浮気の相談はいつ・誰にする? おすすめのタイミングと方法を詳しく!

浮気の相談は、いつ・誰にすればいいのでしょうか。愛するパートナーが浮気しているとひとりでは抱えきれず、誰かに話を聞いてもらいたいし、できればアドバイスしてもらいたいものです。しかし、相手とタイミングによっては、悩みが解決するばかりか、ますます悪化してしまうだけでしょう。

そこで今回は、浮気の相談について詳しく解説します。

  1. 浮気の相談をするタイミングは?
  2. 浮気の相談は誰にすればいい?
  3. 相手が浮気をしているかハッキリさせる方法
  4. 浮気発覚後は何をするべきか?
  5. 浮気の相談に関するよくある質問

この記事を読むことで、浮気を相談するタイミングはいつが最適かよく分かります。現在パートナーの浮気でお悩みの方は、記事を読んでみてください。

1.浮気の相談をするタイミングは?

最初に、浮気の相談をするタイミングはいつが最適か見ていきましょう。

1-1.浮気の疑いがある

浮気の疑いがあり、心配でたまらないときに相談すると心が軽くなります。ただし、まだ浮気の事実がハッキリしていないため、相談する人を選ぶ必要があるでしょう。また、実際には浮気していなかった場合、相手からの信用を失って関係がこじれてしまうこともあります。

1-2.浮気の事実を確かめたい

明らかに浮気をしていると確信し、事実を確かめたいと思ったときも、相談するタイミングです。浮気の事実がハッキリすれば、次にどうしたいかを考えることもできます。反対に、浮気の事実はないと証明されれば、安心できることでしょう。まずは、浮気調査をして事実確認をすることをおすすめします。

1-3.相手に法的な制裁を与えたい

浮気を許すことができず、相手に法的な制裁を与えたいときも相談するべきでしょう。法的な制裁を与えるためには、客観的な証拠に基づき、きちんと手続きを進めることが必要です。法律に詳しい人に相談し、有利に進めることができるようにしましょう。

2.浮気の相談は誰にすればいい?

浮気の主な相談先についてメリット・デメリットを併せて解説します。

2-1.友人や家族などの身近な人物

とにかく話を聞いてもらいたいのなら、友人や家族などの身近な人物に相談するといいでしょう。2人のことをよく知っていて、信頼できる人物を選ぶことがコツです。

メリット

  • 本音で相談しやすい
  • 自分の味方になってくれる

デメリット

  • 口が軽いとほかの人に話されてしまう
  • 一方的にアドバイスされて終わることがある

2-2.公的・民間の相談機関

自治体やNPO法人などの公的・民間の相談機関に、浮気の悩みを聞いてもらうこともできます。友人や家族と違い、あくまでも第三者の立場なので、気軽です。

メリット

  • 無料で相談可能
  • 第三者に悩みを聞いてもらえる

デメリット

  • 法的な手続きはできない
  • 根本的な解決に至らないことがある

2-3.法律事務所

浮気を許せず、慰謝料請求や離婚を考えているのなら、法律事務所に相談するといいでしょう。法律に基づいて、必要な手続きや注意点をアドバイスしてもらえます。浮気関連に強く、評判のいい法律事務所を探して相談してください。

メリット

  • 法的な手続きを相談・依頼できる
  • 法律の知識に基づいて手続きできる

デメリット

  • 法的な手続きを依頼するには証拠が必要
  • 浮気調査は別会社に依頼することになる
  • 相談料が高い

3.相手が浮気をしているかハッキリさせる方法

愛するパートナーが本当に浮気しているかどうかハッキリさせる方法を詳しくご紹介します。

3-1.相手に直接聞いてみる

浮気しているかどうか、相手に直接聞いてみるのが確実です。浮気について聞いているとき、以下のような様子が見られるのなら浮気している可能性が高いでしょう。

  • 目が泳ぐ
  • 話をそらそうとする
  • 質問に答えず無口になる
  • 質問内容をオウム返ししてくる
  • 貧乏ゆすりが激しくなる
  • 突然怒り出す

3-2.自分で調査してみる

浮気をハッキリさせる方法として、自分で調査してみるのもいいでしょう。たとえば、以下のような方法で調べることができます。

  • 浮気の疑いがある曜日・時間帯に尾行してみる
  • 友人や会社の同僚に聞いてみる
  • 持ちものやレシートをチェックする
  • 携帯電話やSNSでの発言・履歴をチェックする

ただし、自分で調査するのには、時間・体力共に限界があります。また、相手にバレてしまうリスクもあるので慎重に進めることが大切です。

3-3.探偵事務所に浮気調査を依頼する

浮気が発覚したら、探偵事務所に浮気調査を依頼することをおすすめします。浮気の事実をハッキリさせるためには、第三者による客観的な調査を行うのが一番です。探偵事務所に浮気調査を依頼すると、以下のようなメリットがあります。

  • 第三者に依頼することで気持ちの整理がつく
  • 確実で客観的な証拠をつかめる
  • 自分で調査するよりも効率がよく、時間や労力も節約できる
  • 調査報告書が慰謝料請求や離婚裁判で有利な証拠になる

なお、当アヴァンスでも、数多くの浮気調査をお受けし、ご好評をいただいています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

4.浮気発覚後は何をするべきか?

浮気発覚後に何をするべきか、既婚・未婚それぞれのシチュエーション別に解説します。

4-1.既婚の場合

既婚の場合で、別れる・別れないそれぞれで何をするべきか見ていきましょう。

4-1-1.別れる場合

まずは、浮気の証拠を用意して離婚手続きを進めましょう。相手側に非があることを証明できれば、慰謝料など有利な条件で離婚できます。慰謝料の請求は、パートナーと浮気相手の両方に行うことが可能です。なお、子どもがいる場合は、親権をどちらが持つかについてもきちんと考えて手続きしてください。

4-1-2.別れない場合

浮気が発覚しても別れない場合でも、浮気相手に慰謝料請求することができます。浮気の証拠をつかんだら、内容証明などで慰謝料請求を行いましょう。内容証明で応じない場合は、裁判にかけることもできます。パートナーとは、気持ちを入れ替えて一緒にやっていく努力が必要です。別れないと決めたのなら、覚悟を決めて一からやり直しましょう。

4-2.未婚の場合

未婚の場合は、既婚よりも話が簡単に済むことが多いでしょう。別れる・別れないそれぞれでするべきことを解説します。

4-2-1.別れる場合

未婚は、基本的に自由恋愛です。浮気を許すことができないのなら、別れましょう。なお、未婚であっても、結納を交わしたなど婚約状態にあったことを証明できる場合は、相手に慰謝料請求できます。実際に請求する際は、浮気調査により証拠をそろえてから法律事務所などに相談するといいでしょう。

4-2-2.別れない場合

浮気を受け入れることができるのなら、別れない選択をすることもできます。ただし、未婚の場合は法的な縛りがないため、再度浮気される可能性も高いでしょう。心配ならば、形だけでも誓約書を書いてもらうことをおすすめします。

5.浮気の相談に関するよくある質問

最後に、浮気の相談に関する質問に回答します。それぞれ確認してください。

Q.会社の同僚に浮気の相談をするのはダメ?
おすすめしません。会社の同僚は、あくまでも仕事仲間であり、友達ではないからです。最悪の場合、社内にばらされて噂(うわさ)になることもあります。プライベートで個人的な付き合いがあり、信頼できると判断した人以外には、相談しないほうがいいでしょう。

Q.浮気の相談をしても気持ちが晴れないのですが?
A.確かに、相談しても納得する答えがすぐに見つかるとは限りません。特に浮気問題が解決しないうちは、完全にスッキリするのは難しいでしょう。なるべく早く解決できるように動くことが大切です。

Q.家族に浮気の相談をしたら別れるべきだと一点張りなのですが?
A.無理もありません。自分の大切な存在が浮気されたと知れば、別れたほうがいいと考えるからです。しかし、最終的な決断は自分で下すことになります。家族の意見も参考にし、じっくり考えて決めましょう。

Q.法律事務所に相談した場合の料金目安は?
A.1時間ごとに数千円~としている場合が多く見られます。相談内容や法律事務所ごとの規定によっても異なるので、事前に確認してから利用するといいでしょう。

Q.異性の友人に浮気の相談をするメリット・デメリットは?
A.以下を参考にしてください。

メリット

  • 異性の目線でアドバイスをしてもらえる
  • 同性の友人たちと比べ、愚痴大会にならない

デメリット

  • 相談しているうちに親密な関係に発展する可能性がある
  • 周囲から浮気をしていると誤解されることがある

まとめ

今回は、浮気の相談について詳しく解説しました。パートナーに浮気されることは、とても悲しくつらいことです。誰かに相談してなぐさめてもらいたい・解決策を探りたいと思うのも当然でしょう。しかし、まずは、本当に浮気をしているのかきちんと調べてみることをおすすめします。特におすすめなのは、浮気調査が得意な探偵事務所です。探偵事務所に依頼すれば、あらゆる方法で浮気の事実を調査し、客観的な報告をしてもらえます。既婚なら慰謝料請求や離婚裁判のときの証拠として、有利に進めることも可能です。事実をハッキリさせ、前に進むためにもしっかり調査しましょう。