不倫願望はなぜ生まれる? ダブル不倫や社内不倫などが起こる理由

世の中が騒然となるニュースで驚くのは、不倫の多さです。不倫は、結婚しているにもかかわらず、妻や夫以外の異性と恋愛に陥ってしまうことを指します。不倫と認定されるのは、肉体関係がある場合で、法律では不貞行為として咎(とが)められるものです。
「不倫願望はなぜ起こるのか?」「どんな人が不倫願望が強い?」といった、不倫にかんする疑問は自然と生じます。結婚しているのに、家庭を裏切る行為をするのは理解が難しいものです。しかし、不倫を好む人がいるのも事実であるため、不倫願望については知っておいた方がいいでしょう。誠実な人柄の配偶者でも不倫はするものです。また、今まさに配偶者の不倫を疑っているという方も、浮気相談などについての知識を身についておいてください。
今回は、不倫願望や浮気調査にかんする情報をお届けします。

  1. 不倫願望とは?
  2. 不倫願望が強い男性・女性とは?
  3. 不倫を防止する方法について
  4. 不倫の相談・浮気調査について​
  5. 不倫願望や浮気調査でよくある質問
  6. まとめ

家庭は安らぎを得る場所ですが、中には家庭以外で癒(い)やしを求めてしまう場合があります。不倫願望は、家庭で得られない充足感を抱くため、自然と生まれるという説もあるものです。とはいえ、不倫したいという気持ちは理性で抑えるべきでしょう。この記事を読むことで、不倫したいと思う心理や不倫している人の気持ちが理解できるはずです。

1.不倫願望とは?

不倫願望は、気持ちより欲望が関連していると考えられます。なぜ不倫願望を抱いてしまうのか、最近の傾向などを理解しておきましょう。

1-1.不倫願望とは何か?

不倫したいと思っても、そう簡単に不倫が成立するわけではありません。相手との合意がなければ、不倫関係を築くことはできないでしょう。

1-1-1.なぜ不倫願望を抱くのか?

誠実で真面目な人は不倫しないという考え方は間違っています。誰しも、配偶者には不満を感じることはあるけれど、ほかの異性でストレスを解消することなど考えもしない方が多いでしょう。しかし、性欲や癒(い)やしを家庭で満たすことができないと、不倫願望が自然と生じてくるのです。

1-1-2.不倫の魅力について

結婚生活が長くなるほど、生活感が染みついてきます。子どもがいれば、妻や夫というより、母と父という目線でお互いを見るようになるでしょう。男女として意識することもなくなり、性的対象から外れてしまうのです。セックスレスになる夫婦も少なくありません。不倫は生活感を抱くこともなく、純粋に男女の仲としてお互いの魅力を存分に楽しめます。そのため、ひとたび不倫を味わってしまうと、なかなか抜け出すことができないものです。

1-2.最近の傾向とは?

不倫は男がするものという固定観念がひと昔前はありました。しかし、今は女性も不倫する時代です。お互いに結婚しているにもかかわらず、肉体関係を結んでしまうダブル不倫も増えてきています。子どもの手が離れたのをきっかけに、再び女性として開花したいという欲求を抱くためでしょう。女性の社会進出も影響し、社内不倫なども増えているのです。不倫は、男女比で4:6と女性の方が多くなっています。女性が従順に家庭を守るという時代ではなくなりました。

2.不倫願望が強い男性・女性とは?

不倫願望はすべての人が持っているわけではありません。しかし、不倫願望が強い人には、共通した特徴があります。不倫の手相といわれる感情線の乱れがある人も、不倫願望が強い象徴だという説もあるものです。不倫願望が強い人を、男女別に見ていきましょう。

2-1.不倫願望が強い人の特徴

2-1-1.男性

前述したとおり、家庭では父と母となり、セックスレスになってしまうことが多々あります。しかし、男性は性欲を満たしきれず、もやもやとした気持ちを抱くこともあるものです。妻が応じてくれない場合、不倫相手で性欲を発散しようと考えてしまいます。家庭でセックスレスであれば、不倫願望を抱きやすいので注意が必要です。普段から結婚指輪をしていないなど、独身をアピールするような素振りがあるときや、飲み会が多い人も出会いを求めている可能性を否定できません。

2-1-2.女性

男性は性欲が勝るために不倫したい人が多いものです。しかし、女性は自分の魅力を褒めてくれて、心の安らぎを得たいと考えるために不倫します。家庭でどんなに頑張っても、感謝の言葉もないなど、小さなことの積み重ねが夫への不満となっていくのです。女性としての魅力を認めてもらいたいと思うため、不倫相手で女性らしさを磨こうと考えます。急におしゃれを始め、外見を気にするようになったら、不倫している可能性が高いでしょう。

3.不倫を防止する方法について

不倫してみたいと思うのは、家庭で居心地が悪いと感じるからです。配偶者が不倫している場合、自分にも非がないか、少し考えてみてください。自分の行動を見直すだけでも、家庭内を癒(い)やしの場に変えることができるでしょう。不倫を防止する方法をご紹介します。

3-1.不倫を防止するにはどうすればいいか?

3-1-1.男性ができること

妻にきちんと感謝の言葉を伝えるように意識し、時には女性として見てあげることも大切です。髪型やメイクの変化も見逃さず、きれいになったと褒めてあげましょう。褒められることは、女性にとって大きな喜びです。愛している気持ちを率直に伝えることも効果があります。愛情は常に共有し、言葉できちんと表現するようにしてください。女性は出産や育児に追われ、自分のことがないがしろになってしまい、夫にかける時間が短くなってしまいます。しかし、男性もきちんと理解を示し、一緒に取り組む姿勢でいることが、良好な夫婦関係を続けるために大事なことです。

3-1-2.女性ができること

女性が母になると、自分の身なりを気遣う余裕がなくなります。出産をきっかけに太ってしまい、だらしない服装と体型維持を気にしなくなるという方も多いものです。男性は妻を女性として見ることができなくなり、ほかの女性に目を向けてしまいます。妻や母になっても女性らしさを忘れず、時には甘えることも大切です。いつまでも可愛(かわい)らしい女性でいることを意識し、男性の尊厳を保(たも)ってあげるようにしてください。セックスレスになるのは、女性が拒否することも原因とされています。夫の誘いをいつも断るのではなく、定期的に夫婦の営みを持つことも大切です。

3-2.反応や信頼などポイントは?

愛情表現や感謝の気持ちを伝えれば、夫婦はいつまでも新鮮でいい関係を続けることができます。「いつもありがとう」という言葉を毎日伝えることで、夫婦の間には自然と信頼関係が生まれるでしょう。絆(きずな)は一層深まり、不倫を考えることなどありません。また、信頼しているということも日ごろから態度や言葉で表現してみてください。母と父という立場になっても、信頼されていると思えるなら、迂闊(うかつ)な行動はできなくなります。

4.不倫の相談・浮気調査について​

不倫している人の中には、本気の恋愛に発展してしまうケースもあります。不倫にかんする相談や浮気調査について覚えておきましょう。

4-1.不倫の相談や浮気調査すべき場合

配偶者の行動が怪しいと感じ、不倫ではないかと疑念を抱くことがあるでしょう。確実な証拠を押さえたいというなら、浮気調査を依頼することをおすすめします。自分なりに持ち物や携帯電話を調べても、はっきりした証拠が掴(つか)めないまま、もやもやした気持ちになることもあるものです。探偵による浮気調査で不倫の事実を掴(つか)むこともでき、不倫していない場合も疑いが晴れてすっきりした気持ちになれます。浮気調査に進む前に、不倫をしている人の行動や心理状態など知るため、相談をするのもいいでしょう。探偵は無料相談を実施していますから、気軽に思っていることや疑いを持った理由などを話してみてください。

4-2.プロに依頼するメリット

自分で調査することには限界があります。なかなかはっきりした証拠が得られないなど、疑念は深まるばかりです。プロは調査対象に知られないよう、追跡と尾行でしっかり行動を把握することができます。深夜に及ぶ調査でも、不倫の証拠を押さえるまできちんと調査でき、ホテルなどへの出入りも押さえることが可能です。裁判になったときにも、探偵の浮気調査報告書は、慰謝料請求に有利となります。報告書の内容を踏まえ、今後どうすべきか考えることもできるでしょう。

4-3.浮気調査はどこへ依頼するか? 依頼方法は?

浮気調査は実績豊富な探偵に依頼すべきです。浮気調査のノウハウを熟知しており、隠密(おんみつ)行動ができます。探偵社アヴァンスでは、浮気調査費用も他社よりリーズナブルでありながら、しっかりした調査がポイントです。匿名での見積もりもお受けしておりますから、安心してご相談ください。無料相談のお申し込みは、ホームページのフォームよりお願いします。

4-4.不倫相談と浮気調査方法

探偵社アヴァンスでは相談員ではなく、浮気調査を行う調査員が相談をお受けします。現場経験者の立場でアドバイスができ、行動や態度に不信感を抱いてご来社する方のお話を伺い、実例を交えて不倫にかんする情報を提供できるでしょう。相談だけで、不倫ではないと安心される方もいます。実際に起こっている不倫について知ることができ、自分の身に置き換えて考えるきっかけになるでしょう。
浮気調査の方法は、張り込み・尾行・追跡の3つが軸です。ホテルや不倫相手の自宅などへ出入りしている場合、写真や動画に収めて証拠をしっかり集め、報告書としてお渡しいたします。不倫相手の人物像なども把握でき、住所や職場なども分かるでしょう。ダブル不倫や社内不倫でも、確実に情報収集可能です。

4-5.浮気調査の料金相場

探偵社アヴァンスでの浮気調査費用をご紹介します。

  • 1日お試しパック 4万5,000円
  • 4日パック 19万円
  • 6日パック 28万5,000円
  • 8日パック 38万円

1日の調査時間は4時間が基本です。調査員2人がチームとなり、浮気調査にあたります。深夜・早朝・年末年始でも、割り増し費用は発生しません。

4-6.浮気調査を依頼する前に注意したいこと

探偵に浮気調査を依頼する場合、探偵業として届け出がなされている業者を選んでください。業者のホームページより参照できるようになっています。届け出がなされず、無許可で探偵を名乗る業者もあり、法外な調査費用を要求されるなど、トラブルも続発しているのです。依頼者も知識を持ち、信頼できる業者に依頼するようにしてください。

5.不倫願望や浮気調査でよくある質問

配偶者が不倫しているとは考えたくありませんよね。不倫とは無縁の人もいれば、不倫願望がある人がいるのも事実です。質問集で心配事を解消しておきましょう。

5-1.特別容姿が優れているわけではないのに、なぜ不倫に発展してしまうのか?

容姿がいい人は意外にも異性から警戒心を抱かれてしまい、不倫には発展しにくいという説もあります。しかし、ごく普通の真面目な人ほど気持ちを許してしまい、やがて好意へと変わっていくものです。

5-2.不倫は燃え上がってしまうもの?

不倫は社会的地位を失う危険性もあるけれど、リスクがあるからこそ燃え上がるという意見もあります。道ならぬ恋だからより一層楽しいと感じてしまうのです。

5-3.不倫願望が芽生えやすい年代はある?

結婚生活が長くなり、配偶者より子どもにかける時間が多くなる、30〜40代は特に不倫願望が芽生えやすいとされています。性欲もまだ十分にある年代です。セックスレスの夫婦は特に注意すべきでしょう。

5-4.浮気調査は絶対に配偶者にばれないようにできる?

数多くの浮気調査を経験している探偵なら、ばれずに調査が可能です。独自の手法を確立しており、万全の態勢で臨みます。ご希望があれば、調査に同行していただくことも可能です。

5-5.夜間の浮気調査でもしっかり証拠を押さえられるもの?

探偵社アヴァンスの浮気調査は、最新の特殊暗視カメラを使用いたします。顔や髪型など特徴をしっかり捉(とら)えた写真撮影が可能です。

6.まとめ

いかがでしたか? 不倫願望が芽生えるのは、家庭で満たされない気持ちがあるからです。男性ならセックスレスに不満を持ち、性欲を満たしたいと思います。女性は感謝されないことに寂しさを感じ、癒(い)やしの場を求めるためです。不倫することは許されないことですが、普段の接し方に問題がある場合もあります。日ごろから感謝と愛情表現を忘れずに接し、お互いに信頼し合える夫婦関係を築くことが、不倫願望を抑制するきっかけになるでしょう。不倫かもしていると疑念があるなら、探偵の浮気調査を依頼してみてはいかがですか? はっきりした証拠を掴(つか)むことができ、もやもやした気持ちを整理できます。話し合いをしたいという場合にも、探偵の報告書を利用でき、裁判になった場合にも慰謝料請求の資料として生きるでしょう。浮気調査の実績豊富な探偵に依頼してください。