不倫をしてしまう心理とは? 男女で違いはあるの?

不倫は配偶者に対する重大な裏切り行為です。
しかも、どんなに良い旦那さんや奥さんがいても不倫する人は不倫してしまいます。
それはいったいなぜでしょうか?
そこで今回は不倫をする人の心理や不倫をしやすい人の特徴をご紹介します。
実は不倫をしたくなる心理状態は、男女で違いがあるのです。
ですから「何でこんなに夫(妻)に良くしているのに不倫なんて」と思ってしまう方もいるでしょう。
妻や夫の言動が最近何となく怪しいと思う方は、この記事を読めば理由がわかるかもしれません。

目次

  1. なぜ、不倫してしまうのか?
  2. 男女問わず不倫しやすい人の特徴とは?
  3. 不倫を防ぐためにできることとは?
  4. 配偶者の言動が怪しいと思ったら?
  5. おわりに

1.なぜ、不倫してしまうのか?

この項では、不倫に陥りやすくなる心理状態を男女別にご紹介します。
不倫をしたくなるシチュエーションに男女の違いはあるのでしょうか?

1-1.男性が不倫したくなる時とは?

男性は女性に比べて、配偶者以外の異性と関係を持つことへの罪悪感が薄いです。
歴史的に見ても地位の高い男性は、愛人を持つのが当たり前の時代もありました。
現在でも、男性の方が女性よりも不倫への誘惑は多いでしょう。
実は男性は家庭が安定している方が、不倫に走りやすいと言われています。
男性は女性よりも冒険心が強く、危険を刺激として楽しむことができる人が多いのです。
ですから「許されない関係」を結ぶことに興奮する人も多いのでしょう。
なので、従順すぎる妻を持つ夫は不倫をするリスクが高いという一面があります。

1-2.女性が不倫したくなる時とは?

女性は男性よりも安定を求める傾向にあります。
ですから男性とは逆に、家庭が不安定な場合に不倫したくなることが多いでしょう。
この「家庭が不安定な場合」というのは、経済的な意味ばかりではありません。

  • 夫が仕事で忙しく、夫婦の時間がない
  • 夫の両親と同居して疎外感が強い
  • 一緒に生活していても夫婦の会話が無い

という場合に、妻は不倫に走りやすいのです。
また、最近では異性に人気があることが女性として魅力的だと考えている人も多く、結婚をしても異性に誘われると心が動く方も少なくありません。

2.男女問わず不倫しやすい人の特徴とは?

しかし、中には男女関係なく不倫をしやすい人もいます。
そこでこの項では、性別に関係なく不倫をしやすい人の特徴をご紹介します。

2-1.面倒見が良い人

困っている人を放っておけない人は、案外不倫しやすいのです。
面倒見の良い人は異性の相談相手にされることも多いのですが、相談内容の中には恋愛に関することもあるでしょう。
ぐちの聞き役になっているうちに、情が移ることも少なくないのです。
また相談をしている異性の方が、愚痴を聞いてくれる人に恋心を抱いて強引に迫るというケースもあるでしょう。
この場合も、面倒見が良い人はきっぱりと断ることができずに関係を持ってしまうことが多いのです。

2-2.優柔不断な人

相手に強い態度で出られると、断りきれない人も不倫をしやすいです。
世の中には既婚者と知って関係を持とうとする人も一定数います。
そのような人に強く誘われると、優柔不断な人は断れません。
ずるずると関係を持って深みにはまっていく人も少なくないでしょう。
しかもあまり「悪いことをしている」という意識はありません。強く言われたから仕方なく、と考えている人が多いのです。
ですから不倫が発覚してから慌てる人も少なくないでしょう。

2-3.異性にもててこそ魅力的と考えている人

異性にモテてこそ自分は男性(女性)として価値があるのだ、と考えている人も不倫をしやすいでしょう。
そのような人は結婚したからといっても、急に価値観が変わることはありません。
むしろ「既婚者にもかかわらず異性からもてる」ことに価値を見出すようになるかもしれません。
このような人は、自分から不倫に積極的になる方も多いです。

3.不倫を防ぐためにできることとは?

では夫(妻)の不倫を防ぐにはどうしたらよいでしょうか?
この項ではその方法をご紹介します。

3-1.配偶者の言いなりにならない

優しい夫や妻は、配偶者のことを優先する場合が多いです。
それに感謝してお互いにいたわりあえる夫婦なら良いのですが、中には「この人ならば何をしても許してくれる」と不倫に走る人もいるでしょう。ですから配偶者のことを常に優先して、何でも言うことを聞いてあげる必要はありません。
むしろ納得がいかない場合はきちんと話し合える関係を作った方が夫婦円満になるでしょう。

3-2.配偶者を締め付けすぎない

浮気を疑うあまり、配偶者の言動を厳しく束縛する人もいるでしょう。
しかしそれは逆効果です。
束縛が厳しくなるほど「逃げ出したい」と考える人は多いでしょう。
夫婦は信頼し合うことが大切です。
異性の影がちらつかない限り、言動を束縛したり携帯をチェックするのは控えましょう。

3-3.夫婦で会話をする時間を作る

結婚して時間がたつと、お互いが空気のような存在になるという夫婦も珍しくありません。
それでも毎日会話があれば、夫婦関係は円満といえるでしょう。
しかし、会話も無くなってしまえばお互いの距離は開く一方です。
「言わなくても夫(妻)ならわかってくれる」というのは甘えに過ぎません。1日に最低10分は会話をしましょう。
といっても一方的な連絡や命令は会話ではありません。
気候の話でもよいので、穏やかに会話することが大切です。

4.配偶者の言動が怪しいと思ったら?

「最近配偶者の言動がどうもおかしい、浮気をしているのではないか?」と思ったらまずは証拠を集めましょう。
証拠もなしに問い詰めても、言い逃れをされてしまう可能性が高いです。
配偶者の持ち物を探せば、不倫相手と食事をした時のレシートや、ホテルのポイントカードなどが出てくるかもしれません。
また、不倫相手とのメールやLINEのやりとりなども証拠になるでしょう。
さらに

  • 不倫相手の素性を知りたい
  • ホテルへ出入りしている写真など決定的な証拠をつかみたい

という場合は、探偵業者に依頼をするとよいですね。
探偵業者は不倫調査のプロです。
たとえ不倫相手の情報が全くなかったとしても、依頼すれば勤め先や住居などをつかんでくれるでしょう。
証拠をそろえてから話し合いの席を設ければ、相手は言い逃れはできません。
じっくり時間をかけてこれからの夫婦関係をどうするのかを話し合いましょう。

5.おわりに

いかがでしたか?
今回は不倫に陥るときの心理状態や、不倫をしやすい人の特徴をご紹介しました。
まとめると

  • 不倫に陥りやすいシチュエーションは男女で異なる
  • 性別に関係なく不倫をしやすい人もいる
  • 配偶者が浮気をした場合は、探偵業者に依頼をして証拠をつかむという方法もある

ということです。「妻(夫)の座は法的に強いので、ドンと構えていればいつかは配偶者も帰ってくる」という意見もあるでしょう。
しかし、不倫は家庭をボロボロにするだけでなく、経済的にも打撃を与えます。
不倫相手の関心を引きたいばかりに、高価なプレゼントをし続けて貯金を使い込んでしまったケースは多いのです。
また、不倫相手に子供ができてしまえば、事態はさらにややこしくなるでしょう。
場合によってはいきなり離婚を切り出されて、一方的な言い分で離婚が成立してしまうこともあるのです。
ですから配偶者も不倫は見て見ぬふりをしてはいけません。
必ず証拠をつかんで、話し合いの場を設けましょう。
そこから離婚するのかもう一度二人で頑張ってみるのか選択してください。