浮気相手を調べるメリットや方法は? 確実に証拠をつかむコツを伝授!

「パートナーが浮気しているが、浮気相手が誰なのか分からない」「浮気相手を調べるいい方法はないか」とお悩みでありませんか。謝罪や慰謝料を要求したくても、相手の素性が分からないのでは困りますよね。

そこで今回は、浮気相手を調べる方法や、確実に証拠をつかむコツをつかむ方法を詳しく解説しましょう。

  1. 浮気相手を調べる必要性
  2. 自分で浮気相手を調べる場合
  3. プロに依頼して浮気相手を調べる場合
  4. 浮気相手の調査を依頼する方法
  5. 浮気相手を調査に関するよくある質問

この記事を読むことで、浮気相手が誰かスムーズに調べることができます。まずは、記事を読んでみてください。

探偵への調査依頼を検討している方はこちらもチェック!

1.浮気相手を調べる必要性

パートナーの浮気を確信したら、浮気相手を調べる必要があります。

1-1.浮気の事実確認や謝罪・慰謝料を求める

パートナーの浮気を確信しただけでは、次のアクションを起こすことができません。浮気を許す・許さない、いずれにしても浮気相手を調べる必要があります。

  • 浮気の事実確認をする
  • 謝罪・慰謝料を請求する
  • パートナーや浮気相手が逃げるのを防ぐ

1-2.名前や住所などを特定する必要がある

浮気相手を調べるときは、氏名・住所・勤務先・家族内容などの個人情報を特定することが必要です。個人情報を知ることで、相手と交渉するために連絡したり、慰謝料請求などの手続きを取ったりすることができます。実際に会うことなく、書類だけの手続きで法的な制裁を与えることも可能です。

2.自分で浮気相手を調べる場合

自分で浮気相手を調べることもできます。具体的な方法やポイントを見ていきましょう。

2-1.浮気相手を自分で調べることもできる

浮気相手を自分で調べるには、以下のような方法があります。

  • スマホや携帯電話の通話・着信履歴を見る
  • SNSやメールの履歴を見る
  • カマをかけてみる
  • 直接問いただす

2-2.落ち着いて調べること

まずは、落ち着いて調べることが大切です。浮気相手に対して、怒りや憎しみがこみ上げてくるのは自然なことでしょう。しかし、冷静さを失うと調査効率に響くので気をつけましょう。たとえば、パートナーに浮気相手のことを問い詰めたりなじったりすると、一定期間会うのをやめるなど調査がしにくくなることがあります。確実に証拠をつかむためにも、淡々と調査を進めましょう。感情が先走りしそうなときは、いったん調査から離れ、気持ちを整えてから再開してください。

2-3.違法行為にならないよう注意すること

浮気相手を調べるときは、違法行為にならないように注意してください。たとえば、以下のような行為は違法です。

  • 浮気相手本人もしくは家族になりすまして住民票を請求する
  • 許可なく浮気相手の家に上がり込む
  • 浮気相手の郵便物を勝手に持ち出す

違法行為は、浮気相手から反対に訴えられる可能性があるので絶対にしないでください。

3.プロに依頼して浮気相手を調べる場合

浮気相手の調査は、プロに依頼することをおすすめします。主なメリットなど詳しく解説しましょう。

3-1.客観的な証拠をつかむことができる

浮気相手の調査をプロに依頼すると、以下のようなメリットがあります。

  • バレにくい
  • 客観的な証拠をつかむことができる
  • 自分で調査するより効率がいい
  • 調査報告書がもらえる

特に、慰謝料請求や裁判などを考えている場合は、客観的な証拠をつかめることや第三者からの調査報告書を得られることが大きなメリットとなるでしょう。

3-2.相手の氏名などの個人情報・信用情報が分かる

プロに浮気相手の調査を依頼した場合、以下のようなことを調べてもらえます。

  • 相手の氏名・生年月日・住所・勤務先・家族構成などの個人情報
  • 借金の有無などの信用情報
  • 周囲からの評判
  • 普段の行動範囲やし好性

3-3.張り込み調査などをフル活用して調べる

プロが浮気相手を調べる方法は、主に以下のとおりです。実際には、複数の方法を状況に応じて並行することになります。

  • 張り込み調査
  • 聞き込み調査
  • 素性調査
  • SNSでの発言調査

4.浮気相手の調査を依頼する方法

浮気相手の調査は、プロの探偵業者に依頼することがおすすめです。信頼できる業者の選び方や費用目安・注意点を詳しく解説します。

4-1.信頼できる探偵業者の選び方

浮気相手の調査は、以下の条件を満たす業者に依頼しましょう。

  • 浮気調査で多数の実績がある
  • 簡単な相談・見積もりは無料
  • リーズナブルで明確な費用システム
  • 調査結果を分かりやすく報告書にまとめてくれる
  • 依頼の不安についても親身になって相談に乗ってくれる
  • 守秘義務・個人情報保護を徹底している
  • 顧客からの評判がいい
  • 活動地域の公安委員会に探偵業の届け出済み

なお、当アヴァンスでも浮気調査を多数お受けしており、多くの方からご好評をいただいています。まずは、お気軽に何でもご相談ください。

4-2.調査費用は1回4.5万円程度~

浮気相手の調査費用は、1回4.5万円程度~が目安です。なお、調査地域・難易度などにより、オプション費用がかかることがあります。業者によっても大きく異なるため、詳しくは見積もりをもらって確認してください。以下は、当アヴァンスの調査費用(税別)の一例です。

  • 1日(4時間):45,000円
  • 4日(16時間):190,000円
  • 6日(24時間):285,000円
  • 8日(32時間):380,000円

上記は、事前調査費(下見・視察)・車両費(普通車・バイク・自転車)・機材費・フィルム代・写真現像代・CD(写真集)作成代・調査報告書作成費を含んだ金額です。

4-3.悪質な探偵業者に注意しよう

悪質な探偵業者には、十分に注意してください。探偵業者とは名ばかりで、ほとんど調査をせず適当な報告書を作成し、高額な請求をしてくる業者もいます。また、依頼者に承諾を得ず、勝手に追加調査をするケースも多いのです。浮気調査は、探偵業者との信頼があってこそ意味があります。相談や見積もりの段階で態度が悪い・契約を必要以上に急ぐなど、不審な点が残る場合は契約しないでください。

5.浮気相手の調査に関するよくある質問

最後に、浮気相手を調べることに関する質問に回答します。参考にしてください。

Q.浮気相手を調べることは違法ではない?
A.違法行為をしなければ大丈夫です。しかし、自分で調べる場合、無意識に違法行為に至る可能性もあるでしょう。合法かつ確実に調べるためにも、信頼できる探偵事務所に依頼することをおすすめします。

Q.浮気相手の勤務先に電話して調べてもいい?
A.いけません。浮気は、あくまでも個人的な問題です。勤務先に電話しても、個人情報保護により具体的な情報は得られないことでしょう。

Q.自分でパートナーを尾行すれば浮気の現場を押さえられる?
A.確実とは言えません。尾行中に浮気相手と会うとは限らないからです。また、プロ以外の尾行調査はバレる可能性が高くなるのでおすすめしません。

Q.調査期間内に浮気相手を特定できなかったらどうする?
A.業者とよく相談し、追加調査を依頼するか検討してください。場合によっては、時期をずらして再調査したほうがいいこともあります。

Q.浮気相手に慰謝料請求できる条件は?
A.以下の条件を満たす場合、浮気相手に慰謝料請求できます。

  • パートナーが既婚であると知りながら不貞行為に至った
  • 浮気相手の存在によりパートナーとの関係に悪影響が出た

なお、浮気が発覚した時点でパートナーとの関係が破たんしていた場合(別居中など)は、慰謝料請求を行うことはできません。

まとめ

今回は、浮気相手を調べることについて詳しく解説しました。浮気は、パートナーからの重大な裏切り行為ですが、パートナーだけでなく浮気相手にもきちんと反省・謝罪してもらいましょう。さらに、慰謝料請求や裁判に持ち込むのなら、客観的かつ確実な証拠が必要となります。そのためにも、まずは、浮気相手を特定することが大切です。浮気相手の調査は、プロの探偵業者に依頼すると多くのメリットがあります。信頼できる探偵業者によく相談し、調査を依頼しましょう。