不倫のきっかけや始まりの心理状態とは? 浮気の注意点や対策を徹底解説!

夫や妻が不倫しているのではないか……と悩んでいる方は少なくないでしょう。不倫を問い詰めたほうがいいのか、離婚した方がよいのか、など悩み始めればキリがありません。そもそも、不倫にはどのようなきっかけがあるのでしょうか。今回は不倫が始まるきっかけなどについてのご紹介です。

  1. 不倫のきっかけ・始まりについて
  2. 不倫の始まりの心理状態について
  3. 不倫を防ぐには?
  4. 不倫の相談・調査について
  5. 不倫についてよくある質問
  6. まとめ

不倫の始まりやきっかけを知ることで、不倫の対策や予防ができる可能性があるでしょう。また、不倫が発覚してしまった場合の対処方法や調査のポイントなどについてもご紹介しますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

1.不倫のきっかけ・始まりについて

1-1.不倫のきっかけや始まり方とは?

不倫には、さまざまなきっかけやケースがあります。

1-1-1.社内不倫

ほとんどの人は、職場で長い時間を過ごします。そのため、不倫のきっかけとして社内不倫の率は、とても高くなっているのです。社内でのお互いの立場や保身もあるため、不倫関係を慎重に進めることが多いでしょう。

1-1-2.飲み会

アルコールが入ると、理性がゆるみ不倫が始まってしまうことも多い傾向にあります。知人との飲み会はもちろんのこと、店内でのナンパから不倫が始まることもあるのです。また、飲み屋で始まった不倫は、一時的なものである、もしくは長続きしないという傾向もあります。

1-1-3.同窓会

同窓会やクラス会なども、不倫のきっかけになります。懐かしさや思い出補正がかかって、旧友と不倫関係に落ちてしまう人が一定数いるようです。同窓会のあと、配偶者の様子が急に変わったりしたら要注意かもしれません。

1-2.不倫の実態

不倫が始まったときの結婚年数を調査したところ、以下のような結果が出ています。

  • 1~3年目:35%
  • 4~6年目:19%

不倫をしたことがある人のうち、結婚6年目までに不倫が始まった人は約半数となっています。配偶者に不倫をさせないためには、6年目までが重要と言えるでしょう。