パートナーが同性と浮気をした場合の対処法は? 不貞行為になるの?

パートナーによる同性の浮気に悩んでいる方は、近年増加傾向にあります。同性との恋愛に寛容になっている今の時代、オープンに同性と付き合う人も増えているのです。パートナーが同性と浮気した場合、不倫の判断材料となる「不貞行為」はどうなるのでしょうか。

そこで本記事では、同性との浮気について解説します。

  1. 同性との浮気は不貞行為にならない?
  2. 同性との浮気でも慰謝料請求はできるか?
  3. 同性との浮気の証拠をつかむ方法
  4. 同性との浮気に関してよくある質問

この記事を読むことで、パートナーが同性と浮気をしたときの対処法が分かります。悩んでいる方はぜひチェックしてください。

1.同性との浮気は不貞行為にならない?

パートナーが同性と浮気関係になった場合、不貞行為になるのでしょうか。異性の浮気とは違う点についても解説します。

1-1.不貞行為とは性行為があったかどうか

法律上における不貞行為は、「配偶者以外の異性との性行為」を指します。体の関係があると立証された時に不貞行為と認定されるのです。その証拠として採用されるのが、浮気相手とホテルに入る瞬間が記録された写真・動画となります。誰が見ても不貞行為があったとみなされる証拠を提示すれば、裁判でも不貞行為が認定されるというわけです。

1-2.同性の場合は不貞行為と認められない可能性もある

不貞行為はあくまで、異性との体の関係、つまり男女間に限ると考えるのが、現在の法解釈になります。つまり、同性と浮気した場合は、性交渉を伴わない関係とみなされ、不貞行為には当てはまらないとみなされる可能性が高いのです。そのため、男女間の不貞行為が離婚事由に認められますが、同性間の不倫で離婚をする場合は不貞行為が離婚事由にはなりません。
ただし、同性愛者が認められ始めた時代とともに、解釈が変化しつつあります。不貞行為とされなくても別の理由で慰謝料請求や離婚事由となることもあるのです。

1-3.男女の浮気よりも証明が難しい

同性による浮気は、男女の浮気よりも証拠の立証が困難になります。なぜなら、同性同士であれば、2人で食事をしたり出かけたりしても疑問を持たれにくいからです。また、男性や女性同士でホテルに泊まったとしても、異性同士とは違い、不貞行為があったと確定するのは難しくなります。同性間の浮気は男女間よりも証拠をつかみにくく、浮気を立証するのが難しいと言われているのです。

1-4.不貞行為の概念が変わる可能性もある

現在の法解釈では、不貞行為は男女間でのみ成立すると考えていますが、今後はその概念が変わる可能性があります。下級裁判所の判例によると、不貞行為について「性別の同じ相手方と性的関係を持つことも含まれるというべきである」と示したものもあるのです。LGBTの存在が認知された現在、不貞行為の解釈は、大きく変化する可能性が高いでしょう。

2.同性との浮気でも慰謝料請求はできるか?

同性との浮気が不貞行為とみなされない場合、慰謝料請求や離婚の要求はできるのでしょうか。

2-1.不貞行為以外も離婚事由となる

不貞行為以外にも、裁判で離婚を請求できる理由(法定離婚事由)があります。たとえば、以下のとおりです。

  • 悪意の遺棄
  • 3年以上の生死不明
  • 回復の見込みがない強度の精神病
  • そのほか婚姻を継続しがたい重大な事由

同性との浮気は4つ目の「そのほか婚姻を継続し難い重大な事由」に該当する可能性があるでしょう。離婚訴訟を起こす場合は、パートナーの浮気や婚姻関係の破綻などを証明する必要があります。また、パートナーの浮気によって精神的なダメージを受けた・精神病になってしまったという場合は、3つ目の「回復の見込みがない強度の精神病」に当てはまることもあるのです。

2-2.精神的苦痛を理由に慰謝料請求も可能

同性との浮気が「婚姻を継続し難い事由」であることを証明すれば、それによってパートナーと浮気相手に慰謝料請求を起こすことも可能です。浮気によって夫婦の共同生活が破壊された・精神的な苦痛を生じることになったなどが例となります。実際に、過去の判決で、妻が同性と不倫したケースに慰謝料の支払いを認めた実例があるのです。ただし、この場合も、それを立証するための確実な証拠が必要不可欠となります。たとえば、精神科医による診断書などが確実な証拠になるでしょう。

2-3.確実な証拠が必要

離婚や慰謝料請求をするためには、確実な証拠が必要なので事前に準備しておきましょう。同性間の浮気の場合は、異性間との浮気と多少の違いがあります。「同性愛の不倫関係が婚姻関係を維持しがたい事由にあたること」「同性愛の浮気によって家庭が崩壊したこと」を立証する必要があるのです。たとえば、友人と旅行に行くと言っていたのに浮気相手と過ごしており、それが家族関係にどのような影響を与えたのかなどの記録が証拠となります。パートナーの浮気によって、自分がどんな悪影響を受けたのか具体的に記録しましょう。

3.同性との浮気の証拠をつかむ方法

同性間の浮気の証拠はつかみにくいデメリットがあります。ここでは、証拠をつかむためのポイントを解説しましょう。

3-1.自分でできる調査には限界がある

おそらく、ほとんどの人がパートナーの浮気を疑ったときに行動や振る舞いに敏感になるはずです。ただ、過敏に反応してしまうと疑っていることが相手にバレてしまい、守りが堅くなってしまうでしょう。確実な証拠をつかむなら、できるだけ平静を装い、パートナーにバレないよう観察しなければなりません。けれども、仕事や家事などやるべきことがたくさんあると、なかなかパートナーを見張ったり観察したりする時間もないでしょう。自分でできる調査はリスクが高く、限界があることを覚えておく必要があります。

3-2.確実な証拠をつかみたいならプロに依頼する

自分で証拠をつかむことができない・慰謝料請求ができる証拠を確実につかみたい方は、プロの探偵社に依頼することをおすすめします。探偵業のプロなので、パートナーにバレることなく浮気相手とのやり取りをチェックし、証拠をつかむことができるのです。また、浮気の有無を確かめたり、浮気相手がいつどこで出会った人なのかまで分かります。探偵社の多くは、浮気相手の素性まで調べてくれるところが多いのです。どんな人なのか分かれば、証拠が整い次第、パートナーに訴えることができるでしょう。

3-3.調査方法は追跡が基本、費用は45,000円~

具体的な調査方法は業者によって異なりますが、調査対象者の追跡・尾行が基本です。調査期間中にパートナーの一挙一動を観察してもらい、浮気相手と会った時間や場所などを正確に記録することができます。場合によっては、特殊な機械を使って証拠をつかむこともあるのです。また、費用は調査期間・調査員人数などで異なります。参考として、浮気調査を行っている「アヴァンス」の料金設定を以下にピックアップしました。

  • 1日お試しパック(4時間):45,000円(税別)
  • 4日パック(16時間):190,000円(税別)
  • 6日パック(24時間):285,000円(税別)
  • 8日パック(32時間):380,000円(税別)

具体的な費用に関しては、業者に無料見積もりを依頼してください。調査費用が明確になっているか、見積書の内容が細かく記載されているか確認してから依頼しましょう。

3-4.費用を節約するコツは調査期間の打ち切り判断

できるだけ調査費用を節約したいときは、調査期間の打ち切りを適切に行うことです。たとえば、アヴァンスでは1時間ごとに電話またはメールで現状報告を行っているため、常に現場の状況を把握できます。その結果、調査の打切りの判断がしやすくなり、調査費用の削減につながるのです。浮気が立証できる証拠をつかめば、事前に依頼していた調査期間中でも打ち切ることができ、余計な費用を支払う必要がありません。調査の状況を逐一報告している業者を選ぶことも、大切なポイントです。

3-5.悪質な探偵社に要注意!

業者の中には、きちんと調査を行わずに不当な費用を請求する悪質な業者が存在しています。実際に、悪徳業者に引っかかり、10万円以上のお金を無駄にした事例もありました。悪質な探偵社とのトラブルを未然に防ぐためには、信用できる業者を見つけることが大切です。探偵社を選ぶ際は、以下のポイントに注目するといいでしょう。

  • 浮気調査の実績があるか
  • 料金設定が明確になっているか
  • 高い技術と最新の特殊機材を持っているか
  • 適宜に現場の報告をしてくれるか
  • 親身になって相談に乗ってくれるか
  • 無料相談や無料見積もりを受けつけているか
  • 探偵業の許可を取得しているか
  • 口コミや評判がいいか
  • 弁護士紹介などアフターサービスが充実しているか

きちんと説明せず、すぐに調査を行おうとする業者には気をつけてください。相談や悩みを聞いてくれないところは悪質業者の可能性があるので要注意です。

4.同性との浮気に関してよくある質問

同性との浮気に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.疑いの段階でやってはいけないことは?
A.まだ浮気の有無がハッキリしていないときに、「浮気しているでしょ!」とパートナーを責めるのはNG行為です。もし、浮気をしていなかった場合、パートナー間の信頼関係が崩れてしまうかもしれません。たとえ、本当に同性と浮気をしていても、「証拠はあるのか?」と逆ギレされてしまう恐れがあります。そのため、疑う前に、浮気の有無をハッキリさせておかなければなりません。自分で調べられないときは専門業者に依頼しましょう。

Q.浮気調査を依頼する前の心構えは?
A.浮気が発覚したときの決断をしておくことです。離婚するのか、今のままの関係を続けるのか、ある程度心構えをしておいてください。また、パートナーの浮気が判明しても、慌てずに現状を受け入れる覚悟も持ったほうがいいでしょう。感情的になってしまうと、冷静に物事の判断ができなくなります。業者にお願いする前に、話を聞いてもらい気持ちを整理することも大切です。

Q.同性同士による浮気の場合、慰謝料金額はいくらぐらい?
A.浮気・不倫の場合の慰謝料は、約50万~300万円が一般的です。浮気の状況やされた側の精神的な負担、結婚生活の継続ができるか否かなど、さまざまな要素が絡み合うため、一概にいくらになるとは言えません。比較的、精神的苦痛が軽いとみなされるケースでは50万~100万円ほど、精神的苦痛が大きいと認められれば300万円以上になるケースがあります。具体的な金額に関しては、専門家に相談してください。

Q.自分から離婚を申し立てる場合は?
A.パートナーの浮気をきっかけに離婚を申し立てる場合は、2人で話し合う協議離婚や、調停委員を交えて話し合う調停離婚を行うことになります。相手との合意によって、同性との浮気を原因に離婚することができるのです。協議離婚・調停離婚で、金銭問題や親権の取り決めなどをしっかり決めておくことがポイントとなります。離婚の申し立てが分からない場合は、弁護士などの専門家に相談してください。

Q.同性との浮気が発覚したときの対処法は?
A.これからどうしたいのか具体的に決めた上で、相手と話し合う場を設ける必要があります。動揺する気持ちが大きく、冷静になれないときは一度距離を置きましょう。不安定になりやすい人は、離婚カウンセラーに相談することをおすすめします。配偶者が同性と浮気をしていて気持ちが動揺しているときに話を打ち明けるだけでも、気持ちが楽になるでしょう。あくまでカウンセラーなので、離婚をすすめられたり慰謝料請求をたきつけられたりすることはありません。

まとめ

パートナーが同性と浮気をした場合、異性との浮気とは異なり、法律上における「不貞行為」には当てはまる可能性が低くなります。不貞行為とは、男女間で成立するものと考えられているからです。そのため、離婚や慰謝料を請求する場合は、不貞行為そのものではなく、「婚姻を継続し難い事由」として証拠を集める必要があります。自分で証拠が集められないときは、プロの探偵社に依頼したほうがいいでしょう。パートナーに対し浮気を問い詰める前に、証拠を用意しておくことが大切です。