配偶者が怪しい・・・不倫の証拠を掴むための5つのアドバイス

妻や夫が不倫しているかもしれない…。
そんな疑惑を抱えながら結婚生活を続けていくことは困難です。
今後の人生のためにも、配偶者の不倫の事実を早めにハッキリさせて、前に進みたいものですよね。
しかし、素人が不倫の証拠を掴むことは簡単ではありません。
万が一裁判になった時の場合のためにも、証拠写真やボイスレコーダー等の証拠集めをしておく必要があります。
この記事では、どのようなものが不倫の証拠になるのか、証拠を掴むためにはどうしたらいいのか、様々な情報をまとめています。

目次

  1. どのようなものが不倫の証拠として認められるのか
  2. 不倫の証拠を掴む方法
  3. 探偵に不倫調査を依頼する場合と費用
  4. 探偵に依頼するメリット
  5. 探偵に依頼する際の注意点

1.どのようなものが不倫の証拠として認められるのか

不貞行為があったことを認めた内容のボイスレコーダー

不倫相手と不貞行為があったことを認めた内容のボイスレコーダーは、証拠としての価値が高いと考えられます。
不貞行為があったことを一度は認めたものの、いざ裁判となると一転して否定する人はたくさんいますので、証拠として残しておくといいでしょう。
ただし、こちらの問い立てに対して相手が相槌を打っているだけのような曖昧な内容だと、証拠として不十分となる可能性があるので、十分注意が必要です。
不貞行為があった日時や場所、誰と不貞行為があったのか」を相手に言わせるようにしなければなりません。

ラブホテルに出入りする証拠写真

ただ相手と一緒に写っているだけの写真では、不倫の証拠写真としては不十分です。
例えば一緒にホテルに入ろうとしている写真、ホテルから出てきた写真なら不倫の証拠にはなる場合が多いのですが、ラブホテルではなく単なるビジネスホテルだった場合は不倫として認められる可能性が低くなります。
誰が見ても明らかに不貞行為があったことが予想されるような状況の写真を残すようにしましょう。

メールやLINEは証拠として弱い

「配偶者の不倫を知るきっかけとなったのはメールやLINE」というケースは非常に多いようです。
しかし、メールやLINEは不倫の証拠としては不十分、とされる可能性が高いので注意が必要です。
明らかに不貞行為があったことを確認できる内容であれば問題ありませんが、そうでない場合は証拠としては弱く、裁判でも証拠として認められないケースが少なくありません。
メールやLINEを証拠として提出するつもりなら、一部のやり取りだけでなく、一連の流れが分かる内容のものを確保しておきましょう。

2.不倫の証拠を掴む方法

自分一人で証拠を掴む

配偶者の不倫の証拠を自分一人で掴もうとすることは簡単なことではありませんが、出来ないわけではありません。
メールやLINEで不倫相手との密会の日時を知ることが出来れば、尾行して証拠写真を撮ったり、車にボイスレコーダーを仕掛けておく、という方法があります。
ただし、一人で不倫の証拠を掴もうとすると失敗する可能性が高くなるため、お勧めは出来ません。
何故なら、途中で感情的になってしまい、チャンスを待てなくなってしまうからです。
不倫の証拠集めには冷静な判断力が必要になりますので、最後まで冷静さを保つ自信がない、という人は、一人で何とかしようとするのはやめましょう。

協力者と一緒に証拠を掴む

信頼のおける友人や知人に頼んで、一緒に証拠集めをする、という方法もあります。
証拠を掴むために尾行しようとしても、自分一人ではなかなか思うように動けない時もあるでしょう。
例えば子供がいれば好きな時間に家を空けることも出来ませんし、絶好のチャンスを逃してしまう可能性もあります。
そんな時、強力者となる第三者がいれば、自分が動けない時に代わってもらいことも出来ますし、冷静な判断力を失いかけた時に助言してもらうことで、証拠集めが上手くいくようになります。

プロの探偵に依頼する

確実に不倫の証拠を掴みたいのなら、プロの探偵に依頼するのが一番です。
当然のことながらお金は必要になりますが、確実に裁判で通用する証拠を掴んでもらうことが出来ますし、自分が動いて必要以上に傷つく必要もなくなります。
何といっても相手はプロなので、誰にも知られずに配偶者の不倫の事実を明らかにすることが出来るでしょう。

3.探偵に不倫調査を依頼する場合と費用

まずは予備調査から

探偵社が対象人物の不倫の調査をする際、まず始めに予備調査から始めます。
不倫の証拠を掴むためには相手を尾行する必要がありますので、相手の行動を知る必要があるのです。
平日の行動・休日の行動・日中の行動・夜の行動、すべての行動パターンを把握するだけでなく、聞き込みの環境を確認したり、隠し撮りのための空き部屋を確保したり、必要であれば車を手配したり…。
この一見地味に見える予備調査こそが、不倫調査において最も重要なものなのです。

尾行、張り込み、写真撮影

不倫の証拠として最も強いのが、明らかに不貞行為があったことが分かる証拠写真を撮ることです。
予備調査によって準備が整った後は、尾行や張り込みをして証拠写真を撮影します。
当然ですが違法行為があってはいけませんので、法律の範囲内でこれらの作業を行うことになります。

1時間2万円前後が相場

気になる費用ですが、探偵に不倫調査を依頼した場合、どのくらいかかるのでしょうか。
全国には不倫調査を承っている探偵社が数多くありますので、もちろん費用はまちまちです。
調査員が何人つくか、車を使用したか、相手の素性が分かっているかどうかでもかかる費用は変わってきますが、相場では「調査員2名で1時間2万円前後」となっています。

4.探偵に依頼するメリット

確実に証拠が手に入る

不倫調査を探偵に依頼する人は、「早く白黒つけたい」と思っています。
不倫が明らかになった後、夫婦関係をやり直すにしても、離婚するにしても、その時期が早いに越したことはありません。
つらいのは、「相手が不倫しているかもしれない…」という疑惑を消せずにいる毎日なのではないでしょうか。
探偵に依頼すれば不倫の証拠は必ず手に入れることが出来ます。
確実な証拠さえ手に入れることが出来れば、裁判になったとしても自分に有利に進めることが出来ますし、前向きな未来に向かって歩き出すことが出来るでしょう。

精神的に楽

自分で配偶者の不倫の証拠を掴むのは、精神的にもつらいことです。
不倫相手に会うための夫や妻を尾行したことも、相手と一緒にホテルに入るところを目の当たりにしたことも、きっと一生消えない傷になるでしょう。
そのすべての行為を探偵が代わってくれるのですから、精神的に負う傷は浅くて済みます。
また、「相談できる誰かがいる」ということは大きな支えになるはずです。

5.探偵に依頼する際の注意点

探偵社選びは慎重に

探偵に不倫調査を依頼する際、「どの探偵社でも同じ」と思っていると、後で痛い目を見る可能性があります。
例えばホームページに「優良」「実績」「ナンバーワン」等あまりにも魅力的な宣伝文句が書かれている業者には要注意です。
悪徳探偵社を選んでしまわないためにも、営業所の住所が実在するかどうか、電話したらいつでもつながるかどうか、契約を急がせずに親身に話しを聞いてくれるかどうか等、探偵社選びは慎重に行ってください。

会話は全てメモに取る

探偵社とのやり取りは全て、ボイスレコーダーに録音するか、出来なければメモに書いて残しておくようにしましょう。
後になって「最初の話と違う」というトラブルが起こらないように、特に料金に関することは記録に残しておくべきです。
信頼のおける探偵社が見つかったと思っても、これだけは忘れないようにしてください。

まとめ

  • どのようなものが不倫の証拠として認められるのか
  • 不倫の証拠を掴む方法
  • 探偵に不倫調査を依頼する場合と費用
  • 探偵に依頼するメリット
  • 探偵に依頼する際の注意点

以上5点をまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。
あなたが夫や妻の不倫に悩んでいるなら、ぜひこの記事を参考にしてみてください。