不倫依存は体質なの? 不倫グセが治らない人の対策や解決方法教えます。

性別・年齢は関係なく、「悪いとわかっていても、不倫はやめられない」という人がいます。また、「配偶者に内緒にすれば、迷惑をかけるわけでもないから不倫はやめない」と、まったく罪の意識がなく不倫を繰り返す人もいるのです。そのような人は、不倫そのものに依存をしているので、なかなかやめることができません。そんな配偶者の不倫を、どうしたらやめさせることができるのかとお悩みの方はたくさんいます。そこで、不倫依存症の原因や特徴、やめ方や対策などをご紹介しましょう。

  1. 不倫と依存について
  2. 不倫に依存してしまう原因
  3. 不倫に依存しやすい人の特徴
  4. 不倫関係への依存をやめるために
  5. 不倫依存タイプの人との別れ方と対策
  6. 不倫依存〜よくある質問〜

この記事を読んでいただければ、不倫依存についてのさまざまなことや解決法などが見つかるでしょう。ぜひお悩みを解消するためにお役立てくださいね。

1.不倫と依存について

「いけないとわかっているけど、やめられない」「やめたいと思っていてもやめられない」のが「依存状態」です。依存の対象としては、薬物・お酒・たばこ・ギャンブルなどが有名ですが、最近ではショッピングや甘いお菓子などの依存症も増えています。そして、ひそかに増加しているのが不倫に対する依存症です。一体、どのようなものなのでしょうか。

1-1.依存のような不倫とは?

「不倫」とは、配偶者がいる相手と越えてはいけない一線を越え「男女の関係」になる行為です。不倫には、肉体関係だけのわりきった関係や、配偶者にばれない程度に秘密の恋愛を楽しむ関係などいろいろな種類があります。中には、本気で愛した相手が実は結婚していたと知って悩んでいる人もいるでしょう。

不倫依存症の場合は、「不倫そのものが好きな体質」なので、たとえ配偶者にばれても何度でも繰り返します。薬物やお酒、たばこなどをやめようと思っているのにやめられないのと同じです。チャンスさえあればすぐに飛びついてしまいます。それほど悪いことだとは思っていない人も少なくありません。

1-2.通常の不倫との違い  

通常の不倫は、一般的には以下のようなパターンになります。

  • 相手の外見や肉体に欲望を抱き、おさえきれずに男女の関係を持ってしまった
  • 相手に抱いていた好意が、いつの間にか異性としての恋愛感情になり男女の関係を持ってしまった

最初は配偶者を裏切るつもりなどなかったのに、相手の魅力にあらがえず不倫関係に進んでしまうケースは多いのです。しかしながら、不倫依存症の場合は、自分から率先して浮気をします。職場や日常生活で常に浮気相手を物色し、チャンスさえあれば積極的にアプローチして相手を「落とす」のです。不倫をすることそのものが好きなので、このプロセス自体をゲームのように楽しみます。そして、そのスリリングな感じが楽しくて何度でも繰り返してしまうのです。

1-3.共依存について

前項でご紹介したような不倫依存症は、男性に多くみることができます。1人の相手と安定した関係を続けるのが苦手・束縛(そくばく)が嫌い・常にスリルを求めたいなどのタイプの人が多いようです。そして、女性で不倫ばかり繰り返す人に多いのが「共依存症」タイプになります。「相手に尽くしたい」「必要としてもらえるのが喜び」「自分が彼を助けている」と思うことで、「自分の価値を感じることができる」と考える人です。不倫依存症の人と共依存の人は、お互いに磁石のように引き合うので、出会ってすぐに深い関係になることも多くなります。

2.不倫に依存してしまう原因

2-1.心理状況と原因

前項でご紹介したように、不倫に依存してしまう原因はその人の「性格・性質」だからです。薬物・お酒・たばこなどのように、「好きなもの」だからなかなかやめられません。不倫関係になることを本能的に身も心も求めているので、チャンスがあるとすぐ行動に移してしまいます。中には、「そろそろやめなければ」と思っている人もいますが、自分ではどうしようもなく不倫を繰り返してしまう人もいるのです。

3.不倫に依存しやすい人の特徴

不倫に依存しやすい人は、どのような特徴があるのでしょうか。男女別に例を挙げてみました。

3-1.男性の特徴

  • 浮気は男の甲斐(かい)性だと思っている
  • 不倫は配偶者に対する裏切りだとは思っていない
  • 道義(どうぎ)よりも、自分の欲望を優先する
  • 浮気をゲームやギャンブルのような感覚でとらえている
  • 自分が浮気をするのは妻にも責任がある

これらのベースにあるのは「自己中心的な考え方」だといえるでしょう。「不倫相手が好き」というよりも、「不倫をしている自分が好き」なのです。「配偶者や不倫相手を傷つける」という発想はまったくないといっても過言ではありません。

3-2.女性の特徴

前項の特徴は、男性限定ではありません。女性でもそのような考え方の持ち主はいるのです。さらに、「1-3.共依存について」で取り上げた「共依存」は女性に多いのですが、以下のような特徴があります。

  • 自分に自信がない
  • 誰かに認めてもらいたいと常に思っている
  • 優柔不断で自分の意見を持っていない
  • 流されやすい
  • 常に「彼」がいないと不安なので相手に配偶者がいても構わない

3-3.不倫のチェック方法

もし、自分の夫や妻が前項で挙げたような性格で、「不倫をしているかも?」と疑惑を抱いているならチェックをしてはいかがでしょうか。自分でもできる方法をご紹介します。

3-3-1.日常生活のチェック

  • 帰宅時間は変化しているか
  • 決まった曜日に「残業」や「飲み会」などの予定が増えていないか
  • 「出張」や「休日出勤」が増えていないか
  • 飲食物やテレビ番組、音楽などの嗜好(しこう)の変化
  • 下着や靴下、ハンカチなどにこだわり始めた
  • 今までつけていなかったコロンや整髪料などを使い始めた
  • 財布に、見知らぬレストランやカフェなどのレシートが入っている

3-3-2.携帯電話のチェック

  • ロックをかけている
  • 肌身離さず持ち歩いている(トイレや風呂場など)
  • SNSやメール、ラインなどをこまめにチェックしている
  • 電話がかかってきても相手の名前を見てでないことがある
  • 電話がかかってきたとき「お世話様です」など、仕事の電話を装いつつ離れて会話をすることが多くなった

3-3-3.車のチェック

  • 車をこまめに掃除するようになった
  • 「ちょっとコンビニへ」などと車でよく外出する
  • ガソリンの減りが早い
  • 助手席の位置が変わっていることがある
  • 灰皿のチェック(配偶者が愛用している銘柄以外の、たばこの吸いがらがある、ガムはかまないのに包み紙が捨ててあるなど)

4.不倫関係への依存をやめるために

不倫依存症は、本人にとっても不倫相手にとっても配偶者にとってもいいことは1つもありません。やめるためにはどのような方法があるのでしょうか。

4-1.自分でできる克服方法

不倫に対して罪悪感がなく、ゲームのように次から次へと繰り返す男性(女性)の場合は、「自分で不倫依存をやめたい」とは思いません。しかしながら、何かのきっかけで「不倫に依存をするのをやめたい」と思い始めたら、まずは自分で自分の感情を見つめてみましょう。

  • 本当にその不倫相手のことを愛しているのか
  • 現在の結婚生活(子どもも含めて)を失ってまで、不倫を続けたいのか
  • 不倫がしたいのではなく、不倫をしている自分が好きなだけではないのか

相手に連絡をしない・仕事に専念する・家族と数日間旅行に出かけてみるなど、距離を置いてみましょう。また、信頼できる友人や先輩などに相談して、客観的な意見を聞くのもおすすめです。

4-2.共依存の人の克服方法

不倫に共依存している独身女性の場合も、相手と距離を置くのが1番です。数日間、携帯電話やメール、ラインなどで連絡をせず、自分で自分の心の中をのぞいてみましょう。

  • 本当はその不倫相手ではなくてもいいのではないか
  • とりあえずさみしいから付き合っているだけなのではないか
  • こそこそ人目を忍んで食事をしたりホテルに行ったりする付き合いで本当に満足なのか
  • もし、独身の彼氏だったらもっといろいろな場所に出かけたり、友人を交えて飲みに行ったりできるのではないか

「このままでいい」と不倫で満足するのは、「もっと幸せがほかにあることから目をそらしているだけなのでは?」と、客観的に考えてください。

4-3.パートナーができること

配偶者の不倫依存症でお悩みなら、1度相手とひざを交えてじっくりと話し合ってみましょう。自分が傷ついていることを率直に伝え、「これ以上不倫を繰り返すなら離婚も辞さない」と訴えてみてはいかがでしょう。もし配偶者が「いつものように謝れば許してくれるだろう」と思って不倫を楽しんでいるのであれば、一定の効果が期待できます。もしくは、自分の思いを手紙に書いて、2〜3日ホテルに泊まるなどして相手の出方を見るのもいいでしょう。

また、相手の言い分を聞くことも大切です。「もっと優しく接してほしい」「仕事のグチを聞いてほしい」など、相手も不満を持っていることがあります。結婚生活に対する不満や物足りなさ、さみしさなどから不倫を繰り返しているようなら、改善する余地はあるでしょう。

4-4.相談先

配偶者の不倫はつらいものです。しかしながら、「みっともない」「家の恥」と1人で抱え込み誰にも相談しない人もいます。信頼できる友人や家族などに話をしてみてはいかがでしょうか。ただし、「親しい人だからこそ話しにくい」ということもあります。そんな場合は、探偵社アヴァンスにご相談ください。経験豊富な相談員がお悩みをうかがい、無料でアドバイスを致します。ご相談方法は、電話・FAX・WEBがあるのでお気軽にご利用ください。

4-5.注意点

配偶者の不倫に悩むあまりに、自分で不倫相手をつきとめようと携帯電話やパソコンを調べることもあるでしょう。また、尾行をする人もいます。けれども、配偶者にばれて相手の警戒心を高めるだけとなってしまうことも多いのです。また、配偶者同士でもプライバシーの侵害になってしまう行為もあります。思いきった行動をする前に、本当にその方法で間違っていないのか冷静になって考えてください。

5.不倫依存タイプの人との別れ方と対策

不倫依存をやめない配偶者に心身ともに苦しめられている場合、思いきって別れて、あなた自身の人生を取り戻したほうがいいこともあります。別れ方や対策をご紹介しましょう。

5-1.依存が治らない場合は

話し合いをしても配偶者が不倫をやめない場合、別れる決意を固める・離婚の準備をする・プロに不倫調査を依頼する方法をとりましょう。

5-1-1.離婚、慰謝料などの必要性がある場合の準備

慰謝料など自分に有利となる離婚をする場合は、「浮気の証拠集め」が大切です。前述したように、自分で証拠集めをしようとしてばれると相手が証拠をもみ消す恐れがあります。自分でチェックできることだけをして日付入りでメモを残し、尾行や証拠写真・動画撮影・不倫相手の身元調べなどはプロにお任せするほうが確実です。

5-2.不倫調査について

プロが行う不倫調査とは、どのようなものがあるのでしょうか。探偵社アヴァンスの調査内容をご紹介します。

  1. まずは、無料相談でご依頼者様のお話をうかがう
  2. 打ち合わせの上、ご指定の日時から調査をスタート
  3. 対象者様の張り込みや尾行・追跡などで不倫相手の特定・調査を行う
  4. 顔がわかる証拠写真や動画を撮影
  5. 調査現場からご依頼者様にメールや電話などで報告
  6. 写真つきの詳しい調査報告書を提出

アヴァンスの報告書は、裁判や調停で証拠として利用できるものです。調査報告書のサンプルはこちらをごらんください。ご依頼の際には、対象者様の情報をできるだけ詳しくいただけると調査時間と費用の削減になります。

  • お名前
  • 身長や体重
  • 正面、横顔などの写真や動画
  • 移動手段
  • 勤務先やよく立ち寄る場所(カフェやジム、商業施設や飲食店など)
  • 行動が怪しい日(残業や飲み会などと称して夜遅くなるなど)
  • 不倫相手の心当たり

5-3.不倫調査を行う業者について

不倫相手は探偵事務所に依頼します。業者選びのコツや気になる費用面などをご紹介しましょう。

5-3-1.業者選びのコツ

不倫調査を依頼するときは、あなたや配偶者の個人情報を渡します。そのため、信頼できる会社を選ぶことが大切です。いくつか候補をしぼったら、複数社にサービス内容や料金などの問い合わせをしてみましょう。対応がていねいで料金も明快な会社を選んでください。

探偵社アヴァンスは、不倫調査のキャリアと実績があります。広告や営業を行わないことで経費を削減し、ほかの会社よりも安い調査費用を実現している会社です。さらに、千葉県で唯一「日本調査業協会認定合格者」が2名在籍しているので、確実な調査内容をお約束しています。まずは、キャリアのある相談員がお悩みを無料でうかがいますのでお気軽にご相談ください。調査後に離婚をご希望の場合は、各分野の専門家をご紹介するなどのアフターフォローも行っています。

5-3-2.業者に依頼するメリット

不倫調査は、経験のない素人の方には難しいものです。ましてや、裁判で有利になる確実な証拠を集めるのは、不可能といっても過言ではありません。プロに依頼すれば、慰謝料の請求や離婚調停で通用する証拠を手に入れることができます。自分で調査する必要がないので普段どおりに生活ができ、調査対象である配偶者に怪しまれることもありません。また、不倫の決定的な証拠を見ることで、1人で悩むことに終止符を打つことができ、前向きな選択をすることができるでしょう。

5-3-3.費用

不倫調査の場合、調査の期間によって費用は異なります。探偵社アヴァンスの料金の一例をご紹介しましょう。

  • 1日お試しパック(4h):45,000円(税別)
  • 4日パック(16h):190,000円(税別)
  • 6日パック(24h):285,000円(税別)
  • 8日パック(32h):380,000円(税別)

調査は2名1チームで行います。調査中に人員を増加して追加料金を請求するようなことはありません。料金には、事前調査費用・車両費・機材費・フィルム代・写真現像代・CD作成代・調査報告書作成費などが含まれます。アヴァンスでは、調査において明確な料金を提示し、お見積もり以外の料金は請求いたしません。一見、安い調査料金を提示しつつ、後から事前に知らせていない実費や経費を請求するような事務所には注意してください。

5-3-4.注意点

探偵業者はたくさんありますが、きちんとした業者は自治体の警察に「探偵業の届出」を提出しています。そして、届出の証明書を事務所内の見えやすい場所に額などに入れて提示しているのです。ホームページの会社概要にも「探偵業届出 ○○県公安委員会 第00000000号」と記載しています。どこにも記載していない業者には依頼しないようにしてください。また、依頼相談の際に事務所に招き入れず、喫茶店などを指定する業者にも注意しましょう。本当は事務所を構えていないか、探偵業届出証明書がないことが多いのです。身元がきちんとしている信頼できる業者を選んでください。

6.不倫依存について〜よくある質問〜

不倫依存についてよくある質問をご紹介しましょう。

6-1.不倫をしやすい時期

Q.浮気や不倫をしやすい時期などはありますか。

A.一般的には、正月やゴールデンウィークは家族と過ごすのが当たり前となっているので不倫がしづらい時期です。浮気や不倫をしやすいのは、ホワイトデーの直後・会社で新人の歓迎会などが増える4月・ゴールデンウィークの前後・クリスマスの直前といわれています。

6-2.不倫の証拠について

Q.配偶者が不倫をしている場合、離婚して慰謝料を請求するにはどのような証拠が必要ですか。

A.証拠能力が高いのは以下のようなものになります。

  • 肉体関係があったと推測できる内容のメールやSNS
  • ホテルに出入りしている写真や動画
  • 性行為の写真やそれに近い写真や動画
  • 配偶者・不倫相手が不倫の事実を認めた音声の録音
  • 肉体関係があったことを推測できる領収書(ラブホテルなど)
  • ホテルに出入りする写真や目撃情報などをまとめた探偵会社の報告書

6-3.不倫調査の相談について

Q.探偵会社に不倫調査の相談をしたいのですが、どのような人が相談に乗ってくれるのか心配です。

A.会社によっては相談員が対応するケースも多いのですが、探偵社アヴァンスの場合は、実際に不倫調査を行う調査員が対応します。そのために、どのような質問でも調査する立場から明快に答えることができるのです。もし、男性スタッフには話したくないようでしたら、女性スタッフもおりますので安心してご相談ください。

6-4.慰謝料を請求するための証拠

Q.夫が何度も不倫を繰り返します。心身ともに疲れたので、離婚して慰謝料をもらい人生をやり直したいです。不倫の証拠になるものは、プロに依頼して集めてもらったほうがいいでしょうか。

A.離婚して慰謝料を請求するときに必要となる証拠は、「6-2.不倫の証拠について」をごらんください。これらの証拠は、一般の人が集めるのは不可能に近いものです。プロに依頼をして集めることをおすすめします。探偵社アヴァンスは、不倫調査はもちろんのこと、離婚分野に強い法律の専門家をご紹介するなどアフターフォローを行っておりますので、ぜひご相談ください。

6-5.不倫相手と別れたい

Q.不倫相手と別れ独身の人と出会い結婚したいです。けれども、相手が別れてくれず、ついずるずると会ってしまいます。どうしたらいいでしょうか。

A.まずは、本気で別れようと固く決意してください。そして、その旨をきっぱりと相手に宣言しましょう。そして、次のことを実行してください。

  • 相手の電話は着信拒否にする
  • 相手の電話番号やメールアドレスなどを消す
  • 思い出になる写真や品物は捨てる
  • できれば引っ越す

とにかく、相手と会わない、連絡をとらないことから始めましょう。引っ越すのが難しかったら、数日間旅行に出かけるか友人の家に泊まるなどして家を留守にしてください。「本気で別れようと思っているんだな」と相手が気づくことが大切です。

7.まとめ

いかがでしたでしょうか。不倫依存症や解決方法などがおわかりいただけたかと思います。本人が「不倫をやめたい」と思いつつ、なかなかやめられない場合は、話し合いなどの解決策がありますが、相手がやめる気がない場合は離婚も視野に入れるほうがおすすめです。配偶者の不倫は、1人で悩んでいても何も解決しません。信頼できる友人に相談する、プロの調査を依頼するなど解決への第1歩を踏み出しましょう。探偵社が撮影した「不倫の動かぬ証拠」を見て、「気持ちが決まった」「悩むのはやめた」という人は少なくありません。まずは、1人で苦しまずに不倫調査のプロ、探偵社アヴァンスにご相談ください。