主婦が浮気した場合、慰謝料の請求は可能? 調査や相談の依頼先も!

「専業主婦が浮気した場合、慰謝料は請求できるのか?」と疑問に思う人は多いでしょう。結婚している夫婦には、配偶者以外の異性と肉体関係を結んではいけないという「貞操義務」があります。この義務を破った場合、浮気された配偶者は慰謝料を請求できるのです。しかし、浮気したのが自分の収入がない専業主婦だった場合はどうなるのでしょうか。専業主婦に慰謝料を請求することは可能なのか、いくら請求できるのか、知りたいですよね。この記事では、主婦が浮気した場合の慰謝料について詳しくご紹介しましょう。

  1. 主婦が浮気した場合の慰謝料について
  2. 浮気した専業主婦から慰謝料をもらう方法
  3. 浮気の調査や相談を依頼する方法
  4. 主婦の浮気に関するよくある質問

この記事を読むことで、浮気した主婦から慰謝料をもらう方法や、浮気調査・相談の依頼先などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.主婦が浮気した場合の慰謝料について

まずは、主婦が浮気した場合の慰謝料について、収入がある主婦の場合と専業主婦の場合、それぞれどうなるのかを見ていきましょう。

1-1.精神的苦痛に対する損害賠償

慰謝料とは、配偶者に浮気されたことで受けた精神的ダメージに対する「損害賠償」として支払われるものです。また、浮気したことへの懲罰の意味も含んでおり、浮気した双方に請求することができます。たとえば、夫が浮気した場合、妻は夫と浮気相手の女性、2人に対して慰謝料を請求することが可能です。ただし、離婚せず夫婦関係を継続する場合などは、浮気相手にだけ慰謝料を請求するケースも少なくありません。

1-2.収入がある主婦の場合

自分の収入がある主婦に対しては、収入の額に応じて慰謝料を請求できます。一般的に、浮気の慰謝料相場は離婚する場合で200~300万円、別居する場合で100~200万円、結婚生活を継続する場合で50~100万円が相場です。相場を踏まえた上で、相手の女性にどのくらいの収入があるのかを考慮し、慰謝料の金額を決めることになるでしょう。

1-3.専業主婦の場合

問題は、請求する相手が専業主婦の場合です。自分の収入がない主婦に高額な慰謝料を請求しても、実際に払えるわけはありません。慰謝料の金額は請求相手の資産状況も考慮して決定されるため、多くの場合、100万円を超える金額を請求するのは難しいでしょう。また、相手に貯金がない場合や今後も就労しない場合などは、差し押さえる資産もないということで、請求したとしても支払ってもらえないケースも珍しくありません。

1-4.専業主婦と離婚する場合は問題が多い

専業主婦である妻が浮気をして離婚する場合、慰謝料以外にもさまざまな問題があります。まず、財産分与についてです。結婚後、築いてきた財産は夫婦2人のものであり、離婚する際は分与しなければなりません。たとえ妻の浮気が原因で離婚するにしても、平等に財産を分ける必要があるのです。また、養育費についても考えなければなりません。子どもの親権は母親が持つ場合が圧倒的に多く、その場合は妻に対して養育費を支払うのが夫の義務です。このように、財産分与と養育費については慰謝料と全く別物として扱われることになるため、妻から支払われる慰謝料よりも、自分が支払う負担のほうが大きくなってしまうこともあるでしょう。

2.浮気した専業主婦から慰謝料をもらう方法

浮気した専業主婦から慰謝料をもらう方法や、覚えておくべき注意点をまとめました。

2-1.慰謝料は分割請求もできる

相手が専業主婦でまとまった金額の慰謝料を支払えない場合は、分割請求することも可能です。もちろん、途中で支払えなくなる可能性を考えると、一括払いが望ましいのは当然のことでしょう。しかし、そのことで合意が得られず話し合いが長引いては、精神的負担も大きくなってしまいます。できるだけ多くの一時金を支払ってもらい、残金を分割払いにするなど、支払期間を短くする方法を考えましょう。

2-2.不倫相手への請求

妻に浮気された場合、夫は妻だけでなく浮気相手である男性にも慰謝料を請求できます。妻が専業主婦で慰謝料の支払いが難しい場合は、浮気相手に100%負担してもらうのも一つの手でしょう。ただし、妻が既婚者であることを知らずに肉体関係を持っていた場合は、相手の男性に慰謝料を請求することはできません。

2-3.慰謝料請求には「確実な証拠」が必要

配偶者の浮気に対して慰謝料を請求する際、最も重要なのが「確実な証拠を押さえること」です。証拠もなく浮気の事実を問い詰めても、相手はいくらでも言い逃れできてしまいます。当然、裁判でも証拠がない限り浮気とは認められないため、慰謝料を請求することは不可能です。法的にも認められる証拠には、以下のようなものがあります。

  • ラブホテルに出入りする写真や動画
  • 肉体関係があったと推測できる内容のメールやSNS
  • 配偶者や浮気相手が浮気の事実を認めた音声
  • ラブホテルの領収書

3.浮気の調査や相談を依頼する方法

プロに浮気問題の調査や相談を依頼する方法や費用などをまとめました。

3-1.弁護士や探偵業者に依頼できる

「浮気の確実な証拠をつかみたい」というときは、探偵業者に調査を依頼するのがおすすめです。前述したように、慰謝料を請求するためには、法的に認められる証拠が必要になります。そのような証拠を自分一人で集めるのはとても難しいことであり、途中で相手に気づかれてしまう可能性もあるでしょう。確実に証拠をつかむためには、プロに調査を依頼することが必要になる場合もあります。また、慰謝料請求に関する書類作成や手続き・相手との交渉などについては、弁護士に依頼することが可能です。「相手は専業主婦だが慰謝料はどのくらい請求できるのか?」などの悩みがあるときは、相談してみるとよいでしょう。

3-2.精神的苦痛を軽減できる

浮気調査をプロに依頼する最大にメリットは、「精神的苦痛を軽減できる」という点です。浮気の証拠集めには、大きな精神的苦痛が伴います。配偶者が浮気している事実と実際に向き合うことは、非常につらいことでしょう。しかし、それでも証拠をつかまなければ次のステップにすすむことはできません。プロの探偵業者に調査を依頼することで、直接現実を目の当たりにせずに済むのです。たとえすでに気持ちの離れている相手だとしても、自分の貴重な時間と労力を使うことなく証拠をつかむことができるでしょう。

3-3.費用と方法について

浮気調査の費用については、探偵業者によって違いがあります。「探偵社アヴァンス」では、張り込みや尾行・追跡などによる調査を行っており、料金体系は「1日パック」「4日パック」「6日パック」「8日パック」というようなパック制です。365日、どの時間帯でも同じ料金となっているので、ぜひチェックしてみてください。

3-4.知っている情報はすべて伝える

浮気の証拠集めを探偵業者に依頼する場合、自分が知っている情報があればすべて伝えておきましょう。たとえば、浮気相手の名前や住所、会っている可能性が高い曜日や時間帯・場所など、分かっている情報を伝えておくことで、調査も効率的にすすめることができます。その分、調査にかかる時間も短くなり、費用も抑えすすることができるでしょう。

4.主婦の浮気に関するよくある質問

「主婦の浮気について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.浮気の慰謝料が支払えなかった場合、法律違反として罰せられるのでしょうか?
A.いいえ。不倫は刑事犯罪ではないため、慰謝料を支払わなくても罰則の対象にはなりません。ただし、民事上では相手の銀行口座や給与を差し押さえるなどして強制執行することは可能です。

Q.主婦の浮気にはどのような兆候がありますか?
A.夫に触られるのを嫌がるようになった・スマホを手放さなくなった・休日の外出が増えた・新しい洋服や下着が増えた、などの兆候があるでしょう。

Q.妻の浮気を自分で調査する場合、何を調べればよいですか?
A.携帯電話の利用料金が今までより上がっていないか・クレジットカードの明細にラブホテルの使用履歴などがないか、などをチェックしましょう。また、SNSで浮気相手とやり取りしている可能性もあります。ネットの閲覧履歴なども調べておくのがおすすめです。

Q.妻がメールで頻繁に特定の男性と連絡をとっているようですが、浮気の証拠にはなるでしょうか?
A.単なる日常会話であれば、浮気の証拠として認められません。肉体関係があったことが分かる内容であれば、不貞の証拠になるでしょう。

Q.浮気調査を依頼する探偵事務所は、どのように選べばよいですか?
A.探偵業届出番号を公表しているか・豊富な実績があるか・料金体系は明確か・親切な対応をしてくれるか、などをホームページなどでチェックして業者選びをしてください。

まとめ

いかがでしたか? 主婦が浮気した場合について、慰謝料をもらう方法やプロに調査を依頼するメリットなどをまとめてご紹介しました。収入のない主婦が浮気した場合、慰謝料を請求することは可能なのか、いくらまでなら支払ってもらえるのかなど、疑問に思う人も多いと思います。方法によっては専業主婦からも慰謝料をもらうことができる場合もあるため、ぜひこの記事を参考にして問題を解決してください。