探偵の仕事内容を一挙公開!依頼できる調査や業者の選び方も紹介!

「探偵の仕事内容を知りたい」「どんな調査を依頼できるのか?」という人は多いでしょう。探偵といえば、映画やドラマ・小説などに登場し、華麗に難しい謎を解いているイメージがありますよね。しかし、実際の探偵業務は、実は意外と地味なものだといわれているのです。一体どんな調査を依頼できるのか、詳しく知っておきましょう。

この記事では、探偵に依頼できる仕事内容や探偵業者を選ぶポイントなどをご紹介します。

  1. 探偵はどんな仕事なのか?
  2. 探偵に依頼できる内容を紹介
  3. 探偵業者を選ぶ際のポイント
  4. 探偵の仕事内容に関するよくある質問

この記事を読むことで、探偵の役割や警察との違いなども分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

探偵への調査依頼を検討している方はこちらもチェック!

1.探偵はどんな仕事なのか?

まずは、探偵という仕事について詳しくご紹介しましょう。

1-1.探偵業の定義は?

探偵業の定義については、探偵業法に記載があります。簡単にいうと、依頼を受けて対象となる人物の所在や行動について情報を集め、調査結果を依頼人に報告する業務が、探偵業の仕事です。調査には尾行や張り込み・聞き込みなどの方法が用いられます。

1-2.探偵事務所の経営には届け出が必要

探偵になるために資格はありませんが、探偵事務所を経営するにあたって警察署への届け出が必要になります。届け出をせずに営業すると探偵業法違反となり、罰則の対象になるのです。近年は届け出をしないまま営業している詐欺業者も増えてきているため、業者を選ぶ際は十分注意しましょう。

1-3.探偵業者の種類はさまざま

探偵業者の需要は年々増えてきており、さまざまな種類の業者が存在しています。長年の歴史と実績を持つ大手探偵業者もあれば小規模な業者もありますが、規模によって業者の質や信用度が決まるわけではないでしょう。探偵として働くために探偵学校に通ったり研修を受けたりしているスタッフも多いため、そういった点も見極めた上で業者選びをすることをおすすめします。

2.探偵に依頼できる内容を紹介

探偵が行っている主な仕事内容についてまとめました。

2-1.探偵の仕事は主に「調査」

探偵の主な仕事は、調査業務です。特に多い依頼は浮気調査でしょう。配偶者や恋人が浮気している証拠や浮気相手が誰なのかなど、調査を探偵に依頼する人は年々増えているのが現状です。浮気調査以外にも、以下のような調査依頼を受け付けています。

  • 結婚する前に相手の身元調査をしてほしい
  • 行方不明になった家族や友人を捜索してほしい
  • 嫌がらせの相手を特定してほしい
  • 盗聴器がしかけられていないか調べてほしい
  • いなくなったペットを探してほしい

2-2.トラブルの仲裁や護衛なども依頼できる

探偵は調査業務以外に、トラブルの仲裁や護衛業務なども行っています。たとえば、住民トラブルや嫌がらせなどに巻き込まれた場合、間に入って仲裁してくれることもあるでしょう。また、ストーカーの付きまといにあっている場合などは、特定の場所の警備や護衛などを依頼することも可能です。

2-3.警察が扱えない民事事件を解決してくれる

「警察と探偵の違いがよく分からない」という人も多いと思いますが、警察が扱うのは刑事事件です。警察が扱うことができない民事事件については、探偵が警察に代わって原因を調査し、解決へと導いてくれます。ただし、警察と違って逮捕権限がなく武器の使用もできないため、トラブルの内容によっては解決が難しい場合もあるでしょう。

3.探偵業者を選ぶポイント

探偵業者を選ぶ際のポイントをまとめました。

3-1.歴史や実績があるか

業者に信用度を確認するポイントに、社歴や実績があります。もちろん、歴史が長くても実績が少ない業者もあるため、一概にはいえない部分もあるでしょう。しかし、長年探偵業を営んでいて実績も豊富であれば、問題の少ない業者であるということは理解できます。探偵としてのスキルやノウハウを十分に持っていると考えられ、信用に値するのではないでしょうか。

3-2.業者の所在地を明らかにしているか

探偵業法により、探偵業者は必ず事務所を構えることが義務づけられています。一昔前までは打ち合わせの場所に喫茶店を指定してくるような業者もありましたが、現在はそういったことができなくなったのです。業者の所在地を明らかにしないようであれば、届け出をしていない悪徳業者である可能性が高いでしょう。

3-3.料金が適正であるか

料金が安いという理由で業者選びをするのはおすすめできません。人件費や諸経費を削減することで質の低い調査を行っている可能性があるでしょう。また、安い料金を提示しておきながら、実際には高額な追加料金を請求されるケースもあります。反対に、相場より料金が高い業者も要注意です。金額に見合わない内容の調査しかしてもらえず、悔しい思いをすることになり兼ねません。料金が適正かどうかを知るには、複数の業者に無料見積もりを依頼し、内容を比較してみる方法があります。事前に大まかな相場を把握しておくことで、信頼できる業者を見極めることができるでしょう。

3-4.アフターサービスがしっかりしているか

アフターサービスの内容についても、しっかりチェックしておきましょう。中には報告書を提出して終わり、という業者もあります。しかし、依頼人にとっては事実を知った後のほうが大事なので、弁護士などの専門家やカウンセラーを紹介してくれる探偵業者を選ぶのがおすすめです。弁護士と提携している業者も増えてきているため、チェックしてみるとよいでしょう。

4.探偵の仕事内容に関するよくある質問

「探偵の仕事内容について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.探偵に浮気調査を依頼するメリットを教えてください。
A.法的に有効な浮気の証拠をつかむことができる・自分の時間や手間を費やさずに済む・証拠探しをしていることが相手に気づかれにくいなどがメリットでしょう。

Q.友人にお金を貸したまま逃げられてしまいました。探偵ではなく警察に依頼したほうがよいですか?
A.民事の「契約不履行」として扱われる場合、警察はなかなか動いてくれません。ただし、被害額ややり口によっては詐欺罪が成立し、警察が捜査してくれる場合もあります。

Q.企業として探偵に依頼することもできるのでしょうか?
A.依頼人が企業というケースも少なくありません。「取引先企業の経営状態を調べてほしい」「採用を検討している人物に問題がないか調査してほしい」などの依頼が多くなっています。

Q.  探偵の仕事に違法性はないのでしょうか?
A.張り込みや尾行・聞き込みなど、探偵業法に定められている範囲の調査活動であれば、違法性はありません。ただし、盗聴や盗撮のために他者の私有地に侵入するような行為は違法です。

Q.探偵に調査を依頼する際の流れを教えてください。
A.まずは、ホームページのフォームや電話で無料見積もりを依頼しましょう。見積もりの内容に納得できたら、実際に会って打ち合わせを行います。契約後、調査が開始され、調査後に報告書を提出されるというのが一般的な流れです。

まとめ

探偵の仕事内容や依頼できること・業者選びのポイントなどを詳しくご紹介しました。探偵業者は浮気調査以外にもさまざまな調査業務を行っています。「自分では手に負えないトラブルや悩みを抱えている」「警察に相談しても動いてもらえない」というときは、依頼してみるとよいでしょう。