休日出勤は不倫の言い訳? 疑わしい言動や行動・見抜き方を詳しく!

「最近夫の休日出勤が増えたけど、もしかして不倫をしているのではないか」「不倫しているか見抜く方法を詳しく知りたい」とお考えではありませんか? 本当に仕事が多忙で休日出勤しているのなら、体を壊さないか心配になりますよね。しかし、万が一不倫の口実にしているのなら許せないことでしょう。まずは、本当に休日出勤しているのか、それとも休日に不倫しているのかを見極める必要があります。

そこで今回は、休日出勤と不倫について詳しく解説しましょう。

  1. 不倫が疑われる言動や行動は?
  2. 休日出勤が本当か見抜く方法は?
  3. 不倫を見破る方法は?
  4. 不倫の疑いがあるときにやってはいけないこと
  5. 探偵に不倫調査を依頼するのもおすすめ
  6. 休日出勤と不倫に関するよくある質問

この記事を読むことで、休日出勤と不倫の関連性や見抜き方のコツなどがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

探偵への調査依頼を検討している方はこちらもチェック!

1.不倫が疑われる言動や行動は?

最初に、不倫が疑われる言動や行動を詳しく見ていきましょう。

1-1.明らかに趣味ではない小物を持っている

パートナーが明らかに趣味ではない小物を持っているときは、不倫を疑いましょう。不倫相手からのプレゼントか、一緒に旅行した際に購入したものを使っているケースが多いからです。特に、男性がかわいいキャラクターものをいきなり使い始めたら注意しましょう。不倫相手からのプレゼントだとしたら、相手に相当のめり込んでいる証拠です。

1-2.帰宅時にシャンプーや石けんの匂いがする

パートナーが帰宅したときに、シャンプーや石けんの匂いがしたら不倫の疑いがあります。シャンプーや石けんの匂いがするのは、ほかの場所で入浴した証拠です。もちろん、本人からはスーパー銭湯で入ってきたなどと言われることでしょう。しかし、真に受けてはいけません。

1-3.急に身だしなみを気にするようになった

今まで身だしなみに無頓着だった人が急に気にするようになったときも、不倫の疑いがあります。鏡に向かう時間が増えたり、スキンケアやヘアケア、さらにはムダ毛ケアまで気にしたりすることもあるでしょう。不倫相手に嫌われないよう清潔感のある身なりに整えたいからです。口臭や体臭などを気にしたり、香水を使ったりするようになるのも怪しいでしょう。

1-4.急にやさしくなったり家族サービスが増えたりする

パートナーが急にやさしくなったときも、不倫を疑いましょう。不倫の後ろめたさがあるからこそ、やさしく接してくるのです。ほかにも、今まで家事や育児にまったく手を出さなかった人が、積極的にかかわるようになることもあります。また、いきなり花やプレゼントを買って帰ってくることなどもあるでしょう。急にやさしくなったり家族サービスが増えたりしたときは、不倫している可能性があります。

1-5.常にスマホや携帯電話を持ち歩いている

不倫をすると、常にスマホや携帯電話を持ち歩くようになります。自分がいないときに不倫相手からの連絡が入ったら困るからです。不倫相手との連絡は、ほぼスマホや携帯電話で行っています。パートナーが入浴やトイレに行くときでも常にスマホや携帯電話を持ち歩くようになったら、十分に注意しましょう。

1-6.以前より機嫌がよくなった

以前よりも機嫌がよくなった、と感じるときは不倫の疑いがあります。不倫によって心が満たされているため、気持ちに余裕が生まれるからです。家族に対しても、怒ったりイライラしたりすることがなくなるケースもあります。出勤時にも機嫌よく出かけるようになったら、さらに注意してください。

1-7.スキンシップが減った

パートナーとのスキンシップが減った場合も、不倫を疑いましょう。以前はスキンシップが盛んだったのに、最近はほとんどないというのであれば、ほかの異性の存在が濃厚になります。会話などは問題ないのにスキンシップだけが極端に減ったという場合は、特に注意が必要です。自分からスキンシップを図って拒否されることなどがあれば、ますます疑ってみるべきでしょう。

2.休日出勤が本当か見抜く方法は?

本当に休日出勤をしているのか、見抜く方法をご紹介します。

2-1.給与明細や預金通帳をチェックする

給与明細や預金通帳をチェックすれば、本当に休日出勤しているか分かります。給与明細の休日出勤欄に休日出勤した日数分の金額が記載されていれば、問題ありません。まったく記載されていない場合は、ウソをつかれていることになります。給与明細をWEBで見るようになっている場合は本人以外が内容をチェックできないので、預金通帳をチェックしてみるとよいでしょう。普段の給与と比較して特に増えていない場合は、疑いが残ります。

2-2.代休の有無をチェックする

代休の有無をチェックすることも大切です。労働基準法では、従業員に休日出勤させた場合、休日出勤手当の支給と共に代休を与えることになっています。急に休日出勤することになったのなら、勤務先からの指示によるはずなので、代休が与えられないのはおかしいでしょう。パートナーが休日出勤したら、代休はいつか聞いてみてください。このとき、忙しくて代休を取ることができないのであれば、残業も相当多いはずです。残業が多くないのに代休が取れないのはおかしいでしょう。

2-3.荷物の量をチェックする

出勤時に携帯していく荷物の量をチェックするのもよい方法です。休日出勤が事実なら、普段と同様の分量で問題ないでしょう。しかし、不倫相手と会うために着替えなどを持っていくと、まるで旅行をするかのような大荷物になることがあります。出張を伴うのならいざ知らず、一般的な休日出勤で荷物が多いのは不自然です。

2-4.仕事の話を聞いてみる

仕事の話を聞いてみるのも、休日出勤が本当かどうか見破る方法になります。休日出勤するほどに忙しいのなら、仕事の大変さを話してくれるはずです。守秘義務などで詳細を話すことができない場合でも、どれだけ多忙で大変かという程度なら話せます。しかし、話をうやむやにしたり、話しても分からないからと言ってきたりする場合は不倫の疑いが残るでしょう。

2-5.勤務先に電話してみる

本当に休日出勤しているか確かめるには、勤務先に電話をしてみるのも一つの方法です。パートナーの部署に電話してみて、本人が出れば何も告げずにそのまま切ってもよいでしょう。本人が出ない場合は、出勤しているか確認してもらうことをおすすめします。なお、電話をかけても誰も出ない、留守電対応のままになっているなどでは、休日出勤していないことが考えられるでしょう。ただし、勤務先に電話をするのは最終手段にしてください。場合によっては、パートナーから不審がられる原因になります。

3.不倫を見破る方法は?

不倫をしているか見抜く方法を詳しくご紹介します。

3-1.財布の中身やレシートをチェックする

財布の中身やレシートをチェックすると、不倫しているか分かります。たとえば、普段の行動範囲とは違う地域のレシートがある、レストランのレシートで2人分の食事をした形跡があるなどです。また、ラブホテルのポイントカードが見つかることもあるでしょう。休日出勤のはずなのに、観光地に行った形跡が残っていることもあります。

3-2.会話中に不倫のネタを出してみる

何気ない会話の中で、不倫のネタを出してみるのもよいでしょう。ちなみに、不倫している人は以下のような反応をしやすくなります。

  • 目が泳ぐ
  • 顔色が変わる
  • いきなり怒り出す
  • 不自然に話を変えようとする
  • 貧乏ゆすりなどのクセが出る
  • 沈黙してしまう
  • 話をやめて部屋を出て行ってしまう

3-3.スマホや携帯電話の内容を見せてもらう

パートナーにお願いして、スマホや携帯電話の内容を見せてもらいましょう。やましい点がなければ、特に問題なく見せてもらえます。もちろん、パートナーにもプライバシーがあるので、たとえ不倫していなくても嫌がられることもあるでしょう。しかし、「不安で仕方がない」「確認すれば安心できる」と伝えれば、何とか見せてもらえるはずです。かたくなに見せてもらえない場合は、不倫の疑いが強くなります。

3-4.カーナビの走行記録をチェックする

パートナーが自家用車で移動している場合は、カーナビの走行記録をチェックするのもよい方法です。カーナビの走行記録は、人為的にごまかすことができません。休日出勤が本当ならば、当日は自宅~会社を往復した距離数の記録が残ります。休日出勤がウソなら、距離数が異なる記録が残っていることでしょう。

3-5.カマをかけてみる

いよいよ不倫が怪しい段階になったら、カマをかけてみる方法もあります。あたかもすべてを知っているかのように、パートナーに接してみましょう。ただし、このときに相手の名前などは決して言わないようにしてください。あくまでもパートナーの口から自白させることが目的だからです。たとえば、「不倫しているんでしょ?」「信頼していたのに悲しい」程度にとどめておきましょう。もしも不倫の事実を確認するのに失敗しても、芸能人の話をしたと言い張ることができます。

4.不倫の疑いがあるときにやってはいけないこと

もしもパートナーに不倫の疑いがあっても、やってはいけないことがあります。

4-1.感情的に問い詰める

パートナーに不倫の疑いがあっても、感情的に問い詰めてはいけません。感情的に問い詰めると、冷静にものごとを判断できなくなります。もしも、不倫が事実であっても、パートナーが認めなかったり、逆ギレされたりしてよい結果につながりません。感情的になるだけ不利な展開になるので、気持ちをグッとこらえて冷静さを保ちましょう。

4-2.スマホや携帯電話を許可なくチェックする

パートナーの許可なくスマホや携帯電話をチェックするのもいけません。もちろん、スマホや携帯電話をチェックすれば、不倫しているかどうかハッキリすることが多いでしょう。不倫相手との連絡は、主にスマホや携帯電話を利用しているからです。しかし、スマホや携帯電話を勝手にチェックすることは、場合によってはプライバシーの侵害になります。たとえ不倫が事実と判明しても、パートナーから大きな不信感を抱かれてしまうことでしょう。

4-3.友人や知人に相談する

不倫が確定できない段階で友人や知人に相談するのは控えましょう。こちら側が信用していても、相談した人が不倫相手だったりパートナーが不倫しているのを手助けしていたりすることもあります。また、口が軽い人だと周囲に広められてしまうこともあるでしょう。いずれにしても、疑いの段階で友人や知人に相談しても解決には至りません。

4-4.相手に攻撃的な言葉や行動を取る

不倫が疑われる段階で相手に攻撃的な言葉や行動を取ってはいけません。万が一不倫の事実がなかった場合、無実の相手を攻撃したことになってしまうからです。また、パートナーの評判を落としてしまうこともあり得ます。不倫が事実だったとしても、場合によっては名誉棄損で訴えられる可能性もあるでしょう。

5.探偵に不倫調査を依頼するのもおすすめ

不倫の疑いが濃厚なときは、探偵に不倫調査を依頼するのもおすすめです。

5-1.探偵に不倫調査を依頼すると多くのメリットがある

不倫調査を探偵に依頼した場合、以下のようなメリットがあります。

  • 自分で調査するより効率がよい
  • 調査中であることがバレにくい
  • 時間や労力の節約になる
  • 第三者による客観的な証拠が手に入る
  • 第三者に相談・依頼することで気持ちが軽くなる

5-2.不倫調査の料金目安は?

探偵事務所に不倫調査を依頼した場合の料金目安は、以下を参考にしてください。以下は、当アヴァンスの料金一例(すべて税別)です。

  • 1日(4時間):45,000円
  • 4日(16時間):190,000円
  • 6日(24時間):285,000円
  • 8日(32時間):380,000円

上記の金額には、事前調査費・車両費・機材費・フィルム代・写真現像代・CD作成費・調査報告書作成費を含みます。なお、探偵事務所によって基本料金に含まれる内容が異なるので、必ず契約前に確認しておきましょう。

5-3.信頼できる探偵事務所に依頼することがポイント

不倫調査は以下のポイントを参考にして、信頼できる探偵事務所に依頼することが大切です。

  • 不倫調査で豊富な実績がある
  • 調査依頼を前提とした簡単な相談や見積もりは無料
  • リーズナブルで分かりやすい料金システム
  • 希望の調査期間を考慮してくれる
  • スタッフが親切で顧客からの評判がよい
  • 調査結果を分かりやすく報告書にまとめてもらえる
  • 守秘義務や個人情報保護を徹底している
  • 活動地域の公安委員会に探偵業の届け出済み

なお、当アヴァンスでも、不倫調査を数多くお受けしご好評をいただいています。まずは、お気軽にご相談ください。

6.休日出勤と不倫に関するよくある質問

最後に、休日出勤と不倫に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.休日出勤が不倫の口実に使われやすいのはなぜ?
A.以下のような理由があるからです。

  • 朝から晩まで不倫相手との時間を楽しめる
  • 家族に疑われにくい
  • 遠出しやすい

Q.休日出勤してまで不倫相手に会う必要がある?
A.不倫相手が休日出勤してまで会いたいと思うほどの存在だからです。また、不倫相手が遠距離に住んでいる場合、休日出勤すれば時間がたっぷりできて会いやすくなります。

Q.不倫相手とはどんな出会い方で知り合うことが多い?
A.以下を参考にしてください。既婚者でも、異性との出会いは数多くあることが分かります。

  • 同じ職場
  • 取引先で出会った
  • 友人に紹介された
  • 同窓会で再会した
  • 趣味のサークルで意気投合した
  • 合コンや飲み会で知り合った

Q.不倫されるのは夫や妻としての魅力が足りないから?
A.断言できません。たとえ夫や妻に魅力が乏しいと感じていても、不倫に走らない人はたくさんいます。なぜパートナーが不倫しているのか、さまざまな原因を考えてみることが大切です。

Q.パートナーの不倫が許せない場合はどうすればよい?
A.冷静になって今後どうしたいか再度考えてみましょう。不倫が許せない場合は、離婚することも視野に入れることになります。しかし、経済的な問題や子どもの将来を考えると、早まってはいけません。まずは、不倫の証拠をつかんで、慰謝料請求や離婚調停の際に有利な状況に持っていきましょう。

まとめ

今回は、休日出勤と不倫について詳しく解説しました。特に仕事が忙しくなさそうなのにパートナーが急に休日出勤をし始めたら、不倫の疑いがあります。まずは、本当に休日出勤しているのか確認してみましょう。休日出勤していないことが分かったら、自分でチェックしてみるだけでなく、探偵事務所に依頼して不倫調査をしてみることをおすすめします。客観的な調査により明らかに不倫をしていると分かったら、今後どうしたいのかじっくり考えて決めるとよいでしょう。