元彼と不倫するのはなぜ? 忘れられない元彼と復縁する理由や予防策

焼けぼっくいに火がつくという言葉がありますが、かつての恋人と復縁するケースがありますよね。昔、深く愛した人だけに、元彼という存在は特別なもので、忘れられない人もいるでしょう。また、結婚した今となっては、手が届かない存在だからこそ、元彼と再会したときに恋心が燃え上がり不倫に陥るということもあります。
同窓会などをきっかけに再会し、元彼と不倫しているのではないかと疑うような行動が始めることもあるものです。時間が経過しても、元彼の夢を見るという人もいるほど、昔の恋愛は深く人の心に残ることがあります。とはいえ、大切な妻が元彼と不倫するのは悲しいことです。元彼との不倫を防ぐためにできることや、見抜くポイントなどは知っておくべきでしょう。
今回は、元彼との不倫にかんする情報をご紹介します。

  1. 元彼と不倫について
  2. 元彼と不倫になりやすい原因は?
  3. 元彼との不倫を防ぐためのポイント
  4. 元彼との不倫を見抜くには?
  5. 元彼との不倫調査をプロに頼む場合
  6. 元彼との不倫でよくある質問
  7. まとめ

元彼も既婚者で、ダブル不倫になることも珍しくありません。泥沼化する前に、対策や予防法などは知っておくべきでしょう。この記事を参考に、元彼との不倫を解決するきっかけにしてください。

探偵への調査依頼を検討している方はこちらもチェック!

1.元彼と不倫について

元彼とはどんな存在なのか、不倫に陥りやすいのかなどを考えていきます。

1-1.元彼とは?

元彼はいつまでも特別で、忘れられないという人も多いものです。若き日を共に過ごし、いい思い出だけが印象的に残ることもあります。自分のいい部分も悪い部分も知っているため、友人とは違う居心地のよさを感じることもあるでしょう。夫では得られないドキドキ感を抱くことができ、女性として接することができる貴重な異性でもあります。

1-2.元彼との不倫は起こりやすい?

SNSで昔の知り合いと簡単につながることができる時代になり、元彼と連絡を取り合うようになったという方も増えています。最初はメールだけのやりとりでも、次第に会いたいという感情が湧き上がり、やがて不倫に発展するようになるのです。結婚して妻になり、女性として見ることができる機会が減ったことも起因しており、自分を1人の女性として接してくれる元彼に気持ちを寄せてしまうこともあるでしょう。新たな恋人を作るより、昔から知っている元彼を不倫相手に選ぶという人の方が、圧倒的に多いものです。

2.元彼と不倫になりやすい原因は?

なぜ元彼と不倫になりやすいのか、理由やタイミングなどをご紹介します。

2-1.原因や理由

女性は、妻や母になっても、いつまでも輝き続けたいと思うものです。出産などをきっかけに自分のことがおろそかになってしまい、このまま年老いてしまうのかと思うだけでも、気分が憂鬱になってしまいます。過去の自分を思い起こし、元彼との恋愛が輝かしいものに感じることもあるでしょう。子どもが生まれたことで夫とセックスレスになることも原因であり、女性として再び羽ばたきたいという願望が、元彼との不倫に走る理由です。

2-2.タイミング

前述したとおり、SNSでの交流をきっかけに、再会するというのが圧倒的に多くなっています。加えて、同窓会などで、意気投合して復縁してしまうという場合もあるものです。不倫という意識を持たず、若き日の純愛を現実に投影しているだけと思っている方が多いのも事実でしょう。

3.元彼との不倫を防ぐためのポイント

誰にでも、忘れられない人はいます。しかし、実際に不倫として行動に移す人は少ないものです。元彼との不倫を防ぐための対策や、チェックポイントなどをまとめました。

3-1.対策

同窓会での再会をきっかけに、復縁するパターンがとても多いため、出席した後の数日は、妻への声かけやふれあいを大切にしましょう。不倫する隙(すき)を与えず、夫や結婚生活のよさを実感してもらうためです。普段以上に感謝の言葉を伝えるようにし、妻を女性として丁寧に接するように心がけるだけでも、女性の心理は変わります。
夫に大切にされていると感じるようになれば、SNSに没頭していた妻も目が覚めることでしょう。スキンシップも意識してください。ネットでの元彼とのやりとりより、目の前にいる夫の大切さを感じるはずです。

3-2.チェックポイント

元彼と不倫しているのではないかと不安に感じている方は、以下のチェックポイントで確認してみてください。あてはまる項目があったら、不倫の可能性があります。

  • ラインやSNSばかりやっている
  • 外出の機会が増えた
  • メイクやヘアスタイルの変化
  • 服装が女性らしくなった
  • 体型を気にする
  • 派手な下着を身につけるようになった

3-3.元彼との不倫を防ぐときの注意点

元彼と会わないように、同窓会への出席を許さない・外出を禁止する・連絡を取り合う相手を探るなどのやり方は、束縛以外の何ものでもありません。かえって、元彼への思いが強くなり、危険なダブル不倫になるケースもあります。束縛するより、女性としてきちんと目を向けてあげることや、気持ちよく送り出す心のゆとりを持つことが大切です。妻が自分にとって帰るべき場所は夫のいる家だと認識することで、元彼との不倫を防ぐことができます。

4.元彼との不倫を見抜くには?

妻が自分以外の男性と親密になるのは、誰でも気持ちのいいことではありません。元彼だとしたら、余計に心配な気持ちになることでしょう。元彼と不倫しているかどうかを見抜くにはどうすればいいかを解説します。

4-1.チェックリスト・こんなときに注意

  • 夫婦の営みを拒否するようになった
  • 携帯電話を肌身離さず持っている
  • 電話やメールをしても折り返しがない
  • SNSでいつも接触してくる人物がいる
  • 夫の予定を確認したがる
  • 新しい下着が増えた
  • ダイエットを意識し出した
  • 妙に優しい

上記のような行動があったら、不倫のサインである可能性が高いでしょう。キスやセックスレスは夫婦関係の危機でもあります。拒否する回数が増えている場合、注意が必要です。

4-2.元彼との不倫を確かめる方法

コミュニケーションが少なくなったと感じる方もいれば、口数が増えたという方います。いずれも、何かを隠しているときは、バレない工夫をしようとし、普段とは違う振る舞いをするものです。ふと、昔の恋人について聞いてみてください。動揺する様子が見ることができたら、元彼との不倫関係になっている可能性も否めません。

4-3.元彼との不倫の調査方法・証拠の掴(つか)み方

不倫の証拠集めはとても大変で、法律で不貞(ふて)行為とされるのは、肉体関係を結んだときとされています。そのため、ホテルや元彼の自宅への出入りを確認しなければなりません。張り込みや尾行が必要となります。スケジュール帳や写真などの持ち物で男性の影が感じられないなど、怪しいものが見つからない場合、お手上げとなってしまう方もいるでしょう。もやもやした気持ちだけが残るため、探偵に依頼して証拠を掴(つか)む方法がおすすめです。

4-4.気をつけること・してはいけないこと

束縛はいけないとご説明しました。そのため、携帯電話を覗(のぞ)き見る行為は避けるべきです。夫婦であってもプライバシーは守られなければなりません。持ち物を漁(あさ)ったというだけで、信頼関係が崩れてしまうこともあります。また、疑わしいと感じていても、問い詰めるようなことや妻を否定する言葉を投げかけてもいけません。夫婦としての幸せを考えるなら、妻への理解を示すことを意識してください。

5.元彼との不倫調査をプロに頼む場合

不倫の証拠集めは、プロに依頼した方が確実だとお伝えしました。探偵による調査や費用などについてご紹介します。

5-1.探偵・興信所の選び方

探偵と興信所は全く異なるものです。興信所は素性調査を基本とし、調査対象者に調べる旨を伝えてから調査に入ります。一方、探偵は隠密(おんみつ)行動を徹底しており、調査対象者に知られることなく、尾行や追跡が可能です。探偵といえど、得意分野はさまざまで、浮気調査に注力しているところを選ぶと間違いないでしょう。

5-2.費用について

探偵社アヴァンスの浮気調査費用は、以下を参考にしてください。

  • 1日お試しパック 4万5,000円
  • 4日パック 19万円
  • 6日パック 28万5,000円
  • 8日パック 38万円

1日の基本調査時間は、4時間です。1時間延長につき、調査員1名あたり7,500円がかかります。車両代金・機材代・写真現像代・調査報告書作成費用などは、パック料金に含まれており、とてもリーズナブルです。

5-3.元彼との不倫調査をプロに頼むときの注意点

浮気調査は、信頼できる業者に依頼することが大切です。浮気調査にかんするノウハウをしっかり持ち、経験と実績が豊富であることを重視してください。また、探偵業としてきちんと届け出をしていない業者は、着手金だけを横領して逃げてしまうケースもあります。無許可の探偵は絶対に利用しないでください。

6. 元彼との不倫でよくある質問

元彼と連絡を取る仲になっているのは、夫として後味の悪いものでしょう。元彼との不倫でよくある質問を集めました。疑問や心配事を解消するのに役立ててください。

6-1.ダブル不倫するケースが多いというのは本当?

元彼も既婚者で、ダブル不倫に発展する事例も多くなっています。互いに配偶者への不満を抱いていることや、物足りなさを感じていることもあるでしょう。心の拠(よ)り所が欲しいと感じているときに昔の恋人と再会し、かつての恋心や情熱が再燃するため、ダブル不倫になってしまうのです。

6-2.女性は占いで左右されやすいもの?

女性は占いをよく目にします。元彼と再会し、復縁する可能性があるなどという言葉を鵜呑(うの)みにすることもあり、時を同じくして同窓会などがあれば、元彼への思いが湧き上がってしまうこともあるのです。

6-3.元彼と復縁したいという気持ちはもともとあるものなのか?

結婚生活に不満がなければ、元彼のことを思い出すきっかけも少ないでしょう。しかし、女性は育児や家事に追われることも多く、心のオアシスを求めています。夫が協力的でない場合、元彼とのいい思い出が蘇(よみがえ)ることもあるものです。

6-4.なぜ元彼を不倫相手に選んでしまうのか?

純愛で終わった過去もあれば、肉体関係を持っていた過去もあるでしょう。いずれも、自分を深く知る人物であり、共通点がたくさんあるため、親しみが湧きやすい点が挙げられます。新たな恋より、過去の恋は燃えやすく、情熱的なものになる傾向が強いものです。

6-5.数十年前の元彼でも恋に落ちるものなのか?

時間の経過は関係ありません。むしろ、子育てが一段落した世代の方が、自分を見つめ直したいという思いがあり、ふと昔のよき時代を振り返るようになるのです。数十年前の元彼だとしても、男女の関係にはならないと軽視するのは危険でしょう。

7.まとめ

いかがでしたか? SNSが活発になり、古い友人や元彼との再会が簡単にできるようになりました。妻は家庭で育児や家事に追われ、女性として輝くことができる場を失う傾向にあります。夫から感謝されてると感じられなくなるとむなしさを感じ、家庭以外に目を向けたくなるものです。同窓会で元彼に再会するケースも多く、共通の話題や思い出で盛り上がり、昔の恋心が再燃し、復縁して不倫関係に発展するカップルが増えています。元彼は自分を知っている居心地のよさもあり、深い関係になってしまう危険性があり、ダブル不倫も少なくありません。不倫を防ぐには、妻への感謝を忘れないことや女性としてきちんと認めることです。元彼に大切な妻を奪われないためにも、日常生活で意識してみてください。