探偵詐欺に遭わないためにはどうする? 悪徳業者の見極め方を詳しく!

今、探偵詐欺が急増しています。利用者の弱みにつけ込んで多額の費用を請求したり、しっかり調査せずに適当な報告で済ませたりする業者が増えているのです。せっかく調査を依頼しても、詐欺に遭ったのでは意味がありませんよね。まずは、悪徳探偵の特徴を理解することで被害を防ぎましょう。今回は、探偵詐欺に遭わないために必要なことを詳しく解説します。

  1. 探偵詐欺とは?
  2. 悪徳探偵を見極めるコツは?
  3. 探偵詐欺に遭ったときのポイント
  4. 探偵業者の選び方と注意点
  5. 探偵詐欺に関するよくある質問

この記事を読むことで、探偵詐欺についてよく分かり、被害を事前に防ぐことができるようになります。まずは、記事をじっくり読んで参考にしてください。

1.探偵詐欺とは?

最初に、探偵詐欺の基本を見ていきましょう。

1-1.探偵詐欺とはどんなもの?

探偵詐欺とは、探偵業者が依頼者から受けた調査をきちんと行わず、偽りの調査結果を報告したり法外な費用を請求したりすることです。本来、探偵調査は業者と依頼者との信頼関係に基づいて行われます。しかし、中には依頼者の弱みにつけ込んで不安を煽(あお)り、不当に高額な契約を取るところもあるので気をつけてください。

1-2.どんなトラブルが多い?

探偵詐欺としては、以下のような手口が多く見られます。

  • 他業者を名指しして探偵詐欺被害を注意喚起し、契約を促す
  • 他業者の探偵詐欺の救済を口実に相談費用を取る
  • 無料相談窓口に連絡させて巧みな話術で高額契約を取る

1-3.探偵詐欺の最近の傾向

探偵詐欺で最近特に増えているのが、返金詐欺です。たとえば、出会い系サイトのワンクリック詐欺に遭った人に「相手と交渉して代金を取り戻す」と持ちかけ、実際には何もせずにほかの調査を適当に行って報告します。ワンクリック詐欺に遭った人にとっては、二重の被害となる悪質なケースです。

2.悪徳探偵を見極めるコツは?

悪徳業者を見極めるコツを詳しく解説します。

2-1.探偵業者の規定について

探偵業者は、活動範囲の公安委員会に探偵業の届け出を行う必要があります。きちんと届け出をしている場合、ホームページの会社概要などに記載があるので確認してください。届け出が確認できない場合は無許可営業をしている可能性があるため、契約を避けましょう。

2-2.悪徳業者の見極め方

こんな業者とは契約してはいけないというポイントを詳しく解説します。

2-2-1.料金システムが不明確

料金システムが不明確な業者とは、契約しないでください。多くの場合、時間制で料金がきちんと決まっているものです。見積もりの段階で、料金システムの説明がなく、こちらから聞いてもはぐらかされる業者は、後日トラブルに発展しやすいでしょう。

2-2-2.強引に契約を取りたがる

悪徳業者は、とにかく契約を取りたがります。まずは、契約を取って売り上げを伸ばしたいからです。そのため、依頼者の話をほとんど聞くこともなく、いきなり契約の話を進めようとします。強引に契約を取りたがる業者は、信頼できません。

2-2-3.契約書を作成しない

正式な契約書を作成しないことも、悪徳業者の特徴です。調査は、契約書に記載された依頼内容に基づいて行う必要があります。口約束で契約してしまうと、後から見解の相違が出ることが多いのです。トラブルを避けるためにも、正式な契約書を作成する業者を選びましょう。

2-2-4.質問に対する回答があやふや

何を質問しても回答があやふやな業者には注意しましょう。きちんとした知識や実績がないために、適切なアドバイスができないからです。探偵業務をほとんど行っていない疑いがあります。また、適当な回答をしておき、後日依頼者からクレームが来ても、何だかんだ理由をつけてはぐらかす可能性があるので注意しましょう。

2-2-5.他社の批判が多い

自社と契約してもらいたいために、他社の批判が多いところもいけません。探偵業務は、信頼関係によって成り立つ業務です。他社の批判や悪口ばかりを言う時点で、信頼できるとはいえません。自社の業務に誇りを持っていれば、他社を批判せずとも契約が取れるはずです。

2-2-6.事務所が実在しない

ホームページや名刺などに、事務所の記載がないところは悪徳業者である証拠です。正式な探偵業者なら活動地域の公安委員会に登録する必要があるため、必ず事務所があります。また、電話をかけてみたり地図で探したりして事務所が見つからない場合も気をつけてください。

2-3.不安や疑問をそのままにしない

探偵業者について調べたり実際に話を聞いたりしているとき、少しでも不安や疑問があるのなら、すぐに質問して解決しておきましょう。よく分からないまま契約してしまい、後日「こんなはずではなかった」となっても遅いのです。誠実な業者なら、どんなに細かな質問にもきちんと回答してくれます。安心して調査依頼をするためにも、疑問や不安を解決し、納得してから契約してください。

3.探偵詐欺に遭ったときのポイント

探偵詐欺に遭ったときのポイントについて詳しく解説します。

3-1.探偵詐欺に遭ったらどうする?

探偵詐欺に遭った場合、各都道府県にある消費生活センターに相談することをおすすめします。消費生活センターで探偵詐欺の無料相談を受ければ、精神的なストレスも軽くなるでしょう。特に悪質だと判断された場合は、公的な第三者の立場から探偵業者に連絡し、指導してもらえるのもメリットです。また、弁護士に相談して法的な手続きを検討することもできます。ただし、弁護士に相談する場合は少なくとも数万円以上、裁判を起こした場合は数十万円単位の費用が必要になるため、よく考えてから依頼しましょう。

3-2.探偵詐欺で警察は動いてくれる?

探偵詐欺は、詐欺罪であり立派な犯罪です。従って、警察が動くのは当然だと考えることでしょう。しかし、積極的に動いてくれるとは限りません。警察は、殺人や強盗など、緊急性や危険性が高い犯罪を優先するからです。警察に動いてもらうためには、探偵詐欺であることの証拠(探偵業者に内容証明を送るなど)をそろえて被害届を出し、客観的に詐欺に遭ったことを強くアピールしてください。

4.探偵業者の選び方と注意点

探偵業者の選び方と注意点を詳しく解説します。

4-1.信頼できる探偵業者の選び方

探偵業者を選ぶときは、以下のポイントをチェックしてください。

  • 探偵業務で豊富な実績を誇る
  • 長年の経験と調査ノウハウに定評がある
  • スタッフが親身になって相談に乗ってくれる
  • 料金システムが明確でリーズナブル
  • 契約を無理じいしない
  • 調査結果をきちんとした報告書にまとめてくれる
  • 守秘義務や個人情報保護を理解・徹底している
  • 活動地域の公安委員会に探偵業の届け出済み

なお、当アヴァンスでも数多くの探偵依頼をお受けし、多くの方からご好評をいただいています。まずは、お気軽にご相談ください。

4-2.探偵業者に依頼できる内容

探偵業者に依頼できる内容は、主に以下のとおりです。

  • 浮気・素行・行動調査
  • 結婚・人物信用調査
  • 借金調査
  • 家出・行方・所在調査
  • 盗聴・盗撮器の発見調査

なお、探偵業者は、ワンクリック詐欺などの被害金の返金請求や取り立ては、法律違反となるためできません。

4-3.探偵業者の費用相場

探偵業者の費用相場は、当アヴァンスの料金システムを参考にしてください。なお、以下は一例です。

  • 浮気・素行・行動調査:45,000円~
  • 結婚・人物信用調査:70,000円(借金・破産歴など)
  • 借金調査:70,000円(サラ金・信販・クレジット全借り入れ調査 )
  • 家出・行方・所在調査:35,000~110,000円(人探し・尋ね人)
  • 盗聴・盗撮器の発見調査:30,000円~

なお、実際には調査方法・日数や時間・オプションの有無などにより、費用が大きく異なります。詳しくは、業者からの見積もりを確認してください。

4-4.追加調査は業者とよく相談してから

当初の契約期間中に、残念ながら期待した調査結果が得られないこともあります。しかし、希望によって追加調査を依頼することも可能です。追加調査には、費用と時間がかかりますから業者ともよく相談して決めるといいでしょう。なお、信頼できる業者は、追加調査を無理じいすることはありません。追加調査の決定権は、あくまでも依頼者側にあることを理解しているからです。悪質業者は、ここぞとばかりに高額な調査を追加契約しようとするので気をつけてください。

5.探偵詐欺に関するよくある質問

最後に、探偵詐欺に関するよくある質問に回答します。それぞれ目をとおし、役立ててください。

Q.料金が安い業者なら安心ですか?
A.安心できるとは限りません。表向きは安い料金を提示しておきながら、実際の契約では何かと理由をつけて高額な見積もりを提示する業者もいます。安いから良心的な業者と判断せず、4-1で前述した業者の選び方を参考にし、しっかりチェックしてください。

Q.事務所ではなく喫茶店で契約したいと言われたのですが?
A.契約に応じてはいけません。喫茶店など外部で契約しようとするのは、事務所に依頼者が来るのを避けているためです。事務所が実在せず、探偵詐欺である可能性が高いでしょう。さらに、守秘義務の点でも疑問が残るため、信頼できる業者とはいえません。

Q.成功報酬制なので一般的な料金表がないと言われたのですが?
A.成功報酬制を採用していても、業者は依頼者に明確に料金を提示して契約する必要があります。料金表を見せてもらえない場合は、契約を見合わせましょう。口約束で契約してしまった場合、後日になって多額の費用を請求される可能性があります。

Q.探偵業者の評判はどのようにして調べるといい?
A.たとえば、インターネットで業者名を検索してみてください。悪い評価が多く上がってくるところは何らかの問題があるものです。複数の人からトラブル報告がある業者とは、契約しないほうが賢明でしょう。

Q.探偵詐欺のお金は取り戻すことができる?
A.明らかに詐欺に遭った場合で、証拠が残っていればお金を取り戻せる可能性があります。ただし、弁護士の費用などにより、必要経費が実際に被害に遭った金額を上回ることもあるでしょう。

まとめ

今回は、探偵詐欺について詳しく解説しました。実際に探偵詐欺に遭ってしまったときは、都道府県の消費生活センターに相談してみましょう。特に悪質なケースは、間に入って忠告および指導してもらえます。深刻な悩みを解決するために探偵調査を依頼したのに、詐欺に遭っては大変です。まずは、悪徳探偵の特徴をよく知り、契約しないようにしましょう。探偵調査を依頼する場合は、信頼第一に業者を選ぶことが必要です。