なぜFacebookの出会いが不倫に発展するのか? 不倫を見抜く方法も!

今や多くの人が利用しているSNSの中でも、特にFacebookでの出会いは不倫に発展しやすいといわれています。同時に、浮気を見破る方法として利用されることが多いのもまた、Facebookです。パートナーの浮気を疑っている人は、Facebookをチェックすることでその可能性を調べてみるとよいでしょう。この記事では、Facebookでの出会いが不倫に発展しやすい理由や、Facebookによって不倫を見抜く方法、プロの業者に不倫調査を依頼する方法などをまとめてご紹介します。

  1. Facebookが不倫のきっかけになる理由とは?
  2. Facebookで不倫を見抜く方法
  3. Facebookでの不倫の予防方法
  4. 不倫の調査、相談について
  5. Facebookでの不倫に関するよくある質問

この記事を読むことで、Facebookと不倫の関係について分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

探偵への調査依頼を検討している方はこちらもチェック!

1.Facebookが不倫のきっかけになる理由とは?

Facebookがなぜ不倫のきっかけになりやすいのか、その理由や最近の傾向をまとめました。

1-1.出会いが増えることで不倫のきっかけができてしまう

Facebookを利用するとインターネット上のつながりがどんどん広がるため、「出会いが増える」という特徴があります。友達の友達や昔の同級生など、Facebookを通じてさまざまな人との交流を楽しむことができるのです。出会いが増えれば、結果的に男女の関係になる可能性も高くなり、不倫に発展してしまうケースも珍しくありません。特に、昔の恋人や好きだった人とFacebookで久しぶりに再会し、浮気をしてしまうという流れが多いでしょう。

1-2.実名なので安心して会う約束をしてしまう

Facebookは実名で登録するのが基本のため、安心感から実際に会う約束をしてしまいがちです。警戒心が少ない分、実際の出会いにつながりやすいのも、不倫に発展しやすい理由の一つでしょう。

1-3.「Facebook離婚」が急増しているのが現状

ここ数年は世界的に、Facebookによる出会いが原因で離婚する夫婦が急増しています。もともと夫婦間や家庭の問題を抱えている人は、SNSに癒(い)やしを求める傾向にあることも関係しているでしょう。最近は若者のFacebook離れが目立つものの、30代や40代のユーザーはまだまだ多いのが現状です。パートナーがFacebookのベビーユーザーである場合は、より注意が必要と考えたほうがよいでしょう。

2.Facebookで不倫を見抜く方法

Facebookは不倫のきっかけになりやすい反面、不倫を見抜きやすいともいわれています。不倫を調べる方法や注意点をご紹介しましょう。

2-1.Facebookは不倫を見抜きやすい

Facebookでパートナーの不倫を発見するのは難しくありません。パートナー本人や不倫相手、その友人などの動向をチェックすることができるため、不倫が発覚しやすいのです。実際に、「パートナーの不倫が発覚したきっかけはFacebookだった」という例は少なくありません。

2-2.まずは本人の投稿をチェック

Facebookでパートナーの不倫を見抜くためには、まずパートナー本人の投稿内容をチェックしてみましょう。帰宅が遅くなった日に誰とどこで会っていたのか、男友達と飲みに行っていたはずの日に、女性の手や髪の毛などが写り込んだ写真が投稿されていないかなど、簡単に調べることができます。

2-3.「いいね!」やタグ付けがヒントになることも

パートナーの投稿に頻繁に「いいね!」をしている人がいないか、パートナーがタグ付けされている投稿はないかもチェックしましょう。第三者がタグ付けした写真であっても、自動的にパートナーのタイムラインに表示されます。自分が知らない間に誰と過ごしていたかが分かれば、不倫相手も特定できる可能性があるでしょう。

2-4.友達の投稿もチェック

パートナーと仲のよい友達の投稿もチェックしておきましょう。パートナーがその友達と会うといっていた日に、つじつまの合わない投稿をしていないか確認してください。たとえば、「友達と飲みに行く」といって外出した日に、その友達が家族で旅行に行っていた写真を投稿し、嘘が(うそ)発覚した例もあるのです。

2-5.発見してもまずは様子を見る

Facebookで不倫を示すものを見つけたとしても、まずは様子を見ることをおすすめします。なぜなら、法的に有効な不倫の証拠とは、肉体関係があったことが分かるものでなければならないのです。Facebookにそういった内容の投稿をする人はまずいません。ただし、怪しい投稿はすべてスクリーンショットをして保存しておき、確実な証拠をつかむための材料として残しておきましょう。

2-6.Facebookを見たことは伏せておく

不倫の事実を問いただす際には、Facebookを見たということは伏せておきましょう。確実な証拠をつかむ前に事実を伝えてしまうと、いい逃れされてしまうだけでなく相手を逆上させてしまう可能性もあります。警戒されて確実な証拠をつかむのが難しくなってしまうこともあるため、慎重に行動しましょう。

3.Facebookでの不倫の予防方法

パートナーがFacebookで不倫をしないための予防方法についてご紹介します。

3-1.自分もFacebookを始める

まずは、自分もFacebookを始めてパートナーに友達申請をしましょう。Facebook上に自分の妻や夫がいることが分かっていれば、そこで不倫をしようとは思わないはずです。パートナーの投稿にはできるだけ反応し、常にチェックしていることを知らせておきましょう。

3-2.ほかのSNSもチェックする

不倫のきっかけになるSNSはFacebook以外にもいろいろあります。たとえば、mixiやtwitter、LINEなど、ほかのSNSもしっかりチェックしておきましょう。こうしたSNSで頻繁に連絡を取り合っている異性はいないか、どんな人と友達になっているのかなどをこまめに確認してください。

3-3.身分を偽って登録するのは規約違反

前述したように、Facebookは実名登録が基本です。パートナーの不倫を突き止めるために、偽名で登録して友達申請をするようなことはやめてください。Facebookにはあくまでもコミュニケーションツールとして利用するものであり、規約違反になってしまいます。

4.不倫の調査、相談について

Facebookで発覚した不倫問題を解決するためには、プロに調査や相談を依頼することも必要です。依頼する方法や注意点などをご紹介しましょう。

4-1.証拠をつかむには探偵事務所への依頼がおすすめ

確実な不倫の証拠をつかむためには、探偵事務所に調査を依頼することをおすすめします。何が法的に有効な証拠になるか、知らないまま証拠探しをするのは時間の無駄です。また、自分で証拠探しをすると失敗する可能性も高いでしょう。途中でパートナーに気づかれてしまっては台無しです。自分に不利な状況になってしまわないためにも、プロに依頼してください。

4-2.依頼するメリットとは?

Facebookでパートナーの不倫に気づいたとしても、問題を解決するためには確実な証拠が必要です。不倫の証拠探しを自分で行うには、大変な時間と労力がかかります。不倫の事実と向き合わなければならないため、精神的な負担も大きいでしょう。プロの探偵事務所に依頼すれば、法的に有効な証拠を効率的につかむことができます。自分の時間や労力を費やさずに済む分、悔しさも半減するのではないでしょうか。

4-3.依頼前に把握している情報をまとめておく

探偵事務所に不倫調査を依頼する前に、現在自分が把握している情報をまとめておきましょう。たとえば、不倫相手と会っている可能性が高い曜日や時間帯、場所などを伝えておくと、無駄のない調査をすることができます。短期間で確実な証拠をつかみやすくなるため、精神的にも経済的にも負担が軽く済むでしょう。

4-4.どんな探偵事務所に依頼するべきか?

不倫調査を依頼する探偵事務所は、以下のポイントを参考にして選んでください。

  • 豊富な実績があるか
  • 探偵業届出番号を公表しているか
  • 料金体系が分かりやすいか
  • 守秘義務が徹底しているか
  • 無料相談を受け付けているか

4-5.主に尾行や張り込みで調査

探偵事務所による不倫調査では、尾行や張り込みが行われるのが一般的です。「探偵社アヴァンス」では、調査中1時間ごとに、メールまたは電話で依頼主に状況を報告するシステムとなっています。現場の状況をリアルタイムで把握できるため、安心して任せることができるでしょう。

5.Facebookでの不倫に関するよくある質問

「Facebookの不倫について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.不倫を隠すためによく利用されるFacebookの設定にはどのようなものがあるでしょうか?
A.友達を表示しない、タグ付けを承認制にしている、公開する人を限定するなどの設定が可能です。

Q.Facebookのコメントのやり取りは不倫の証拠として認められませんか?
A.肉体関係があったことが明確なやり取りであれば、証拠として認められるでしょう。単なる日常会話や食事の約束などでは、証拠になりません。

Q.SNSにはまりやすいのはどのような性格の人ですか?
A.孤独を抱えている人、自分に自信がない人、「違う自分になりたい」という願望を持っている人などが、SNSにはまりやすいといわれています。

Q.法的に最も有効な不倫な証拠には、どのようなものがあるのですか?
A.二人でラブホテルに入っていく場面を撮影した写真や、不貞行為を認める発言を録音したものなどが、証拠として最も強いでしょう。

Q.探偵事務所が調査した報告書を、裁判に証拠として提出することはできますか?
A.可能です。不貞を証明できる調査報告書であれば、裁判で有力な証拠として提出できます。

まとめ

いかがでしたか? Facebookが不倫のきっかけになる理由や、Facebookでの不倫の見抜き方などを詳しくご紹介しました。SNSが普及している今の時代、不倫に発展し得る出会いはいくらでもあります。パートナーがFacebookなどSNSのヘビーユーザーである場合は、特に注意して観察しておく必要があるでしょう。ぜひこの記事を参考にして、問題解決の糸口を見つけてください。