自分で浮気調査する危険性! 探偵の調査方法との比較は?

パートナーの浮気を疑った時、気になってつい自分で調べようとしてしまう方もいらっしゃるかもしれません。ですが、少し待ってください! 浮気調査を自分でおこなうのは失敗のリスクばかりです。今回はそんな失敗例や、調査会社に頼むべき本当の理由をご紹介します。

  1. 浮気調査は自分でできる?
  2. 浮気調査の失敗例
  3. 浮気調査が失敗する原因
  4. プロに依頼すべき理由
  5. 浮気調査の依頼先の選び方
  6. 浮気調査の失敗などについてよくある質問
  7. まとめ

自分で浮気調査をしてみようと思っている方、すでに挑戦中の方はいったん落ち着いて、この記事を最後まで読んでみてください。「自分で調べなくて正解だった……」と思うはずです。絶対に役立つ調査会社の選び方などもご紹介しますので、参考にしてみてください。

探偵への調査依頼を検討している方はこちらもチェック!

1.浮気調査は自分でできる?

パートナーの浮気を自分で調査することは可能なのでしょうか? 尾行するくらいなら……と簡単に思われるかもしれませんが、素人の尾行は想像以上にあっさりとバレてしまいます。また、万が一うまくいったとしても、写真などの証拠がないと慰謝料や裁判では役に立ちません。写真撮影は尾行以上に難しいものです。

2.浮気調査の失敗例

2-1.失敗例1:尾行の失敗

尾行は案外難しいものです。つかず離れず一定の距離を保ちながらあとをつけなければなりません。素人の尾行では、電車の乗りかえや、車の信号待ちなどでターゲットを見失ってしまう失敗がよくあります。

2-2.失敗例2:写真が撮れない

仮に尾行がうまくいったとしても、客観的な証拠となる写真や動画が撮影できなければ意味がありません。こっそりと写真を撮るには技術がいります。バレないように慎重になりすぎてカメラや携帯電話を取り出せなかったり、無理やり撮影しても被写体がぼやけて何が写っているかわからなかったりするというのも、素人の浮気調査のよくある失敗です。

2-3.失敗例3:行動・態度でバレる

浮気調査を自分でおこなう場合、少なからず動揺したり緊張したりしてしまいます。帰宅してからも平静を装うのはほぼ不可能でしょう。「私は絶対大丈夫! 」と思う人ほど陥りがちな失敗です。

3.浮気調査が失敗する原因

3-1.原因1:慣れていない

普通の生活をしていれば、尾行や調査に慣れているという人はまずいないでしょう。慣れていないことをする時は必ずボロが出てしまうものです。これでは相手にバレてしまうのも時間の問題でしょう。

3-2.原因2:撮影のスキル・機材がない

パートナーの決定的な浮気現場を見た時、一般人がその瞬間に撮影するのはほぼ無理です。ある程度距離を取っていますので、スマホや携帯電話のかめらでは鮮明な写真は撮れないでしょう。かといって、一眼レフカメラなどのグレードの高いカメラを街中で構えては即効でバレてしまいます。

3-3.原因3:単独行動しかできない

自分で尾行や調査をしている時に、ターゲットを見失ったら手の打ちようがありません。また、引き上げる際にもターゲットよりも早く帰宅しなければなりませんし、食事の支度などを整えていなければならないこともあるでしょう。このように、素人の単身での調査には限界があるのです。

4.プロに依頼すべき理由

4-1.理由1:顔が差さない

自分でパートナーの尾行調査をする場合、当然相手はあなたの顔を知っていますので、見つかった瞬間に終了です。しかし、探偵や調査会社の人間は相手にとっては見知らぬ人なので、バレる確率が圧倒的に下がります。もちろん、プロの尾行では疑わしいと思われることもありません。

4-2.理由2:尾行・撮影のスキルがある

プロの調査は、尾行のテクニックはもちろんのこと、撮影においても豊富なスキルと機材があります。遠距離・暗所であっても、プロに任せれば裁判などで有効となる高レベルの写真が撮れるはずです。

4-3.理由3:心に余裕ができる

浮気や不倫をされてただでさえ弱っている心を、自分で調査することによってさらに弱らせることは得策とはいえません。浮気の事実が発覚し、決定的な証拠を見せられれば、当然ショックを受けてしまいますが、人に任せることによって少し冷静に事実を受け入れられるはずです。

5.浮気調査の依頼先の選び方

自分で浮気調査をすることの難しさと危険性がおわかりいただけたかと思います。では、調査会社や探偵業者はどうやって選んだらいいの? と思った方のために、依頼先の選び方のポイントをご紹介します。

  • 高いスキル・経験・ノウハウがある
  • 料金システムが明確である
  • 無駄に調査を引き延ばしたりしない
  • 報告が丁寧・こまめである
  • 裁判所で使用できる証拠を押さえられる
  • 探偵業届出などの許可がおりている

6.浮気調査の失敗などについてよくある質問

6-1.探偵業者も調査で失敗するのでは?

ノウハウの少ない業者では、調査失敗する可能性が高くなるでしょう。そのため、実績において必ず信用できる業者を選んでください。過去の事例や件数などで実績をうかがい知ることができるでしょう。

6-2.浮気調査の証拠とは?

弊社では、調査報告書を提出いたします。日付入りの写真・書面や動画(DVD)などです。具体的な報告書のサンプルはこちらをご覧ください。

6-3.浮気調査でやってはいけないことは?

パートナーを問い詰めると警戒心が高くなり、浮気調査が非常に困難になります。また、別居もおすすめできません。夫婦生活が破たんしていると認識されて、離婚することになった場合に裁判で不利になってしまう可能性があるからです。

6-4.浮気調査費用を安くおさえるには?

調査費用は調査時間帯によって異なり、調査時間が長いほど費用がかかってしまいます。 そのため、パートナーの行動や様子を観察して、最も怪しい時間帯や曜日をチェックしておくのがおすすめです。これがわかっていれば、調査が短時間で終わる可能性があがります。弊社では無駄に調査を引き延ばすことはいたしません。お客様に定期的に確認や報告をしながら、なるべく短時間で調査を引き上げるような体制をとっております。

6-5.浮気調査のために携帯電話をチェックしようと思うのですが

携帯電話やスマホは、パートナーだからこそ調べられる有力な証拠が詰まっている可能性もあります。しかし、画面ロックの解除、アプリの使用履歴・既読未読など、バレずにチェックを済ませるには難しい点が多いです。また、浮気を疑っていることがバレると調査が困難になる可能性もあります。ですから、よほどの事情や自信がなければ見ないでおいたほうがよいでしょう。

7.まとめ

いかがでしたでしょうか。浮気調査の難しさがおわかりいただけたと思います。自分で浮気調査をすると失敗のリスクが多く、労力や時間を使うばかりでいいことがありません。調査会社に任せることで、時間・労力をお金で買うことができるばかりか、有力な証拠をつかむことができるでしょう。浮気調査の失敗は、夫婦関係・交際関係の破たんにもつながってしまいます。浮気が疑わしい場合には、無理に自分で調べず、調査会社の利用を検討してみてください。