浮気の予防対策に役立つ3つのポイント

予防対策恋人や配偶者に浮気されることはとてもつらいことです。
しかし、自分の行動が相手を浮気に走らせている場合もあります。
そこで今回は、恋人や配偶者に浮気されないための対策をご紹介しましょう。
「ただ締め付けて相手の行動をすべて把握していればよい」というわけでもありません。
しかし、相手を信じているからと自由にさせすぎても良くないでしょう。
恋人や配偶者の浮気対策を知りたいという方はぜひ読んでみてください。

目次

  1. なぜ、人は浮気をするのか?
  2. 浮気されないための対策とは?
  3. 浮気をされた場合の対処法とは?
探偵への調査依頼を検討している方はこちらもチェック!

1.なぜ、人は浮気をするのか?

この項では人が浮気をしたくなるとき、とはどのような場合かをご紹介します。
男女でも違いがありますよ。

1-1.男性の場合

彼女や妻が自分に尽くしてくれるほど、男性は浮気の虫が騒ぎだすようです。
男性は女性よりも冒険心が強く、スリルや刺激を求める傾向があります。
現状が満ち足りて幸福なほど、退屈する人もいるのでしょう。
また、妻や彼女に対して「この人は絶対に自分を裏切らない」と思うと浮気をしたくなる男性もいるようです。

1-2.女性の場合

女性の場合は、男性とは逆に寂しさや現在の生活の不満から、浮気をする人が多いようです。
彼氏や旦那が仕事が忙しくてかまってくれない、自分の話を聞いてくれないといったことが積み重なると、優しくしてくれる男性になびいてしまう人もいるでしょう。
また、女性には「誘われたら断れない」という意志の弱い人が男性よりも多いようです。
そのような人は、男性に強引に迫られると「イヤ」とはいえず、ずるずると不倫の泥沼にはまってしまうこともあるでしょう。

1-3.異性にもてることが、魅力の証?

また、浮気をする人の中には、男女関係なく「異性にもてることが、女性(男性)としての魅力の証」と考えている人もいます。
このような方はどんなに魅力的な人と恋人や夫婦になっても、浮気をしたくなります。
性的な魅力のない自分など、価値がないと思っているかもしれません。
年を取ればある程度落ち着く人もいますが、なかには年を取ってから、急に異性にもてようと必死になる人もいます。

2.浮気されないための対策とは?

では、恋人や配偶者に浮気をされないようにするには、どのような対策をすればよいのでしょうか?
この項ではそれをご紹介します。

2-1.彼氏や旦那に対する浮気対策とは?

前述したように男性は、妻や彼女が自分に尽くしてくれるほど、浮気心が膨れ上がる人が多いようです。
横柄な態度を取る必要はありませんが、召使いのように仕える必要もありません。
「できないことはできない」「いやなことはいや」でいいのです。
また、お付き合いが長くなったり、結婚をしたりするとつい気が緩んで、女性として褒められない姿を見せることもあるでしょう。
たまにならそれも魅力のひとつですが、あまりだらしのない姿を見せるとあきれられてしまいます。
そうなったら別の魅力的な女性に心をひかれるのも時間の問題でしょう。
しかし、浮気を心配するあまり束縛が激しすぎても、男性の心は離れてしまいます。
特に、一時期話題になったスマホのアプリを利用した浮気対策は、使いどころを間違えると、ふたりの間に溝を作ってしまいます。

2-2.彼女や妻に対する浮気対策とは?

男性は、お付き合いが長くなると彼女や妻に母親の役割を求めがちです。
確かに、長く付き合うほど、出会った頃のように胸が高鳴ることは少なくなるでしょう。
しかし、彼女や妻は母親ではありません。あまりわがままを言いすぎると、彼女たちの心は離れてしまいます。
また、男性は「言わなくてもわかるだろう」と思いがちですが、女性は言葉や態度で愛情を伝えてほしいと思っているのです。
さらに、日本には「謙遜の美徳」が褒められますが、皆の前で恋人や妻をけなしてはいけません。
本人は謙遜のつもりだったとしても、言われた方はいつまでも覚えています。
また、最近嫉妬深い男性が増えています。
妻や恋人の浮気を心配するあまり、友人づきあいを制限させたり、頻繁に電話やメールをするように強制するのはDVです。
十分に気を付けてください。

2-3.浮気のボーダーラインを決めよう

恋人や夫婦の間でよく議論になるのが、「いったいどこからが浮気なのか」ということでしょう。
これは人によって基準が異なる大変難しい問題です。「異性と口を聞いただけで浮気」と判断するような極端な人もいれば、「異性の友人と遊ぶくらいならいいよ」というおおらかな人もいます。
ですから、夫婦や恋人、どちらかの基準に片方が合わせるのではなく、2人で話し合って浮気のボーダーラインを決めましょう。
周囲に誤解されるような行為は慎む、くらいのゆるい決まりを作っておくだけでだいぶ違いますよ。

3.浮気をされた場合の対処法とは?

しかし、いくら浮気防止の対策をしていても、浮気をする人はいます。
恋人や配偶者に浮気をされてしまったらどのように対処すればよいのでしょうか。
この項ではそれをご紹介します。

3-1.浮気の証拠をつかむ

「恋人や配偶者が浮気をしているかもしれない」という疑いだけでは、相手を問い詰めてもシラを切り通されるだけです。
浮気を疑った場合は、まずは証拠を集めましょう。

  • 浮気相手とのメールやSNSのやりとり
  • 浮気相手との電話の通話記録
  • 浮気相手にプレゼントしたもののレシートやホテルの領収書

なども浮気の証拠になります。
また、カーナビの走行記録なども確かめると、ホテルや浮気相手の家への道のりが記録されているかもしれません。
さらに、スマホに仕込むアプリタイプのGPSでも浮気の証拠をつかむことができるでしょう。
しかし、最も効果のある浮気の証拠は「ファッションホテルに出入りしている写真」です。
これを手に入れれば、相手はもう言い逃れはできません。このような写真は、素人でも撮影できますが、探偵業者に依頼すると確実でしょう。

3-2.浮気の対処法は自分の気持ちを優先する

浮気の対処法は、「このままもう一度、恋人や夫婦としてやり直す」「すっぱりと別れて新しい人生を歩む」の2択です。
「自分がじっと我慢していれば、相手はきっともどってくる」と思う人もいるでしょう。
しかし、残念ながら浮気を見てみぬふりをすると、相手はますます調子に乗ります。
そのうちに浮気をした方から離婚や別れを切り出されるかもしれません。
そうなるまえに自分から決着をつけましょう。
浮気を相手に認めさせ、たとえ別れなくても慰謝料を請求してください。
浮気は一種の麻薬のようなものです。
その魅力に取りつかれれば、痛い目に合わない限り繰り返す人もいるでしょう。
また、浮気が趣味のような相手といつまでも連れ添っている義理もありません。
すっぱり別れて新しい道を歩んだほうが幸せという場合もあります。

おわりに

いかがでしたでしょうか。今回は恋人や配偶者が浮気をしない対策方法をご紹介しました。
まとめると

  • 女性が尽くしすぎると男性は浮気に走りがち
  • 男性が女性をないがしろにしすぎると女性は浮気に走りがち
  • 浮気のボーダーラインを決めておくとよい
  • 相手が浮気をしたら、毅然とした態度で対処すること

ということです。どんなに仲の良いカップルや夫婦でも、浮気が原因で別れる可能性はゼロではありません。
「うちの人に限って」と思うのではなく、浮気心を起こさせないような対策をするとよいでしょう。
しかし、あまり厳しくしすぎると、逆に浮気心を刺激してしまうので要注意です。