旦那の不倫で悩んでいる方必見! 浮気をチェックする方法を徹底解説

不倫という言葉を耳にする機会が増えました。不倫がきっかけで離婚する夫婦も多く、決して自分に関係ない話ではないことが分かります。男性は性的刺激を求め、本能で行動してしまうことがあり、浮気に走ってしまうのです。旦那が浮気していると気づいたときは、誰でも悲しみに暮れることでしょう。妻や子どもがいるのに、危険を冒してまで浮気する心理は理解しがたいことがあります。旦那の行動に異変を感じたときや、怪しいと思うポイントがあるなら、浮気チェックをしてみてはいかがでしょうか? 不倫は、きちんと事実をつかむことが大切です。離婚するか、関係を修復するかは、不倫の事実を確認して決めるようにしてください。
今回は、旦那の浮気チェックについてご紹介します。

  1. 浮気とは?
  2. 旦那の浮気チェックをするメリット
  3. 旦那の浮気をチェック・自分でやる方法
  4. 旦那の浮気チェック・プロの力を借りる方法
  5. 旦那の浮気チェックでよくある質問
  6. まとめ

 この記事を読むことで、旦那の浮気チェック方法についてよく分かり、もやもやした気分が晴れるきっかけになるでしょう。旦那が不倫しているのではないかと悩んでいる方は必見です。

1.浮気とは?

浮気と不倫は、同じように捉(とら)えられてしまうことが多いものです。また、浮気とする境界線は、人それぞれ異なります。浮気の意味を考えてみましょう。

1-1.浮気の意味

浮気とは、パートナーが自分以外の相手に興味や恋心を抱くことです。好意を寄せるだけでは、浮気とはしません。キス・二人きりで食事・手をつなぐ・肉体関係を持つなど、人それぞれ浮気と考えるラインは違います。自分以外の相手に心が移ったときなど、目に見えない部分だけのつながりでも、浮気と判断する人もいるのです。

1-2.どこからが浮気か?

浮気と感じるのは、人それぞれ異なるものです。異性と二人きりで会うことに抵抗を感じる人もいれば、キスや手をつなぐ行為だけでは浮気と思わない人もいます。どこから浮気とするかは、不快に感じることがあったかどうかということでしょう。

1-3.不倫・不貞行為との比較

浮気の定義は、人によって感じ方が違うとご説明しました。不倫は法律では配偶者意外との不貞行為をいいます。線引きされるのは、肉体関係の有無です。法律では、異性と肉体関係を結んだとき、不倫の事実があったと認定されます。

1-4.浮気する心理・タイプについて

結婚生活が長くなるにつれ、妻に女性らしさを感じる機会が少なくなります。子どもの母として見るようになってしまうものです。お互いに信頼関係はあっても、性生活が少なくなる夫婦が多く、性処理に関する不満を抱いてしまう傾向があります。妻の妊娠中に浮気する旦那が多いのも事実です。男性は理性より性欲が勝ってしまい、衝動的に浮気をしてしまうことが多いでしょう。働き盛りの男性や社会的地位を確立している男性なら、精神的にも経済的にも安定しているため、浮気の確立が上がります。