不倫の回避にはリスクを考えよう! 旦那や嫁にさせない方法も解説

不倫を回避する方法やメリットを知ることは、自分の人生のためにも大切と考えてください。不倫は不幸になる結末が多いからです。既婚者と出会う機会も世の中にはたくさんあります。コンパや、仕事で出会った人に好意を感じても、既婚者と分かれば多くの人はあきらめるでしょう。しかし、中には既婚者と分かっても無視し、不倫関係になってもよいという人も居ます。不倫は相手の家庭を壊す、結局、遊ばれただけで終わる、何も得られない結果になることも少なくありません。不倫を回避する方法やメリットを知り、自分の人生がめちゃくちゃになることだけは回避しましょう。

  1. 不倫を回避することのメリットは? 
  2. 不倫と悩みを回避するポイント
  3. 夫や妻を不倫させない方法
  4. 不倫の回避のため特に重視したいポイント
  5. 不倫を回避するためのよくある5つの質問
探偵への調査依頼を検討している方はこちらもチェック!

1.不倫を回避することのメリットは?

不倫の回避は人生全体を考えてもメリットがあります。立場が夫や妻でも不倫は綺麗(きれい)な恋愛と言えずリスクがあるからです。不倫を回避できればどんなメリットがあるか解説します。

1-1.裁判で負けて高額慰謝料を回避できる

不倫を回避すれば経済的な面で追い詰められることもありません。不倫がばれた場合、不倫相手の配偶者から裁判を起こされる場合もあるからです。弁護士費用も30万円程度必要となります。負ければ相手側の弁護士費用も支払う場合もあるのです。不倫の慰謝料自体、50万円~300万円程度請求される可能性もあります。裁判を避けたい場合、示談も選択肢としてあるでしょう。慰謝料と同額程度を覚悟してください。経済的な負担は大きいです。

1-2.離婚後に子供と会えなくなることもない

不倫を回避すれば自分の家庭が壊れなくて済みます。自分が既婚者で子供も居る場合、離婚という可能性もあるでしょう。子供が居る場合で離婚すれば、以降自由に会えなくなる可能性もあります。子供の年齢にもよりますが、親が不倫をして離婚となれば心に傷を与える可能性も大きいです。会いたくても、子供から拒否される可能性もあります。離婚しても、不倫相手と恋人になれる、結婚できるとも限りません。「遊びだった」と別れられたら終わりです。

1-3.不貞行為で離婚し社会的な信頼を失うことを回避

不倫で社会的、社内的な信頼を損なうことを避けられます。不倫は配偶者以外の人間と性的、あるいは恋愛関係になることです。正当化しようと言い訳をしても、一般的に不道徳とみなされます。不倫相手の配偶者が、会社に訴えることもあるでしょう。男性の場合、相手を妊娠させた上、相手が自殺未遂などすれば、すぐ社内に噂(うわさ)が広がります。陰口が起これば最悪です。部署異動や出世コースから外れる、退職をうながされることもあるでしょう。不倫相手の配偶者が、あなたの両親や親族に訴える可能性もあります。ご両親や親族からも責められ、縁を切られる場合もあるのです。友達や知り合いからも軽蔑され、社会的信頼は失墜します。

1-4.彼氏や彼女ができるチャンスを失わない

不倫を回避すれば将来ある恋愛のチャンスを逃さなくて済みます。アラサーで会社の上司や先輩、後輩、同僚との職場不倫は長期期間になりがちです。その間、本命も同時に探せば傷口が深くならないかもしれません。ただ、不倫は通常の恋愛と同じ感覚な場合も多いです。不倫相手が「いずれ離婚して、あなたと結婚する」その言葉を信じ待つ人もいるでしょう。また、職場不倫では毎日会えますし、悩みを言い合えて関係が深まりやすいです。不倫を続け、結局別れるとなれば同年代の友達はすでに結婚し、独身は自分だけという状況もあります。30代~40代では20代より恋愛のチャンスは激減するでしょう。女性ならなおさらです。

2.不倫と悩みを回避するポイント

不倫を回避する方法を理解していれば、冷静に対処ができます。ポイントは、心理状態やそのときの状況です。

2-1.寂しさなど悩みや心理状態が影響する

不倫は心理状態が関係すると言われています。既婚者の場合、夫婦関係が希薄なことも不倫につながる原因のひとつです。子供ができてかまってもらえない、セックスレス、会話もない状態では寂しくなります。そんなとき、相手をしてくれる存在が現れると甘えたくなるのです。

男性に多いのは家での立場が弱いことでしょう。頼られない、一家の長(ちょう)として見られていない状態のとき、自分を頼りがいのある男性としてみてくる相手が現れれば気持ちが流されることも多いです。

ストレスの蓄積も考えられるでしょう。仕事上、強いストレスにさらされ続けると、逃げ場が欲しくなるものです。それが、不倫というケースも少なくありません。他にも、安定した生活だけど刺激が足りない、自信がないなど、そのときのさまざまな心理状態で人は不倫に走ります。上記のような理由ひとつだけではなく、複数からみあっている場合もあるでしょう。

2-2.不倫や浮気を回避するためリスクを理解

不倫を回避するには上記のような原因を知った上で対策をすることです。一番の心理的な対策は『ばれたときのリスク』の理解でしょう。慰謝料請求のような経済的なリスク、社会的な信頼を失うリスク、不倫相手が離婚せず結局、不毛な時間を過ごすリスクなどあります。このようなリスクを理解すれば不倫の歯止めになるでしょう。自分を好きになれず不倫をする人は、恋愛依存症体質です。自信がないので求められると嬉(うれ)しくなり不倫もします。このような人は、まず自分を好きになってください。自信を持つため目標を作り頑張る、おしゃれをするなど、日々の生活を通し自分を好きになりましょう。目標に向かい、努力をすれば、忙しくなり不倫に割く時間がもったいなくなるでしょう。

2-3.不倫の原因やきっかけを回避する

物理的な方法として、既婚者から誘われるような隙(すき)を見せないことは大前提です。「お礼に」と言われ一対一での食事に誘われても断りましょう。その気がなくとも、会社の人に目撃されれば、あらぬ噂を立てられます。仕事上でのメールやライン、電話はしかたないですが、プライベートの内容では必要最低限のやりとりで終えてください。メールや電話がきっかけとなり、気を許して不倫という場合もあるからです。基本的に、ふたりきりになるのも避けましょう。

2-4.恋愛につなげないため勘違いされるのを回避

勘違いされないことが大切です。女性の場合、相手に軽い気持ちでボディータッチをするかもしれません。ボディータッチは勘違いされやすい行為です。基本的に嫌いな人、苦手な人に人は触れたくありません。そのため、好意と勘違いされる可能性もあるので注意してください。配偶者や恋人が居るなら、相手にはっきり伝えることも大事です。居なくても「不倫をするつもりはない」と強い意志を持ち拒否しましょう。

3.パートナーの不倫を回避する方法

自分ではなく夫や妻が不倫や浮気をする場合もあります。旦那が悪い、嫁が悪いと一方的に相手を責めてはいけません。配偶者に不倫をさせないための配慮も必要です。

3-1.旦那や嫁への思いやりが大事

パートナーに感謝の言葉を伝えてください。男女共に不倫に走る原因のひとつは愛されていない感覚や寂しさです。仕事や家事を頑張っても、当然のような態度を取られると不満も生まれます。男性の場合、頼りにされないとプライドが傷つくのです。女性も女としてのプライドがあります。毎日、寂しい想(おも)いをしているとき、好意を持ってくれる人が現れれば不倫に走ってもおかしくありません。感謝を伝えれば、存在が肯定されます。「いつもありがとう。おつかれさま」一言だけで頑張りが報われた気がするものです。恥ずかしがらず、素直に感謝を伝えることで不倫を予防できます。

3-2.夫や妻とふたりきりの時間を作る

ふたりきりの時間を作ることで、日々の小さな問題を解決できます。子育てや仕事が忙しければ、パートナーをかまう余裕も消えるものです。ふたりきりの時間が減れば、問題修復のチャンスも減ります。お互い不満が生まれ、すれ違いが増えるのも不思議ではありません。お互い、相手が何を考えているか分からなくなりストレスもふくらみます。子育てや仕事の忙しさがぶつかれば逃げ場を求め、結果、不倫につながるのです。ふたりきりの時間を作ることで、落ち着いて会話や相談もでき、信頼を取り戻せます。

3-3.セックスレスが心の別れにつながるので注意

セックスレスなら改善しましょう。子供が生まれる、年齢が高くなると、セックスの回数も減るものです。女性は妊娠から出産まで女性ホルモンが大きく変化すると言われています。出産前に、エストロゲンやプロゲストロンの分泌がピークに達するからです。しかし、出産後はホルモン分泌が一気に減ります。授乳期では、プロラクチンという母性本能を高めるホルモンが分泌されると言われているのです。出産後、女性から母親になり性欲が湧かなくなるのは、ホルモンバランスの変化が大きく影響するという話もあります。新生児のお世話でストレスも溜まるでしょう。他にも、体の変化で女性はセックスレスになります。ただ、男性は性欲を満たせないと心身が充実しません。セックスレスが続けば不倫で性欲を満たしたくなる男性も居るのです。お互いの事情を理解し合い、セックスで愛情を確かめるのも不倫予防につながります。

3-4.相手にもひとりの時間を作らせる

夫婦ふたりの時間も大事ですが、ときにはひとりの時間を作り合ってください。夫婦だから、何でもふたりでしなければならないわけではありません。夫婦でも人間ですから、ひとりになり、考え事をしたいときもあります。パートナーが趣味を楽しんでも尊重せず、息抜きの時間を奪い合うのは最悪で息苦しいだけでしょう。そうならないよう、ひとりの時間を作り合ってください。心に余裕が生まれ、不倫をしたくなる心持ちにならないものです。

4.本気で不倫を回避するためのポイント

自分、旦那、嫁の不倫を本気で回避したいならポイントやコツを知っておきましょう。浮気心が出て不倫になったときの抑止力になるはずです。

4-1.別れや離婚後の結末を想像する

不倫を回避する一番のコツは、終わりを考えることです。リスクへの理解は、不倫回避につながります。不倫をはじめたときは、楽しいかもしれません。しかし、自分は遊びのつもりでも、不倫相手が本気になれば爆弾を抱えているようなものです。別れ話をしても、恨まれて配偶者に不倫のことをぶちまけられる可能性も0ではありません。不倫を回避するため、チャンスが生まれても、悲しい結末を考えてみてください。

4-2.不倫してもすぐ終わる勇気を持ちましょう

不倫関係となっても、続けるのではなく断ち切る勇気を持ってください。不倫をはじめたときは、火遊びだったかもしれません。しかし、時間が経過すればするほど、不倫が普通のことと錯覚する場合もあります。終わるわけがありません。家庭が大事ならどこかで断ち切らなければならないでしょう。配偶者との関係が絶望的なら、離婚して不倫相手と新しい家庭を作るのもそれは選択肢のひとつです。どちらにしても、どこかで決着をつけなければなりません。

4-3.不倫や浮気を確かめるため探偵に調査依頼も

配偶者が不倫をしているかどうか不安なら、探偵などに相談し確かめるのもよいでしょう。配偶者の出張が急に多くなった、残業が増えた、メールが来たら違う部屋に行くようになったなど、不倫のサインが見られたら不安になるものです。問い詰めて誤解なら、信頼関係が崩れる可能性も否定できません。自分で調べるのも、素人には限界があります。そんなとき、浮気調査などに強い探偵に調査をしてもらうことで答えをはっきり出せる場合があるのです。証拠は裁判になっても使うことができるので有効と言えるでしょう。

5.不倫を回避することへのよくある5つの質問

不倫を回避するために何をすればよいか、よくある疑問をご紹介します。

Q.既婚者かどうか見抜く方法はありませんか?
A.会社が休みのはずの土日に連絡がつかないと注意してください。休日は家族と一緒に過ごしている可能性があります。デートが平日の仕事終わりや遅い時間ばかりだと、相手は配偶者などに「残業」や「同僚と飲み」と言い訳が簡単にできるでしょう。独身者なら、休日こそ自由時間があるはずです。平日ばかりに会いたがる相手には注意してください。

Q.既婚者かどうか見抜く方法をもっと知りたい
A.平日や仕事終わりの時間しか会おうとしないだけではなく、デートをするのはいつも遠出という人も居ます。近場だと、自分の配偶者や知り合いに目撃されるリスクがあるからです。また、遠出で旅行となっても、配偶者に「急な出張」と言い訳ができます。「自分は独身」と言いながら、デートはいつもレンタカーで遠い場所へ旅行ばかりなら既婚者かもしれないと疑ってみてください。「たまには近場でデートを」と誘っても、絶対に拒否をするならかなり怪しいです。

Q.ふたりきりの食事に誘われるけど大丈夫?
A.既婚者からふたりきりの食事に誘われても、絶対行かないようにしましょう。「食事ぐらい」と軽い気持ちで受けると、相手のペースにはまる可能性があります。大人数ならまだしも、ふたりきりの食事ではお酒も入ると心に隙も生まれがちです。自分も既婚者で配偶者に不満があるなら、食事がきっかけでついつい流されるまま不倫関係になる可能性は十分にあります。そもそも、通常の食事なら、ふたりきりでなくても大丈夫なはずです。ふたりきりでなければならない理由はどこにあるのでしょうか? ふたりきりの食事やデートの誘いをきちんと断り、不倫のきっかけを作らないようにしましょう。

Q.既婚者ばかり好きになってしまうのはどうすればいい?
A.既婚者ばかり好きになる場合、自分の状況を冷静に考えてください。単純に、寂しいだけ、かまってほしい、ストレスが溜まっている可能性があります。単純に、疲れていて、スマートな優しい上司や先輩が優しくしてくれたら、ついつい流されてしまう場合もあるでしょう。しかし、時間が経過すれば冷めることも多いです。一過性の気の迷いだと落ち着いて自分の状況を見つめ直してください。

Q.自分の夫(妻)が不倫をしているのではないかと不安なんだけど見破る方法ってある?
A.不倫をしているかどうかを見破るコツのひとつに、カードの明細をチェックすることや、身だしなみに注意してください。ボーナスが出た、給料が上がったというわけでもなく急に金遣いが荒くなったり、預貯金の引き下ろし額が増えたりしたら気をつけたいところです。また、以前より衣服など、身だしなみに気を使うようになった、センスが変わったなら気をつけましょう。

まとめ

いかがでしたか? 不倫を回避する方法はたくさんあります。一番大事なのはリスクを考えることです。不倫関係は本来、正常な状態ではありません。人の道から外れる行為です。正当化しても、離婚となればどうなるか考えてみましょう。子供が居れば悲しむだけです。親として恨まれる可能性もあります。不倫相手も、逃げるかもしれません。残るのは自己嫌悪と後悔です。そうならないためにも、不倫を回避する方法を理解し、リスクある火遊びを避けましょう。