婚約中の浮気にはどう対応すべきか? 慰謝料を請求できるケースも!

「婚約中に浮気された場合はどうすればよいのか?」「婚約中でも慰謝料を請求できるのかわからない」とお悩みではありませんか? 婚約中に浮気されてしまうと信用を取り戻すことは大変難しく、そのまま婚約破棄ということになるケースも多いでしょう。しかし、婚約まできて何もなかったことにするのは簡単なことではありません。今後どのような選択をするにしても、けじめをつける必要があるはずです。

この記事では、婚約中の浮気で慰謝料を請求できるケースや、慰謝料請求の流れなどを詳しくご紹介しましょう。

  1. 婚約中に浮気されたときの対応は?
  2. 婚約中に浮気する心理は?
  3. 婚約中の浮気で慰謝料を請求できるケース
  4. 慰謝料請求に必要なものを紹介
  5. 婚約中の浮気に対する慰謝料請求の流れ
  6. 婚約中の浮気に関するよくある質問

この記事を読むことで、婚約中の浮気に対して請求できる慰謝料の相場や、浮気の証拠を集める際の注意点などがわかるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.婚約中に浮気されたときの対応は?

まずは、婚約中に浮気されたことがわかったとき、どのような対応をすべきかまとめました。

1-1.浮気の証拠を集める

婚約者の浮気が疑われるときは、確実な証拠を集めましょう。「最近帰りが遅い」「連絡がつかないことが増えた」というだけで浮気と決めつけるのは危険です。本当は浮気していないのに浮気を疑われた場合、婚約者は傷つき、あなたへの信用を失ってしまう可能性があります。そうなるのを防ぐために、確実な証拠をつかむまでは決して問い詰めないようにしましょう。もし、慰謝料を請求するつもりなら、裁判でも認められる内容の証拠が必要です。具体的にいうと「肉体関係があったことがわかる証拠」を用意しなければならないため、自分で証拠をつかむのが難しい場合はプロの探偵に依頼することも検討しましょう。

1-2.婚約者と話し合いをする

証拠が集まったら、婚約者と話し合いをしましょう。最初は浮気を認めない可能性もありますが、証拠を突きつければ白状するしかないはずです。このとき、できるだけ冷静に、落ち着いた態度で話し合いができるよう気をつけてください。感情的になると余計なことまでいってしまい、お互いに傷つけ合うだけで終わってしまいます。

1-3.今後どうするかを決める

婚約者が浮気を認めたら、今後どうするかを決めなければなりません。浮気を許して結婚の話を進めるのか、婚約を破棄してきっぱり別れるのか、どちらかです。結婚の話が進んでいるほど別れるのは抵抗があるでしょう。しかし、このまま許して結婚したとして、いつか浮気を許すことができるのか、自分は幸せになれるのか、よく考える必要があります。

2.婚約中に浮気する心理は?

婚約者がいるにもかかわらず、浮気に走ってしまう心理にはどのようなものがあるのでしょうか。

2-1.マリッジブルーに陥ってしまった

結婚を控えてマリッジブルーに陥る人は少なくありません。「本当に結婚してよいのか?」という迷いから、婚約者以外の異性に癒やしを求めて関係を持ってしまうこともあるでしょう。マリッジブルーは男性にも女性にも起こり得ることですが、ほかの異性には走らず、パートナーと一緒に乗り越えていかなければなりません。

2-2.責任の重さから逃げたくなった

特に男性は、「結婚」という責任を重く感じ、逃げ出したくなって浮気することがあります。自分のことだけを考えていればよい独身時代とは違い、結婚すれば相手の人生も背負わなければなりません。そのプレッシャーに耐え切れなくなり、現実逃避の手段として浮気に走ってしまう人もいるでしょう。

2-3.独身のうちに遊んでおきたい

「結婚したら自由に遊べなくなる」「結婚してから不倫はしたくないので今のうちに遊んでおきたい」という理由で浮気に走る人もいます。このタイプの人はあくまでも浮気を「遊び」と考えていて、婚約者のことは大切に思っているはずです。しかし、結婚してから異性と遊ぶことをやめられず、結局は不倫を繰り返すパターンも多いので注意してください。

3.婚約中の浮気で慰謝料を請求できるケース

婚約中の浮気で慰謝料を請求できるのは、以下のようなケースです。

3-1.婚約していることが証明できる

慰謝料請求が認められるためには「婚約している」という事実が証明できなければなりません。口約束だけでなく、誰が見ても結婚間近な関係であることが証明できなければ、慰謝料を請求するのは難しいでしょう。たとえば、結納を済ませている場合や、結婚式場を予約している場合などは、婚約中であることが明らかです。そのほかにも、「婚約指輪をもらっている」「両家の顔合わせを済ませている」という場合なら、婚約を認められやすくなります。

3-2.確実な浮気の証拠がある

慰謝料の請求には、浮気の証拠が必要です。前述したように、浮気の証拠として認められるためには、肉体関係があることを証明できなければなりません。婚約者が異性と出かけたり食事をしたりしたという証拠だけでは、慰謝料の請求は認められないでしょう。

3-3.浮気相手が婚約の事実を知っていたかどうかも重要

浮気相手が婚約の事実を知っていながら関係を持った場合は、浮気相手にも慰謝料を請求することができます。しかし、自分が婚約中だということを明かしたうえで浮気する人は少ないため、婚約していることを知らずに関係を持つケースがほとんどです。

4.慰謝料請求に必要なものを紹介

慰謝料を請求するためには、確実な浮気の証拠が必要です。具体的には、以下のような証拠があるとよいでしょう。

4-1.ラブホテルに2人で出入りする写真や動画

肉体関係があったことを証明するには、ラブホテルに婚約者とその浮気相手が一緒に出入りする写真や動画があれば確実です。できれば1回ではなく、複数回出入りした証拠をつかむことができたら、継続的に浮気をしていたことが証明できます。ただし、このような決定的な証拠をつかむためには尾行や追跡が必要になるため、プロの探偵に調査を依頼したほうがよいでしょう。

4-2.肉体関係があったことがわかるメールやLINEのやり取り

単なる日常会話ではなく、肉体関係があったことがわかる内容がメールやLINEに残っていると証拠として使えます。もし見つけたら、やり取りを自分のスマホに転送するか、画面を撮影しておくのがおすすめです。

4-3.浮気の事実を認めた音声

婚約者、もしくは浮気相手が浮気の事実を認めた音声も証拠になります。ただし、後になってから「無理やりいわされた」「事実ではない」といい逃れされてしまう可能性もあるため、ほかの証拠と合わせて提出すべきです。複数の証拠を合わせることで証拠能力が高くなり、高額な慰謝料を請求できる可能性があります。

5.婚約中の浮気に対する慰謝料請求の流れ

婚約中の浮気に対して慰謝料を請求する際の流れをまとめました。

5-1.まずは話し合いをする

婚約中の浮気に対して慰謝料を請求する場合は、まず婚約者と話し合いをして慰謝料の額を決めます。こちらが希望する金額で相手が合意すれば話し合いは終了です。ただし、不払いを防ぐために、話し合いの内容を書面に残しておいたほうがよいでしょう。

5-2.内容証明郵便で慰謝料を請求する

婚約者や浮気相手が話し合いに応じない場合や、直接会うのが難しい場合は、内容証明郵便で慰謝料を請求しましょう。郵便局がその内容を証明してくれるため、「そんな手紙は受け取っていない」と逃げることはできません。

5-3.裁判で慰謝料を請求する

内容証明郵便で慰謝料を請求しても相手が応じなければ裁判を起こすことになります。この場合は確実な浮気の証拠が必要になるため、必ず用意しておかなければなりません。

6.婚約中の浮気に関するよくある質問

「婚約中に浮気されたときの対応について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.浮気しやすい男性の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか?
A.寂しがり屋・流されやすい・マメな性格・自分に甘いなどの特徴があります。

Q.婚約者の浮気を疑うべきなのはどのようなときですか?
A.スマホを常に持ち歩くようになった・服装の趣味が変わった・連絡がつかないことが増えたというようなときは注意が必要でしょう。

Q.婚約中の浮気に対する慰謝料相場はどのくらいですか?
A.状況にもよりますが、50万~200万円前後といわれています。

Q.婚約者の浮気が原因で婚約破棄となりました。式場のキャンセル料金は誰が負担するのでしょうか?
A.通常だと浮気した婚約者が全額支払いますが、支払うのが難しい場合は誰が負担するのか話し合いが必要です。

Q.浮気調査を探偵事務所に依頼するメリットを教えてください。
A.短期間で確実な証拠を集められる・相手に気づかれる心配が少ない・浮気現場を直接見ずに済むというメリットがあります。

まとめ

婚約中に浮気する心理や、婚約中の浮気で慰謝料を請求できるケースなどについて詳しくご紹介しました。探偵社アヴァンスの浮気調査では、低コストで確実な証拠を押さえることが可能です。慰謝料請求を有利に進めることができるため、ぜひこの機会にチェックしてみてください。