探偵に人探しを依頼することはできるのか? メリットや料金相場など

個人で人探しをするのは限界があります。どうしても対象人物を見つけたいときは、探偵業者に人探しを依頼するのがおすすめです。「探偵に人探しを依頼することはできるのか?」と悩んでいる方が多いかもしれませんが、人探しはできますし、メリットもたくさんあります。

そこで、本記事では、探偵に人探しを依頼した場合のメリットや探偵業者を選ぶ際のポイントなどを解説しましょう。

  1. 探偵に人探しを依頼できるケースとできないケース
  2. 探偵に人探しを依頼するメリットは?
  3. 探偵に人探しを依頼した場合の料金相場は?
  4. 探偵業者選びのポイント
  5. 探偵の人探しに関してよくある質問

この記事を読むことで、探偵業者に人探しを依頼する際のポイントなどが分かります。悩んでいる方はぜひチェックしてください。

探偵への調査依頼を検討している方はこちらもチェック!

1.探偵に人探しを依頼できるケースとできないケース

まずは、探偵に人探しを依頼できるケースとできないケースについて説明します。

1-1.基本的に人探しを受けつけている探偵業者が多い

探偵業者によって強みの調査内容がありますが、どの探偵業者でも人探しを請け負っています。全国各地に事務所を構えている大手の探偵業者なら、家の近くにある支店で相談をのってくれるでしょう。ただし、気をつけてほしいのは、探偵業者に依頼する=人探しが成功するというわけではないことです。絶対に対象人物を見つけることができるとは断言できません。中には、高額な調査費用を請求したのにもかかわらず、きちんと調査を行わない悪徳業者も存在しています。人探しが成功するか否かは業者選びにかかっているといえるでしょう。

1-2.探偵業者よりも警察に届け出たほうがいいケースも

一般的に、どの探偵業者も人探しを行っていますが、中には探偵業者にではなく、警察に届け出たほうがいいケースがあります。それは、特異行方不明者です。特異行方不明者は事件に巻き込まれている、または事件を起こしている可能性のある人物のことを指しています。たとえば、近隣地域で誘拐事件が起こっていたり、連続殺人事件や暴行事件が多発していたりする場合は、その被害者になっている可能性が考えられるでしょう。事件の捜査と併せて、行方不明になっていることを警察に伝える必要があります。

2.探偵に人探しを依頼するメリットは?

ここでは、探偵に人探しを依頼する主なメリットを紹介します。

2-1.手間と時間をかけずに見つけ出すことができる

人探しを探偵に依頼する大きなメリットは、手間と時間をかけずに対象者を見つけ出すことができる点です。自力で探し出すとなると、いつ見つかるかは正直分かりません。特に、1人で探したり、どこにいるのか見当すらつかなかったりと手がかりがない状態では、いつまで経(た)っても見つからない可能性があります。見つけ出すまで時間がない場合は、プロの探偵に依頼したほうがスピーディーです。実績がある探偵ほど、短期間で対象者を見つけ出すことができるでしょう。費用はかかりますが、手間と時間をかけずにすぐ見つけ出すことができる方法となります。

2-2.相手がどこで何をしているのかも調査可能

人探しの相手を見つけるだけでなく、探偵は対象者がどこで何をしているのか、どんな仕事に就いているのか、どんな人物と交流があるのかなど詳しい内容まで調べてくれます。自分で調べることが困難な情報でも、探偵に任せれば一発で把握できるでしょう。相手に気づかれずに情報収集ができるのは、探偵に依頼する大きなメリットとなります。自分では接触しづらい相手でも、プロの探偵ならアドバイスしてくれたり、弁護士を紹介してくれたりする探偵業者もあるので安心です。

2-3.些細(ささい)なことでも人を探してくれる

民事不介入の案件は、警察は本格的な捜査を行いません。事件性の有無によって警察の行動が制限されることになります。しかし、探偵はどんなに些細な個人的なことでも人探しを依頼できるのが大きなメリットです。事件性のない家出人や失踪人を探してほしい方にとっては、探偵が最後の砦(とりで)になるといえるでしょう。

3.探偵に人探しを依頼した場合の料金相場は?

ここでは、探偵に人探しを依頼した場合の料金相場を紹介します。

3-1.基本料金は35,000~110,000円

探偵の仕方や使用する機材・調査員の人数などによって費用は大きく異なりますが、人探しの基本料金は約35,000~110,000円です。あくまで目安となるため、具体的な費用に関しては、複数の探偵業者に見積もりを依頼してください。複数の業者を比較すれば、だいたいの費用が分かるでしょう。また、参考として探偵社アヴァンスの料金設定を以下に記しておきます。

  • 氏名・生年月日の他に情報が多くある:35,000~50,000円(税別)
  • 氏名以外に情報が多くある:55,000~70,000円(税別)
  • 氏名・生年月日の他に情報がほとんどない:75,000~90,000円(税別)
  • 氏名以外に情報がほとんどない:95,000~110,000円(税別)

どのくらいの情報を探偵業者に伝えることができるかによっても、調査費用が大きく異なります。より多くの情報を伝えることができれば、費用を最小限に抑えることができるので自分で集められるだけの情報は収集してください。

3-2.安すぎる料金設定の探偵業者は要注意

探偵に依頼する場合、調査費用が気になる方は多いでしょう。なるべく調査費用が安い探偵業者を選びがちですが、あまりにも安すぎる料金設定の探偵業者は悪徳業者の可能性が高いので要注意です。実際に、「調査後に高額な追加料金を請求された」「見積書に記載されていない料金を請求されたトラブルに」などの被害が相次いでいます。調査費用が安すぎる悪徳業者は、トラブルの原因になりかねないので安易に依頼しないのが1番の対策です。また、質の悪い探偵に依頼するとメリットが皆無になり、デメリットだらけになってしまいます。トラブルにならないためにも、業者選びは慎重に行うべきです。

3-3.調査期間が延びるほど高額になる

調査費用は調査期間が長くなるほど費用がかさむことを忘れないでください。あらかじめ、最初の調査期間を設定しておくと安心できるでしょう。探偵業者の中には、具体的な調査期間を決めずに結果が分かるまで調査を引き延ばしにするところがあります。いつの間にか予算をオーバーし、数十万円になってしまったというケースも多いので注意が必要です。探偵に依頼する前は、必ず調査期間と見積書をチェックすることが大切なポイントとなります。

4.探偵業者選びのポイント

それでは、ここで探偵業者選びのポイントをいくつか紹介します。

4-1.何よりも業者選びで人探しの結果がかかっている

業者選びのポイントを紹介する前に、人探しが成功するか否かは業者選びにかかっていることを念頭においてください。探偵に依頼するメリットは、質のいい探偵に依頼をしたケースに限ります。質の悪い探偵業者に依頼をすると、ただお金がなくなるだけの結果になってしまうので注意が必要です。人探しにかかる費用は高額なケースが多いからこそ、きちんと結果を出す探偵に依頼するのが大切なポイントとなります。その点をしっかりと踏まえた上で、探偵業者を選んでください。

4-2.親身になって話を聞いてくれるか

探偵業者選びのポイントとしては、調査員や事務所スタッフの対応が大きなカギです。親身になって話を聞いてくれるところなら安心して依頼できるでしょう。けれども、適当に相槌(あいづち)を打ったり、きちんと話を聞かずにすぐ契約に進んだりするような業者は安心できません。悪徳業者は早く依頼者と契約したい気持ちがあるため、丁寧な説明を省くところがあります。質問をしても受け答えをあやふやにする探偵は気をつけてください。また、電話対応が雑な探偵業者もNGです。

4-3.料金体系が明確になっているか

探偵業者のホームページ等をチェックして、料金体系が明確になっているか調べてください。ホームページ等に料金がハッキリと記載している探偵業者なら安心して依頼できます。しかし、料金体系が明確でなかったり、見積書の内容が乱雑になったりしている業者は悪徳業者の可能性が高いので注意が必要です。また、見積書を確認する際は、具体的にどんなところにいくらかかるのか説明を必ず聞いてください。細かく内訳について説明してくれるところなら安心ですが、説明してくれない業者は依頼しないほうがいいでしょう。

4-4.探偵業の許可を取得しているか

優良業者か悪徳業者か一発で見極められる要素としては、探偵業の許可証があります。探偵業を行うためには、住所を構えている都道府県から許可を取得しなければなりません。許可を取得した探偵業者は、ホームページまたは事務所に探偵業の許可証を掲げています。許可証(番号)が掲げられていない業者は悪徳業者と思ってください。また、不正を働く悪徳業者は、すぐに名前を変える傾向があります。きちんと住所や電話番号がホームページに記載されているかも要チェックです。

5.探偵の人探しに関してよくある質問

探偵の人探しに関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.探偵に依頼したほうがいいケースは?
A.自分で探すのではなく、探偵に依頼したほうがいいケースは以下のとおりです。

  • 夜逃げをしていなくなった人を探したい
  • 置き手紙があり家出をした人を探したい
  • ケンカ別れした人を探したい
  • 昔の友人を探したい
  • 恩師を探したい

穏やかなケースに関する人探しは、警察ではなく探偵に依頼すべき案件でしょう。ただし、依頼結果によっては、事件性があると判断できるケースがあります。その場合は、すぐに調査結果をもとに警察に相談してください。

Q.探偵に依頼する際のデメリットは?
A.お金が多く必要になることです。前述したように、探偵に依頼すると最低でも30,000円ほどの費用がかかってしまいます。すぐに見つかれば費用を安く抑えることはできますが、時間がかかる場合はお金と時間の両方が求められることになるでしょう。また、きちんと業者を見極めて依頼しなければ、トラブルになりやすいのもデメリットの1つです。だからこそ、業者選びのポイントをしっかりと押さえる必要があります。

Q.調査費用を抑えるポイントは?
A.なるべく、探してほしい人の情報を探偵に与えることが費用を抑えるポイントとなります。情報が少なくなるほど、探す手間と時間がかかるからです。氏名や性別・特徴はもちろん、持っている情報はできるだけすべて探偵に伝えてください。優良業者は、依頼者が提供した情報をしっかりと守るので情報が流出する心配はありません。また、複数の業者を比較するのもポイントの1つといえるでしょう。

Q.探偵の料金体系はどんなシステムか?
A.成功報酬制・時間料金制・パック料金制の3種類に分けることができます。
成功報酬制は、契約時に着手金を支払い、調査が成功すれば成功報酬菌を支払うシステムです。探偵業者でよくある料金体系となっていますが、すべての業者が調査に失敗したら支払わなくていいというわけではありません。念のため、成功報酬型でも確認しておく必要があります。
そして、時間料金制は調査1時間あたり料金が発生し、パック料金制は人件費・交通費などがひとまとめになっていて1日で換算するシステムです。

Q.途中で捜査を打ち切ることはできるのか?
A.業者によって異なりますが、打ち切ることは可能です。たとえば、探偵社アヴァンスの場合、1時間ごとに電話またはメールで調査報告をしています。こまめに調査内容を知ることができるからこそ、自分のタイミングで調査を打ち切ることが可能です。十分な成果が得られた際に早く調査を打ち切れば、費用節約につながるでしょう。

まとめ

探偵に人探しを依頼する大きなメリットは、自分で探す手間が省けることです。相手の情報が少ないほど、どこから探せばいいのか分かりません。けれども、人探しのプロに依頼すれば、どんなに些細な情報からでも対象人物を見つけ出す可能性が高まります。必ず見つかるとはいえませんが、腕がいい探偵に依頼すれば満足できる結果が得られるでしょう。人探しが成功するか否かは、探偵業者選びにかかっているといえます。だからこそ、慎重に業者選びを行うことが大切です。