配偶者と浮気相手を別れさせる4つの方法

配偶者が浮気をしているかもしれないとき、浮気を知ったときの辛さは相当のもので、冷静ではいられないかもしれません。でも、感情に振り回されて対応を誤ると、別れを選ぶにせよ配偶者とやり直すにせよ、後の関係や自分の将来に悪影響を及ぼすことがあります。
まず、思うのは浮気相手と別れてほしいということではないでしょうか。
ここでは、配偶者に浮気相手と別れさせる方法を紹介しています。

1.浮気相手に慰謝料を請求する

相手に最低限の常識がある場合、内容証明郵便等で慰謝料と不倫をやめることを求めることによって、浮気相手が配偶者から離れることが多いです。

慰謝料を払う払わないに関わらず、関係を継続する限り、慰謝料を請求され続けるリスクを背負うことになります。こちらが先方の親や職場を巻き込んだり裁判を起こしかねないと人物であると印象付けられれば、これ以上の面倒は避けたいと、浮気相手の方から手を引くようです。
そういった打算でなくとも、大変なことをしたと心から反省し、慰謝料の支払いと不倫関係の中止に応じる人も多いようです。

2.浮気相手に示談に応じさせる

浮気相手の経済状況が苦しそうだったり、配偶者が浮気相手に入れ上げていて慰謝料請求をすると夫婦関係がこじれそうだったりする場合、慰謝料を請求することが得策ではないと判断するかもしれません。また、今回限り慰謝料は要らないから、きっちり別れてほしいという方もいるでしょう。
その場合は、慰謝料請求を行わず、「再度関係を持った場合は違約金を支払う」といった旨の示談書に捺印させるという手段もあります。

また、浮気相手も本来支払いを求められていたであろう慰謝料を、今回に限り支払わなくていいということで、示談に応じることは多いです。浮気をされた側も、かかる時間と労力が少なく、今後の牽制にもなりますので手段の一つとして検討しても良いでしょう。

3.浮気相手の親や職場を巻き込む

浮気相手の親や職場にお堅い人物/会社で常識があり、世間体を気にする場合は、相談を持ち掛けても良いでしょう。ただし、浮気相手が加害者だからといって、その親や属する組織に慰謝料の支払い義務はありません。持ちかけるのはあくまでも相談です。
浮気相手が説得に応じた場合は、上記の示談書に捺印を求めましょう。

ただし、この方法を取ったとき、配偶者が浮気相手と同じ職場にいる場合は、今後の昇進や待遇に悪影響を及ぼすかもしれません。また、社員のプライベートには関知しないというスタンスの企業もあります。

4.自分を魅力的に保つ

配偶者がその浮気相手と別れたからといって、今後も浮気に走らないとは限りません。外に目移りしないよう、あなた自身が魅力的である必要があります。
けばけばしく着飾ることはありません。

恥じらいを忘れて、がさつな振る舞いをしていませんか?
清潔感のある格好をしていますか?
「身内だから」と甘えて感謝を忘れていませんか?

家族になっても、お互いが配偶者にとって異性であることを忘れてはいけません。
自分の「家」はあなたのいるところだと深く認識させ、愚かなことをしたと反省してもらいましょう。

まとめ

いかがでしたか。

  • 慰謝料を請求する
  • 示談に応じさせる
  • 親や職場を巻き込む
  • その後は心地よい家庭を保つ努力をする

離婚を選択する場合は最後の項目が不要かもしれませんが、今後再婚した場合は、配偶者の浮気予防になります。
信じて結婚した相手が浮気に走るのはとてもつらいことですが、落ち着いて対処しましょう。