旦那や妻に浮気疑惑がある方必見! 5つの浮気兆候は? 

皆さんも一度は『旦那や妻が浮気しているのではないか』と不安になったことがあるでしょう。しかし、どうやって見極めれば分からず、断念してしまったという人も多いのでは?

そこで今回は妻や旦那の浮気を見破る方法を中心にご紹介させていきたいと思います。ぜひ、最後までお付き合いくださいね!

  1. 妻や旦那の浮気を見破る方法について
  2. 兆候に気付いた時の対処法
  3. 浮気されないために
探偵への調査依頼を検討している方はこちらもチェック!

1.妻や旦那の浮気を見破る方法

浮気にはさまざまな兆候というものが存在します。どのような兆候があるのかをしっかりと学べば、きっとあなたも浮気を見破れるはずです。

1-1.スマートフォンを家でも持ち歩くようになった

これは男性に多い兆候です。今までスマートフォンに興味をもっていなかった旦那が、頻繁にいじるようになったり、家の中でも肌身離さないようになったら注意しましょう。

なぜこのような行動を取るかというと、証拠がスマートフォンの中に残ってしまいますから、見られないようにとの防衛意識が働くためです。とはいえ、最近はスマートフォンでゲームする人が増えているため、確実性には欠けます。もしも間違っていたら自ら絆を壊すことになりませんから、疑いをもつだけにとどめ、他の方法とあわせて証拠をそろえましょう。

1-2.突然、避妊具なしで性行為をしたがる

妻が突然『子供がほしい』などと言って避妊具なしの性行為を要求しだしたら、浮気をしている確率が非常に高いので要注意です。ちなみに、女性にのみ見られる浮気の兆候で、旦那が言い出した場合は関係はありません。

これはどういうことかというと、浮気相手と避妊具なしの性行為をしたため、妊娠した時にバレないようにアリバイを作ろうとしているということです。

ただし、注意してほしいのは『突然』という部分です。アリバイのための要求なら2カ月以上ずれたらもう意味がありません。ですから、数カ月にもわたって要求し続けるようなら、アリバイ作りのためではないでしょう。それでも疑わしい場合は、来年になったら、と言って様子を見ます。それで納得するようなら浮気の確率は低くなります。

1-3.体を触られるのを嫌がる

これも女性特有の浮気兆候です。この兆候が出ている妻は、ほぼ確実に浮気をしていると言っても過言ではありません。なぜなのでしょうか?

実はこれは生物学的な本能にものによるものです。男性は一度に複数の女性と子供を作れますが、女性は一度に一人の男性の子供しか妊娠できません。そのため、女性は愛していない相手とのスキンシップを嫌がるようになるのです。

男性の浮気は体目的が多く、一番好きなのはあくまで妻です。しかし、女性の場合は浮気をした時点で一番好きな相手は旦那ではなくなってしまっていまうわけです。

体調や気分などの理由を付けて、身体に触れられることを拒絶するようになった場合は要注意です。夫婦でも性的暴行は犯罪になりますから、確認したい場合ははキスなどの軽いスキンシップで行うようにしてくださいね。

1-4.連絡が取れない

これは男性に多い兆候ですが、男女どちらにもいえます。専業主婦(主夫)の場合は昼間に電話しても出ない。仕事をしているなら、急な残業やお酒の付き合いが増えたようなら、カマをかけてみるとよいでしょう。

ただし、主婦(主夫)に関しては、浮気相手を家に連れ込んで行為におよんでいることもありますから、注意が必要です。では、自宅に連れ込んでいる気がしたら、どうやって確認すれば良いのでしょうか?

一番オーソドックスな方法は有給などを利用してウソの出勤の後に突然帰宅する、という方法ですが、何度もできる手ではありませんからタイミングよく浮気相手が自宅にいなければパートナーに不信感を抱かれて終わりです。

そこでおすすめするのが『ネットワークカメラ』を使うことです。段ボールなどにのぞき穴を開けて中に設置し、『明日仕事で使う重要ものだから忘れないようにここに置いておく。精密機械だから触らないで』などと適当な言い訳を言ってリビングや玄関などの邪魔にならない場所に置いておきましょう。仕事で使うものと聞かされ、精密機械のラベルなどが貼っておけば、普通は勝手に開けたりはしないでしょう。ネットワークカメラはスマートフォンなどからリアルタイムで見れますので、適当なお店で監視してみましょう。ちなみに、通販サイトや家電量販店などで簡単に買えます。

ただし、この方法はバレるとかなり大変なことになります。誰しも監視されるのは嫌な気分ですからね。十分に気をつけてください。

1-5.車の中に避妊具が置いてある

男女どちらでもあり得ますが、男性の方が多い兆候のようです。堂々と置いてある場合は判断が難しいのですが、座席の下などの隙間に隠すようにして置いてあった場合には、浮気を疑うべきでしょう。

2.兆候に気付いた時の対処法

こちらで紹介したのはあくまで兆候です。いかに怪しい兆候があっても、しっかりとした証拠もなく問い詰めては白を切りられて終わってしまい、意味がありません。問い詰める前にはまず、言い逃れができない証拠を集めなければいけないのです。

とはいえ自分で証拠を集めるのは意外と大変ですよね? そんなときに便利なのが『探偵』です。

漫画・アニメの印象から、探偵というと事件を推理して解決する仕事というイメージがあり、浮気と探偵が結びつかないという人も多いようです。しかし、現実では尾行や張り込みなどの手段を用いて、依頼に関する情報を収集するのが主な仕事です。当然、浮気の調査もしてくれます。

依頼料はかかりますが、自分が疑われることはありませんし、何より確実に浮気の証拠を集めてくれます。しかも、探偵によって集められた証拠は裁判でも有効ですから、離婚も視野に入れている場合には必ず事務所に相談しましょう。

3.浮気されないために

浮気を防ぐために一番重要なのは、自分が浮気されにくい人間になるということです。どのような人が浮気されやすいのかを知って、自分に当てはまるようなら改善しましょう。

3-1.自分優先主義は要注意

浮気されやすい人たちには同じ傾向が見られます。それが『自分優先主義』です。

仕事、趣味など自分のことばかり優先し過ぎると、パートナーは自分がないがしろにされていると感じてしまいます。自分は必要とされていない、と感じると当然愛情も薄れ、結果として浮気に走ってしまうというケースが多いのです。

3-2.優しすぎる

優しすぎる人、というのも浮気される人の特徴です。優しいことはとても良いことですが、何でもかんでも許すのはよくありません。悪いことをして許してしまうような優しさは浮気をまねきます。相手に非があるものは、しっかりと叱る人間になりましょう。

まとめ

今回は浮気を見破る方法を中心にご紹介いたしました。

  • 妻や旦那の浮気を見破る方法について
  • 兆候に気付いた時の対処法
  • 浮気されないために

浮気は許しがたい裏切り行為です。ぜひ、これらの情報を活用して見破ってください!