許せない!妻や夫に不倫・浮気された時の仕返し・復讐方法や証拠集め

夫や妻の不倫が発覚した時、大変なショックを受けるでしょう。悲しみや怒りがわいてきて、仕返ししたい・復讐(ふくしゅう)したいと思う方もいらっしゃるはずです。しかし、感情のままにおこなう仕返しには危険が潜んでいます。法律の範囲内でできる効果的な仕返し・復讐(ふくしゅう)方法を知りたいと思いませんか?

  1. 不倫が発覚したら
  2. 不倫の仕返しについて
  3. 不倫の慰謝料について
  4. 仕返しのための不倫調査について
  5. 不倫の仕返し・復讐についてよくある質問
  6. まとめ

仕返し・復讐(ふくしゅう)をしたいという方や、不倫の証拠がない・浮気相手の正体もわからないという方にもぴったりの内容になってします。やみくもに仕返しをして失敗したり逆に訴えられたりしないためにも、ぜひ最後までこの記事を読んでみてください。

1.不倫が発覚したら

1-1.不倫が発覚した時にまずすること

夫(妻)の不倫が発覚した時には、まずいったん落ち着きましょう。そして、今後どうしていきたいかや、状況によって行動が決まります。

  • 別れたい/別れたくない
  • 不倫について追給する/しない
  • 相手に復讐(ふくしゅう)する/しない
  • 浮気相手を知っている/知らない
  • 慰謝料を請求する/しない

1-2.今後のためにしておくべきこと

たとえば、別れるかは未定・復讐(ふくしゅう)したい・浮気相手を知らない・慰謝料を請求したい、と思っている場合には、浮気相手を特定したり、浮気の証拠を用意したりする必要があります。夫(妻)が正直に白状するとはかぎりませんので、探偵や業者を使って証拠集めをする段階に入ることを想定すると、この時点では夫(妻)に追給せず泳がせておいたほうが得策です。また、別れずに再構築したいという場合には、きちんと二人で話し合う機会を作りましょう。いずれのパターンにせよ、感情的にならず冷静に対応することがポイントです。

2.不倫の仕返しについて

2-1.仕返しの目的

不倫の仕返しをすることによって、再発防止になったり、深い反省を促したりすることができます。相手に効果がありそうな仕返し方法を選ぶことが必要です。

2-2.仕返し方法

一般的な仕返し・復讐(ふくしゅう)方法をご紹介します。

  • 金銭的制裁(お小遣いを減らす・何か買ってもらうなど)
  • 相手の家事分担を増やす
  • しばらく別居する
  • 家族(両親)に報告する
  • 慰謝料を請求する

仕返しする際はゴールを設定して(相手が本当に反省したらやめる、期間を決めるなど)いつまでもずるずると復讐(ふくしゅう)しないように気を付けましょう。

2-3.別れたくない場合の仕返し方法は?

別れたくない場合は、仕返ししないことをおすすめします。浮気した側としても、仕返し・復讐(ふくしゅう)しようと思っている人とは関係を再構築したくないでしょう。ただし、モヤモヤとした気持ちは必ず言葉に出して相手に伝えてください。別れたくないからと言って、我慢して相手に気を使うと、いずれ不倫を繰り返したり夫婦関係が破たんしたりすることになります。

2-4.法的にNGな仕返しへの注意

下記のような仕返しは、法的にアウトです。

  • 暴力・DV・モラハラ
  • 脅迫
  • 拡散

浮気相手の会社に乗り込んだり、知人に言いふらしたりといった行為は、名誉毀損(めいよきそん)となることがあります。悪いのは相手ですが、法律を破るとこちらが悪者になってしまいますので、冷静に対応しましょう。

3.不倫の慰謝料について

3-1.慰謝料とは

合法な不倫の復讐(ふくしゅう)で、最適なのは「慰謝料の請求」です。法的な手段にもとづいて請求するため、こちらに一切否はつきません。慰謝料は、おおむね、下記の条件をもとに請求することができます。

  • 夫婦関係が破たんしていない
  • 浮気相手が、既婚者と知りながら肉体関係を持った(不貞行為があった)時

不倫時にすでに夫婦関係が破たんしていた(別居・家事放棄・セックスレスなど)場合には、不倫による夫婦関係の悪化とみなされないため、慰謝料の請求は難しくなります。

3-2.慰謝料の請求先について

3-2-1.夫(妻)への慰謝料請求

離婚する場合はもちろん、離婚しない場合でも夫(妻)に慰謝料を請求することができます。夫婦の財産は共有となることがほとんどですが、財産分与外のお金(結婚前に各自で貯金していたお金など)として、請求することが可能です。夫から妻(妻から夫)へお金が流れるだけですので、家計としての金額は変わりませんが、反省を促す意味で請求することができます。離婚する際にも、当然財産分与外から払ってもらうことになるのです。

3-2-2.浮気相手への慰謝料請求

浮気相手が、既婚者と知りながら関係を持った場合には請求可能です。もし、浮気相手が「既婚者だとは知らなかった」と言い張ったとしても「普通に考えたら既婚者だとわかるだろう」と見なされれば、請求できるチャンスがあります。たとえば、職場が同じ・休日にあえない・連絡できる時間帯がかぎられる、といった状況です。普通に考えたら未婚者ではない・怪しいと思いますよね。また、出会った時は未婚者だと思っていたが、途中から既婚者と知った場合、知った時点よりも後日の肉体関係は法的にNGとされているのです。つまり、未婚者と思って付き合いはじめても、既婚者とわかった時点で関係をやめなければいけません。逆に、出会い系サイトなどで出会い、お互いの素性を知る余地がなく肉体関係を持った場合などは、請求が難しくなります。

3-3.請求方法

慰謝料の請求は、以下の流れでおこないます。

  1. 慰謝料を請求する旨を伝える(書面が一般的)
  2. 調停
  3. 裁判

裁判は、調停がうまくいかなかった時におこなわれます。相手が調停に出廷しない・調停では話がつかなかった場合には裁判に進むのです。調停はスムーズに進むことのほうが珍しいため、基本的にはこの3つの流れがあると思ってください。また、調停や裁判には、不貞行為の証拠などが必要になります。宿泊施設に入る写真や、不貞行為があったことが明らかに見受けられるメールなどが証拠になるのです。

3-4.慰謝料の相場

不倫の慰謝料の相場は約200万円です。家計への貢献・家事分担・育児・不倫期間などによって前後します。浮気相手に全額請求することもできますし、夫(妻)と浮気相手で100万円ずつや、150万:50万と分けることも可能です。夫(妻)に対して不倫の仕返しをしたいという場合は、浮気相手には請求せず、夫(妻)だけに請求すると痛手になるでしょう。この場合は、夫婦間でお金が移ったというだけで、家計としては1円も増えませんので注意してください。

3-5.注意点

不倫の慰謝料請求には事項があります。不倫のあった時期もしくは、不倫が発覚した時点から3年が過ぎると、慰謝料の請求ができなくなってしまうのです。証拠集めのために泳がせるのも一手ですが、時効も気にするようにしましょう。

4.仕返しのための不倫調査について

4-1.不倫調査は仕返しするために必要

上記のとおり、慰謝料請求は最大の仕返しといえます。しかし、慰謝料請求をするためには、証拠が必要です。なんとなく不倫している気がする、とか「不倫している」と口頭で聞いたといった場合には証拠不十分となります。では、慰謝料請求のための証拠とはどのようにおさえればよいのでしょうか。

4-2.証拠のつかみ方

前述のとおり、宿泊施設に入る写真や、不貞行為があったことが明らかに見受けられるメールなどが証拠として有効です。ただし、都合よく浮気現場をおさえたり、待ち伏せ・写真撮影したりすることはほぼ困難でしょう。そして、追跡がばれると相手も慎重になり不倫・浮気行為を控えるため、証拠をおさえることが難しくなってしまいます。そのため、不倫の証拠集めは、プロに依頼するのが原則です。

4-3.業者選びのポイント

不倫・浮気調査の業者選びは、下記のポイントをおさえるようにしましょう。

  • スキル・ノウハウ・実績が十分にある
  • 料金体制が明確
  • 調査時間を無駄に引き延ばさない
  • 公安委員会許可など、探偵業届出の資格を持っている

4-4.料金・プライバシーなど

探偵・調査業者の料金は、調査時間によって決まります。また、別途機材費や下見の手数料・報告書作成料金などが発生することもあるのです。オプション料金として設定されているのか、調査費用にふくまれているのかなどをしっかり確認しましょう。また、プライバシー保護について守秘義務を徹底している業者なら安心して利用できます。

4-5.注意点

探偵・調査業者は、証拠をおさえるためのプロですので、仕返し・復讐(ふくしゅう)代行のような業務はおこなっておりません。逆に、代行業務をやっている業者のほうが信用に欠けますので注意してください。法律・倫理にのっとった範囲での仕返し・復讐(ふくしゅう)にとどめましょう。

5.不倫の仕返し・復讐についてよくある質問

5-1.不倫相手の出方がわからない

慰謝料請求の段階では、不倫相手が反論してくるという心配もあります。

  • 不倫・浮気行為はなかった
  • 既婚者とは知らなかった
  • 夫婦関係が破たんしていると聞いていた

上記のような場合でも、証拠があるもしくは、既婚者と知っていたと思われる状況であるということを証明できれば、慰謝料は請求できます。

5-2.慰謝料が高額になるケースとは?

  • 浮気された側に攻撃的な発言をする
  • 夫婦関係を積極的に壊そうとする
  • 不倫発覚後も関係を続ける

上記のように浮気相手に明確な悪意がある場合は慰謝料を増額しやすくなります。また、以下のような場合も増額のきっかけになるでしょう。

  • 不倫・浮気の回数が多い・同棲(どうせい)している
  • 浮気相手・妻の妊娠
  • 金銭の贈与(夫(妻)が、浮気相手へ貢いでいた場合)

いずれのケースも、「円満な夫婦関係にあたえたダメージ」が考えのベースになっています。

5-3.領収書やカード利用明細は証拠として有効?

肉体関係が証明できれば有利な証拠となることもあります。宿泊施設のものは有利となりやすく、レストラン・買い物などのものはあまり有利になりません。

【有利になりやすい証拠】

  • 宿泊施設などに出入りする写真・行為中の写真
  • 探偵・調査業者の報告書(ホテル出入りの目撃報告など)
  • 肉体関係があったと推察されるメールなど
  • 不倫事実を認めた会話の録音
  • 領収書(ラブホテルなど宿泊施設)

【有利になりにくい証拠】

  • 日常会話のメールなど
  • レストラン・買い物などの領収書
  • 通話履歴のみ

5-4.調査料金を安くおさえるためには?

調査時間を短くするのがポイントです。そのためには、浮気におよびそうな曜日・時間をチェックしておくことをおすすめします。帰りが遅い曜日・残業が多い曜日などをメモしておきましょう。

5-5.調査依頼をする前に、一度相談や見積もりが欲しいのですが

アヴァンスでは、無料相談のお申し込みをうけたまわっております。直接お越しいただき相談することも可能です。見積額にご納得いただいてからの契約となり、無理やり契約を結んだりすることは絶対にありませんのでご安心ください。

6.まとめ

いかがでしょうか。不倫・浮気の仕返し・復讐(ふくしゅう)についてご紹介しました。不倫が発覚した時は、ショックを受けたりパニックになったりすることもあるかと思います。ですが、そんな時こそいったん落ち着いて、次に取るべき行動を冷静に考えましょう。仕返しに必要な証拠は、プロに依頼してください。慰謝料請求や調停・裁判の際に必ず役に立つはずです。