浮気を見抜く方法を紹介! プロの浮気調査で確実な証拠を!

浮気や不倫は、癖になる人もいます。1回だけなら許すことができても、2回3回と浮気する人は離婚という選択肢も想定されるでしょう。最悪の場合、浮気相手を巻き込んで修羅場を迎えることもあります。とはいえ、浮気の事実をしっかり調査しなければ、追求しても失敗に終わるはずです。自分で下調べしても、浮気を見抜くことは完全にはできないでしょう。

「しらを切られない浮気の見抜き方とは?」「浮気調査はプロなら安心?」といった疑問や不安は、浮気されなければわからないことですよね。心配や疑念は、解消されないともやもやしたまま続きます。

今回は、浮気や不倫の見抜き方やプロの力を借りた浮気調査についてです。浮気調査は決して安いものではないものの、きちんとした業者なら結果に納得できるでしょう。ですから、業者選びのコツなども覚えておくと安心です。

  1. 浮気とは?
  2. 浮気を見抜くメリット
  3. 自分で浮気を見抜く方法
  4. プロの力を借りて浮気を見抜く方法
  5. 浮気調査の業者選び
  6. 浮気や浮気調査でよくある質問
  7. まとめ

浮気や不倫はとても悲しい気持ちになります。そして、夫婦関係にヒビが入っていき、不貞行為として離婚事由にもなる出来事です。最近では旦那の浮気に限らず、妻の浮気も世間を賑(にぎ)わせています。 他人事と思わず、身近な出来事として知識を持っておきましょう。

1.浮気とは?

浮気の境界線は、感じ方で全然違います。2人で食事をしただけで浮気と感じる方も、肉体関係があって浮気とする方もいるでしょう。定義がはっきりしないのも、浮気や不倫の特徴です。

1-1.浮気とはどんな意味?

浮気は、妻・旦那といった配偶者間での異性に関する裏切り行為を指し、一般的には不倫と呼びます。結婚しているか否かは浮気という言葉には関係がありません。ですから、彼氏や彼女といったパートナー間で裏切り行為があった場合も、浮気といいます。しかし、夫婦間での浮気は法律では不貞行為とされており、離婚事由に該当する重大なものとみなされるのです。

1-2.浮気の境界線はどこ?

先にも述べたとおり、浮気の境界線は人によって感じ方が違うため、ここからという線引きが難しいです。手をつなぐ・連絡を取り合う・2人で食事をするといった、一見肉体関係がないつながりでも、浮気とする方もいます。従って、妻や旦那がどこから浮気としているのかを知ることが、トラブルを防ぐ鍵となるでしょう。

1-2-1.浮気する心理

長年夫婦生活を送っている中で、配偶者を空気のように当たり前の存在と感じてしまいますよね。やはりマンネリ感も出てくるでしょうし、カップルでも同じです。相手に対して退屈感を抱き、ほかの異性にときめきや非現実的な逃避場所を求めることが、浮気する心理といえるでしょう。

1-2-2.浮気しやすいタイプについて

男は性欲を満たしたい欲望に駆られ、衝動的に浮気に走るようです。ですから、心を満たしたいというわけではなく、性欲処理が第一の目的でしょう。続くのは、自分の見栄(みえ)や虚栄心を満たす目的を満たすことを目的とした行動です。
ところが、女の浮気は、日ごろから積もったストレスを発散する場として、癒(い)やしを求めて浮気します。男女の浮気の違いはこうしたところにあるでしょう。普段から異性との交流がある女性は要注意です。何らかのきっかけで、誘惑に負けてしまい、つい浮気に走る傾向もあります。

2.浮気を見抜くメリット

浮気の真相が知りたいと思うのは、ごく自然なことです。しかし、浮気を見抜く理由は人によって違い、関係修復を目的とする場合も、離婚事由としたい場合もあります。

2-1.なぜ浮気を調べるのか?

証拠が十分ではない場合、配偶者もそうやすやすと浮気を認めはしないでしょう。今後もまた浮気をしないと誓ってもらうため、浮気を見抜いて調べるというのが大変有効な手段です。誓約書などを交わすきっかけにもなります。とはいえ、浮気調査をしていたことに不信感を抱かれ、かえって関係修復が難しくなることも想定しなければなりません。
浮気をきっかけに離婚を考える方は、不貞行為として慰謝料を増額するよう働きかけることができます。慰謝料増額のためには、確実な証拠が必要です。

2-2.浮気を見抜いた後はどうするのか?

浮気調査をした後、自分がどのような人生を歩みたいかで選択肢は違ってくると思います。長期間におよぶ不倫関係があり、不倫相手と事実婚状態にあるようなら、離婚という選択肢もあるでしょう。しかし、1回や2回といった浮気であるなら、戒めの意味も込めて、浮気の証拠を配偶者に叩(たた)きつけるというのも1つの手です。離婚裁判では、興信所などの浮気調査結果を資料として扱ってもらえます。

2-3.浮気を見抜くために注意すべきこと

関係修復を願うなら、浮気の証拠を見つけたとしても、感情的になって責める言葉を投げかけないことが大切です。冷静になることはできないとしても、じっくり話し合い、お互いに思いをぶつけ合ういい機会になります。ですから、離婚を前提にしていない場合は、浮気を見抜いたとしても、問い詰めるような行為はしないでください。

3.自分で浮気見抜く方法

「もしかして浮気?」と感じたら、まず自分なりに探ってみるという方がほとんどですよね。スマートフォンや財布、鞄(かばん)に至るまでさまざまな場所を調査します。自分で浮気を見抜くことはできるのでしょうか?

3-1.自分で浮気を調べる方法

「浮気かも?」と直感があったなら、普段の行動に何かおかしいと感じる部分があるのでしょう。浮気しているか心配と思っている方は、下記のチェックリストで配偶者の行動と照らし合わせてみてください。

  • スマートフォンを頻繁にチェックする
  • スマートフォンやパソコンのパスワードを変更した
  • スマートフォンを肌身離さず持ち歩く
  • 夫婦の営みが激減した
  • 休日勤務や出張が増えた
  • 服装や髪型を気にするようになった
  • 飲み会が増えた
  • 香水の匂いが衣類についていることがある

あてはまる項目があったら、浮気の危険信号です。特に、スマートフォンを気にする様子は、不倫相手との連絡を取っています。

3-2.男女別に浮気を見抜く方法

浮気の兆候は、男女で態度の現れ方が違います。見抜くコツを知っておき、浮気の兆候をつかんでください。

3-2-1.男の浮気

忙しい、疲れたといった仕事がハードだと表現し、家族といる時間をなるべく減らそうとします。男の場合、顔に出てしまう人が多いため、見抜かれないように顔を隠そうとするのです。
電話の着信やメールなども敏感になっており、あえて「◯◯から」と口に出すといった不自然な部分が浮き彫りになるでしょう。

3-2-2.女の浮気

女の浮気では、性的欲求とともに女性としての充足感も抱くことができるため、普段より機嫌がよくなる傾向にあります。化粧や身なりを気にするようになり、ダイエットを始めるなど美を追究する姿勢が伺えるでしょう。浮気を隠そうと口数が多くなるなど、旦那や彼氏にいつも以上に優しく接するなど、怪しい態度も見ることができます。

3-3.携帯電話・スマートフォンのチェックについて

携帯電話やスマートフォンは、メールや履歴といった個人情報の宝庫です。従って、浮気の証拠もつかみやすいアイテムといえます。パスワードを運よく解除でき、内容を閲覧して浮気の兆候を調べられたとしても、問い詰める前には毅然(きぜん)とした態度で調べた理由を伝えられるようにしてください。
履歴から怪しい電話番号を見つけた場合、公衆電話からかけてみることをおすすめします。自分のことを知られることなく、相手の声を確かめられるからです。

3-4.自分で浮気を見抜く場合の注意点

自分で浮気調査をするのは、限界があると思って着手してください。もともと浮気性の人もいますから、1つ1つを自分で追いかけるのはとても大変です。
スマートフォンの浮気調査アプリの活用はいかがでしょうか? あくまでも配偶者の許可を得て有効とされる機能であり、GPS機能を使って居場所を特定でき、カメラ機能の強制起動も可能となります。音声録音も可能なアプリもあり、浮気調査を依頼する前に自分なりに調べることが可能です。浮気調査アプリには、ケルベロスPrey Anti Theftなどがあります。

4.プロの力を借りて浮気見抜く方法

浮気調査は根気と覚悟が必要です。張り込みなどもしなければ証拠をつかむことができず、お子さんがいる家庭では難しい場合もあるでしょう。プロの浮気調査なら、素人ではできないことも必ず行えます。証拠集めに悩んでいる方は、相談をしてみてください。

4-1.プロに浮気調査を依頼する場合

離婚を想定している場合、慰謝料請求など有利にするためにも、確たる証拠の提示が必要となります。プロならではの視点で尾行や写真撮影などを行うため、裁判でも役立つでしょう。

4-1-1.どんな場合に浮気調査を依頼するか?

尾行や追跡が難しい、自分なりに調査したけれど成果が得られなかったなど、自己流でのやり方に限界を感じた場合は、プロに依頼することをおすすめします。時間的制約がある方にも便利です。

4-1-2.プロに浮気調査を依頼するとどんなメリットがある?

浮気調査を自分でやる場合、どうしても感情移入しやすく、浮気相手を見た瞬間に修羅場となるケースもあります。しかし、プロに依頼することによってこうしたケースを避けることができ、トラブルなく証拠を確実に押さえることができるでしょう。
裁判資料として使える報告書の作成も行っており、慰謝料請求の際に有利に働きかけることができます。

4-1-3.浮気調査はどこに依頼するべきか?

浮気調査は費用の安さより、実績で選ぶべきです。数をこなしているからこそ得られた知識もあるでしょう。何より情報ネットワークを持っています。ですから、素人では知り得ない情報の収集能力に長(た)けており、信頼できると感じるはずです。
浮気調査の依頼先で迷っている方は、探偵社アヴァンスにご相談ください。浮気調査や素行調査など、守備範囲も広く安心です。

4-1-4.浮気調査の費用について

探偵社アヴァンスの浮気調査料金をご紹介します。いずれも税別です。

  • 1日お試しプラン(4時間) 45,000円※初回かぎり
  • 4日パックプラン(16時間) 190,000円
  • 6日パックプラン(24時間) 285,000円
  • 8日パックプラン(32時間) 380,000円

時間延長などがある場合、別途時間に応じた追加料金が発生する場合があります。調査にかかる交通費・ガソリン代・飲食代などは依頼者負担です。

4-1-5.浮気調査のやり方

浮気調査については、大きくわけて2つの手法で行います。依頼者との連携した調査と不倫相手に関する身辺調査です。

浮気調査は自宅や会社を出たところからスタートします。依頼者から連絡を受け、追跡を開始するといった段取りで始め、張り込みやホテルの出入りを写真撮影していくのです。依頼者と連携することにより、行動に無駄が出ずに済みます。狙いを定めて浮気現場の調査に臨むことができるでしょう。

4-1-6.浮気調査報告書について

浮気調査報告書は、追跡調査した結果を結集したものです。不倫相手の顔などもわかり、不愉快な気持ちになるのは当然の反応でしょう。しかし、浮気調査報告書を見て、想定より浮気の内容が軽かったと感じる方もおり、関係修復に結びつく事例もあります。内容を熟読し、離婚か関係修復かを考える時間を持つのもいいでしょう。離婚の場合は裁判資料として使うことができますから、大切に保管してください。

4-1-7.浮気調査の相談窓口

実績と経験が豊富な探偵社アヴァンスでは、無料相談窓口を用意しています。「こんなことで相談してもいいのだろうか?」といった素朴な不安にも気軽に相談できます。
無料相談は他社と比較する材料にもなりますから、気軽な気持ちで受けてみてください。探偵社や興信所とはいえ、相性が大事です。大切な事案を引き受けてもらうのですから、値段だけで決めずに相性を重視してください。

4-1-8.浮気調査依頼への不安について

浮気調査をしたことが妻・旦那・彼氏・彼女にばれてしまうのではないかと、依頼前は不安を抱くことでしょう。関係修復を臨むなら、ばれずに浮気調査をしたいと思いますよね。離婚を前提としている場合も、浮気調査をしていることがばれては有力な証拠をつかむことなどできません。
しかし、探偵社アヴァンスは実績と経験に裏づけされた手法で、浮気調査対象者にばれることなく、確実な浮気の証拠集めを行っています。不安に思うことや不審感を抱いている点については、事前にご相談ください。何に重点を置いて調査したいのかなど、あらかじめ打ち合わせをすることができます。

4-1-9.浮気調査を依頼するときの注意点

依頼前に、知りたい情報をまとめておき、打ち合わせがスムーズに行えるよう準備しておきましょう。浮気されたというだけで、人の心は感情的になってしまいます。ですから、浮気調査依頼時に混乱してしまわないよう、メモなどを用意しておくと安心です。

5.浮気調査の業者選び

実績と経験が決め手となり、業者を選ぶことをおすすめします。費用は決して安いわけではありません。しかし、費用をかけただけの結果は必ず得られます。ですから、安さより実績が大切なのです。

5-1.浮気調査業者選びのポイント

隠密(おんみつ)行動で浮気調査を希望するなら、探偵社を選んでください。2007年に施行された法律である「探偵業の業務適正化に関する法律」に遵守し、届け出がきちんとなされているかもポイントです。無届けの業社は、法外な料金請求や浮気調査の実態がないなど、トラブルも多いとされています。良質な探偵社を選ぶため、届け出の有無は必ずチェックしましょう。

5-2.探偵社と興信所の違いを覚えておこう

プロに依頼する前に知っておきたいことは、探偵社と興信所の違いです。探偵社は隠密(おんみつ)行動で尾行や浮気調査を行い、対象者にばれることがありません。しかし、興信所は身分を名乗り、信用調査などを行う調査機関にあたります。違いを知っておき、浮気調査で失敗がないようにしましょう。

5-3.浮気調査方法が納得できるものかを確認

探偵社によって得意とするやり方があります。張り込みと追跡を軸に、必要に応じて写真に記録していくのが一般的です。調査方法については、無料相談などの機会に必ず確認し、納得できない場合はほかの探偵社と比べてみましょう。

5-4.浮気調査の調査員について

調査員は、浮気調査の実務経験が豊富であり、浮気や不倫をする人物の行動なども熟知しています。慎重に隠密(おんみつ)行動ができるよう訓練されていますから、秘密がばれる心配もありません。

5-5.秘密厳守について

浮気調査が調査対象者だけではなく、周囲にばれることがあってはなりません。従って、秘密厳守を徹底していることを確認してください。調査終了とともに、機密情報をシュレッダーで破棄することも徹底している業者なら安心です。

5-6.料金体系がわかりやすいのもポイント

浮気調査にかかる料金は、プランの提示などわかりやすい会計をモットーとしている業者を選びましょう。出張など追加料金が発生する可能性がある場合、依頼者と相談して決められるなど、柔軟な対応をしてもらえると安心です。

5-7.浮気調査業者選びにおける注意点

浮気調査をして終わりではなく、調査終了後にアドバイスを受けられる体制があるかもポイントです。不安な点や調査結果の生かし方など、相談できなければ浮気調査費用は無駄となってしまいます。調査結果を受け取り、心配と動揺で途方に暮れずに済むためにも、相談体制がしっかりしている業者を選びましょう。

6.浮気や浮気調査でよくある質問

浮気調査を受け、関係修復や離婚といった選択肢が想定されます。依頼してきちんとした結果が得られるのかなど、素朴な疑問も湧くことでしょう。心配なことは質問集を参考にして解消してください。

6-1.調査結果しだいで弁護士などに相談したい

弊社では、弁護士や行政書士の紹介もしております。不倫は法律が定める不貞行為ですから、慰謝料増額も想定できるでしょう。法律相談と連携し、依頼者が調査終了後に困らないよう配慮しています。

6-2.浮気調査に着手金は必要?

契約書面を交わした時点で、着手金として浮気調査費用の50%を支払うシステムです。残金は、浮気調査終了後、報告書を受け渡すときに支払ってください。一括での支払いが難しい場合は、分割払いなどの相談も受けつけています。

6-3.浮気は放置してはいけない?

浮気相手と別れてもらいたいと思うなら、2人できちんと話し合いをすべきです。放置してしまい、予想を超えた深い仲になることもあります。我慢するのもつらいことでしょうから、夫婦で向き合うことが大切です。

6-4.単身赴任している旦那の浮気調査も可能?

遠方だと自分で調査が難しいですよね。日ごろの様子もわからず、不安になると思います。遠方でも浮気調査は可能です。調査員を派遣し、日本全国足を運んで調査報告をいたします。

6-5.財布に入っていたレシートなども参考になる?

レシートには、利用人数と日づけが記載されています。出入りしている店がわかり、追跡する参考になるため、保管しておいてください。手がかりとなるものは、メモでもかまいません。記録しておくと浮気調査がしやすくなります。

7.まとめ

いかがでしたか? 浮気や不倫は、決して許される行為ではありません。既婚者なら不貞行為となり、慰謝料請求にも影響する事案です。未婚であっても、相手への不信感をぬぐいきれないことでしょう。しかし、浮気を見抜く方法は難しいです。加えて、話し合いで解決するためには、確固たる証拠が必要となります。自分なりに調査することは可能でも、追跡や尾行などを気づかれずに行うことは限界があり、時間的制約もあるでしょう。プロの探偵社なら必ず証拠をつかむことができ、裁判にも使える資料として報告書が採用されますから、自分で無理せずに浮気調査を依頼する方法もとってみてください。「浮気かも?」と一人で悩まず、浮気調査を専門にする探偵社の無料相談を利用し、解決に向けた動きを始めましょう。