専業主婦が不倫にはしる理由は? 不倫相手の傾向やきっかけについて

最近、「不倫」が原因で離婚する夫婦が増えています。もし、自分の妻が浮気をしていたら…と考えると不安でいっぱいになるでしょう。不安をかかえたままでは夫婦関係に溝ができてしまいます。

不安を解消するためにも専業主婦が不倫にはしる理由や不倫相手の傾向やきっかけ、妻の浮気を確かめる方法について詳しく説明していきましょう。現在、妻の不倫を疑っている方はぜひ参考にしてください。

  1. 専業主婦が不倫にはしる理由
  2. 不倫相手の傾向やきっかけ
  3. 妻の浮気を確かめる方法

1.専業主婦が不倫にはしる理由

1度不倫の疑いを持ってしまえば、妻の行動すべてに疑念を持ってしまいます。本心で語り合えない夫婦は本当の夫婦とは言えません。妻の浮気を確かめる前に、専業主婦が不倫にはしる理由についてチェックしておきましょう。

1‐1.平凡な毎日に刺激がほしい

基本的に、専業主婦は家事全般をしながら1日をすごしています。子どもの世話や選択、掃除、買い物、食事の用意など毎日やることが決まっているものです。だからこそ、毎日の平凡な生活に嫌気が差しやすくなります。いつしか、「平凡な毎日を送っていても良いのか」「楽しい生活を送りたい」と刺激を求めるようになるのです。

結果、家のそとに出てさまざまな人と交流する、そして、夫以外の男性と出会い関係をつくることになります。また、出会いを求めていなくても習い事や友達の紹介で理想の男性と出会うこともあるでしょう。実際、不倫するつもりはなかった…と場の流れで関係をつくってしまった専業主婦は多いですよ。

1‐2.“女扱い”をしてほしい気持ち

夫とのコミュニケーションが減って不仲になる、そして、ほかの男性に愛情を求めるようになります。愛情のない家庭ではものたりなく、寂しい気持ちでいっぱいになるものです。

また、女性は年をとっても常に若く、女らしくいたいと願っています。夫婦生活は時間の経過とともにお互いの存在が当たり前になってくるでしょう。生活を共有することになるため、女らしさも自然となくなってしまいます。

そして、夫から女扱いされなくなると感じる妻は多いのです。夫以外に女扱いしてくれる男性がいると、不倫にはしりやすい傾向があります。今まで妻に対してしてきた行動をふり返ってみてください。適当に扱っていなかったかどうか、冷たい態度を取っていた人は改めなければなりません。

1‐3.現実逃避したい、孤独から抜け出したい

夫が仕事に行っている間、専業主婦は1人です。特に、子どもがいない家庭では特に孤独を感じやすいでしょう。いつも孤独を感じている人ほど、不倫にはしりやすいと言われています。
孤独をまぎらわそうと人とのつながりを求めるようになるのです。さらに、夫と仲が悪い、夫がかまってくれない状態だと非常に危険でしょう。現実逃避したい気持ちから不倫にはしることもあります。

結婚中でも男性からのときめきを求めている女性は多いです。アイドルグループや韓国ドラマにはまるのも、ときめきを求めるからでしょう。結婚関係を壊さずに現実を忘れるため、夫に内緒で不倫している妻はいます。以上のように、妻の不倫にはさまざまです。妻の様子や態度を観察しながら、理由を見極めていきましょう。

2.不倫相手の傾向やきっかけ

2‐1.専業主婦の不倫相手は?

不倫=男性がするものというイメージが強いです。しかし、近年では夫に隠れてほかの男性と関係を持つ妻が増えてきています。特に、専業主婦は時間がたくさんあるので不倫にはしりやすい環境です。

そこで、気になるのが専業主婦の不倫相手でしょう。一体、自分の妻は誰と関係を持っているのか…気になっている男性は多いはずです。基本的に、不倫相手の傾向は男性と変わりません。

専業主婦にとって最も多いのが“友達つながりで出会った人”や“習い事仲間”、“同窓会で再会した学生時代の友人”などです。偶然に街中で元恋人と出会い、不倫関係になったという人もいました。時間がたっぷりある専業主婦は、いつどこで不倫相手と出会うかわかりません。

2‐2.不倫にはしるきっかけは?

不倫関係になるきっかけは人によってさまざまです。たまたま寂しいときに出会ったのが理想の男性だった、夫とケンカ中に励ましてくれた男性と…などさまざまなケースがあります。特に、最近多いのがSNSや出会い系などインターネットつながりです。

情報化社会と言われている現代、スマートフォンで気軽に人と出会うことができます。顔を合わせない不安はありますが、時間を持て余している専業主婦には暇つぶしにぴったりです。

また、そとの世界と触れ合いたい主婦にとっては、SNSやブログなどが唯一の情報発信源になるでしょう。SNSで出会った男性とそとで直接会って不倫関係になるケースは非常に多いです。家の中にいると言っても、専業主婦が不倫にはしるきっかけはたくさんあります。

3.妻の不倫を確かめる方法

3‐1.プロの探偵事務所に依頼する

妻に対する不信感は時間が経過するほど大きくなります。ケンカになったとき、つい自分の中にある疑念が口に出てしまうでしょう。しかし、妻の不倫が確かでない限り口に出してはいけません。さらに、夫婦間の絆(きずな)が崩れてしまいます。

妻へ直接確かめる前に、不倫をしているかどうか証拠をつかまなければなりません。毎日仕事をしている男性にとっては妻の行動をすべて監視できないでしょう。そこで、浮気調査のプロである探偵事務所に依頼してください。探偵事務所は自分の代わりに妻の行動を監視してくれます。不倫相手と会っているときは証拠写真や動画を押さえてくれるでしょう。

証拠となるものが手に入ると、妻と正面から話し合うことができ安心です。また、探偵事務所の中には無料で相談を受け付けているところもあります。1人で何とかしようとする人は多いですが、感情に任せていては失敗するでしょう。自分で悩まず、プロの探偵事務所へ気軽に相談してみてください。

3‐2.妻の行動や様子を観察する

妻が浮気をしているかどうか確認方法は、自分でもできます。徹底的な証拠はつかむことは難しいですが、日ごろの妻の行動や様子を観察してください。たとえば、夜の営みを拒否した、妻の帰宅が遅くなった、土日外出するようになった、人と比較することが多くなった、携帯電話を手放さないなどの行動は浮気をしている可能性が高いでしょう。

女性は男性よりもウソをつくのが上手だと言われていますが、女性でも日々の行動に出るものです。特に、携帯電話やスマートフォンの扱い方は最もわかりやすいでしょう。以前は扱う時間が少なかったのに使用時間が長くなったようなケースは危険です。妻がいないときにメールや着信履歴をチェックしてみるのも1つの方法になります。ただし、あくまで浮気を疑っている様子を見せてはいけませんよ。

まとめ

専業主婦が不倫にはしる理由や不倫相手の傾向ときっかけ、妻の不倫を確かめる方法について説明しました。専業主婦は家事や育児の合間をぬって習い事や友人たちとランチに出かけることもできるでしょう。友人の紹介やSNS、出会い系など夫以外の男性と出会う機会も多いです。妻へ不倫の疑いを持っている人は、日ごろの様子や態度を観察してください。また、妻に対する自分の態度や行動をふり返ることも大切です。