なぜ不倫をするの? 男女で不倫をする理由が違うって本当?

不倫は、配偶者に対する重大な裏切り行為です。
発覚すれば慰謝料を請求されるのはもちろんのこと、仕事にも影響がでるでしょう。
しかし、不倫する人は後を絶ちません。
現在、不倫は夫婦が離婚する理由の第2位です。
なぜ不倫をしてしまうのでしょうか?
そこで今回は、男女別に不倫をしてしまう理由や原因をご紹介します。
人は満たされても、満たされなくても不倫してしまうのです。
配偶者の言動が最近怪しいと思っている人や、配偶者が不倫した原因を知りたいという方は、この記事を読めば解決の糸口がつかめるかもしれません。

目次

  1. 不倫の理由は男女で違う?
  2. 不倫に年齢は関係ない?
  3. ​配偶者の不倫を防ぐ方法とは?
  4. 配偶者の不倫が発覚したら?
  5. おわりに

1.不倫の理由は男女で違う?

不倫する理由は人それぞれです。
しかし、男女で傾向の違いはあります。
そこでこの項では、男女別に不倫に走りやすくなる状況をご紹介しましょう。

1-1.男性は満ち足りていると不倫しやすい

男性は女性に比べて、性的な規制が緩やかです。
戦前までは、社会的地位が高く経済力のある男性に愛人がいることも珍しくありませんでした。
ですから、男性はたとえ結婚していても魅力的な女性が目の前に現れると、つい心が動いてしまう人も多いでしょう。
そして、男性は家庭が円満で問題がない人が、不倫に走りやすいのです。
男性は女性に比べると、冒険心が強く危険を好む傾向にあります。
家庭が円満だと退屈して、スリルを求める人もいるのでしょう。
また、男性は女性に比べて寂しがり屋の人も多いです。
出産や子育てなどで妻の関心が自分から子供に向くと、寂しさから不倫する人も少なくありません。

1-2.女性は安心を求めて不倫しやすい

女性は男性とは逆に、夫が自分に無関心で家庭が冷え切っていたり夫に安心して頼れないと不倫に走りやすいでしょう。
女性は安定や安らぎを男性に求めている人が多く、夫からそれを得られないと、他の男性に求めてしまう人もいるのです。
ですから、男性の知人に夫婦問題の相談に乗ってもらっているうちに不倫関係になった、というケースも少なくありません。

1-3.こんな理由で不倫する人もいる

また、男女関係なく異性にもてることがステータスと感じる人や、優柔不断な人も不倫しやすいです。
「結婚しても異性にもて続けたい」という人は、恋を遊びの一種と考えていることが多いでしょう。
ですから、きっかけさえあれば不倫することも珍しくありません。
優柔不断な人は、強く出られると逆らえない人が多いです。
世の中には「既婚者の方が後腐れなく楽しめる」という理由で、あえて既婚者にモーションをかける人もいます。
また、優柔不断な人は気が付いたら不倫していたという人も多く、発覚して初めて「自分は悪いことをしていた」と自覚するケースもあるのです。

2.不倫に年齢は関係ない?

不倫は若い人がするものというイメージが根強いですが、今は年を取ってから不倫に走る人も多いです。
同窓会で昔のクラスメートと再会して不倫が始まったというケースも増え、熟年離婚の理由の上位にきています。
「老いらくの恋」という言葉がありますが、年を取ってからの不倫は相続問題に繋がることが多く、対処法が悪ければ裁判にまで発展することもあるのです。

3.配偶者の不倫を防ぐ方法とは?

では、配偶者の不倫を防ぐにはどうしたらよいのでしょうか?
この項では、そのヒントをご紹介します。

3-1.配偶者に対する礼儀を忘れないこと

「夫婦いつまでも仲睦まじく」というのは理想ですが、長年一緒に暮らしていれば恋人同士のようなトキメキを感じることも少なくなるでしょう。
しかし、夫婦は縁あって一緒になった他人同士です。
配偶者に子供のように甘えきったり、逆に空気のように扱ってはいけません。
「配偶者とできるだけ一緒にいたくない」と相手が思うようになったら、不倫に走りやすくなるでしょう。
毎日べたべたする必要はありませんが、お互いの誕生日や結婚記念日くらいは、お祝いをしてください。
日本の男性は、世界中の男性の中でも愛情表現が下手です。
でも、たまには妻に日ごろの感謝を伝えましょう。

3-2.配偶者を束縛しすぎても、放っておき過ぎてもよくない

配偶者の不倫が心配だからといって、行動を束縛しすぎてはかえって逆効果です。
たとえ夫婦間でも言動が怪しくない限り、プライバシーは尊重しましょう。
今は相手の居所がパソコンで簡単にわかるスマートフォン向けアプリなどもありますが、配偶者に無断でインストールしてはいけません。
かえって信頼関係にひびが入ります。
しかし、だからといって配偶者を放っておき過ぎてもいけません。
社会人ならば、仕事が忙しい時期もあるでしょう。
でも、家で食事もとれず電話もメールもできない、ということはないはずです。
たとえ数分でもよいので、夫婦で会話する時間をつくりましょう。
配偶者を放っておくほど愛情は枯渇していきます。

3-3.怪しい言動に気が付いたら釘をさす

配偶者の言動が怪しい時は、さりげなく釘を刺しておくと効果的です。
「自分は知っているよ」という意味の一言でも、相手へのけん制になるでしょう。
また、不倫をした人にはどんなペナルティが待っているか、さりげなく話してもよいですね。
魅力的な異性が目の前に現れてウキウキしている段階ならば、これでわれに返る人も多いでしょう。

4.配偶者の不倫が発覚したら?

では、配偶者の不倫が発覚したらどうすればよいのでしょうか?
最後に、配偶者の不倫に気づいた後に取るべき行動をご紹介します。

4-1.証拠を集める

不倫をしていても、頑なにそれを認めない人は多いです。
感情的に問い詰めても、はぐらかされてしまうかもしれません。
配偶者が不倫をしていると確信したら、まずは証拠を集めましょう。
不倫相手へ送ったメールの内容や、プレゼントのレシート、カーナビの走行記録なども不倫の証拠になります。
その中でももっとも効果的なのは、不倫相手とファッションホテルに出入りしている写真です。
これを提示されればもう言い逃れはできません。
このような確実な証拠をつかむには、探偵業者に依頼するという方法もあります。

4-2.自分の将来を考える

証拠が集めながら、自分の将来について考えましょう。
もう一度夫婦としてやり直すのか、離婚して新しい人生を歩きだすのかを選ぶのは自分自身です。
しかし、どちらの選択をしても、配偶者にペナルティとして慰謝料を請求しましょう。
金銭で心の傷を回復させることはできませんが、どちらが悪いのか第三者にもはっきりさせられます。

4-3.配偶者、不倫相手と話し合いの場を設ける

証拠がそろったら、配偶者や不倫相手と話し合いの場を設けましょう。
その時に弁護士などの法律家に同席を頼むと、話し合いがスムーズに行きやすいです。
感情的にならずに、淡々と配偶者への要求を告げてください。
悪いのは配偶者と不倫相手です。
不倫相手の顔を見たくないという場合は、手紙や電話で要求を告げることもできます。
詳しくは弁護士と相談するとよいでしょう。
話し合いが決裂すれば調停、裁判へと進みますが、証拠がそろえてあれば、話し合いで決着がつく場合が多いです。

5.おわりに

いかがでしたか?
今回は不倫をする理由や原因、さらに不倫を防ぐ方法をご紹介しました。
まとめると

  • 男性はスリルと冒険心を満たすために不倫しやすい
  • 女性は安心を求めて不倫しやすい
  • 配偶者に甘えすぎても、放置しすぎても不倫の原因になる
  • 配偶者の不倫が発覚したら証拠を揃えて話し合いにのぞもう

ということです。
配偶者は親や姉弟ではありません。「親しき中にも礼儀あり」の気持ちを忘れないようにしましょう。