記事を参考に、自分がどうすべきなのか考えてみてください。