浮気調査でGPSは使えるのか? 利用するメリットや問題点などを紹介

GPSは浮気調査で使われますが、使用時にはいくつか注意しておかなければならないことがあります。うまく利用すれば浮気の証拠がつかめる反面、使い方を誤ってしまうとパートナーにバレてしまう恐れがあるでしょう。GPSならではのデメリットもあるため、使う前に注意点やデメリットを把握しておく必要があります。

そこで、本記事では、浮気調査で使うGPSの問題点などについて説明しましょう。

  1. 浮気調査で使えるGPSの種類は?
  2. 浮気調査でGPSを利用するメリットは?
  3. GPSを仕掛けるにはどうすればいいのか?
  4. GPSで浮気調査をする問題点は?
  5. 浮気調査とGPSに関してよくある質問

この記事を読むことで、浮気調査でGPSを利用するメリットや仕掛ける際のポイントなども分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。

1.浮気調査で使えるGPSの種類は?

最初に、浮気調査で使えるGPSの種類をチェックしておきましょう。

1-1.発信機タイプ

浮気調査におすすめのGPSは、発信機タイプです。発信機タイプのGPSは、車などに発信機を取り付け、位置情報を記録できるメリットがあります。なお、発信機タイプのGPSには、主にロガータイプとリアルタイムタイプの2種類があり、それぞれ特徴が異なるのでチェックしておきましょう。

  • ロガータイプ:GPS発信機を取り付け、対象の行動履歴が記録できる
  • リアルタイムタイプ:相手の現在地をリアルタイムで確認できる

ロガータイプはリアルタイムでの位置情報は確認できませんが、行動履歴からターゲットの行動を記録したり予想できたりすることが可能です。一方、リアルタイムタイプは、リアルタイムで位置情報が確認できるため、浮気現場を押さえやすく、浮気の証拠もつかみやすいというメリットがあります。ただし、行動履歴は残りません。

1-2.スマホアプリのGPS機能

GPS機能は、スマホアプリをダウンロードして使用できます。スマホアプリのGPS機能は発信機などを購入する手間が省けますし、無料で使えるアプリもあるのでおすすめです。ただし、ターゲットのスマホにアプリをダウンロードする必要があり、相手に気づかれやすいというデメリットがあります。場合によっては、罪に問われる可能性もあるので注意が必要です。特に、無料のGPSアプリはホーム画面に表示されるケースがほとんどなので、相手にバレる可能性があります。

1-3.バレにくい小型タイプも

さまざまな種類のGPSがありますが、中でも浮気調査に最適なのは小型タイプです。超小型のGPSを使用すれば、相手にバレることなく行動履歴を記録したり、リアルタイムで行動がチェックできたりします。ストリートビューで現在地が確認できるタイプもあり、地図上に表示されないホテルもすぐに確認できるでしょう。

2.浮気調査でGPSを利用するメリットは?

ここでは、浮気調査でGPSを利用するメリットについて詳しく説明します。

2-1.ターゲットの行動が把握しやすくなる

浮気調査でGPSを利用する大きなメリットは、ターゲットの行動が把握しやすくなる点です。GPSは、人工衛星から発せられた電波を受信することで現在位置が把握できる仕組みとなっています。GPSをターゲットに仕掛けることで、いつどこにいるのか、どこからどこへ移動しているのかなど、ターゲットの行動傾向や行動範囲が分かりやすくなるでしょう。たとえば、ターゲットのGPSがラブホテルを指している場合、待ち伏せをして浮気の現場を押さえられるというわけです。

2-2.自分で簡単に浮気が調べられる

自分で簡単に浮気が調べられるのも、GPSを利用するメリットといえるでしょう。浮気調査をするためには、ターゲットを1日中見張ったり、追跡したりしなければなりません。手間と時間がかかりますし、浮気相手との現場を押さえられない可能性もあります。けれども、GPSを利用すれば相手の行動が目に見えるようになるので、簡単に浮気調査ができるでしょう。低予算で浮気調査ができるということもあり、自分で調べる場合にGPSを使う人が増えています。

2-3.GPSを使った浮気調査に向いている人

ターゲットの行動パターンが読めない・行動が分かれば十分という方に、GPSを使った浮気調査をおすすめします。実際に、本格的な調査は必要ないけれど、ターゲットの行動を知りたい方にとってGPSは大いに役立つでしょう。逆に、浮気しているかどうか早く結果を知りたい・ターゲットが車を使わない場合は、GPSでの浮気調査は向いていません。なぜ、車を使わないターゲットの浮気調査にGPSが向かないのかは、次の項目で詳しく説明します。

3.GPSを仕掛けるにはどうすればいいのか?

ここでは、GPSを仕掛ける方法とポイントを解説します。

3-1.定番の場所はターゲットの車

GPSを仕掛ける場所として定番なのは、ターゲットの車です。浮気相手と出かけたり、浮気相手と会う場所に出かけたりするなど、車は浮気によく使われる移動手段として知られています。そのため、ターゲットがよく使う車にGPSを仕掛けておけば、浮気しているかどうか確かめることができるでしょう。なお、車にGPSを仕掛ける場所として最適なのは、以下のとおりです。

  • エンジンルーム
  • トランクルーム
  • 車体の下
  • 座席シートのすき間

頻繁に開けることがないエンジンルームは、すき間が多いのでGPSの設置場所として最適です。ただし、エンジンルームは貴重なパーツがたくさんある場所になるため、取り付け方を誤ると車の故障につながる可能性があります。不安な方は、車のトランクルームがおすすめです。トランクルームの目立たない場所に小型のGPSを仕掛けるといいでしょう。また、車体の下に取り付ける場合は、車体下の形状をしっかりと確認してください。

3-2.自転車・バイク

車以外にも、自転車やバイクにGPSを仕掛けることができます。ターゲットが自転車・バイクを使用している場合、小型のGPSをサドル下にテープなどを使って取り付けましょう。ただし、クロスバイクはサドルが小さめなので、GPSがバレてしまう恐れがあります。また、振動などでGPSが落ちてしまう恐れもあるため、GPSを自転車やバイクに長時間取り付けるのはNGです。

3-3.カバンやコートの中はNG

逆に、GPSを仕掛けてはいけない場所があります。それは、ターゲットが普段から使用しているカバン・身につけているコートの中などです。よくカバンの中にGPSを仕込む方を見かけますが、GPSがターゲットに見つかってしまう恐れがあります。どうしても仕掛けたい場合は、カバンの底部分や仕切り・ポケットなどターゲットの目につかない場所がいいでしょう。また、事前にガムや飴玉を仕込んで、ターゲットが気づかないかどうか確認することをおすすめします。

4.GPSで浮気調査をする問題点は?

ここでは、GPSで浮気調査をする際の問題点を紹介します。

4-1.浮気の証拠をつかむのが困難

GPSはターゲットの行動パターンをつかむにはもってこいの方法ですが、浮気の証拠をつかんだり浮気現場を押さえたりすることについては少々難しいところがあります。探偵事務所が行っている浮気調査は、浮気の証拠をつかむことが目的です。けれども、GPSは浮気の証拠をつかむためのアイテムではありません。前述したように、あくまでターゲットの行動パターンを把握または記録することが目的となります。よって、GPSの発信機を使ってターゲットがいる場所に休講しても、すでに浮気相手と現場を移動しているケースもあるのです。浮気の証拠を押さえるためには、事前の準備が必要になるでしょう。

4-2.ターゲットにバレてしまうリスクも

GPSを使った浮気調査は、ターゲットにバレてしまうというリスクもあります。特に、スマホアプリのGPS機能を利用する場合、相手のスマホにアプリをインストールしなければなりません。ターゲットの警戒心が強いと見知らぬアプリに疑問を抱き、あなたに問い詰める可能性もあります。本当に浮気をしていない場合、2人の関係にヒビが入る恐れもあるので注意しなければなりません。

4-3.探偵事務所に依頼する

GPSを使うのが不安な方や浮気の証拠をスピーディーに押さえたい方は、探偵事務所に依頼するのがおすすめです。探偵事務所は本格的な浮気調査を行っています。前述したように、浮気の証拠をつかむことが目的ですので、浮気相手との現場を押さえられるでしょう。できれば、浮気調査の実績がある探偵事務所に依頼してください。なお、探偵事務所を選ぶ際は、以下のポイントに注目するといいでしょう。

  • 浮気調査の実績があるか
  • これまでどのような調査をしてきたか、ホームページ等に事例が掲載されているか
  • スタッフや調査員の対応が丁寧でスピーディーか
  • 無料見積や無料相談を受け付けているか
  • どのような質問にも分かりやすく説明してくれるか
  • 探偵業の届け出をしているか

4-4.浮気調査なら探偵社アヴァンスへ

浮気の証拠をつかみたい・パートナーの浮気で悩んでいる方は、ぜひ探偵社アヴァンスにご相談ください。千葉県を中心に浮気調査を行っている探偵社アヴァンスでは、高い技術と最新の特殊機材で確実に証拠をつかみます。また、1時間ごとに電話・メールで現状報告を行っているため、現場の状況が把握できるのも大きなメリットです。調査の打ち切りが判断しやすくなり、調査費用の削減につながります。無料相談も受け付けていますので、ぜひ一度お問い合わせください。

5.浮気調査とGPSに関してよくある質問

浮気調査とGPSに関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.GPSで浮気の証拠を押さえるコツは?
A.ターゲットに気づかれない移動手段(車)が必要です。GPSの位置情報で現地に行ってもすでに移動している可能性があるため、すぐに移動できる車を準備しておくといいでしょう。また、浮気調査を手伝ってくれる人がいれば、GPSでターゲットの現在地を確認しながら移動できます。さらに、ターゲットにバレずに浮気現場を押さえる撮影ポイントや機材も必要になるでしょう。

Q.GPSはレンタルできるのか?
A.GPSを取り扱っている業者からレンタルして使うことも可能です。数日~1か月くらいの期間でレンタルできます。レンタル費用は1週間あたり約1万~2万円です。3日間など数日限定のレンタルだと、約7,000円でGPSを使うことができます。短期間だけGPSを使い方にはレンタルがおすすめです。

Q.GPSを使った浮気調査は違法になるのか?
A.使い方を誤ると、違法行為になる恐れがあります。たとえば、勝手にターゲットのスマホにGPS機能のアプリをインストールすると、プライバシーなどの観点から違法行為につながる可能性があるでしょう。違法行為になるか不安な方は、GPSを使うよりも探偵事務所に浮気調査を依頼するほうがおすすめです。

Q.GPSで得た情報は浮気の証拠になるのか?
A.GPSで得た情報は、浮気の証拠にはなりません。GPSはターゲットの位置情報を把握ことが目的ですので、取得した履歴情報だけでは浮気の証拠として認められないでしょう。浮気の証拠をつかむなら、GPSで取得した情報からターゲットの行動パターンを把握し、浮気現場を押さえることになります。浮気の証拠になるものは、ラブホテルに出入りする写真や動画など第三者から見ても浮気していることが分かるような内容です。

Q.浮気調査を探偵事務所に依頼する際の注意点は?
A.見積書や料金設定を入念に確認することです。探偵事務所の中には、見積書には記載されていない高額な追加費用を請求してくるところがあります。悪徳業者との金銭トラブルが増えているため、トラブルを未然に防ぐためにも事前に確認しておきましょう。不明点や疑問点があれば、すぐにスタッフまたは調査員に尋ねてください。

まとめ

浮気調査でGPSは使えますが、あくまでターゲットの位置情報・行動パターンを把握するのが目的です。浮気現場を押さえたり、浮気の証拠をつかんだりすることには、GPSは向いていません。また、仕掛ける場所によっては、ターゲットに気づかれてしまう恐れもあります。GPSを使うのが不安な方や浮気の証拠をつかみたい方は、探偵事務所に依頼するほうがいいでしょう。探偵社アヴァンスでは無料相談を受け付けていますので、浮気でお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。