GPSを使って浮気調査をする方法とは? こんな方法も!

配偶者や恋人が浮気をしているかもしれないけれど、確証がない。
このような場合はGPSを利用して配偶者や恋人の行動を監視することで、証拠が掴めるかもしれません。
でも、GPSをどのように使えばうまく行動が監視できるのでしょうか?
そこで今回はGPSを使った浮気調査の方法をご紹介しましょう。
配偶者や恋人の浮気を疑っているという方や行動を調べてみたいという方はぜひ読んでみてくださいね。

目次

  1. GPSを使ってできることは?
  2. GPSはどこにつけられる?
  3. GPSを使って浮気調査をした後は?
  4. 探偵業者を選ぶ際の注意点とは?
  5. おわりに

1 GPSを使ってできることは?

この項では、GPSを使った調査でできることをご紹介していきます。
自分で尾行をするよりも安全に確実に相手の行動を把握できるでしょう。

GPSとは?

GPSは人工衛星を利用して、対象が地球上のどこにいるのかを正確に割り出すシステム。
カーナビやスマートフォンの地図アプリもGPSを利用して道案内をしているのです。
GPSを使った浮気調査とは、対象にGPSを装着させることにより、自分のパソコンやスマートフォンで行動を調べる方法です。

GPSを使うメリットとは?

GPSがなかったころは、配偶者や恋人の行動を把握するためには尾行調査をするしかありませんでした。
しかし、尾行調査を行うには技術が必要です。
素人が見よう見まねでやったところで気づかれたり見失ったりすることが大半でした。
しかし、GPSを使えば対象者の自動車やスマートフォンにGPSを仕掛けるだけで、自分のパソコンやスマートフォンで対象者の行動を把握することができます。
気づかれる可能性も少なく、より正確に対象者の行動を把握することができるでしょう。

GPSはどこで手に入れることができる?

GPSはAmazonなどの大手インターネット通販サイトで数千円~数万円で手に入れることができます。
「もっと高性能のGPSを使いたい」という方や使い方を丁寧に教えてほしいという場合は、レンタルをすることもできます。
短期間だけ調査をしたいという場合はレンタルをしたほうが経済的にもお得でしょう。
また、対象者がスマートフォン使っているのならば、こっそりと対象者のスマートフォンにGPSアプリをダウンロードしておく、という方法もあります。最近はアプリのアイコンが表示されないものもありますので、相手に気づかれる可能性もより低いでしょう。

2 GPSはどこにつけられる?

では、浮気調査をする際、GPSはどこにつければよいのでしょうか?
この項ではGPSを設置する場所や注意点についてご紹介していきます。

自動車に設置する

「旦那や妻が常に自動車で移動をする」という場合にお勧めの方法です。
自動車に装着する場合は、つける場所に注意をしましょう。
相手に知られたくないからと、座席の下などに取り付けてしまうと電波が届きにくくなります。
またGPSによっては強力な磁石がついているものもありますので、車体に直接取り付けることもできます。

携帯電話、スマートフォンに設置する

携帯電話やスマートフォンにGPSを取り付けた場合、「今、どこにいるか」を把握することができます。
対象者が自動車を使わない場合は、こちらを利用するとよいでしょう。
今はGPSアプリも充実していますので、それをインストールすればわざわざ器材を購入しなくてもGPS調査をすることができます。

GPSを使って浮気調査をする際の注意点

GPSを使った浮気調査はとても便利です。しかし、GPSは万能ではありません。
高層ビルがたくさん建っている場所や、立体駐車場などでは電波の状況が悪くなり、正確な位置が特定できないこともあるでしょう。
また、天気によっても電波状況が悪くなることもあります。
ですから、1日で調査を終えずにしばらく続けて調査をすることが大切です。
また、調査をしているときは言動に気をつけましょう。対象が調査されることに感づいてしまうとすべては水の泡になってしまいます。

3 GPSを使って浮気調査をした後は?

GPSを使って浮気調査をした後は、どうしたらよいのでしょうか。
この項では、調査結果を活かす方法をご紹介します。

GPSの記録だけでは浮気の完全な証拠にはならない?

GPSを使った浮気調査をした結果、相手の行動に不審な点があった場合でも、それだけでは浮気の証拠にはなりません。
たとえば、ファッションホテルの住所にしばらく車が止まっていたという結果が出ても、相手がシラを切りとおす可能性もあります。
相手に完全に浮気を認めさせるにはホテルに出入りする写真などの決定的な証拠が必要です。

GPSを使った調査と並行して浮気の証拠を集めよう

GPSを使った浮気調査と並行して、浮気の証拠を集めましょう。
浮気相手とのメールやSNSのやり取りや、ホテルや店のレシートなども浮気の証拠になります。
また、残業や出張をいいわけにしてにして浮気をしている場合は、給料明細を見れば一目瞭然でしょう。浮気の証拠を集めることはとても苦しいことです。
しかし、浮気は配偶者や恋人に対する重篤な裏切り行為です。
きちんとペナルティを与えるためにも心を強くもって頑張ってください。

決定的な証拠を掴むためには探偵業者を利用しよう

メールのやり取りや、店のレシートなどよりもより決定的な浮気の証拠になるのが、ホテルへの出入りの写真です。
GPSを使った浮気調査で密会場所を特定して自分で撮影することもできますが、より確実なのは探偵業者に依頼をすることです。
探偵業者に依頼をすると平均して数十万円の費用がかかるでしょう。
しかし、GPSを使った調査である程度対象者の行動パターンや、浮気相手との密会場所を特定できている場合は、費用を安く抑えることができきます。
写真を撮られたらもう言い逃れはできません。第三者を交えてきちんと話し合いをして、これからのことを決めましょう。

4 探偵業者を選ぶ際の注意点とは?

現在はたくさんの探偵業者があります。どの探偵社に依頼をしてよいか迷っている、という方も多いでしょう。
優良な探偵社とは、以下のような特徴があります。

  • 事務所をきちんと構えている
  • 探偵業の届け出証を見えやすいところに掲げてある
  • 料金体系が明確である
  • まずは依頼者の話を聞いてから、料金の話をする

逆に、事務所以外の場所での話し合いを探偵社側から提案してきたり、ローンを組ませてでも高額な調査を依頼させようとする探偵社には依頼をしないほうが良いでしょう。

5 おわりに

いかがでしたでしょうか。今回はGPSを使った浮気調査の方法や、GPSの選び方などをご紹介しました。
まとめると

  • GPSを使った浮気調査をすれば、より簡単に相手の行動を把握できる。
  • GPSには自動車に装着するものと、スマートフォンや携帯電話に装着するもの、GPSアプリがある。
  • GPSを使った浮気調査と並行して浮気の証拠を集めよう。
  • 決定的な証拠が欲しい場合は探偵業者に依頼をすると確実。

ということです。GPSを使えばより簡単に浮気調査を行うことができます。
しかし、相手のプライバシーを侵害しているということを忘れてはいけません。
一定期間調査をして、浮気の証拠が掴めなければ速やかにGPSを取り外しましょう。
また、GPSの記録だけで話し合いをしても、うまくいかない場合が多いです。
証拠を掴んだ、と思ったらすぐに問い詰めたくなるものですが、そこはぐっと我慢をして、決定的な証拠を掴んでから話し合いの場を設けましょう。